北原 みのり 国籍。 朴順梨

共同代表

北原 みのり 国籍

朴 順梨(パク・スニ、 - )は、の、編集者。 三世として生まれたが後に。 情報誌などの、に携わっている。 活動 [ ] より日本国内で起きているに関する執筆を行っている。 などといったが、の1つとして主張している「優先的に生活保護が受けられる」。 これに対し、「」「受給者の大半は者」と反論し批判している。 また、団体が実施しているに対し、とも取れる言葉が記載されたプラカードを掲げていることに恐怖を感じたと述べ、カウンター活動やデモ活動の行われた近隣の商店主らなどを対象とした勉強会を行う在日3世などの活動をレポートした。 デモ参加者の「や在日が嫌いなのではなく、反日が嫌い」という言葉に対し、「『』」と表現。 「はだけのもの。 文句があるなら出て行け」という様子などに対し、疑問を感じているという。 そういった人が、「どこにでもいるかもしれない」恐怖を味わっている、などと記述した。 脚注 [ ].

次の

朴順梨

北原 みのり 国籍

今回は、新型コロナウイルス感染拡大をめぐる韓国と台湾の対策と日本の違いについて。 * * * 韓国と台湾の状況をみていて、いったいこの違いは何だろうと考えさせられる。 私の会社は台湾とのやりとりが多い。 担当者とのチャットのやりとりを振り返ると、1月30日に「みのりはマスクは持っているか?」「日本人はなぜまだ満員電車に乗ってるのか?」とかなり強い調子で心配してくれているのがわかる。 台湾で最初の感染者が出たのは1月21日だ。 マスクが国民全員に行き渡るよう、台湾当局は迅速に動いていた。 その担当者が2月上旬に来日する機会があった。 彼女は地下鉄に乗るときにはマスクを2枚し、会社に着いたとたん「手を洗わせて」と洗面所を使い、すべてのドアノブを素手で触らないよう注意していた。 服の裾をのばしてドアを開ける彼女に、正直「そこまで?」と私は思ったものだ。 日本でも1月15日に神奈川県で初めての感染者が出ている。 台湾よりも6日も早いのに、社会の危機感はゼロに等しかったと思う。 台湾は今、国内の感染者が激減し、街は平常運転だ。 海外からの帰国者は14日間自宅に待機させられるが、この間、行政が必要な買い物を代行してくれるという。 しかも待機後に慰謝料として、また社会に協力した感謝として約5万円が支払われる。 ちなみに日本の場合、入国者は2週間待機させられるが、その間のホテル代は自費だ。 韓国で初めての感染者が出たのは1月20日。 日本より5日も遅い。 その後、感染者は急増するが、それは政府がPCR検査の制度をすぐに整えたからにほかならない。 また集会の禁止もすぐに周知させている。 1992年からソウルの日本大使館前で毎週水曜日に行われている「慰安婦」女性たちへの謝罪と賠償を求める「水曜デモ」も、2月からオンラインデモに切り替わった。 日本と同様、韓国の経済も相当な打撃を受けてはいるが、自営業者や中小企業対象に減税対策を行い、富裕層を除く国民の7割に一律に給付金が支給されている(4人家族で約9万円)。 今、街にはマスクが普通に売られ、感染者も減少傾向にあるのだ。 ここ数日間、私は毎日のように行政に出す申請書類を書いている。 私の会社は昨年11月に百貨店に出店をはじめた。 百貨店は何の補償もなく休業することになるが、社員への給料は支払わねばならない。 家賃は当然のようにのしかかるが、他国のように申請して数日で振り込まれるような類の助成金は一切ない。 書類は複雑で膨大、しかも審査に時間がかかると言われた。 同じアジアなのに、日本にいると、ここがニューヨークの一部にあるような気分にさせられる。 中国と隣接しているというのに、台湾や韓国と危機感を共有せず、韓国批判に興じたり、「日本は違う。 3月までは抑え込めていた」と根拠ないことをどや顔で言う人が、けっこういたりして怖い。 抑え込めていたら、今こうなってないから。 テレビでは9割9分オジサンたちだけで、重要なことが決まっていく様がみえる。 弱者のいない強者の傲慢な政治。 ずれてるし、遅い。 希望はどこだ。 今となれば 朝鮮人を特別永住者にしておく必要はない。 62 ID:fD9IeUNf >希望はどこだ。 韓国にあると思うなら韓国に行ったらいいんじゃないかな。 国外に移住する自由、日本国籍を捨てる自由がある日本が嫌なら、そんな自由のない同じアジアである北朝鮮にでも帰化すればいいだけ。 明日にでもできるから急げ。 36 ID:e1HE0Fui そんなに嫌ならとっとと帰れよって 電気グルーヴも歌ってた。 33 ID:93mkO4XN みのり、大韓を基準に俺たち日本を比較してはいけない 大韓は選ばれし民族。 すべての面において、セクシーかつアグレッシブ。 コロナのアホも泣きを入れてきた。 97 ID:j5SsSIOT 日本だけやたらと個人の自由が尊重されてるからな 今回の対応のベストが強権で規制することだったのは間違いないと思う まあそうしてたらコイツらは人権ガーとか大騒ぎしてたのは間違いないから結局相手する価値無いんだけどね.

次の

靖国神社で汚い裸を晒して写真撮影!辻本清美のお友達 : 今日ボクが見た風景

北原 みのり 国籍

作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。 今回は女性の声が反映されない日本について。 * * * 会社のスタッフから微熱があり咳(せき)が止まらないと、電話があった。 保健所に電話してみたが、案の定、高熱になったら電話してとのこと。 冷たいし、怖いし、どうしたらいいかわからないから取りあえず家にいますが……「いつまで?」という黒い不安に互いにとりつかれる。 オリンピックどうするか問題に追われ、命を真剣に考えていなかったつけは、これから大きく私たちにのしかかってくるのかもしれない。 もっと早く対応してほしかった。 韓国のように十分に検査機関を設置して、不安を取りのぞくために最大限動く政府がよかった。 台湾のようにマスクや消毒液の補充を政府が率先して行うような国がよかった。 こうなったら、せめて経済不安をやわらげてほしいと強く願うが、今、自民党内で語られているのは「お肉券」……。 低迷する和牛消費を盛り上げるために、和牛が買える商品券を配る案らしいが、韓国や台湾と比べると、同じ時代、同じアジアにいるとは思えない時空を超えた奇策ぶりに圧倒される。 長年この国に住み、十分にわかってるつもりなのに、いまだに虚を突かれてしまうジャパンの奇想天外ぶり。 いったいこういう日本の「おかしさ」は、どこから来るのか。 なぜこんなに人に冷たく、命に鈍いのか。 と考えるに、フェミニストとしてはやはり、「おっさんばかりだからでしょ」と言うしかない。 重大な決定を下す場に、見事におっさんしかいない。 医療、経済、政治、法曹、メディア……あらゆる分野でトップはおっさんに占められ、おっさんの論理が優先され、おっさんマインドが社会の隅々に行き渡っているのだ。 日本で会社経営していると、そういうおっさんの壁に何度もぶちあたる。 例えば関税問題だ。 私の会社は海外から様々な商品を輸入している。 セックストイだけでなく、デリケートゾーンケアの化粧品や、生理用品、下着などだ。 関税は一般消費者には見えないものだが、確実に商品の値段に反映される。 そしてその関税率の根拠が、とてもおっさん的だ。 象徴的なのは、アメリカの車を輸入する際の関税がゼロ! 一方で、生理中にも使える女性の下着を輸入するときは、7. 8%の関税がかかる。 キャデラックは必需品だけど、女の下着は贅沢品ですか。 税金だけではない。 生理中に使う女性の必需品であるナプキンも、基準がおかしい。 真っ白でなくてはいけないなどの色の縛りもあり、肌にも環境にも優しい布ナプは、生理用品として認められない。 女性の健康を守り、女性の声に応じてアップデートしていく発想がなく、というよりは、おっさん会社や団体の利権を守るためのものに見える。 小さな会社を経営する私から見える、小さいけれど大きな歪み。 生活の細部に、意味不明な「お肉券」がばらまかれているようだ。 おっさんの国、お肉の国。 もうこれ以上、変にしないよう、止めましょう。 コロナも安倍も。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の