渥美 拓馬。 渥美拓馬の年齢や身長!彼女は内藤早紀?会社での仕事は?

渥美拓馬の車や身長,事務所,仕事などプロフィール!内藤早紀との現在は?【彼女,タックル,出身,マナー,住所,妹,釣り場,かねこ,バス釣り】

渥美 拓馬

シマノのワールドシャウラ ツアーエディション って本当に折れやすいのでしょうか? ユーチューバーの渥美拓馬さんがタイのバラマンディの釣り堀で、ワールドシャウラ ツアーエディション( たぶん 1753R-5か?)を折ってしまった動画を見つけました。 ワールドシャウラ ツアーエディションを実釣中に折った動画はたいへん珍しいと思いますが、渥美拓馬さん自身は不良品か、ワールドシャウラツアーエディションの強度そのものに問題があるかのような発言をしていらっしゃいました。 私が思うに、渥美拓馬さんはロッドさばきが決定的に下手な気がします。 バラマンディをランディングするときに草むらにズリ上げていますが、そのような場合はロッドを折らないようにラインとロッドを90度以上の角度に開いた状態で、一定のテンションを保ちながら体ごと岸側に下がるのが通常の方法ではないかと思います。 しかし渥美拓馬さんは、草むらにズリ上げるときに体の位置はそのままに、よりロッドを立ててロッドを回しながらバラマンディを草むらにズリ上げているように見えます。 これは渥美拓馬さんがブラックバスを釣る時の癖で、いつもやっている方法です。 他の渥美拓馬さんの動画を見ても、この人の悪い癖であることは明らか。 (このナマズのランディングも酷い。 ロッドが折れなかったのは運がいいだけ。 ) 渥美拓馬さんがそれまで釣ってきたブラックバス程度の大きさなら、ロッドの強度が勝っていたので、無茶な使い方をしてもロッドが折れるなどの事故は無かったのでは無いかと思いますが、バラマンディ相手ではさすがにいつものランディング方法は無理があったのではないでしょうか。 それとも本当にワールドシャウラに問題があったのでしょうか? 補足同じ釣り堀で、ジャイアントスネークヘッドを釣ったときの動画 (3分40秒付近) やめてー!ワールドシャウラが折れる!!! いくらなんでもこの扱いは酷い。 鋭角にロッドを立てすぎ。 きっとバラマンディ釣ってロッドを折ったときも、同じ取扱いをしていたはず。 「これ僕ね、一つ言っていいですか。 何もしていないです。 」 いや、しっかりロッドを立ててしの字に曲げてるじゃん。 帰国後に冷静になって動画編集していても、自分のロッドを立てすぎる癖に気づかないのか。 動画を拝見しましたが、私も皆さん同様「ロッドの欠陥ではなくアングラーの扱い方に問題あり」と考えます。 この時点でティップは限界ギリギリですので、ちょっと魚が暴れたり走ったりすると、呆気ないほど簡単に折れてしまいます。 仮にこれがワールドシャウラではなくツナロッドだったとしても、動画のような曲げ方をしたら確実に折れます。 ワールドシャウラシリーズは基本的なファイトさえ身についていれば、軽量さと強さを兼ね備えた素晴らしい相棒となってくれます。 私は2702Rをボートシーバス等に使っていますが、やろうと思えばワラサや1m程度のシイラぐらいなら、主導権を与えることなく寄せられますよ。 もちろん、一度も折れたことはありません。

次の

渥美拓真のwiki風プロフィール!使っているリールなどのタックル、年収、住所、彼女、所属事務所など調べて見た

渥美 拓馬

シマノのワールドシャウラ ツアーエディション って本当に折れやすいのでしょうか? ユーチューバーの渥美拓馬さんがタイのバラマンディの釣り堀で、ワールドシャウラ ツアーエディション( たぶん 1753R-5か?)を折ってしまった動画を見つけました。 ワールドシャウラ ツアーエディションを実釣中に折った動画はたいへん珍しいと思いますが、渥美拓馬さん自身は不良品か、ワールドシャウラツアーエディションの強度そのものに問題があるかのような発言をしていらっしゃいました。 私が思うに、渥美拓馬さんはロッドさばきが決定的に下手な気がします。 バラマンディをランディングするときに草むらにズリ上げていますが、そのような場合はロッドを折らないようにラインとロッドを90度以上の角度に開いた状態で、一定のテンションを保ちながら体ごと岸側に下がるのが通常の方法ではないかと思います。 しかし渥美拓馬さんは、草むらにズリ上げるときに体の位置はそのままに、よりロッドを立ててロッドを回しながらバラマンディを草むらにズリ上げているように見えます。 これは渥美拓馬さんがブラックバスを釣る時の癖で、いつもやっている方法です。 他の渥美拓馬さんの動画を見ても、この人の悪い癖であることは明らか。 (このナマズのランディングも酷い。 ロッドが折れなかったのは運がいいだけ。 ) 渥美拓馬さんがそれまで釣ってきたブラックバス程度の大きさなら、ロッドの強度が勝っていたので、無茶な使い方をしてもロッドが折れるなどの事故は無かったのでは無いかと思いますが、バラマンディ相手ではさすがにいつものランディング方法は無理があったのではないでしょうか。 それとも本当にワールドシャウラに問題があったのでしょうか? 補足同じ釣り堀で、ジャイアントスネークヘッドを釣ったときの動画 (3分40秒付近) やめてー!ワールドシャウラが折れる!!! いくらなんでもこの扱いは酷い。 鋭角にロッドを立てすぎ。 きっとバラマンディ釣ってロッドを折ったときも、同じ取扱いをしていたはず。 「これ僕ね、一つ言っていいですか。 何もしていないです。 」 いや、しっかりロッドを立ててしの字に曲げてるじゃん。 帰国後に冷静になって動画編集していても、自分のロッドを立てすぎる癖に気づかないのか。 動画を拝見しましたが、私も皆さん同様「ロッドの欠陥ではなくアングラーの扱い方に問題あり」と考えます。 この時点でティップは限界ギリギリですので、ちょっと魚が暴れたり走ったりすると、呆気ないほど簡単に折れてしまいます。 仮にこれがワールドシャウラではなくツナロッドだったとしても、動画のような曲げ方をしたら確実に折れます。 ワールドシャウラシリーズは基本的なファイトさえ身についていれば、軽量さと強さを兼ね備えた素晴らしい相棒となってくれます。 私は2702Rをボートシーバス等に使っていますが、やろうと思えばワラサや1m程度のシイラぐらいなら、主導権を与えることなく寄せられますよ。 もちろん、一度も折れたことはありません。

次の

白血病患った渥美拓馬が無事退院。9カ月の闘病生活を振り返る

渥美 拓馬

シマノのワールドシャウラ ツアーエディション って本当に折れやすいのでしょうか? ユーチューバーの渥美拓馬さんがタイのバラマンディの釣り堀で、ワールドシャウラ ツアーエディション( たぶん 1753R-5か?)を折ってしまった動画を見つけました。 ワールドシャウラ ツアーエディションを実釣中に折った動画はたいへん珍しいと思いますが、渥美拓馬さん自身は不良品か、ワールドシャウラツアーエディションの強度そのものに問題があるかのような発言をしていらっしゃいました。 私が思うに、渥美拓馬さんはロッドさばきが決定的に下手な気がします。 バラマンディをランディングするときに草むらにズリ上げていますが、そのような場合はロッドを折らないようにラインとロッドを90度以上の角度に開いた状態で、一定のテンションを保ちながら体ごと岸側に下がるのが通常の方法ではないかと思います。 しかし渥美拓馬さんは、草むらにズリ上げるときに体の位置はそのままに、よりロッドを立ててロッドを回しながらバラマンディを草むらにズリ上げているように見えます。 これは渥美拓馬さんがブラックバスを釣る時の癖で、いつもやっている方法です。 他の渥美拓馬さんの動画を見ても、この人の悪い癖であることは明らか。 (このナマズのランディングも酷い。 ロッドが折れなかったのは運がいいだけ。 ) 渥美拓馬さんがそれまで釣ってきたブラックバス程度の大きさなら、ロッドの強度が勝っていたので、無茶な使い方をしてもロッドが折れるなどの事故は無かったのでは無いかと思いますが、バラマンディ相手ではさすがにいつものランディング方法は無理があったのではないでしょうか。 それとも本当にワールドシャウラに問題があったのでしょうか? 補足同じ釣り堀で、ジャイアントスネークヘッドを釣ったときの動画 (3分40秒付近) やめてー!ワールドシャウラが折れる!!! いくらなんでもこの扱いは酷い。 鋭角にロッドを立てすぎ。 きっとバラマンディ釣ってロッドを折ったときも、同じ取扱いをしていたはず。 「これ僕ね、一つ言っていいですか。 何もしていないです。 」 いや、しっかりロッドを立ててしの字に曲げてるじゃん。 帰国後に冷静になって動画編集していても、自分のロッドを立てすぎる癖に気づかないのか。 動画を拝見しましたが、私も皆さん同様「ロッドの欠陥ではなくアングラーの扱い方に問題あり」と考えます。 この時点でティップは限界ギリギリですので、ちょっと魚が暴れたり走ったりすると、呆気ないほど簡単に折れてしまいます。 仮にこれがワールドシャウラではなくツナロッドだったとしても、動画のような曲げ方をしたら確実に折れます。 ワールドシャウラシリーズは基本的なファイトさえ身についていれば、軽量さと強さを兼ね備えた素晴らしい相棒となってくれます。 私は2702Rをボートシーバス等に使っていますが、やろうと思えばワラサや1m程度のシイラぐらいなら、主導権を与えることなく寄せられますよ。 もちろん、一度も折れたことはありません。

次の