ヒロシ キャンプ 道具。 マツコも絶賛!ヒロシ流ソロキャンプと山を買った理由に火起こし道具紹介|マツコ会議

ヒロシキャンプで「アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron UL」が紹介された!

ヒロシ キャンプ 道具

写真提供:有限会社ヒロシ・コーポレーション キャンプの楽しみといえば……「メシ」! お笑い芸人で、現在は「ヒロシちゃんねる」でソロキャンプの様子を配信するユーチューバーでもあるヒロシさん。 ソロキャンプの魅力をたっぷりと語っていただいた前編の記事をご覧いただいて、実際にやってみたくなった人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ヒロシさん流ソロキャンプの心得や、キャンプメシの楽しみ方についてもじっくり聞いてみました。 ひとりになれる静かな場所であることは、ソロキャンプの絶対条件です。 特に夏場は、大学生の集団とか、BBQだけにしに来て騒ぐグループとか、ヤンチャなリア充カップルとかが増えるので。 とにかく場所選びはすごく神経を使います。 ヒロシさん:そういったところでも、隠れたポイントを見つけますよ。 じゃないと、向こうの方から「あの人ひとり?」「まさか。 あとから友達が来るんだよ」って聞こえてきたりして、居づらくてしょうがないんです。 ヒロシってバレるのもイヤなので、自然と顔もうつむいちゃうし。 ヒロシさん:それにね、そういう連中に限って、正直イイ女を連れてたりするわけですよ(笑)。 で、ホットパンツでフラフラされたりしたら、ちょっともう、心が乱れる! 乱される! いつもは山に行くと健康になって帰ってくるのに、人が多いと具合が悪くなっちゃいます。 ヒロシさん:ソロキャンプでおすすめの季節は、断然秋から冬。 虫も少ないし、大学生やリア充軍団も減るので、安心してキャンプに没頭できます。 まさに我々にとってのキャンプシーズンです。 秋は枯れ葉や枝が多くなるし、紅葉もきれいだし、肌寒くなってたき火が非常に気持ちいいので、1年でいちばんキャンプに適していると思います。 冬も冬で、雪の中のキャンプは幻想的で素敵ですよ。 ヒロシさん:キャンプ場のウェブサイトをうのみにしないことです。 連休だと景色がいいところでキャンプをしようと遠出をすることも多いのですが、ウェブサイトでは海の見える素晴らしいロケーションだったのに、5,6時間かけて到着してみたら、柵に囲われて海が見えないとか、失敗することがよくあるんです。 ヒロシさん:あとは、たしかに人は少ないけれど、管理人さんがやたらとフレンドリーで、マグカップを提げて混ざりに来るとかね。 こればっかりは着いてみないとわかりませんが、ひとりになりたくてわざわざ遠くまで来ているソロキャンプの精神をわかってもらえないと、ガッカリしちゃいますよね。 ヒロシさんなりのこだわりってありますか? ヒロシさん:メシはどうでもいいと思っているんで、 こだわらないのがこだわりです(笑)。 でも、例えばカップラーメンなら、川の水をろ過して、火をたいてお湯を沸かすとか、作業や過程を楽しみますね。 お湯の沸かし方ひとつでもいろいろな方法があるので、今日はどうやって沸かそうか、どの道具を使おうかって考えるところから楽しいんですよ。 それによってメニューを決めることも多いです。 そうやってできたごはんを、自然のなかでハンモックに座って食べると気分が違いますよ。 味は一緒ですけどね(笑)。 いいですね。 ヒロシさん:料理に特化するなら「オピネル」という折り畳み式ナイフを使っている人が多いですが、僕は「ヘレ」というナイフで、 まき割りから料理まですべてを1本のナイフでやっています。 ナイフもいろいろあるので、自分好みのナイフを見つけるところから楽しんでください。 手入れが大変なメーカーもあるのですが、僕が使っている「WOOP's」は、ヘラでこすっても、ガシガシ洗っても平気なので、使い勝手がとてもいいんです。 ヒロシさん:鉄板の厚みやデザインに種類があるので、目玉焼きや野菜炒め、サンマなどなんでも焼けるし、肉も、高級なステーキ屋さんで目の前の鉄板で焼いてもらったような焼き上がりになるんですよ。 そこでこだわっているのが、クッカーの素材。 アルミやチタン、ステンレスなどがありますが、米を炊くなら、全体的に熱が伝わるアルミがいちばんです。 ヒロシさん:使い込んでいくうちに、 ボコボコになったり、いぶし銀のような色味になったりと、これまた育てることができるんですね。 見る人によっては汚いだけのクッカーかもしれませんが、僕にとっては一緒にキャンプをした年数が刻まれているんです。 ヒロシさん:そうですね。 道具ひとつも相当楽しいですよ。 道具は、キャンプにひかれる入り口でもあると思います。 勢いで買ったものの、回数を重ねていくうちにいらなくなる物もあるんですけど、そうやって荷物が減っていくこともまた楽しかったり。 最終的には、 ナイフ1本で山で生活できるくらいのスキルを得たいなと思っています。 例えば、海外でキャンプをするとか、山林を買って、木を切ったりシェルターを建てたり、自分のやりたいキャンプができる環境をつくるとか、キノコや野草の種類もわかって、狩猟もできるとか。 だんだん理解されない世界に突入していますけど(笑)、もっと理解されない山での楽しみ方を追求していきたいと思っています。 ヒロシさん:そうなんですよ。 彼女や奥さんがいたら、「ナイフと味噌だけで一緒に行こう」なんてムリでしょ? 僕も、女性は多少香水とかでいい匂いさせているくらいじゃないとイヤだし(笑)。 一昨年くらいから、自分のやりたいキャンプを手に入れるためにはどうすればいいのかってずっと考えていたんですけど、そうしたら、 なんで結婚しなきゃいけないのかな? とも思うようになったんですよね。 いろんな厳しい目にあっている旦那の話を聞いていますので、結婚することが必ずしも幸せになることではないと思っています。 もし嫁からもバカにされたら「なんで僕をバカにしてくる嫁を養わなきゃいけなんだ」って思っちゃいますよ。 ヒロシさん:それに、僕はきっとすぐ死ぬので、「余命1ヵ月」って言われて急いでキャンプに行っても、せいぜい行けて2回とかでしょ? 仕事が入っていたらそっちを優先するだろうし、体が動かなければ行くことすらできないわけだから、後悔しないためにも、行けるとき、行きたいときに自由にキャンプに行けるのがいいなって。 40歳を過ぎたころから、「 このままだと孤独死するよ」って言われることが増えましたが、結婚したって死ぬときはひとりですから。 ヒロシさん:でしょ? 例えば僕が結婚していて、子どもや孫もいて、家族や親族に囲まれて最期を迎えていたとしたら、「なんで俺だけ?」「おまえの方が年上じゃん!」とか、絶対思うと思うんですよ。 「そんなに泣いてるんなら代わってくれよ!」って(笑)。 「遺産相続でモメるんだろうな」とか「この人たちはまだ生きるのに」とか思いながら死んでいくなんて、僕イヤですもん。 そんなの苦痛でしかないじゃないですか。 それなら、 結婚しないで、好きなだけソロキャンプを追求して、人生を最後まで好きに生きていきたいです。 否定し合わず、好きなことをすればいい ソロキャンプ愛から、最後は人生観や結婚観まで語ってくださったヒロシさん。 最後にこんな素敵な言葉を残してくださいました。 ヒロシさん:ソロキャンプって、最初はいかれていると思われていたし、いまだに「ひとりでなにやってんの?」とか言われますけど、楽しくて行きたいから続けています。 僕がいくらゴルフの楽しさを聞いても理解しきれないように、ソロキャンプに魅力を感じない人には、どんなによさを伝えたって楽しいとは思ってもらえないでしょう。 でも、それでいいと思っています。 それぞれ好きなことは違うんだから、互いに否定し合わず、好きなことをすればいい。 ソロキャンパー同士でも、キャンプメシに力を入れる人もいれば、僕みたいに道具にこだわる人もいるように、 人生もキャンプも、楽しみ方は自由なんですよ。 お店情報 FOREST COFFEE 住所:都中野区中央2丁目8-5 B1 電話番号:03-3365-0777(11:00~15:00) 営業時間:12:00~15:00 定休日:不定休 ウェブサイト: 撮影:渡邊浩行.

次の

ヒロシちゃんねるキャンプ道具6つの使用感と動画に惹かれる理由

ヒロシ キャンプ 道具

ヒロシさんは2019年9月に山を購入したと「徹子の部屋」に出演した際、告白しました。 徹子の部屋の中にヒロシの部屋があるんだから、それはもはやヒロシの部屋だろう。 — もかぞん hokazone もともとソロキャンプが趣味なヒロシさん、キャンプ場でソロキャンプをすると写真を撮られたり、握手を求められることがあってソロキャンプを楽しめなくなったとのことです。 YouTubeにソロキャンプの動画をアップする以上「完全なソロキャンプ」ができる場所として「山」を購入しました。 場所は分かりませんが、関東近郊にある山の内3000㎡を購入し、今後は購入した山をソロキャンプの拠点にするようです。 ヒロシさんはかつては無人島を購入しようと考えていました。 無人島なら視聴者側にとってもサバイバル感があっておもしろそうです。 しかし島は数億円と高額で買えないと判断したヒロシさんは、山を購入することにしました。 宅地ではないので固定資産税は非常に安く済みましたが、木や笹が伸びすぎた荒地状態で、笹の刈り取りや木の伐採、さらにヒルがウジャウジャいてこれらの対策にかかる費用が高くつくとおっしゃっていました。 この様子は「ヒロシちゃんねる」で見る事ができます。 どのような道具を使っているのでしょうか? まずはテント、ヒロシさんは3種類のテントを使用しています。 1番最初に買ったというのが「コールマン ツーリングドームST」次に1人用テント「バンドックBDK-08AM」Amazon限定のダークグリーンカラーです。 一番新しいのが2019年3月に購入した「スナッグパック スコーピオン2」重さ2. 65㎏で入口が広い分奥が絞られた形状の変わったテントです。 次にハンモック、そしてタープやアンダーブランケットはDD社の迷彩のものを使っています。 調理出の必要品として、焚き火台に398gと軽量の「ピコグリル398」鉄板はmooseのアウトドア鉄板、クッカーにスノーピックトレックコンボを使用、炊飯・汁物・焼き物用の鍋を一つに収納できる優れものです。 ナイフには「ディディガルガル」というヘレナイフを使用、芸人でのキャンプグループ「焚き火会」からプレゼントされたものです。 このナイフを使って1から箸を作る動画が人気です。 最後に「ヒロシちゃんねる」で使用されている機材ですが、こちらはcanonのEoskiss。 デジタル一眼レフカメラでした。 夜の撮影が多いので感度が高いデジカメを使っているのでしょう。 ヒロシのソロキャンプ場所を調べました。 なので動画内で公表しているところをピックアップしました。 すると主なエリアは神奈川・山梨・東京・群馬に集中しています。 ロケの関係でやはり近場を選ぶのか?自身お気に入りの場所なのか? 神奈川県秦野市にある「滝沢園キャンプ場」小田急線渋沢駅からバスを乗り継ぎ、下車後徒歩10分で到着できる東京から近いキャンプ場です。 次は山梨県です。 山梨市にある「パインウッドキャンプ場」文字通りパイン・松の木に囲まれたキャンプ場です。 道志村にある「椿荘オートキャンプ場」「久保キャンプ場」は近くに渓流があり、キレイな川水を使って炊飯が出来ます。 富士宮市の「ふもとっぱらキャンプ場」そして身延町の「洪庵キャンプ場」どちらも富士山のふもとにあり、さえぎる物が無いので雄大な富士山を眺められます。 群馬県玉村町の「烏川河川敷総合レクリエーション公園」は調理設備がそろっており、バーベキューでの利用が出来ます。 最後に東京都奥多摩町の「氷川キャンプ場」都内に数少ないキャンプ場で日帰りキャンプやグランピングに人気です。 まとめ 一発屋芸人・ヒロシさんが自身の趣味のソロキャンプのために山を買ったという内容でしたが、YouTubeのほかに、キャンプの特集でテレビに出ることが多くなり、いまでは芸人ではなくソロキャンパーといっても過言では無いでしょう。 それだけ本格的なこだわりがYouTubeから伝わってきます。

次の

【おすすめ道具】ソロキャンプに鉄板ってどうよ?ってやめる人、損やわ~!ねっヒロシさん

ヒロシ キャンプ 道具

ヒロシさんは2019年9月に山を購入したと「徹子の部屋」に出演した際、告白しました。 徹子の部屋の中にヒロシの部屋があるんだから、それはもはやヒロシの部屋だろう。 — もかぞん hokazone もともとソロキャンプが趣味なヒロシさん、キャンプ場でソロキャンプをすると写真を撮られたり、握手を求められることがあってソロキャンプを楽しめなくなったとのことです。 YouTubeにソロキャンプの動画をアップする以上「完全なソロキャンプ」ができる場所として「山」を購入しました。 場所は分かりませんが、関東近郊にある山の内3000㎡を購入し、今後は購入した山をソロキャンプの拠点にするようです。 ヒロシさんはかつては無人島を購入しようと考えていました。 無人島なら視聴者側にとってもサバイバル感があっておもしろそうです。 しかし島は数億円と高額で買えないと判断したヒロシさんは、山を購入することにしました。 宅地ではないので固定資産税は非常に安く済みましたが、木や笹が伸びすぎた荒地状態で、笹の刈り取りや木の伐採、さらにヒルがウジャウジャいてこれらの対策にかかる費用が高くつくとおっしゃっていました。 この様子は「ヒロシちゃんねる」で見る事ができます。 どのような道具を使っているのでしょうか? まずはテント、ヒロシさんは3種類のテントを使用しています。 1番最初に買ったというのが「コールマン ツーリングドームST」次に1人用テント「バンドックBDK-08AM」Amazon限定のダークグリーンカラーです。 一番新しいのが2019年3月に購入した「スナッグパック スコーピオン2」重さ2. 65㎏で入口が広い分奥が絞られた形状の変わったテントです。 次にハンモック、そしてタープやアンダーブランケットはDD社の迷彩のものを使っています。 調理出の必要品として、焚き火台に398gと軽量の「ピコグリル398」鉄板はmooseのアウトドア鉄板、クッカーにスノーピックトレックコンボを使用、炊飯・汁物・焼き物用の鍋を一つに収納できる優れものです。 ナイフには「ディディガルガル」というヘレナイフを使用、芸人でのキャンプグループ「焚き火会」からプレゼントされたものです。 このナイフを使って1から箸を作る動画が人気です。 最後に「ヒロシちゃんねる」で使用されている機材ですが、こちらはcanonのEoskiss。 デジタル一眼レフカメラでした。 夜の撮影が多いので感度が高いデジカメを使っているのでしょう。 ヒロシのソロキャンプ場所を調べました。 なので動画内で公表しているところをピックアップしました。 すると主なエリアは神奈川・山梨・東京・群馬に集中しています。 ロケの関係でやはり近場を選ぶのか?自身お気に入りの場所なのか? 神奈川県秦野市にある「滝沢園キャンプ場」小田急線渋沢駅からバスを乗り継ぎ、下車後徒歩10分で到着できる東京から近いキャンプ場です。 次は山梨県です。 山梨市にある「パインウッドキャンプ場」文字通りパイン・松の木に囲まれたキャンプ場です。 道志村にある「椿荘オートキャンプ場」「久保キャンプ場」は近くに渓流があり、キレイな川水を使って炊飯が出来ます。 富士宮市の「ふもとっぱらキャンプ場」そして身延町の「洪庵キャンプ場」どちらも富士山のふもとにあり、さえぎる物が無いので雄大な富士山を眺められます。 群馬県玉村町の「烏川河川敷総合レクリエーション公園」は調理設備がそろっており、バーベキューでの利用が出来ます。 最後に東京都奥多摩町の「氷川キャンプ場」都内に数少ないキャンプ場で日帰りキャンプやグランピングに人気です。 まとめ 一発屋芸人・ヒロシさんが自身の趣味のソロキャンプのために山を買ったという内容でしたが、YouTubeのほかに、キャンプの特集でテレビに出ることが多くなり、いまでは芸人ではなくソロキャンパーといっても過言では無いでしょう。 それだけ本格的なこだわりがYouTubeから伝わってきます。

次の