ゾフメガネ。 ゾフ

ゾフ(Zoff)のメガネはレンズだけ交換も可能!値段はいくら?

ゾフメガネ

76レンズはどこで買えるの? 眼鏡店なら必ずしも、1. 76レンズを取り扱っているとは限りません。 東海光学さんのレンズを取り扱っている眼鏡店であれば、作成できると思われます。 しかし、 低価格メガネ店の場合は、東海光学とのやりとりがあったとしても、生産コストを抑えるために取り扱いレンズの種類が限られているのです。 76レンズ取扱店を調査しました 1. 76のプラスチック単焦点レンズを取り扱っているメガネ店を以下の表にまとめてみました! 最高屈折率 価格 JINS 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 Zoff 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 15,000円 オンデーズ 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 眼鏡市場 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 パリミキ (三城) 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 4,000円〜 愛眼 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 10,000円〜 低価格チェーン店での取扱いはゾフのみ いわゆる低価格眼鏡チェーン店 ジンズ・ゾフ・オンデーズ・眼鏡市場の中で、屈折率1. 76のレンズを取り扱っているのはゾフだけという結果になりました。 ゾフでは、フレーム+標準レンズのセットプライス5,000円から眼鏡を作ることができます。 一番安く作るのであれば、5,000円のフレームに1. 76の追加料金15,000円、合計2万円から作れるということになりますね。

次の

同じ日にJINSとZoffの2店でメガネを作ったので比較してみた

ゾフメガネ

76レンズはどこで買えるの? 眼鏡店なら必ずしも、1. 76レンズを取り扱っているとは限りません。 東海光学さんのレンズを取り扱っている眼鏡店であれば、作成できると思われます。 しかし、 低価格メガネ店の場合は、東海光学とのやりとりがあったとしても、生産コストを抑えるために取り扱いレンズの種類が限られているのです。 76レンズ取扱店を調査しました 1. 76のプラスチック単焦点レンズを取り扱っているメガネ店を以下の表にまとめてみました! 最高屈折率 価格 JINS 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 Zoff 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 15,000円 オンデーズ 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 眼鏡市場 1. 74 超薄型非球面 フレームレンズ 一式価格 パリミキ (三城) 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 4,000円〜 愛眼 1. 76 超薄型両面非球面 追加料金 10,000円〜 低価格チェーン店での取扱いはゾフのみ いわゆる低価格眼鏡チェーン店 ジンズ・ゾフ・オンデーズ・眼鏡市場の中で、屈折率1. 76のレンズを取り扱っているのはゾフだけという結果になりました。 ゾフでは、フレーム+標準レンズのセットプライス5,000円から眼鏡を作ることができます。 一番安く作るのであれば、5,000円のフレームに1. 76の追加料金15,000円、合計2万円から作れるということになりますね。

次の

【楽天市場】商品一覧 > アイテム カテゴリー > メガネ一覧 > 度付き対応可能:Zoff (ゾフ) 楽天市場店

ゾフメガネ

そうだ「JINS」と「Zoff」の両方でメガネを作ってみよう! せっかくなので、ある程度度が合ったものと、自宅用に度を落としたものの2つメガネを作りましょう。 常用するメガネではありませんし、以前から興味のあった新興(格安?)メガネブランドの「JINS(ジンズ)」と「Zoff(ゾフ)」の2店舗でメガネを作ってみることにしました。 ちなみに、両ブランドのPCメガネやスポーツ用サングラス、花粉対策メガネなどはこれまでにも買ったことがありますが、度入りのメガネを作るのは初めてのこと。 ランニング用サングラスの「Zoff Runnning with Q」はレンズが天候に合わせて3種類の明るさから選択できるので、山登りの際にも重宝しています。 「Zoff」で軽量フレームの「Zoff SMART」でメガネを作る まずは、ルミネに入っている「Zoff(ルミネ立川店)」へ。 店頭のサンプルを色々と試してみた所、「Zoff SMART」という形状記憶フレームのシリーズが、とても軽く掛け心地が良かったので、その中から 9,000円のフレームを選びました。 これまでかけたことのないブルーの軽量フレームにしました 店員さんに現在使用しているコンタクトの度数を伝え「車の運転ができる度数で作りたい」という希望を伝えます。 必要書類を書き、付けているコンタクトを外して入れるケースを貰い 「コンタクトを外して10分程目を休ませてください」との指示。 これ、とても大事なんです。 昔、 コンタクトを外した直後にメガネを作ったら、やたらと度の強いメガネになってしまい、結局作り直したことがあります…。 本当なら、メガネを作る日はメガネで出掛けるのが正解なのですが、なんせほら私のメガネは洗濯機で… 15分程で検診へ。 度数の調整をしつつ、最初は両目で視力1. 0程度になるレンズを組んでくれましたが、最終的に度数と乱視をそこから1段階ずつ落としたものに決定しました。 「JINS」では「Air frame」、レンズ代込みで5,400円のみ! Zoffの完成待ち時間の間に「JINS(グランデュオ立川店)」へ移動します。 もう1本は自宅のみで使うつもりのメガネなので、軽い気持ちで5900円の安いフレームをさくっと選びました。 奥さんも同様に自宅用のメガネを作るというので、「2本で1,000円引き」というセール対象になりました。 ということはたったの 5,400円! Zoffでは青だったのでJINSは赤(後日意外と街でかけてる人が多いことを知る…) 先ほどのZoff SMARTに対して、「Air frame」というやはり軽量フレームですが、この両ブランドは同じようなラインナップを展開しているので(スポーツ用、PC用、花粉用…等々)、商品名がごっちゃになりますね(笑) 受付を済ませ、検診まで30分程待つことを伝えられます。 コンタクトのケースを受け取り(Zoffは返却しますがJINSは貰える)こちらは「検診の5分前までには外しておいて下さい」とのこと。 視力等の検診は、この日2度目なのでやり取りもスムーズ。 ちゃんとした度のメガネはZoffの方で作ったばかりなので「自宅用に度を落としたメガネが欲しい」と伝え、今度は両目で視力0. 9程度の度数で設定して貰いました。 レンズの在庫があるので、40分程で完成するとのこと。 JINSはレンズに関しての追加料金は発生せず(PC用などでなければ)、視力によってレンズが薄形になろうともフレームに表示されてる料金のみでOK。 ということで、JINSの検診を済ませ待ち時間に軽く食事をしてから、両店舗で完成したメガネを受け取りました。 JINSの場合はレンズの屈折率が4段階で薄型のレンズが追加料金なしで選べます。 うちの奥さんは私よりも更に目が悪いのですが、追加料金ナシの基本料金のみでメガネが完成していましたので。 Zoffではフレーム9,000円+レンズ追加料金が7,000円かかったのに大して、JINSでは5,900円のフレーム2本分でレンズ代込み、さらにそこから1,000円割引という価格でした。 Zoffのフレームの方が元値が高い分、やや作りはしっかりしてそうですが、掛け心地はそこまで変わりませんね。 コストパフォーマンスの観点からはJINSが上回っているでしょうね。 Zoff&JINS利用雑感[接客、視力測定] あくまで個人的感想ですが、ここは大差なかったと思います。 測定でのやり取りや説明は、どちらの店も分かりやすかったですし、度数の調整も細かく要望を聞いて貰えました。 Zoffでは度数を調整するにあたり、左右の視力が同じになるように矯正するのでなく、あえて左右の矯正視力を1段階ずらしても両目の視力で調整を取ることをを提案され、悪い感じがしなかったのでそのように決定。 JINSは両目の視力を揃えながらの矯正でした。 測定後の数値を比較した所、JINSの方が両目共に若干SPH(球面度数)が弱くなっていたので、2本の度の設定は当初の目論見通りかなと。 CYL(乱視度数)はZoffの方が若干弱めでしたが、これは球面度数を強くした分乱視度数を落として、目の疲労を下げて貰った感じでしょうか? コンタクト Zoff JINS SPH(右) -5. 25 -5. 75 -5. 50 CYL(右) -1. 75 -1. 0 -1. 25 AXS(右) 180 180 180 SPH(左) -4. 75 -5. 25 -4. 50 CYL(左) -1. 75 -1. 0 -1. 25 AXS(左) 180 169 180 写真はメガネの受け取り件保証書で、レンズ度数の処方にもなっています。 手書きのZoffに対して印刷されたJINS。 個人情報保護の関係?で店舗には控えないようですので、大切に取っておきましょう。 (追記)店側で度数を控えてないと言われたのはJINSだけだったかもしれません。 Zoffで過去の記録が残っていたという指摘を頂きましたので。 JINSは妻も記憶してるので間違いないと思います。 受け渡しの際に加工済みのレンズが入ってたと思われる空袋を貰ったのはJINS。 お店の方の話では薬事法の関係で渡す必要がある(けど必要ないなら捨ててくださいと)との話でしたが、Zoffでは特にそのようなものは貰いませんでした。 袋の表の写真だけでは分かりにくいですが、HOYA製のレンズを使っているようです ZoffとJINSの両店舗でメガネを作ってみての感想 今回、初めてこの2ブランドでメガネを作ってみましたが、まず驚いたのはやはりその価格。 以前から低価格のレンズセットメガネというのは存在していたとは思うのですが、5千円、1万円とちょっとの価格で1時間も掛からずにメガネができてしまうのは、今更ながらに軽いカルチャーショックです。 私の場合どうしても、ひと昔前の「フレーム2万円+レンズ2万円から」といった感じで、「メガネは高いもの」という感覚が刷り込まれていたせいか、「えー、本当に5千円でいいの!?」みたいな。 その分フレームの調整など、以前はかなり時間をかけていたような作業が簡潔になった感じもありますが、接客全般に全く不満も感じませんでしたし、個人的にはいい割り切りだと感じました。 もちろん、私の眼鏡の使用目的が常用でなくコンタクト非装着時、という条件付きなので、常用のメガネを選ぶならば、もっと時間や価格をかけた方が、満足度の高いメガネに出会えるのかもしれませんが、少なくとも私の需要にこの2店はピッタリでした。 ちょっと余裕があったら、もう1本位メガネを作ってもいいかなーなんて、そんなことも考えてしまいましたし。 2個のメガネの度数データもあるのでネット通販で作ってみるのも面白いかもしれません。 最近はネット経由で無料試着のできるメガネ通販もあるらしく、次回はJINSやZoffも含めてそのようなサービスを利用してみるのも計画しております。 JINS SCREENのラバーモダンは無料交換してくれるみたい? そういえば、2年前にJINSで買ったPC用メガネ「JINS PC」(現在は「JINS SCREEN」へと進化)ですがつる部分のゴム素材(ラバーモダン)は加水分解したのが、随分とベタついて来てしまいました。 つるのゴムがペタペタになってしまっています… どうしたものか?と思っていましたが、店舗に持っていけば(対応する在庫があれば)無料で交換して貰えるそうです。 これは大変ありがたいですね。 ラバーが取れた(汚れてきた)のですが交換できますか? A. JINS SCREENなどで使用しているラバーモダンは無料で交換しております。 ただし、種類によってはご用意できない場合や、ご用意にお日にちをいただく場合がございますのでご了承下さい。 JINS PCがJINS SCREENへと名称変更してからのブルーライトカット眼鏡は利用したことがないのですが、どの程度効果があるのでしょうね。 機会があったら使ってみたいとは思っているのですけども。 使用頻度はJINS Air frameからZoff SMARTへ… ちなみに当初は自宅用に作ったJINS Air frame(赤い方)ばかりかけていたのですが、徐々に低めに接待した度数に物足りなさを感じるようになり、ここ1年程はブルーのZoff SMARTをかけていることが多いです(検眼についても結果的にZoffで作ったメガネの方が両目の度数、乱視のバランスが良かったように感じます)。 実は昨年辺りから(購入から約2年)、JINS Air frameの方はつるの部分が加水分解なのかややベタつくようになり、洗った後などにティッシュで水分を拭き取ると細かい粉が付いてしまうのもややストレスになっています。 そんなこともあって、最近はJINS Air frameの方は登山や旅行の際にテント内で過ごす用のメガネとして登山装備に入れっぱなしです。 また、つい先日のことですがZoff SMARTのつるを固定するネジを紛失してしまい、応急処置的に自宅に在庫していた小ネジで止めています。 これで特に問題はありませんが、店に修理に持っていくべきか考えています。 左:本来のネジ 右:交換したネジ そんなこともあって、そろそろブルーのZoff SMARTの方も予備に格下げして、新しいメガネを買ってみようかな、と考えているとことです。 さて、次回はJINSにするかZoffにするか、それともメガネトップ系の眼鏡市場やALOOKを試してみるか…? メガネをかける時間も延びたことですし、格安メガネ店以外も含めて検討してみることにします。 * * ちなみにメガネの洗浄ですが、メガネ屋の店頭でもお馴染みの超音波洗浄機を使っています。 あまり頻繁に出番はありませんが、時計やアクセサリ類の洗浄にも使えるものです。 我が家にある東芝の超音波洗浄機ですが以前はもっと安価だったのですが、現在はかなり値上がりしてしまっているようです。 そこまで性能の変わるものでもなさそうですし(?)、我が家での使用頻度を考えても安価な製品でも十分な気がします。

次の