嵐 読売 新聞 広告 9 月。 新聞広告賞2019|新聞広告データアーカイブ

新聞広告賞2017|新聞広告データアーカイブ

嵐 読売 新聞 広告 9 月

2020年6月26日金曜日• 編集手帳• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• くらしマネー• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 編集手帳• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 折々のことば• 天声人語• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 折々のことば• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 文化・文芸• 文化・文芸• 文化・文芸• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 総合・社会• 総合・社会• 季語刻々• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄•

次の

新聞広告賞2017|新聞広告データアーカイブ

嵐 読売 新聞 広告 9 月

2020年6月26日金曜日• 編集手帳• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• くらしマネー• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 編集手帳• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 折々のことば• 天声人語• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 折々のことば• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 文化・文芸• 文化・文芸• 文化・文芸• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 総合・社会• 総合・社会• 季語刻々• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月26日金曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月25日木曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄 2020年6月24日水曜日• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄• 広告欄•

次の

新聞で紹介された本:オンライン書店Honya Club com

嵐 読売 新聞 広告 9 月

日本新聞協会は9月5日、新聞広告大賞を黒田博樹氏の「カープ新井選手引退記念企画『結局、新井は凄 すご かった』」に贈ると発表した。 大賞受賞作は、プロ野球の広島東洋カープや米・大リーグで投手として活躍した黒田さんが、カープ時代の同僚だった新井貴浩選手の引退に合わせて地元紙に掲載した個人広告。 表面に新井選手のミスを取り上げた過去の新聞記事、写真を並べるとともに、裏面には新井選手をたたえ、ねぎらうメッセージを載せた。 ユーモアあふれる広告に二人のほほ笑ましい関係を見てとることができ、多くのファンを喜ばせた。 広島のみならず東京でも新聞を求める人が後を絶たず、全国的に話題となった。 記事や写真という新聞社の資産を活用したクリエーティブや、新井選手にとって現役最後となった試合の直後という時機を捉えた出稿など、新聞広告の特性を存分に生かしており、大賞にふさわしい作品として高く評価された。 新聞広告賞は、新聞広告の新しい可能性を開拓した広告活動を顕彰し、新聞と広告の発展に資することを目的に、1981年に設けられた。 広告主部門と新聞社企画部門の2部門から成り、新聞紙上で優れた広告活動を展開した広告主、新聞社に贈る。 贈賞は10月24日(木)、東京・芝公園の東京プリンスホテルで開かれる第62回「新聞広告の日」記念式典で行われる。 新聞広告大賞には賞状、トロフィー、メダルが贈られる。 第39回新聞広告賞には、広告主部門276件(単独広告主275作品、複数広告主1作品)、新聞社企画部門65件(単独企画63作品、共同企画2作品)の計341件の応募があり、新聞広告大賞1件、新聞広告賞10件を選定した。 また、広告主部門について17件の優秀賞を、新聞社企画部門について5件の奨励賞を選んだ。 7月26日開催の新聞広告賞選考委員会で入賞作を決め、9月4日開催の日本新聞協会理事会で承認した。 黒田博樹氏 【受賞理由】 プロ野球・広島東洋カープや米・大リーグで投手として活躍した黒田博樹氏が、カープ時代の同僚だった新井貴浩選手の引退に合わせて地元紙に個人広告を掲載した。 表面に新井選手のミスを取り上げた過去の新聞記事や写真を並べるとともに、裏面には新井選手をたたえ、ねぎらうメッセージを載せた。 ユーモアあふれる広告に二人のほほ笑ましい関係を見てとることができ、多くのファンを喜ばせた。 広島のみならず東京でも新聞を求める人が後を絶たず、全国的に話題となった。 記事や写真といった新聞社の資産を活用したクリエーティブや、新井選手にとって現役最後となった試合の直後という時機を捉えた出稿など、新聞広告の特性を存分に生かしており、大賞にふさわしい作品として高く評価された。 休業により売り上げが失われることを「2億円事件」という具体的な数字のコピーで表現し、読者の目を引いたうえで、従業員を大切にする企業姿勢を示した。 社会的な課題に対する会社の考え方を明確に示した広告はSNSでも話題となり、読者の共感を得た。 企業への信頼、親近感を高めただけでなく、従業員のモチベーションアップにもつながり人材採用にも貢献した企業広告として高く評価された。 掲載=2018年12月31日、朝日(東京)、東奥、岩手日報、河北、秋田魁、山形、福島民報、福島民友に掲載/全15段カラー プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 【受賞理由】 就職活動に励む女性の多くが、画一的な髪型にせざるを得ない現状に、新聞広告で疑問を投げ掛けた。 内定日直前と当日に掲載した広告で、就職活動経験者1000人の意見をモザイクアートにして女性を表現、結んだ黒髪からほどいた髪へとビジュアルを変化させた。 これまでの習慣に疑問を呈した企業のメッセージは、若い世代の心をつかみSNSを中心に議論を呼んだ。 社会への問題提起を果たした優れた企業広告として高く評価された。 伊勢半 河北新報社 営業局 【受賞理由】 「人生100年」時代が現実となりつつある中、定年退職を迎える読者の今後の夢を新聞社が応援する企画に取り組んだ。 新聞が強く訴求できる50代、60代に向けて、現在の職業と定年後の夢を見開きページで対比できる企画は、多くの広告主から共感を得た。 勤労感謝の日に合わせ、お風呂で読める「入浴剤新聞」を製作し、PR動画をインターネットで公開するなど、新聞広告を起点として他媒体にも立体的に展開した。 少子高齢化が進む中、定年後の人生を前向きに捉えられるよう読者を勇気付けたことが高く評価された。 掲載=2018年6月25日、6月29日、7月1日、10月16日、10月27日/別刷り(12ページ)、全15段、全5段、カラー・モノクロ 熊本日日新聞社 業務推進局 【受賞理由】 2016年の熊本地震の被災から徐々に復興していく熊本城の様子や、城の修復に携わる人々を紹介する広告キャンペーンを展開した。 定点撮影した城の写真を毎月掲載し、その時々の姿を読者に伝えた。 熊本城に関連する「かるた絵コンテスト」を小中学生を対象に実施したり、紙面を英訳して県内外の施設で配布したりするなど、子供や外国人など幅広い層にアプローチした。 城の復興状況を丁寧に伝えることで、地元の人々に勇気を与えるとともに、県民全体で支え合う機運を高めたキャンペーンとして高く評価された。

次の