歌詞 動画 切り替え。 初心者向け~歌詞動画の作成方法及びオススメアプリ5選

Hysteric Blue あした 歌詞&動画視聴

歌詞 動画 切り替え

( 「」 や 「」 を使えば、もっと簡単に字幕を付けることができますが... ) 今回使うソフトは、とりあえず• (何でも良い)• 「」(字幕の挿入時間を確認する時に使う)• 「」(動画と字幕を合成させる時に使う) の 3 つです。 「VirtualDubMod」は、「」 でもOK です。 これは、字幕の挿入位置(時間)を確認するためのものなので、普段使っている でもOK です。 (「VirtualDub」系のソフトを選んだのは、挿入時間をミリ秒単位で確認できるから) 字幕合成ソフトに「MediaCoder」を選んだのは、素材となる動画&出力先のフォーマット を選ばないからであって、実際には「srt」ファイル(字幕)を読み込めるソフトであれば何でもOK です。 字幕ファイルを作成する まず最初にテキストエディタを開き、以下のような書式で字幕データを書いていきます。 00:00:05,000 から 00:00:10,000 の間に、「 これは 」という字幕を、• 00:00:10,000 から 00:00:15,000 の間に、「 k本的に (改行して)(きほんてきに)」という字幕を、• 00:00:15,000 から 00:00:20,000 の間に、「 テストです。 」という字幕を、• 00:00:20,000 から 00:00:25,000 の間に、「 こんにちわ 」という字幕を 表示する... 1 時間は、HH:MM:SS,MMM(時間 : 分 : 秒 , ミリ秒)形式で指定する。 ちなみに、時間の上に記載してある数字は、字幕のナンバー。 (動画上には表示されない) このように、• これが、一つのブロックになります。 2 ブロックとブロックの間には、空行を一行入れる。 このようにして作成した字幕データは、 「srt」形式のファイルとして保存しておきます。 (例 : test. srt ) 実際に作業する際には、素材動画を「VirtualDub」やメディアプレイヤーで読み込み、字幕を表示させたい場面 (の再生時間)をしっかりと確認しながら行うとよいでしょう。 動画に字幕を合成する 字幕を作成したら、次にそれを「MediaCoder」で素材動画に合成します。 (「MediaCoder」の基本的な使い方は省略します。 「字幕」タブを開きます。 「字幕」タブは、画面中段にある の右側の矢印をクリックしていくと表示されます。 下の方にある「字幕ファイル」欄で、今回作成した srt ファイルを指定します。 「フォント」欄で、字幕のフォントを指定します。 字幕に日本語を使用している場合は、「Meiryo ~」や「MS Gothic ~」等々、 日本語を使用できるフォントを選びます。 「言語」欄で、「jpn(Japanese)」を選択。 (作成した字幕が英語である場合は、「en」を選択する)• 「モード」欄で、「Text Render」を選択します。 必要であれば、• 「スケール」 (字幕の大きさ)• (字幕の)「位置」• 「アウトライン」 (字幕の輪郭) を調整しておきます。 「スケール」は、右にドラッグするほど大きくなります。 3 ただし、デフォルト(一番左)は、「位置機能のオフ」を意味するので注意。 「アウトライン」は、右にドラッグするほど太くなります。 設定例のスクリーンショット• あとは、普通に変換を行うだけ。

次の

Hysteric Blue あした 歌詞&動画視聴

歌詞 動画 切り替え

編集ボタンをタップして、歌詞を追加したい動画ファイルを選ぶか撮影ボタンでビデオを撮ります。 「続行」ボタンを押してから、「効果編集」タブに切り替えます。 「テキスト」ボタンをタップすると、フォントや色、文字縁などを設定して、歌詞を動画の流れに合わせて、「追加」ボタンで歌詞を入れます。 ダウンロード&インストールの必要がなく、ネットがあれば、全てのブラウザで直接歌詞動画の編集ができます。 「+メディア追加 Add Media 」ボタンをクリックして、オディオやビデオ、画像ファイルをアップロードします。 素材ファイルを編集トラックにドラッグ&ドロップしたら、「タイトル Title 」タブに切り替えて、好きな文字タイトルを選んで、挿入したいところに追加します。 ドラッグ&ドロップ操作によって目を引くアニメーションや音楽、キャプションなどを動画や録画に追加することができます。 まず「メディアをインポート」ボタンで素材ファイルをインポートします。 次に導入されたファイルをトラックに乗せて、「キャプション」タブを選択します。 動画の流れに合わせて、「+キャプションの追加」をクリックして、歌詞を入力します。 キャプションを左右に伸ばしたり、縮めたりして、展示時間の調整ができます。 様々なオンライン素材の利用もできるので、より素晴らしい動画作品が作れます。 ソフトを立ち上げて、素材タブで動画や画像ファイルをインポートして、そのままドラッグ&ドロップして編集トラックに載せます。 「テキスト」タブに切り替えて、「オープナー1」から「オープナー5」まで、5種類のアニメーションタイトルを利用することができます。 お気に入りのテキストテンプレートを選定して、挿入したいところに追加します。 「編集」アイコンを押して、歌詞を入力して、色やフォント、モーションなどを設定します。 素敵なテンプレートが多数用意され、すべてにぴったりのBGMもついています。 もちろん、お好きな曲をアップロード動画に使うことも可能です。 ここで特に、歌詞動画作りにぴったりの「ビンテージテキスト」テンプレートをおすすめしたいです。 LightMVで歌詞動画を作成する方法はとても簡単です。 ブラウザでLightMV公式サイトを開き、「画面上部の検索バーで「ビンテージ」テンプレートを検索して選択します。 文字のところをクリックして、テキストや歌詞を入力します。 「他のミュージックにする」をクリックして、好きな音楽をアップロードしBGMに追加します。 「動画の生成」を押すと、歌詞動画を自動的に作ってくれます。 まとめ 以上は歌詞動画の作り方及び歌詞動画を作成できるアプリやソフトを五本ピックアップして紹介しました。 スマホで歌詞動画を作る場合、PicsArt とVivaVideoがお勧めです。 特に手書き効果を求める方にはPicsArtはきっとご要望に満足できます。 ダウンロードとインストールが面倒くさいと思う方なら、Clipchamp CreateとLightMVを試してください。 PCで完成度の高い歌詞動画が製作したいのであれば、CamtasiaとApowerEditはとてもいいチョイスだと思います。 特にApowerEditでは動画編集専用のソフトで、活用できる素材がさまざまで、手軽に個性的な歌詞動画が作れます。 初心者向けの歌詞動画作成アプリLightMVをご利用する場合、下記のボタンをクリックして、ソフトをダウンロードしてください。

次の

「初心者向け」最高の歌詞動画を作る人気アプリ4選

歌詞 動画 切り替え

歌詞動画とは、複数の写真をつなぎ、歌詞や音楽を入れる動画です。 今若者の間でとても人気があります。 恋人や友達と一緒に撮った写真で作られた歌詞動画は、ただの写真よりもっと面白くて記念性が高いです。 まだmだ多くの方々は歌詞動画の製作方法を知らないため、今回の記事では 歌詞動画を作成できるアプリ・ソフトを5本ご紹介いたします。 高度な機能と分かりやすいインターフェイスのおかげで、誰でも手軽に利用できます。 基本的な編集機能に加え、様々なフィルターやエフェクト、オーバーレイ、オンライン素材を提供しており、動画をもっと個性的に作成することができます。 動画だけでなく、写真ムービーや大人気のミクチャ歌詞動画を作ることができます。 ApowerEditはネットからダウンロしたすることが可能で、カワイイフォントの文字を動画に追加することができます。 数多くの切り替え効果、色んな雰囲気を作れるフィルター、かっこいいエフェクト、そして様々なテキストスタイルがあり、うまく利用すれば必ず素敵なミクチャ動画を作成することができます。 LINE Camera — 写真編集 & オシャレ加工 適用:iOS、Android LINE Cameraは写真編集とビューティーカメラを備えている歌詞動画を作るアプリです。 普通の写真にフィルターやスタンプをかけて面白くてキレイにすることができます。 5000種類以上のスタンプ、100種類以上のフォントテキストとフレーム、お洒落でカワイイフィルターなど、実用的な素材をたくさん提供しております。 もっと高度な写真編集機能が揃っています。 一般の写真編集機能以外に、写真の一部を選択して利用できるブラシモード、トーンカーブ、さらに透過度を調整できるレイヤーなどが備わっています。 こんなに素敵な機能が揃っているため、歌詞動画の素材としての写真をもっと素敵に編集することができます。 MixChannel(ミクチャ) 適用:iOS、Android、iPad 以上2つの写真編集アプリを利用して、写真に歌詞やスタンプ、フィルターなどを追加した後、最後にこれらの写真を繋げて動画に作成します。 は非常に大人気のライブ、配信アプリです。 特に青少年の間で流行っています。 歌詞動画の作り方は簡単です。 まず編集した写真をアプリに追加して繋げ、BGMを選択して動画に入れます。 各写真の表示時間を自由に調節できます。 完了後、直接にTwitterやFacebookに共有することができます。 VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工 適用:iOS、Android VivaVideoは動画作りに必要な機能を豊富に持っている文字入り動画を作成するアプリです。 動画編集だけでなく、写真ムービーの作成や自撮りなどの機能も持っています。 歌詞動画アプリとして利用する場合、他のアプリは必要なく、VivaVideoを使用すれば十分です。 フィルター、エフェクト、吹き出し、切り替え効果などのたくさんの素材を提供されているので、あなたの歌詞動画をもっと魅力的に作成することができます。 比較 上記5本のアプリの中で、一番使いやすいのはApowerEditだと思い、ミクチャ以外の歌詞動画を作るアプリとして利用することができます。 このソフトを使用するだけで、歌詞動画を作成するのに十分です。 PC用のソフトですので、スマホアプリより細かい操作ができます。 VivaVideoも他のアプリがいらずに歌詞動画を作成することもできます。 豊富な素材を利用して手軽に動画を作れます。 LINE CameraとPicsArt Photo Studioは素敵な写真加工アプリです。 超人気アプリMixChannelと一緒に使うと完璧です。

次の