アメリカインフルエンザ死亡数。 「米国の感染者は最大2億1400万人、死者170万人」「病床が足りない」米CDCが描く悪夢とは(木村正人)

アメリカで「パンデミックじみた」インフルエンザの過去最悪級の流行が進行中。今シーズンすでに最大2万人が死亡しており、患者数は最大2100万人に

アメリカインフルエンザ死亡数

8月6日 米コロラド州コロラドスプリングスの雹嵐の後の光景 ・ 「熱波の中で激しい雹(ひょう)に見舞われる」という光景が、次第に世界のどこでも何だか標準的な出来事になってきていますが、最近起こっているこれらに関しては決して普通というような事象ではありません。 そして、最近の雹嵐は規模がどんどん激しくなっています。 そして、8月6日、米コロラド州にあるコロラドスプリングという街では、少なくともこの地では前例のないような激しい雹嵐に見舞われました。 冒頭の写真は、その雹嵐の直後のものですが、雹のサイズが大きいことがおわかりかと思います。 下の動画は、雹嵐が降り始めた時から 10秒ほどの経過が撮影されたものですが、あっという間に自動車の車体が穴だらけになっていく様子がわかります。 まさに、小さな爆撃のような状態となっています。 雹が降り始めた時と、それからほんの数秒後の写真を並べてみますと、この雹の破壊力のすさまじさがわかります。 雹の降り始めからの10秒間の車の変化 ・ コロラドスプリングスの場所 ・ Google Map 報道によれば、この雹嵐で、コロラドスプリングスにある動物園で、動物(アヒルとウミガメ)が死亡したとのこと。 コロラドでの雹嵐の被害を伝える米国CNNの記事より ・ この動物が被害を受けたコロラドスプリングス動物園には、当日、来園者の車が 250台止められていましたが、その多くが被害を受けたようです。 また、この時の来場者は 3400人に上っていたそうで、その中の少なくとも 14人が負傷したそうです。 8月6日 雹嵐の後のコロラドスプリングス動物園の駐車場 ・ 今やどこでもかもしれないですが、このコロラド州ももまた不安定な気象が続いているようで、7月から 8月にかけての雹によって、農作物が何度も被害を受けていることが、現地ので報じられています。 日本を含む東アジアもそうですけれど、アメリカやヨーロッパなど、猛暑と洪水が繰り返されているような状況で農作などのこれからの状況は大丈夫なのでしょうかね。 アメリカとヨーロッパでは、それに加えて収まることのない山火事が発生し続けていまして、これでまったく農業生産に影響がないというわけにはいかいような気はします。

次の

「米国ではコロナよりインフル猛威」のウソとホント:日経ビジネス電子版

アメリカインフルエンザ死亡数

アメリカインフルエンザ(2018-2019年シーズン) 死者:34,157人(61,099) 入院者:490,561人(808,129) 医療訪問:16,520,350人(20,731,323) Symptomatic Illness : 35,520,883人(44. 802. 感染者1000万人。。。 これも本当だったらヤバくないですか? 具体的なデータが見つからなかったので、もしもご存じの方がいたらぜひ、ひじパンダに教えて頂けると助かります。 アメリカインフルエンザと中国コロナウイルスどちらが怖い? ひじパンダのブログ読者の方は既にご存じかと思いますが、自分は現在、中国四川省成都という街に語学留学をしております。 周りから色々と説得されつつも、日本には一時帰国しませんでした。 先日、母親に「往復の飛行機代出すから一時帰国したら?」と心配されました。 両親や友人から心配されているのは理解しているしありがたいのですが、自分で判断して中国に残りたいと思いました。 頑固な息子で申し訳ない。 中国人の友人と一緒に中国でコロナウイルスと戦いたいと思ったので。 ひじパンダも含めてコビット19のせいで留学生活が狂ってしまった方も多いと思います。 コビット19が少しでも早く終息するよう、1人1人の努力が必要だと思います。 皆でこの大変な時期を乗り切ることが出来ればと考えています。 […].

次の

死亡数は同程度というが…コロナとインフルどちらが怖い?(日刊ゲンダイDIGITAL)

アメリカインフルエンザ死亡数

2020アメリカのインフルエンザの死亡者数・型は? 2020年2月1日のブルームバーグによれば、現在アメリカで流行しているインフルエンザの型は、 インフルエンザAのH1N1型です )。 2020年1月31日に CNNは、 全米で1500万人がインフルエンザに感染し、死者が8000人を超えていると報道しており、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は過去10年で最悪級といいいその数は更に増えると予想されています。 ( 一方、 新型コロナウイルスの中国の感染者は2万人で、死者は400人を超えている報じられました。 () 単純に比較すると、アメリカで大流行しているインフルエンザの死亡者が、新型コロナウイルスの 20倍です。 日本では連日、新型コロナウイルスに関するニュースは大々的に報じられる一方で、アメリカでのインフルエンザの流行や死者については、新聞では報道されるものの、テレビで大きく取り上げられることはありません。 少なくとも、新型コロナウイルスのように煽るような報道はされていません。 一体なぜなのでしょうか? 過小評価されるインフルエンザ 新型コロナウイルスを不安に感じるのはアメリカでも同様で、米国内ではマスクが品切れになる騒ぎがあるようです。 アメリカでもインフルエンザは過小評価されがちである理由として、米テンプル大学医学校のサボイ医師は次のように指摘しています。 「インフルエンザは日常性が高いこと」 「私たちは未知のものを恐れ、新しい新興の感染症についての情報を求める」 「何が真の脅威で、何がそうでないのか、私たちはすぐには判断できない。 だから、必要のないパニックを起こすことがある」 () 未知の存在を不安に思いパニックになるのは全世界共通のようです。 アメリカへの配慮・忖度? アメリカのインフルエンザについて新型コロナウイルスと比較して大々的に報じられないのは、アメリカや安倍首相への配慮や忖度ではないか?という意見はSNSでも多く見られます。 しかし、日本国内において新型コロナウイルスの報道は過激化している一方で、他国と比べると中国からの渡航者について制限などはゆるい状態にあります。 新型コロナウイルスへの対策の甘さは、安倍首相の春に習近平主席を国賓に迎えたいという思惑にあるのではないかとも報じられています()。 アメリカでインフルエンザが猛威をふるっている現状について新型コロナウイルスよりも大きく報道されないのは次のような理由が可能性としてあるようです。 新型コロナウイルスに目新しさがあり報道が加熱している• 一般的に多くの人が「新型コロナウイルス」について情報を求めている• アメリカ・安倍首相への配慮 今回は、【なぜ報道されないのか?】アメリカのインフルエンザ2020の死者数・型は?について調べてみました。 過去10年で最悪級というアメリカのインフルエンザの流行と死者数。 もっと大きな話題となっていいと思うのですが、報道はともかく、風邪やインフルエンザの予防は徹底していきたいと思います。

次の