ミニマ リスト 捨て まし た。 食器好きのミニマリストが断捨離!2人暮らしの食器の必要数って?シンプルが一番だと実感

【家事効率化】やらない家事/家事捨て/ズボラ主婦/ミニマリスト/手放した布系

ミニマ リスト 捨て まし た

70代の母親がミニマリストに変身しました 2017年のゴールデンウィークに汚部屋だった実家を片付け、はや2年がたちました。 老人だから、どうせまた荷物が増えるのかなと思っていたのですが、1年半ぐらいぶりに実家に帰ると…。 さらに家の荷物減ってる〜〜! 母はこの2年間で、ミニマリストと呼んで申し分ないほどに、すっきりと軽やかに暮らしていました。 レポートしちゃうぞ〜〜!• 捨てられない訳ではないけれど…掃除ができない母親に育てられました うちの母は、もともと掃除が苦手で、私が生まれてからずっと家は汚部屋でした。 10年ほど前に父が亡くなり、足を悪くしたこともあり、• マンションの1階• 30平米ほどの1LDK に引越しをしました。 2017年のゴールデンウィークに帰省した際に一念発起し、実家の大掃除に乗り出しました。 散らかっている訳ではないのですが、家中に蜘蛛の巣が貼りコンセントには埃がこびりつき、キッチンはゴキブリの死がいだらけという汚部屋を、3日かけて掃除しました。 母は捨てることにはそこそこ協力的でしたが(捨てられない人種ではない)、掃除をはじめるとヒステリックになり、最終的には2人とも泣きながら文句を言い合うという70代と40代の母娘のヒステリー対決みたいな終わり方をしたのでした。 どんどん部屋が洗練されていく 私が片付けたのは、• キッチン• お風呂場• トイレ• 洗面所 などの水回りが中心でした。 がんばって片付けたけど徐々に散らかるんだろうな〜と思っていたんです。 が! 1年後の2018年9月に帰省すると、キッチンは美しいままでした。 母が自慢げに 「何で歳いったらみんなものをためこまはんのやろなー?」 と上から目線で話してきてます。 母は30平米くらいの1LDKのマンションで一人暮らししているのだけれど、テレビの部屋もすっきりです。 母がトイレに行ってる間に撮影。 私が置きっぱなしにしていた服と靴も全て処分されていました。 プラスチックの衣装ケースに大量に詰め込まれていた浴用タオルも半分くらいになっていました(お年寄りってタオル溜め込みがちよね)。 おばあちゃんミニマリストになった母の幸せそうな暮らしぶりがすばらしい そこからさらに1年くらい帰省しなかったんですけど、2019年12月に久しぶりにかえりました。 帰省すると告げたら「忙しいやろうし、帰省にお金もかかるし、帰って来なくてもええで」みたいなしおらしいことを言うもんで、「はは〜ん、こいつ…家散らかしてるんやな」と思ってたら、帰ったら家がおしゃれになっていました。 ブログ用に写真撮った。 良い色やろ?」とか、「柳宗理のミルクパン買った。 かわいいね。 」とか、お気に入りのものを生活に取り入れて、毎日を楽しんでいるのです。 柳宗理のミルクパン買ってるねん。 おしゃれさん。 生活楽しんどるなぁ。 吊棚の上のものは取り出しにくいからダイソーのケースに入れて上げ下げしやすくしているとのこと。 工夫しまくりじゃーん! 写真撮ってええで と誇らしげにいう母がかわいくてかわいくて。 笑 キッチンもしっかり仕分けられていて、見事です。 ひくつな部分がなくなっているというか、なんかね優しくなりました。 多分今までの掃除ができない自分へのコンプレックス(70年分のコンプレックスなので相当でかくてカチカチに硬かったはず)が解消されて、のびのびしています。 母を40年以上見てきましたが、今が一番楽しそうに見える。 ミニマムな生活は彼女に合っていたようです。 やはり掃除機をかけるのは苦手なので、今は掃除機を部屋の真ん中に出しっぱなしにして、コンセントを抜かずに暮らしていると言っていました。 すごいっ!工夫してる〜〜!感動〜〜〜! 汚部屋を片付けた際は、写真を撮ったら激昂しそうだからとビフォー写真がほとんどありませんでした。 なのに今は「写真撮ってもええで〜」と言ってくれるんです。 胸がじーんとしました。 最低限の日用品で暮らすことで、大好きなことが楽しめる暮らし 母は昔から音楽が好きでした。 年をとってからCDを出し入れすることがおっくうなようで、テレビを寝転んでなんとなくみている時間が増えているようでした。 家を片付けて一番嬉しかったことは「最近CDをふいて前と後ろを入れ替えてる」と言っていたこと。 音楽マニア70歳の母のCD棚を撮ってきた。 棚の中に前後にCDRがハイッテイテ、部屋をきれいしてからたまに入れ替えするようになったらしい。 今のお気に入りはロッド・スチュワートのジャズカバーアルバムらしいです。 食器や調理器具、洋服、洗剤、布団などの日用品を最低限まで減らしたことで、日常のノイズが減り、音楽を聴くということを楽しめるようになったのだとしたら、最高だなと思いました。 ミニマリストという言葉がブームになり、カリスマミニマリストたちは「ものを減らすための生活」をしていますが、私は母のような「家の中で自分が素敵に暮らすため、好きなものを楽しむために、生活のノイズを減らす」というようなミニマム具合がベストだなと。 母が家を汚くしているのを見ながら育ち「こんな人になりたくない」と思いながら育った私が、今のシンプルで文化的な生活をする母をみて「こんな風な生活がベストだな」と感じるっていうのは、めちゃくちゃ嬉しいです。 実家の片付け、やるべきか否か? 「実家の片付け、やるべきか否か?」っていうのは、私たち世代の命題みたいなところあって。 無理やりにでもやるべきという人もいれば、親と自分は他人なんだから手出しするべきではない、とか、人格を否定することにあたるからやめておけ、という人もいます。 まとめ:ミニマリスト老人のすすめ-70代の母の小さな暮らし 母親はマンションの管理人をしていたことがあり、部屋に荷物が増えすぎて台所で寝泊まりしているお年寄りや、50平米ほどの間取りで一人暮らししていたお年寄りが亡くなった後業者を呼んで片付けをしたら100万円以上かかるほどの大量の荷物が出てきた体験などをしているそうです。 なので、一般的な同年齢(70代以降)の老人よりかは危機意識があり、「年をとったらものを減らした方がいい」と思っていたようです。 そんなこともあり、今は私が教えた「1in1outを徹底している」ということは言っていました。 荷物は増やさないということにはこだわっているみたいです。 母はミニマリストになったことで、大好きな音楽とコーヒーを思う存分楽しめている模様。 よかったら読んでかえってくださいな? jikobukken.

次の

ミニマリストはやめた。断捨離より大切な事があるからゆるミニマリスト

ミニマ リスト 捨て まし た

布団をミニマルにするには 狭い部屋の中で、布団はほんとうにやっかいです。 まず、大きい。 いまどき押入れがある部屋は少なくなりました。 収納する場所を確保するのもたいへんです。 布団は使っていると湿気をもちますので、ときどき干したくなります。 布団が干せる陽当たりのよいベランダは、都心ではかなり贅沢な設備です。 干す場所がない場合、布団乾燥機を買うことになり、またモノが増えてしまいます。 しかも、夏用と冬用で別々に必要です。 敷布団は同じでガマンできても、掛け布団は分けているヒトが多いでしょう。 毛布もあります。 家族分必要になり、数が増えてさらに収納に悩みます。 ベッドを置けば、布団の収納場所の悩みは減りますが、ただでさえ狭い部屋がさらに狭くなり、その下にはホコリがたまります。 床に寝る ベッドも、マットレスも、敷き布団も、シーツも、ぜんぶ捨ててしまいましょう。 直接床に寝ればよいのです。 何も敷かずに床に寝ることについて、ミニマリストしぶさんのブログで追求されています。 によれば、「高級マットレスでもコンクリートでも睡眠の質は同じ」という研究があるそうです。 私も、腰痛になったときにマッサージの先生から、床に寝ることを実際に勧められたことがあります。 「そんなの無理!」と思いましたが、ミニマリストを目指すなら一度試してみる価値があると思います(無料ですぐに試すことができます。 今夜から!)。 寝袋 「寝袋」はどうでしょうか。 寝袋なら、敷き布団だけでなく、なんと掛け布団やそのカバーも捨てることができます。 キャンプ気分も味わえるしキャンプに行くときはそれを持っていくだけ! ただし、寝返りをうつときに抵抗が出ます。 さらに、キャンプ用のシートやヨガマットを敷いたとしても、床に寝るのとあまり差がなく、床に寝られないヒトに寝袋はオススメできません。 畳に布団 日本の伝統的スタイルは、実はミニマルなのです。 茶室を想像してください。 西洋の生活スタイルと比べて、シンプルでモノが少ない傾向にあります。 しかし、畳に布団では、収納場所、つまり押入れ確保の問題は解決しません。 さらに、いまのマンションやアパートに畳の部屋があることは少なくなりました。 カタいフローリングの床に薄い布団を敷いて寝るのはツラいでしょう。 マットレスのみ では、「マットレス」のみにするのはどうでしょうか。 敷き布団は捨てます。 ベッドもありません。 掛け布団もエアコンがある前提で必要最小限にしましょう。 マットレスに選択の余地があるものの、シンプルで、かつ、寝心地も確保されそうです。 ミニマリストになるために、「マットレスのみ」生活を追求します。 布団をマットレス化してミニマリストに! マットレス化のメリット マットレスのみにすることのメリットは、なんといっても 布団が捨てられることです。 かさばって収納場所にこまる布団を部屋から追い出すことができます。 よって、「布団を干す」という行動からも解放されます。 また、折りたたんだり立てかけたりすることで、部屋に置いてもそれほど場所をとらず、押し入れなど収納場所が必要ありません。 商品によっては、ソファとして使えるように折り畳めるタイプや、カンタンに丸めて立てられるようになっているタイプもあります。 ベッドや布団を追放して部屋を広くしましょう。 マットレス化のデメリット 汚れたときに洗いにくい、というデメリットがあります。 これは市販のマットレス用カバー(ボックスシーツ)が安く売っていますので、これで解決できます。 マットレスの寝心地は、商品によって千差万別、価格も数千円から十万円を超えるものまで、いろいろなタイプがあります。 自分のライフスタイルや好みに合うものを追求しましょう。 ベッドが壊れてそのままマットレス もしいま、ベッドで寝ていれば、マットレスのみを残してベッドの枠を捨ててしまいましょう。 粗大ごみ回収の費用がかかってしまうかもしれませんが、何も買い足す必要がありません。 私もこれを経験したことがあります。 繰り返し同じ場所に座ることに耐えられず安物のベッドの枠が壊れて、意図せずミニマリストになったことがありました。 ほとんどのベッドでは、マットレスがあれば寝心地は変わりません。 ただ、マットレスのみで利用することが考えられていないので、ものすごく重かったり、折り畳めず部屋が狭いままだったりすることがデメリットです。 ミニマリストならコレ!「エアリーマットレス」 ミニマリストやミニマリストを目指しているヒトに絶大な支持を得ているのが、「アイリスオーヤマ エアリーマットレス 」です。 単にソファタイプならもう少し安いものもありますが、「DORIS 高反発マットレス」は中身のウレタンに工夫して寝心地を追求しているため、少し高めの価格設定です。 正直なところ、ソファとしての使い心地はいまひとつで、普通のソファのかわりにはまったくならない印象です。 ただ、ミニマリストがソファを買うことは考えられないので、それでもソファのようなものがほしい、といったニーズにはこたえられます。 ちょっと横になりたい、ちょっとリラックスしたい、という用途には十分です。 寝心地は高反発といえども柔らかく、ぺったりと体にくっつきます。 床の固さを感じることはなく快適ですので、前述のマッサージの先生によれば、腰痛にはあまりよくないのかもしれません。 もっと高いマットレス「東京西川 エアーシリーズ」 ミニマリストといえども寝心地は追求してよいはずです。 ミニマリストしぶさんも『ミニマリズムの本質は強調』と指摘していて数少ない家電には価格の高いものを置いています。 マットレスの高価格帯はアスリート向けとされているものが多く、代表格は「東京西川 エアーシリーズ」です。 ベテランのスキージャンパーである 葛西紀明選手がその著書で紹介し絶賛している商品です。 最上位クラスの「東京西川 [エアーSI]」は一番小さなシングルで8万円超、ダブルは10万円を超える価格ですが、その寝心地は折り紙付きです。 中身のウレタンはちょっと重く、扱いづらいのですが、専用のカバーが付いており、ベルクロ、マジックテープでカンタンに丸められるようになっています。 折りたたんだときの大きさは「エアリーマットレス」にかないませんが、部屋のすみに丸めて立てておけます。 寝てみると、固めでブツブツのマット面に心地よく押されます。 これなら私のマッサージの先生も納得するかもしれません。 まとめ 布団、寝具をミニマルに、ミニマリスト化すべく、その結論として、マットレスを追求してみました。 モノを捨てて、シンプルに生活するため、お役に立てば幸いです。

次の

食器好きのミニマリストが断捨離!2人暮らしの食器の必要数って?シンプルが一番だと実感

ミニマ リスト 捨て まし た

こんにちは 町の引越屋さんです。 ミニマリストのモノの減らし方にはいくつかコツがあります。 その一つが「今」という時間軸にこだわること。 今の自分がどれだけ快適に過ごすことができるか?今の自分が好きなものは何なのか?など、「今」にこだわることがとても大事。 今回は、今にこだわるミニマリストのモノの捨て方をまとめました。 ミニマリスト流!モノの捨て方のコツまとめ ミニマリストの断捨離11:期限を決めて捨てる 「使っていないものは捨てる」は、モノを捨てる時の基本ですが、「まだ使うかもしれない」と思って思い切りがつかない場合もあるでしょう。 そういう時は期限を決めて捨てましょう。 期限は自由に決めて良いですが、季節物でもないのに1ヶ月〜3ヶ月も使わないものは、なくても良いモノの可能性が高いです。 ちなみに季節物の場合は、1年使わなかったら即捨ててしまってOKです。 今年使った毛布やダウンは来年も使うかもしれませんが、今年着なかったコートはおそらく来年も着ないし、1年使わずに過ごせたなら、きっと来年なくても問題なく過ごせるでしょう。 中には「勿体無い」と思うもののあるかもしれませんが、2年や3年に1度しか使わないなら、レンタルしたほうが効率的です。 ミニマリストの断捨離12:「必要」と「欲しい」は別 モノを増やしすぎないようにするには、必要なものと欲しいものの区別をつけること。 例えば、「富士山に登ろう!」と着の身着のまま行く人はいないでしょう。 登山用の服や、雨・防寒対策、食料など「必要なモノ」を揃えますよね。 ただ、1つあれば良いものを2つ、3つと「欲しくなるモノ」には気をつけましょう。 世の中には魅力的なものに溢れているので、一目見た時に「欲しい!」と思うものにたくさん出会うでしょう。 風や雨を防ぐウインドブレーカーは1枚あれば十分なのに、柄や色違いで2着3着と買いたくなった時などは、「これ、本当に必要?」と自分自身に問いかけましょう。 ミニマリストの断捨離13:人目を気にしているモノは捨てる モノは、「自分が好きで持っているモノ」と「人から良く見られたくて持っているモノ」があります。 わかりやすい例でいうと、高級な車やブランド品など。 持っている=自分の価値が高く見えそうと感じるものは、好きで持っているわけではないので、本当の意味で自分を満たしたり生活(心)を豊かにしてくれるものではありません。 人からの評価や見え方を気にして生きるのは、とてもエネルギーを消耗します。 バッグ一つにしても、そのバッグが好きだから使うのか?、このブランドを持っていることにステータスを感じているから使うのか?を問いかけてみましょう。 そして、自分の好きなものだけを残し、人目を気にしているものは手放してしまいましょう。 ミニマリストの断捨離14:写真に撮って捨てる 「もう必要ない・・・」とわかっていても、なかなか捨てられないモノの一つが、「思い出の品」。 この場合、捨てられないのはモノではなく、それにまつわる思い出の方。 モノを捨てても思い出がなくなるわけではない、とわかっていても捨てられないこともありますよね。 そういったものは写真に撮ってみてください。 モノは捨ててしまっても写真があればいつでも思いだせます。 そして、実際のところ、多くの人がこの写真を見返すことはほとんどありません。 本当に大切なものは、モノがなくても記憶に残っているし、捨てることに慣れてくると、モノが捨てられないのは過去への執着だと気付くようになります。 「思い出は自分の中に残してモノは捨てる」が自然とできるようになるまでは、写真を撮りながら捨ててみてください。 ミニマリストの断捨離15:「モノ」の家賃を払いすぎない 人は座ると半畳、寝ると一畳分のスペースが必要ですが、それは大した大きさではありません。 多くの人は「モノ」をおくためのスペースに多くの家賃を支払っています。 ベッド、テーブル、ソファ、椅子、収納ラックなど、モノが増えれば増えるほどスペースは必要になり、広い家が必要になるでしょう。 そして、モノがたくさんあると、スペースが必要になるだけでなく掃除も大変になります。 最低限は必要ですが、それ以上にモノが増えると場所、家賃、時間も比例して増えていくのです。 「不必要なモノは捨てましょう」というのは、こういった理由があるからなのです。 ミニマリストの断捨離16:「収納・片付け」に頼りすぎない 大掛かりな掃除や片付けをすると、誰でもある程度は整理整頓できます。 持っているモノを収納スペースにきちんとしまい、整頓すれば見た目はそこそこ綺麗になるでしょう。 ですが、収納や片付けを優先していると、仕上がった直後が最高の状態で、忙しくなったり片付けをサボるとあっという間に元どおりに。 片付けと収納は小まめにやり続けないとキレイを保てないのです。 やはり優先するのは「モノの総量を減らすこと」。 モノが少ないと散らかることも減るので、必然的に整理整頓をしなくちゃいけない頻度も格段に減るのです。 ミニマリストの断捨離17:「収納」を捨ててしまう これは断捨離をする上でとても大事。 多くの人は、収納ボックスや収納場所にあるものを少しずつ減らして、すべてなくなった頃にその収納ボックスを捨てようとします。 ですが、これは逆。 先に収納ボックスを捨ててください。 例えばアリの巣を退治するときに、1匹ずつ駆除していって最後に巣・・・とはしないですよね。 先に巣を根こそぎ退治してから残っていたアリを処理していくはず。 モノを減らすときも同じで、先に収納を捨ててしまう方がスムーズにすすみます。 収納場所がなくなったモノは当然ですが溢れてしまうので、そのままにしておけず何かしらの対応をしなくてはいけなくなるからです。 ミニマリストの断捨離18:デッドスペースはそのままでOK 収納や整理整頓は、「デッドスペース」を有効活用できるような工夫がたくさんあります。 何も収納できていない場所や、何もおいていない場所を「無駄」と捉えているからです。 なので空いた場所にはラックを置いたり、突っ張り棒で収納スペースを増やしていきます。 ですが、ミニマリストの思考では、モノを減らすから収納術や片付けの技術は必要ない、空間に余裕がある=美しいと捉えます。 収納術の視点だとデッドスペースに見える空間が、ミニマリストの視点だとイキイキとした気持ちを生み出す源になるのです。 ミニマリストの断捨離19:「いつか」は捨ててしまう モノを捨てるときに「いつか」使うだろうと思うものがたくさんあると思います。 そういったものは潔く捨ててしまいましょう。 「いつか何かに使えるかもしれない」と思いつつ、おいていることすら忘れてしまいませんか? 多くの場合、「いつか」と思って待っていても、その機会はずっとやってきません。 「今」必要性を感じないものは、この先も必要ないでしょう。 ミニマリストの断捨離20:「かつて」「前」などの執着を捨てる モノを捨てるときに大切なのは「今」。 今の自分に必要or不必要で決めましょう。 「かつて」「前」「昔」など過去に数着してしまうと、なかなか捨てることができません。 学生時代の教科書、昔にハマった趣味、とても気に入っていた服・・・。 過去に気に入っていたり必要だったとしても、今使っていないならそれは役目を終えたモノなのです。 今の自分が最高に輝くものや、好きだと感じるものだけを残すようにしましょう。 「今」にこだわってモノと付き合う 今回紹介したモノの捨て方のキーワードは「今」です。 昔大事にしていたモノや、お気に入りだったモノはなかなか捨てづらいでしょう。 捨てるのが良い!というわけではなく、思い出とモノは別ということ。 モノを捨てたからといって、自分の中にある思い出を捨ててしまうことにはなりません。 大切なのは、「今」の自分が必要なものをきちんと精査して、「今」の自分が好きなものだけを残すこと。 1度本腰を入れて断捨離してみると、過去への執着や不必要なものの多さに驚くかもしれません。 それと同時に、好きなものに囲まれたゆとりのある空間の心地よさも実感できるでしょう。 ぜひ、試してみてくださいね。

次の