うー い ー うっ あ あー。 「あーあー、うーうー」と喋りだす赤ちゃん言葉!その言葉には何か意味が込められてるの?

赤ちゃんの言葉一覧!赤ちゃん語にはどんな意味があるの?

うー い ー うっ あ あー

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 生まれてすぐは泣いてばかりだった赤ちゃんも、月齢が進むにつれて泣き声以外の声を出すようになりますよね。 「あー」や「うー」といった、言葉とも泣き声ともいえない優しい声のことを「クーイング」と呼びます。 クーイングをしている赤ちゃんは楽しそうで、見ていてとても微笑ましいものです。 今回は、クーイングについて、どんな意味があるのか、いつから始まるのか、どう応えてあげればいいいのかをご紹介します。 クーイングとは?何か意味があるの? クーイングとは、舌を使わないで「あー」や「うー」といった母音を発するもので、今まで出してきた泣き声とは違った声です。 鳩の鳴き声である「クー(coo)」が語源になっているそうです。 クーイングをしている赤ちゃんは、何かを伝えたいのではなく、音を出すことを楽しんでいる状態です。 ご機嫌がいいときに出す声なので「プレジャーサイン」とも呼ばれています。 クーイングは赤ちゃんの発達過程のひとつで、口や喉の形が変わってきたことによって出る声だといわれています。 クーイングと喃語は違うの? 赤ちゃんが発する声に「喃語(なんご)」がありますが、クーイングは喃語の前段階のもので、喃語とは異なります。 「あー」「えっ」「あっあ」「うー」といった母音だけを使って声を発するクーイングに対し、喃語では、「まんまー」「ばぶばぶ」「だだばば」のような多音節からなる言葉を発します。 さらに月齢が進むと、「ぱ行」や「ば行」といった、破裂音や濁音も発声できるようになってきます。 赤ちゃんのクーイングはいつから?生後1ヶ月で始まるの? 赤ちゃんの体の発達スピードに個人差があるように、クーイングを始める時期にも個人差があります。 生後1~2ヶ月の早い時期にクーイングを始める赤ちゃんもいますが、ほとんどの赤ちゃんは生後3ヶ月頃からクーイングをします。 なかには、生後3ヶ月を過ぎてもクーイングをしないケースもありますが、赤ちゃんの成長はそれぞれなので、あやしたときに声を出していれば、クーイングが遅かったとしても、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。 どうしても気になるときは、乳児健診や小児科を受診するときに相談すると安心です。 関連記事 クーイングが始まったら注意したいことは? クーイングを始めた頃は、自分の出す声に驚き、おもしろくて仕方のない赤ちゃんも、次第に興味の対象がママやパパの声、周りの人の声へと移ります。 赤ちゃんはまだ小さくて言葉がわからないからと思って、大人が乱暴な言葉使いをすると、赤ちゃんが大きくなったときに同じ言葉を真似する可能性もあります。 赤ちゃんは、たくさんのことを聞いて覚えていきます。 クーイングを始めたら、ママやパパをはじめ、周りにいる大人や子供は、言葉使いや声の大きさに気を配るようにしましょう。 赤ちゃんがクーイングをしたら、前述のようにオウム返しをしたり、ママやパパが喜んだり褒めてあげたりと、赤ちゃんの発する声にきちんと応えることを忘れないでくださいね。 クーイングに応えてあげることで、コミュニケーション能力を高めることにつながっていくはずです。 関連記事 クーイングは赤ちゃんの成長の証 喃語を発するようになると、自然とクーイングをする姿は見られなくなります。 赤ちゃんがクーイングをする期間は1~2ヶ月しかなく、あっという間です。 これから言葉を覚えていくための大切な成長過程なので、クーイングをしている姿を見たら、成長の証としてぜひ動画に残しておきましょう。 赤ちゃんがクーイングをしているときは、ご機嫌で自分の声を楽しんでいる時間なので、ママも笑顔で見守ってあげてくださいね。 また、クーイングを始める時期には個人差があるので、なかなかクーイングを始めなくても、乳児健診で特に指摘をされなければ問題ありません。 クーイングの次は喃語を発し、その後で少しずつ意味を含んだ言葉を話すようになります。 赤ちゃんが正しい言葉を覚えて楽しくおしゃべりできるよう、家族みんなで赤ちゃんのクーイングに応えていってあげてくださいね。

次の

【助産師監修】クーイングとは?生後いつからはじまる?喃語との違いや対応方法|ベビーカレンダー

うー い ー うっ あ あー

「あー」「うー」…赤ちゃんの「クーイング」はいつ始まる? 生後すぐの赤ちゃんが、「おなかが空いた」「暑い・寒い」「不安」などの快不快を訴える手段は「泣くこと」だけ。 訴えたいことがない時は、すやすや眠っていたり、手足を動かしたり…という様子ですね。 それが、生後1か月から2か月頃になると、目を覚ましていて機嫌のいい時などに、のどから「あー」「うー」「うっくん」といった声を出すようになります。 この声を「クーイング」といい、声帯やのどの筋肉が発達してきた証拠だといわれています。 英語では「cooing」。 ハトが「クックー」と鳴く声に似ていることから、この名がついたそう。 最初は、赤ちゃんの意志とは関係なく勝手に声が出てしまうようですが、しだいに赤ちゃん自身が自分がのどから音を出せることに気づき始め、何度も繰り返しクーイングしたり、急に大きな声を出したりするようになります。 「クーイング」と「喃語」の違いは? 赤ちゃんの出す声として、もう1つ「喃語(なんご)」といわれるものがあります。 クーイングの段階では、赤ちゃんはまだ舌や唇などを自由に動かすことはできず、のどの動きだけで声を出しています。 生後2か月頃の赤ちゃんがとつぜん「ママ」と言ったように聞こえて、「うちの子、もうママって言ったの?!」と驚いたママもいるかと思います。 しかし残念ながら、それはたまたま唇が開いたり閉じたりするタイミングでクーイングの「あー」と重なり「ママ」「パパ」のように聞こえただけ…と考えられています。 成長とともにだんだんと舌や唇が自分の意志で動かせるようになってくると、赤ちゃんは「あー、うー」以外の子音を含む音や、いくつかの母音がつながった音を発するようになってきます。 これを喃語といい、早い子は生後3か月頃から、多くの子が生後半年頃から始まるといわれています。 喃語のなかでも特に多いのが、唇の開閉に伴う「ま」行や、破裂音といわれる「バ、パ」行の音。 赤ちゃんことばの代名詞ともいえる「バブー」「マンマ」などは、やはりそれだけ口にする子が多いということなのでしょうね。 喃語も、最初はことばそのものに意味はなく、生後3か月頃の赤ちゃんが「マンマ」と言っても必ずしも「ママ」や「ごはん」を意味しているわけではありません。 赤ちゃんが意味のあることばを口にするのは、個人差もありますが、厚生労働省の「乳幼児身体発育調査」では、1歳前後で半分程度、1歳半でも10人に1人はまだだとのこと。 クーイングや喃語や意味のあることばは、成長の段階で混在したり移り変わったりしていくため、はっきりと区別できないこともありますが、おおむね上記のように考えておけばよさそうですね。 うちの子は「クーイング」が出ない…何か問題が? クーイングは早い子では新生児期の終わり頃、遅くとも3か月頃には出始めるといわれていますが、赤ちゃんにもひんぱんに声を出す子もいれば静かなタイプの子もいます。 また、クーイング時期はあまり声を出さなかったのに、喃語はさかんに口にするという子もいます。 あまり赤ちゃんが声を出さないと、「聴覚に問題でも…?」と心配になるかもしれません。 小児の聴覚や発達に詳しい医療機関を受診すれば検査や経過観察で診断を受けられますが、単にクーイングや喃語があまり出ないだけなら、多くは個人差の範囲と考えられています。 「音に反応しない」など気になる点が伴う場合は早めに受診しましょう。 赤ちゃんの「クーイング」にはこう答えるのがGOOD! 「クーイング」のことば自体に意味がないとはいえ、けして「返事してもしょうがない」ということはないそうです。 新生児期を過ぎて生後2か月頃からの赤ちゃんは、お世話してくれる人と目が合うようになり、抱っこでの触れ合いやママのにおいが分かるなど、五感すべてで周囲とのコミュニケーション方法を身につけていきます。 クーイングもそのうちの1つで、「声を出すと誰かが反応してくれる」というコミュニケーション=「会話」のはじまり。 ある研究では、クーイングを続けている赤ちゃんに返事をすると、はっとしたように声を出すのをやめ、相手の声を聞いた後でまた声を出す…という、会話の基礎となるような反応が見られるそうです。 赤ちゃんのクーイングに対して答えるときには、• 同じように「あー、うー」と答えてあげる• 「どうしたの、〇〇ちゃん」と呼びかけてあげる• 「ご機嫌だね、楽しいね」と気持ちをことばにしてあげる など、なんでもOK。 こうしなければいけないという決まりはなく、楽しい気持ちや愛情が伝わるようなことばをたくさんかけてあげると、赤ちゃんもそれに答えるようにクーイングやコミュニケーションがどんどん増えてゆくといわれています。 まとめ 赤ちゃんがご機嫌な時によく聞かれるクーイング。 楽しみながらいっぱい返事をしてあげて、今だけのかわいい声を楽しんで下さいね。 成長すると聞けなくなるので、ママ・パパとのやりとりを動画などに残しておくのもおすすめです。 文/高谷みえこ 参考/.

次の

クーイングとは?喃語との違いや上手な返事をして会話する方法と体験談 [ママリ]

うー い ー うっ あ あー

クーイングはいつから始まるの? 「あー、うー」などのクーイングは、早い赤ちゃんだと生後1か月ぐらいから始まるようです。 平均すると3か月ぐらいから始まることが多いようですね。 先輩ママたちの体験談を見てみても、生後1か月~3か月ぐらいにクーイングを始めた赤ちゃんが多いようです。 もちろん赤ちゃんの成長度合いは個人差があるので、もし3か月になってもクーイングを始めないからといって 特に心配する必要はありません。 あまり心配しすぎないようにしてくださいね。 クーイングが始まったらどうすればいいの? クーイングが始まったら、赤ちゃんが発声した「あー、うー」などをお母さんも同じ言葉をオウム返しをして応えてあげましょう。 そうすることでスキンシップもできて信頼関係も深まりますし、 赤ちゃんのコミュニケーション能力の成長を助けることにもなります。 クーイングに笑顔で応えてあげると赤ちゃんも笑顔でお返しをしてくれることが多いようです。 赤ちゃんとコミュニケーションをとって、親子の愛情を深めていってくださいね。 喃語はいつから始まるの? クーイングをし始めてしばらくすると、「ばぶー」などの喃語を赤ちゃんが話すようになってきます。 喃語とは「ばぶー」など多音節からなる音のことで、 生後4か月~5か月ぐらいになるとクーイングから喃語へと変化してきます。 赤ちゃんが成長して、舌を使って話すことができるようになってくるのですね。 クーイングの時と同じように、オウム返しをしてあげたり、たくさんしゃべりかけてあげたり、笑顔で応えてあげたりして、赤ちゃんとコミュニケーションをしてあげてくださいね。 先輩ママの体験談とアドバイス 2人とも、クーイングは1ヶ月過ぎてからでした 2児の母親です。 2人とも、クーイングは1ヶ月過ぎてからでした。 目を見て話かけると、応えるように、「あー」とか「うー」とかよく声を出していました。 なるべく手が空いている時は、話しかけるようにしていました。 それから、6ヶ月くらい頃から喃語を発するようになり、8ヶ月頃から特に増えてきました。 うちの場合は、上の子の方が言葉が早く、1歳前には「ママ」「マンマ」は言っていました。 上の子の時は、最初の1、2ヶ月は、自分に余裕がなく、私の笑顔が少なったのか私が話かけるより、実家の父や母が話しかけるほうが喜び、笑顔でした。 それに気づいた時に、すごくショックで落ち込みましたが、それからは、笑顔で話しかけることを心がけるようにしました。 それからは、私にも笑顔で応えるようになってくれて、うれしかったです。 福岡県 K. K 生後2ヶ月を過ぎた頃からクーイングが始まり、3ヶ月の時には喃語になりました 生後2ヶ月を過ぎた頃からクーイングが始まり、3ヶ月の時には喃語になりました。 目が見えるようになってきたきらか、はっきりとした色合いの物を見せたり絵本を読んだりすると大きな反応が。 私の子は赤色を見せるとご機嫌に。 喃語の頃は話かけてくるような口ぶりだったので、お話をしている気分で「そうだね~」「そっかー」とお返事を。 喃語が出たといっても、やっぱり赤ちゃんが何を言っているか聞き当てることはお母さんだって難しいのが本当のところだと思います。 お母さんには解るのよね~なんて軽く言われますが、そんなことない!解らないものは解りません(笑) わが子が何か一生懸命に伝えようとしている気持ちを汲もうとするだけでも充分。 そっか~、とわかったフリしたり、勝手にアテレコして会話にしてみる遊びは楽しいですよ。 (埼玉県I. N) 三ヶ月してから「あー、アクア」など、声を出すようになりました 三ヶ月してから「あー、アクア」など、声を出すようになりました。 初めは1度言って終わりと言う感じでしたが、徐々に回数も増え、ママの声掛けにも声を出して答えてくるようになり、笑う時も声を出すようなりました。 声を出す時期はそれぞれだと思います。 焦らず毎日少しでも子供に声をかけてあげることが大切だと思います。 そして、声を出してくれたらそれに対して褒めてあげたり、会話してあげるとまた反応が変わってくるので喜びが倍増すると思います。 静岡県A. K 娘は生後2ヶ月の頃からクーイングを始めました 娘は生後2ヶ月の頃からクーイングを始めました。 こちらが話しかけると「あー!」とお返事してくれてとても可愛かったのを覚えています。 生後4ヶ月の頃からは「んまんま!」など、どんどんと喃語に変わっていきました。 なので成長としては娘は早い方だったのかな?と思います。 クーイングはとても可愛くて愛おしいものですよね。 私も一生懸命おしゃべりしてくれる娘の姿を見て、愛おしさが止まらず涙が出た事も多々ありました。 お母さんも優しく楽しくお返事をしてあげて、2人で会話を楽しむ事がこの時期の赤ちゃんに必要な事ではないかなと思います。 可愛い時期は一瞬で過ぎて行きますので、クーイングもビデオなどにおさめておく事をオススメします! 大阪府 A. S 3か月くらいから、「うー、あー」がしっかりしてきたと思います 3か月くらいから、「うー、あー」がしっかりしてきたと思います。 話かけても、とくに反応はなく、私の独り言になってました。 9か月になり、はじめての言葉は「どーぞ(どーじょ)」でした。 ミルクが欲しかったときで、意味は違っていましたが(笑) 赤ちゃんは何をいっているのかいつもわからず、常に不安でした。 9か月くらいから少しずつ、単語がでてきて、とても早いほうだったのだと思います。 毎日、常に話しかけていたのが、よかったのかなと思います。 大きくなった今では、たくさんのことを毎日お話ししてくれます。 泣いてばかりで、不安なときもあるかと思いますが、楽しいことや、大きくなったら一緒にしたいことを、毎日話しかけてあげてくださいね。 (宮城県 K. F まとめ 「あー、うー」などのクーイングは、 早い赤ちゃんだと生後1か月ぐらいから始まり、平均すると3か月ぐらいには多くの赤ちゃんがクーイングを始めているようですね。 その後4か月・5か月ぐらいになると、ちょっと複雑な「ばぶー」など多音節からなる喃語へと変化してきます。 クーイングや喃語を赤ちゃんが発した時は、オウム返しをしてあげたり、何かをしゃべりかけたりしてあげましょう。 しゃべりかけることで赤ちゃんの脳やコミュニケーション能力の成長を促すことができるようです。 たくさん笑顔で赤ちゃんにしゃべりかけて、愛情を深めてあげてくださいね。

次の