風邪 に いい 食べ物。 喉の痛みに効く!【7つの良い食べ物】と飲み物|喉に悪い食材~子供妊婦OK

風邪の諸症状に効く食べ物や食事は何?これがおススメです!

風邪 に いい 食べ物

Sponsored Link 風邪の季節といえば冬を連想しますが、 ストレスや忙しさのために、春先でも秋口でもこじらせるという事がよくあります。 そこで今回は、 食べ物や飲み物で風邪の治し方、おいしくて栄養のある食べ物や飲み物、正しいお風呂の入り方などをご紹介いたします。 ・風邪の治し方!おすすめの食べ物・飲み物は? ・風邪の治し方!鼻水・喉の痛み、咳・頭痛の対処法は? ・風邪の時はお風呂に入っても平気? ・風邪 鼻水・喉・頭痛 症状時の対策や注意点は? 上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。 Sponsored Link 風邪の治し方!おすすめの食べ物・飲み物は? 昔から云われているのが、 みかんなどの柑橘類や柿などの果物。 ビタミンCが豊富で、そのまま食べてもジュースやヨーグルトなどとミキサーにかけてもおいしくいただけます。 のどが痛い時に効くと云われるのが、 焼きネギ、焼き生姜、焼きニンニクを細かく刻み、白湯に混ぜて飲む方法。 タマゴ酒、レモネードなどをその中に入れて体を温めるのもいいのですが、匂いが気になる方は白湯のほうがいいでしょう。 長ねぎ・タマネギどちらでも効果がありますが、 少量使用して、 寝るときに部屋に置いておくと効果があります。 頭痛があり熱が出て食欲がない時には、 リゾット、おじや、雑煮がおすすめです。 ビタミン豊富な緑黄色野菜や根菜を使い、お米から炊くのも良し、余った白米からでも作れます。 タマゴは栄養がありますから 風邪にはとてもおすすめです。 風邪の治し方!鼻水・喉の痛み、咳・頭痛の対処法は? 鼻水に効果のある食べ物 鼻水が出るのは体の菌を出そうとしているのですが、ティッシュでかみすぎて、かえって菌が奥に入ってしまうことがあります。 鼻と喉はつながっていますので、 焼きネギ、タマネギを少量お部屋に置いて寝ると効いてきます。 寝る2時間ほど前に置いておくとよいでしょう。 ミントなどの爽やかなハーブを、アロマポットに入れて香らせるのもおすすめです。 のどの痛み・咳の治し方 ネックウォーマーなどで首を温めます。 家に帰ったら、 うがい・手洗いをします。 お湯に軽く塩を入れたり、濃い緑茶でうがいをするとより効き目があります。 ミントガムやのど飴を食べると鼻にも効いてきます。 ただし、 シュガーレスのものを選ぶようにしましょう。 頭痛の対処方法 中国医学では背中の肩甲骨の間から首にかけての部分から風邪(ふうじゃ)と寒邪(かんじゃ)が入り、頭痛が起こり風邪をひくといわれています。 ですので、このあたりを カイロで温めるといいです。 頭痛の予防・治療におすすめです。 Sponsored Link 風邪の時はお風呂に入っても平気? 風邪の時にお風呂に入ってもいいのか気になりますよね。 鼻水・のどの痛みが多少であれば入っても大丈夫です。 頭痛のときは発熱がありますから躊躇 ちゅうちょ しますね。 昔は風邪をひいたら熱いお風呂に入って早く寝るということをよく言われていました。 または、風邪をひいたらお風呂に入らないで寝たほうが良いともいわれていました。 昔の家は寒かったのとお風呂がなくて大衆浴場が主流だったので、 熱いお風呂で湯冷めして風邪をひいてしまうからです。 風邪をひいてしまい大衆浴場でお風呂に入れば、たちまちほかの入浴客にもうつってしまいます。 今は自宅で衛生的にも環境的にも良いお風呂場に入れます。 部屋を暖めて過湿もして適温・ 適湿度(21度・55パーセント)に調節していれば、 お風呂に入って菌を出すという効果もあるので入ってもいいといわれています。 風邪の時のお風呂の入り方 お湯の温度は 40~43度くらいで、お風呂場と脱衣所は温めておきます。 シャワーのみは湯冷めをするのでやめましょう。 洗髪は寝冷えの原因になるので治るまで避けるか、水のいらないふき取り用の洗髪剤を使うといいです。 お風呂のお湯は出たら抜いておきます。 マスクなどをして菌を体の中に入れないように、首肩の出ない服装やマフラーやストールなどで覆います。 男性はジャケットなどを用いましょう。 手先、足先も冷やさないようにします。 手洗い・うがいは、自宅ではもちろんですが、 出先でもやると効果的です。 お茶やお湯などでやれば菌も死滅します。 鼻うがいもいいですが、粘膜の弱いお子さんは塩の鼻うがいではなく、 緑茶での鼻うがいをおすすめします。 部屋などもきれいにして、外部からの菌を入れないようにしましょう。 ほこりの中には菌がいます。 ぬいぐるみやクッションなどは、こまめに洗濯したり天日に干すようにしてください。 休養とバランスの取れた食事を心がけます。 忙しい時は、 野菜スープにショウガなど香味野菜を入れると風邪予防になりますし、体をあたためることができます。 忙しくてストレスが溜まると、自分のケアが疎かになりがちですね。 若い人の間では、食事をおろそかにして、ダイエットや断食などで栄養不足になっている傾向があります。 栄養過多の人であればそれもいいかもしれません。 頻繁にはやめたほうがいいと思いますよ。 しかし、特に15歳未満のお子さんにはダイエットや断食はおすすめできません。 すぐに頭痛や鼻水、のどが痛くなるといった 風邪の症状が出やすい体質になってしまいます。 なので栄養をしっかりとることは大事ですね。

次の

風邪の諸症状に効く食べ物や食事は何?これがおススメです!

風邪 に いい 食べ物

・身体を温めるもの ・栄養があるもの ・炎症を抑えるもの ・消化が良いもの それと、 風邪の引き始めの時は、やはりビタミンCが有効ですね。 柑橘系の果物にはビタミンCがたっぷりと含まれているので、みかんやグレープフルーツなどを多く食べるようにしています。 もしかしたら風邪かな?と思った時は、果汁100%のグレープフルーツジュースを飲むようにしていますよ。 あと、ピーマンやブロッコリーは感染症の予防にもなり、風邪の回復を早めてくれるみたいなので、食事に取り入れてみるといいかもしれません。 ちなみに、病院でお医者さんに聞いた話では、 食べ物でビタミンCが摂れない時は、サプリメントでも良いですよ。 そのお医者さんは、風邪の引き始めに風邪薬を飲むよりも、ビタミンCのサプリメントを朝昼晩と飲むことで、すっかり治ってしまうと言ってました。 Sponsored Link 風邪を引いている時に避けた方が良い食べ物とは? 風邪をひいたら栄養をたっぷりとつけないといけないと思う方もおられるかもしれませんが、何でもかんでも食べたらいいという考え方ではダメです。 肉などの脂っこい食べ物は、消化も良くないですし、弱っている胃腸にも負担をかけてしまいます。 また、普段は身体に良いと思っているこれら食べ物は、 身体を冷やすので注意しましょう。 トマト、ほうれん草、白菜、そば、きゅうり、茄子など。 特に寒気がする時などは、これらはダメな食べ物として避けた方がいいのかもしれません。 食物繊維が多い食べ物なんかも消化が悪いので、控えた方がいいですね。 まとめ 風邪はひかないように予防することが一番ですが、それでも引いてしまったらどうしようもないですよね。 そんな時は薬だけを頼るのではなく、食事からも気をつけるようにしています。 以前はそんな知識もあまりありませんでしたので、とにかく栄養をつけたらいい、なんて思って、たくさん食べていました。 でも、風邪の引き始めや症状が出てる時などは、どんな食べ物が効果的なのか、きちんと考えて食べないといけないなと思いました。 とにかく何でも食べたらというわけではないようですので、ご参考にしてみてくださいね。

次の

風邪の引き始めや症状が出てる時に良い食べ物、ダメな食べ物とは?

風邪 に いい 食べ物

・身体を温めるもの ・栄養があるもの ・炎症を抑えるもの ・消化が良いもの それと、 風邪の引き始めの時は、やはりビタミンCが有効ですね。 柑橘系の果物にはビタミンCがたっぷりと含まれているので、みかんやグレープフルーツなどを多く食べるようにしています。 もしかしたら風邪かな?と思った時は、果汁100%のグレープフルーツジュースを飲むようにしていますよ。 あと、ピーマンやブロッコリーは感染症の予防にもなり、風邪の回復を早めてくれるみたいなので、食事に取り入れてみるといいかもしれません。 ちなみに、病院でお医者さんに聞いた話では、 食べ物でビタミンCが摂れない時は、サプリメントでも良いですよ。 そのお医者さんは、風邪の引き始めに風邪薬を飲むよりも、ビタミンCのサプリメントを朝昼晩と飲むことで、すっかり治ってしまうと言ってました。 Sponsored Link 風邪を引いている時に避けた方が良い食べ物とは? 風邪をひいたら栄養をたっぷりとつけないといけないと思う方もおられるかもしれませんが、何でもかんでも食べたらいいという考え方ではダメです。 肉などの脂っこい食べ物は、消化も良くないですし、弱っている胃腸にも負担をかけてしまいます。 また、普段は身体に良いと思っているこれら食べ物は、 身体を冷やすので注意しましょう。 トマト、ほうれん草、白菜、そば、きゅうり、茄子など。 特に寒気がする時などは、これらはダメな食べ物として避けた方がいいのかもしれません。 食物繊維が多い食べ物なんかも消化が悪いので、控えた方がいいですね。 まとめ 風邪はひかないように予防することが一番ですが、それでも引いてしまったらどうしようもないですよね。 そんな時は薬だけを頼るのではなく、食事からも気をつけるようにしています。 以前はそんな知識もあまりありませんでしたので、とにかく栄養をつけたらいい、なんて思って、たくさん食べていました。 でも、風邪の引き始めや症状が出てる時などは、どんな食べ物が効果的なのか、きちんと考えて食べないといけないなと思いました。 とにかく何でも食べたらというわけではないようですので、ご参考にしてみてくださいね。

次の