スキバサミ。 100均のすきバサミ9選!ダイソー・セリア別!使い方についても!

すきバサミの基本・使い方

スキバサミ

セルフカットは慣れていないと、やはり難しいもの。 ただし、すきバサミの使い方やちょっとしたコツを押さえておけば、上手にヘアカットできますよ。 ここからは、必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。 まず基本ですが、すきバサミは 横向きではなく縦で使いましょう。 横向きに切ってしまうと短くなり過ぎたり不自然な仕上がりになってしまいます。 また、事前にどれくらいの長さをカットするか決めておくことも大切。 切り始めに基準となる長さを決めておけば、失敗が少なくすみますよ。 後ろ髪や襟足をカットする場合は、3段に分けておき、一番下の段から切り進めていくと自然な仕上がりに。 少しコツを知っておくだけで、セルフカットでも素敵なヘアスタイルに仕上がりますので、ぜひ挑戦してみましょう。 すきバサミを使って、理想のヘアスタイルを叶えよう!.

次の

【100均すきバサミ】ダイソー・セリアの10個!ヘアカッターの使い方も

スキバサミ

みなさんは100均のすきバサミをご存知でしょうか。 ヘアーケア用品や衛生用品のコーナーに髪をすくためのハサミが並んでいます。 すきバサミは主に髪の毛のボリュームを抑えたい時や、前髪を自然な長さや量に整えたり、すねや腕の毛を整える際に使用します。 また100円の髪を切るアイテムについてはすきバサミの他に散髪用のハサミや、すきカミソリ、ヘアーカッターなどもあります。 どれも使い方はさほど難しいものではないので簡単にヘアースタイルの調整やボリュームのコントロールが出来ます。 またすきバサミでシャギーを入れることやコスプレなどのウィッグを創作するのにも便利です。 すきバサミのすき方でナチュラルでおしゃれなヘアースタイルが作れます。 コストパフォーマンスも非常にgood! こちらは100均ダイソーの散髪スキハサミ・ステンレス製です。 ステンレス製なので錆びにも強く丈夫なスキハサミなので100円で購入できるのはコスパも良しです。 切れ味はよくすき率もセルフカットをするのにちょうどよい間隔です。 自宅でのセルフカット用のすきバサミはなるべくすき率の低めのものがおすすめです。 使い方はハサミで毛先を切るようにして使いますが、あまりザクザクといかず毛先を少しずつ調整するようにして整えていきます。 髪を切る前には必ず髪の毛のクセを水で濡らして乾かしまっすぐにして切っていきましょう。 あくまで髪の毛の長さやボリュームを微調整するためのものなので、ある程度の長さをカットする際にはヘアカット用のハサミを使用して下さい。 こちらは100均ダイソーのクシ付きのヘアカッターです。 カッターの刃は表裏の2通りとヘッド部分のカバーを外しての2段階の計4通りですくことが出来ます。 使い方はくしでとくようにしてすくだけで簡単です。 また錆びや刃こぼれなど起こした場合にはダイソーの同コーナーにて専用の替刃も販売されているので、刃の交換をすれば何度でも使用することが可能です。 こちらは100均ダイソーの4段階に隙量が変えられるくし付きのヘアカッターです。 使い方も簡単で肌に充てて剃るようにすればすきたい部分のボリュームを抑え長さも整えることが出来ます。 前髪や、毛先部分、男性のすねや腕のムダ毛処理にも自然にすくことが出来て便利です。 ネットの口コミなどでは1番人気のアイテムでポイントはずばり切れ味が良い事と両刃タイプで使いやすい事です。 本体も軽くて持ちやすくとてもコンパクトなので安全に使用が出来て持ち運びにも便利です。 ヘアーカッターの刃は、片方が髪の量が多い部分用ともう片側が髪の量の少ない部分用です。 使い方は前髪やボリュームを抑えたい部分、シャギーを入れたい所をくしでとかす様にすきます。 ヘアースタイルの微調整に最適で特別技術もなく簡単に使えます。 お子様のヘアーカットにも使えてコストパフォーマンスもとても良いです。 また100均ダイソーにはこちらのヘアーカッター用の専用替刃も用意してあり重宝出来そうです。 ダイソーの替刃はなんと10枚入りでとてもお得ですね。 使い方についての動画なども参考にしてみて下さい。 まずセルフカットをする際に準備するものとして、主に鏡・コーム・散髪バサミ・すきバサミ・クリップです。 100均のヘアキャッチや霧吹きなどもあると便利です。 もちろんそれらのアイテムは全て100均で揃えることが出来ます。 またヘアカット用の鏡は大きめのヘアスタイル全体がよく見えるもの、クリップはカットする箇所の髪をブロッキングできる大きさのものと個数用意をし、散髪用のハサミは大き過ぎたり重た過ぎる裁ちばさみなどは危険なので軽くて持ちやすいものを選んでください。 また普通のハサミでは切れ味が悪かったり、他のものが切れなくなったりするので必ずヘアーカット用の散髪バサミやヘアーカッター、すきバサミなどを使用しましょう。 セルフカット用のアイテムをそろえる際に、初心者や自信のない方はなるべくすきカミソリではなくヘアーカッターやすきバサミを用意しましょう。 すきバサミの持ち方・スキ率・使い方のポイント 実はすきバサミの持ち方にもポイントがあって、通常のハサミと同じようにして持ち、髪をカットしてしまうと枝毛になったり髪を傷つけてしまいます。 ですのでまず最初に、すきバサミを見ると片方に突起が付いています。 この突起の付いた方に薬指を、もう片方に親指を入れて持つようにして下さい。 また突起の付いていないすきバサミを使う際は、穴の大きい方に親指を通してもう片側に薬指を通して使いましょう。 そして、すきバサミの突起には小指を乗せてすきバサミを固定するために使用します。 こうすることですきバサミがブレたり、誤って髪を切り落とすのを防ぎます。 また100均のすきバサミにはスキ率にムラがあるので、使う前に一度確認をしましょう。 スキ率が15%ほどのすきバサミであれば毛束に対して1・2回ハサミを入れて切ったとしても、切ったかどうかわからないくらいの量ですくことができます。 スキ率が50%ほどあると同じ箇所を3回も切ればかなりばっさりと切れます。 カットのコツと注意点 すきバサミでカットする際にすきバサミはあくまで髪をすくために使用しますので、カットは散髪バサミで行いましょう。 そして、カットする時はすきバサミは縦にして使いましょう。 また使い方としては、髪の内側から、すきバサミのギザギザになっている刃を上にして切ります。 必ず切る前には髪を濡らして乾かししっかりクセを整えます。 髪はクリップやヘアゴムでブロッキングをして少しづつ切るようにします。 一気に切ってしまわないように少しづつ丁寧に調整するように切って下さいね。 髪のボリュームを抑える際には髪をねじってハサミを入れるを少しづつ調整しながら繰り返しカットしていきます。 前髪を切る際にもすきバサミは縦に入れるようにし目じりから1センチくらいに幅をとどめてカットしましょう。 またスキ率にも注意しスキ率が高ければ同じ箇所を何度も切るとすかすかになってしまうので3回以上切らないようにしましょう。 セルフカットをする際はハサミの刃で肌など傷つけないように十分注意して下さい。 散髪バサミやすきバサミのお手入れには、工業用のオイルや、スプレータイプのオイルが役立ちます。 はさみの切れ味の確認はティッシュを切ってみて、切れ味が悪くないかどうかで確かめましょう。 オイルはスプレータイプのものが使いやすく、お手入れの際にはハサミの支点とネジ部分を狙うようにしてオイルをふき付けて下さい。 オイルを付けたらセーム革などで拭いて汚れを落としてメンテナンスをします。 錆びを防いですきバサミや散髪ばさみを長持ちさせてくれます。 またオイルスプレーなどを使用する際には必ず通気の良い場所で行い換気して下さいね。 100均のすきバサミを使ってヘアアレンジ 子供の前髪や襟足も上手に切れる!使い方に慣れてアレンジも可能! 最初はかなり慎重になるセルフカットも回数を重ねて、すきバサミにも慣れてくるとシャギーや段を作っていろいろなアレンジを楽しんだり自分の髪の調整をするのも上達してきます。 傷んだ髪をちょこちょこ整えてあげることで髪全体も健康的にまとまります。 また昨今ちまたで話題になったりとても流行しているコスプレなどの創作用ウィッグなどにもすきバサミが活躍しているようです。 中にはペットのトリミングに使用するというファンもいたり、日常で節約以外にも美容室に行かずにセルフカットをしたい場面も実は結構あるようです。 そして性別問わず男性でもムダ毛の処理用にすきバサミやヘアーカッターは必需品となっています。 バリカンなどに比べて細かく毛先の量を調節したり、自然な切り方やすき方が楽しめて、どのアイテムもコンパクトで携帯しやすくテクニックもほとんど必要あり便利です。 100均の前髪カット用クリップを使用すると、簡単に自然なラインでカットすることが出来ます。 フェイスガード付きなのでハサミの刃が顔に当たらず、切った髪の毛も散らばるのを防いでくれます。 切り過ぎることもないのでセルフカットに自信のない方にも安心して使うことが出来る便利アイテムです。 髪を切る前には必ず髪を濡らして乾かしコームでよくとかして真っすぐにクセを直してから切りましょう。 また前髪の幅を決め目じり1cmくらいを目安に切りましょう。 一度に切ってしまわずに、少しづつ切って整えて下さい。 ヘアキャッチャーを併せて使用することで、カット後の掃除もとても楽になります。 すきバサミや散髪バサミを使用する際には刃先に十分注意してケガの無いように安全に使用して下さい。 使用後はお子様の手の届かない場所へ収納するようにして下さい。 すきバサミを使ってヘアスタイルを整えよう いかがだったでしょうか。 100均のすきばさみを使えば自宅でセルフカットが可能になり時短や節約にもなりますよね。 またどのアイテムも使い方は簡単なので、少々不器用な方にもチャレンジできるのではないでしょうか。 すきカミソリについては少し慎重になって髪の切り過ぎや、肌に当たらないように十分注意して下さいね。 100均にはすきバサミ以外にもヘアケアに関するアイテムや、ヘアカット用に使えるようなコームやクリップ、ブロッキング用のゴム、ケープ、スプレーボトル、鏡などセルフカットに使用するためのアイテムを小さなものから全て揃えることが出来ます。 可愛いヘアアクセサリーなども充実しています。 散髪バサミやすきバサミなどご紹介したおすすめのアイテムを使って自宅でのセルフカットや趣味のための創作活動に、またムダ毛の処理など是非自分にぴったりのアイテムを見つけて楽しくヘアーカットをしてみて下さい。

次の

すきバサミの人気おすすめ10選|家でセルフカットできる万能シザーとは

スキバサミ

みなさんは100均のすきバサミをご存知でしょうか。 ヘアーケア用品や衛生用品のコーナーに髪をすくためのハサミが並んでいます。 すきバサミは主に髪の毛のボリュームを抑えたい時や、前髪を自然な長さや量に整えたり、すねや腕の毛を整える際に使用します。 また100円の髪を切るアイテムについてはすきバサミの他に散髪用のハサミや、すきカミソリ、ヘアーカッターなどもあります。 どれも使い方はさほど難しいものではないので簡単にヘアースタイルの調整やボリュームのコントロールが出来ます。 またすきバサミでシャギーを入れることやコスプレなどのウィッグを創作するのにも便利です。 すきバサミのすき方でナチュラルでおしゃれなヘアースタイルが作れます。 コストパフォーマンスも非常にgood! こちらは100均ダイソーの散髪スキハサミ・ステンレス製です。 ステンレス製なので錆びにも強く丈夫なスキハサミなので100円で購入できるのはコスパも良しです。 切れ味はよくすき率もセルフカットをするのにちょうどよい間隔です。 自宅でのセルフカット用のすきバサミはなるべくすき率の低めのものがおすすめです。 使い方はハサミで毛先を切るようにして使いますが、あまりザクザクといかず毛先を少しずつ調整するようにして整えていきます。 髪を切る前には必ず髪の毛のクセを水で濡らして乾かしまっすぐにして切っていきましょう。 あくまで髪の毛の長さやボリュームを微調整するためのものなので、ある程度の長さをカットする際にはヘアカット用のハサミを使用して下さい。 こちらは100均ダイソーのクシ付きのヘアカッターです。 カッターの刃は表裏の2通りとヘッド部分のカバーを外しての2段階の計4通りですくことが出来ます。 使い方はくしでとくようにしてすくだけで簡単です。 また錆びや刃こぼれなど起こした場合にはダイソーの同コーナーにて専用の替刃も販売されているので、刃の交換をすれば何度でも使用することが可能です。 こちらは100均ダイソーの4段階に隙量が変えられるくし付きのヘアカッターです。 使い方も簡単で肌に充てて剃るようにすればすきたい部分のボリュームを抑え長さも整えることが出来ます。 前髪や、毛先部分、男性のすねや腕のムダ毛処理にも自然にすくことが出来て便利です。 ネットの口コミなどでは1番人気のアイテムでポイントはずばり切れ味が良い事と両刃タイプで使いやすい事です。 本体も軽くて持ちやすくとてもコンパクトなので安全に使用が出来て持ち運びにも便利です。 ヘアーカッターの刃は、片方が髪の量が多い部分用ともう片側が髪の量の少ない部分用です。 使い方は前髪やボリュームを抑えたい部分、シャギーを入れたい所をくしでとかす様にすきます。 ヘアースタイルの微調整に最適で特別技術もなく簡単に使えます。 お子様のヘアーカットにも使えてコストパフォーマンスもとても良いです。 また100均ダイソーにはこちらのヘアーカッター用の専用替刃も用意してあり重宝出来そうです。 ダイソーの替刃はなんと10枚入りでとてもお得ですね。 使い方についての動画なども参考にしてみて下さい。 まずセルフカットをする際に準備するものとして、主に鏡・コーム・散髪バサミ・すきバサミ・クリップです。 100均のヘアキャッチや霧吹きなどもあると便利です。 もちろんそれらのアイテムは全て100均で揃えることが出来ます。 またヘアカット用の鏡は大きめのヘアスタイル全体がよく見えるもの、クリップはカットする箇所の髪をブロッキングできる大きさのものと個数用意をし、散髪用のハサミは大き過ぎたり重た過ぎる裁ちばさみなどは危険なので軽くて持ちやすいものを選んでください。 また普通のハサミでは切れ味が悪かったり、他のものが切れなくなったりするので必ずヘアーカット用の散髪バサミやヘアーカッター、すきバサミなどを使用しましょう。 セルフカット用のアイテムをそろえる際に、初心者や自信のない方はなるべくすきカミソリではなくヘアーカッターやすきバサミを用意しましょう。 すきバサミの持ち方・スキ率・使い方のポイント 実はすきバサミの持ち方にもポイントがあって、通常のハサミと同じようにして持ち、髪をカットしてしまうと枝毛になったり髪を傷つけてしまいます。 ですのでまず最初に、すきバサミを見ると片方に突起が付いています。 この突起の付いた方に薬指を、もう片方に親指を入れて持つようにして下さい。 また突起の付いていないすきバサミを使う際は、穴の大きい方に親指を通してもう片側に薬指を通して使いましょう。 そして、すきバサミの突起には小指を乗せてすきバサミを固定するために使用します。 こうすることですきバサミがブレたり、誤って髪を切り落とすのを防ぎます。 また100均のすきバサミにはスキ率にムラがあるので、使う前に一度確認をしましょう。 スキ率が15%ほどのすきバサミであれば毛束に対して1・2回ハサミを入れて切ったとしても、切ったかどうかわからないくらいの量ですくことができます。 スキ率が50%ほどあると同じ箇所を3回も切ればかなりばっさりと切れます。 カットのコツと注意点 すきバサミでカットする際にすきバサミはあくまで髪をすくために使用しますので、カットは散髪バサミで行いましょう。 そして、カットする時はすきバサミは縦にして使いましょう。 また使い方としては、髪の内側から、すきバサミのギザギザになっている刃を上にして切ります。 必ず切る前には髪を濡らして乾かししっかりクセを整えます。 髪はクリップやヘアゴムでブロッキングをして少しづつ切るようにします。 一気に切ってしまわないように少しづつ丁寧に調整するように切って下さいね。 髪のボリュームを抑える際には髪をねじってハサミを入れるを少しづつ調整しながら繰り返しカットしていきます。 前髪を切る際にもすきバサミは縦に入れるようにし目じりから1センチくらいに幅をとどめてカットしましょう。 またスキ率にも注意しスキ率が高ければ同じ箇所を何度も切るとすかすかになってしまうので3回以上切らないようにしましょう。 セルフカットをする際はハサミの刃で肌など傷つけないように十分注意して下さい。 散髪バサミやすきバサミのお手入れには、工業用のオイルや、スプレータイプのオイルが役立ちます。 はさみの切れ味の確認はティッシュを切ってみて、切れ味が悪くないかどうかで確かめましょう。 オイルはスプレータイプのものが使いやすく、お手入れの際にはハサミの支点とネジ部分を狙うようにしてオイルをふき付けて下さい。 オイルを付けたらセーム革などで拭いて汚れを落としてメンテナンスをします。 錆びを防いですきバサミや散髪ばさみを長持ちさせてくれます。 またオイルスプレーなどを使用する際には必ず通気の良い場所で行い換気して下さいね。 100均のすきバサミを使ってヘアアレンジ 子供の前髪や襟足も上手に切れる!使い方に慣れてアレンジも可能! 最初はかなり慎重になるセルフカットも回数を重ねて、すきバサミにも慣れてくるとシャギーや段を作っていろいろなアレンジを楽しんだり自分の髪の調整をするのも上達してきます。 傷んだ髪をちょこちょこ整えてあげることで髪全体も健康的にまとまります。 また昨今ちまたで話題になったりとても流行しているコスプレなどの創作用ウィッグなどにもすきバサミが活躍しているようです。 中にはペットのトリミングに使用するというファンもいたり、日常で節約以外にも美容室に行かずにセルフカットをしたい場面も実は結構あるようです。 そして性別問わず男性でもムダ毛の処理用にすきバサミやヘアーカッターは必需品となっています。 バリカンなどに比べて細かく毛先の量を調節したり、自然な切り方やすき方が楽しめて、どのアイテムもコンパクトで携帯しやすくテクニックもほとんど必要あり便利です。 100均の前髪カット用クリップを使用すると、簡単に自然なラインでカットすることが出来ます。 フェイスガード付きなのでハサミの刃が顔に当たらず、切った髪の毛も散らばるのを防いでくれます。 切り過ぎることもないのでセルフカットに自信のない方にも安心して使うことが出来る便利アイテムです。 髪を切る前には必ず髪を濡らして乾かしコームでよくとかして真っすぐにクセを直してから切りましょう。 また前髪の幅を決め目じり1cmくらいを目安に切りましょう。 一度に切ってしまわずに、少しづつ切って整えて下さい。 ヘアキャッチャーを併せて使用することで、カット後の掃除もとても楽になります。 すきバサミや散髪バサミを使用する際には刃先に十分注意してケガの無いように安全に使用して下さい。 使用後はお子様の手の届かない場所へ収納するようにして下さい。 すきバサミを使ってヘアスタイルを整えよう いかがだったでしょうか。 100均のすきばさみを使えば自宅でセルフカットが可能になり時短や節約にもなりますよね。 またどのアイテムも使い方は簡単なので、少々不器用な方にもチャレンジできるのではないでしょうか。 すきカミソリについては少し慎重になって髪の切り過ぎや、肌に当たらないように十分注意して下さいね。 100均にはすきバサミ以外にもヘアケアに関するアイテムや、ヘアカット用に使えるようなコームやクリップ、ブロッキング用のゴム、ケープ、スプレーボトル、鏡などセルフカットに使用するためのアイテムを小さなものから全て揃えることが出来ます。 可愛いヘアアクセサリーなども充実しています。 散髪バサミやすきバサミなどご紹介したおすすめのアイテムを使って自宅でのセルフカットや趣味のための創作活動に、またムダ毛の処理など是非自分にぴったりのアイテムを見つけて楽しくヘアーカットをしてみて下さい。

次の