大門 未知子 名言。 テレ朝POST » 『ドクターX』最終回!大門未知子(米倉涼子)が「手術は失敗だった」と責められる

「ドクターX

大門 未知子 名言

私、失敗しないので!! このセリフを聞くたびに大門未知子、かっこいいと惚れてしまいますよね。 私は惚れてしまいました笑 でも、一番惚れた理由は・・・ 大門未知子を演じる米倉涼子さんがかっこいい。 自由奔放な性格、嫌なことに対しては・・・・ 『いたしません!!』と言う。 そのため、大門未知子はいろんなトラブルを起こしていきますよね。 6 話でも麻酔医と喧嘩してしまいました。 その結果、今までとは違う人が麻酔医として登場。 一体、あの人は誰だったのでしょうか?? 今回は、ドクターxのキャストで麻酔科医役について紹介していきたいと思います。 Sponsored Link 大門未知子の親友 まず、麻酔医といえば・・・ 城之内博美。 ドクターXにはなくてはならないキャラですよね。 たまに大門未知子と些細なことで喧嘩しますが・・・ 意外に相性がいいのかもと感じてしまいます。 その理由に、SNSでは城之内博美と大門未知子のことを・・・ 『ひろみちこ』というみたいですね。 素晴らしい。 内田有紀41歳。 41歳だと? — 腐れ30男。 kusare30 びっくりしたのですが・・・ 41歳みたいですね。 これにはかなり衝撃でした。 年齢を感じさせない美しさ!! 2012年からドクターXは放送されていますが・・・ 内田有紀さんの美しさは衰えていないですね。 どうしたら、あの美貌を維持できるのでしょうか!! 米倉涼子さんにも驚くのですが・・・ 内田有紀さんの美しさもすごいですね。 では、6話に登場したゲストは誰なのでしょうか?? 猪又派のあだ名はうり坊? Sponsored Link 瓜田慎吾。 中華料理店の店主のオペで麻酔医をすることになっていました。 しかし・・・ 大門未知子が手術に乱入してきたため麻酔医を辞退。 そのため、あんまり目立った活躍はしてないですね。 ちょい役という感じがしますね。 しかし・・・ 瓜田慎吾役はなぜか注目されました!! その理由は・・・ 演じているのが 今野浩喜さんだからです。 今野浩喜さんはなんと2017年7月から放送されていた 「僕たちがやりました」にも出演していました。 お笑い芸人なのにもう俳優さんですね笑 個性的な顔立ちのため、今後ますます売れていきそうな気がしますね。 演技もうまいですし!! その結果が・・・ 多くの人に注目されたみたいですね!! 大門未知子はなんでもできる? どうやら、大門未知子はなんでもできる可能性がありそうですね。 その理由が・・・ ドクターXの第6話です。 このシーンでは、麻酔医役だった今野浩喜さんから仕事を奪います。 そして、大門未知子がこんなセリフを 『私、麻酔もできるので』!!。 大門未知子、この人何者なのと感じてしまいました。 どうやら・・・ 本物のスーパードクターかもしれないです。 しかし、最後には相棒でもある城之内博美が登場し無事手術は成功しました。 このことから、大門未知子がいくら麻酔ができたとしてもオペとの両立は不可能ですよね。 でも、『ひろみちこ』コンビは最強です!! まとめ ドクターxについて書いてみましたがいかがだったでしょうか? 今回の記事をまとめると ・城之内博美役は内田有紀。 ・瓜田慎吾役は今野浩喜。 ・大門未知子は麻酔もできる。

次の

ドクターX 名言集【名セリフ25選】

大門 未知子 名言

「バイタル、体温36. 9、血圧110の55、心拍数84でサイナス」 などと言っています。 数字は毎回少しずつ違いますが、手術が始まる前と終わる時には、お決まりになっています。 体温は判るでしょう。 風邪をひいた時に誰でも体温を測りますが、これと同じです。 血圧の数値の「120の68」と言うのは、上の血圧や最高血圧と言われるのが120mmHgで、下の血圧や最低血圧と言われるのが68mmHgという意味です。 心拍数は、1分間に心臓が拍動する回数です。 脈拍と同じと考えてOKです。 ここまでは、医療関係者でなくても、およそのことは判るでしょう。 しかし、体温や血圧、心拍数という言葉は判っても、バイタルって何?、サイナスって何?、と医療関係者以外の人は分りにくいでしょう。 「医療用語だろうな」ということは察しがつくとしても、サイナスが気になる、バイタルが気になるという人が続出しています。 気になり出したら、ますます気になるのが人の脳の本質なので、スッキリさせましょう。 「バイタル」「サイナス」ってどういう意味? バイタルと言うのは、viral signのことで、医療現場ではよく使う医療用語です。 体温、脈拍、呼吸数、血圧の4つを合わせてバイタルと呼んでいます。 元気でタフな人を「バイタリティーがある人だなあ」などと言いますが、あのバイタリティーの名詞がバイタルで、生命の兆候という意味です。 体温や心拍数、呼吸数、血圧は生命に関わる基本的な情報です。 この 生命維持に欠かせない基本的な情報のことを、医療現場では「バイタル」と呼んでいます。 ER 救命救急)でも、患者さんが運ばれて来たら、まずはバイタルをチェックします。 そして、サイナスはsinus rithmで、サイナスリズムの略です。 心臓の洞結節で発生した電気的な興奮が心房や心室に一定のリズムで正常に伝わっています、という意味です。 つまり、 サイナスは「不整脈はありません。 異常なしです」と考えてよいでしょう。 心拍数は安静時で1分間に60~100を正常としています。 少々余談ですが、それより多い場合は頻脈と呼ばれます。 手術室では、「タキル」などと言われることが多いです。 それよりも少ない場合は、徐脈と言います。 これも手術室では「ブラディ」などと言われています。 城之内博美が手術室で言うあのセリフは、 体温も心拍数も血圧も安定しています。 不整脈もありません、どうぞ手術を始めてください、という合図と考えてよいでしょう。 スポンサーリンク ときおり見せる、娘を想う母としての優しいセリフも聞き逃さないで! 城之内博美には、城之内舞という娘さんがいます。 現在、舞ちゃんは、バレエ留学でロンドンにいるという設定になっています。 ドクターX4では、城之内博美がすい臓がんで倒れます。 そして「舞に病気がバレないようにして」と大門未知子に協力をお願いし、大門未知子の執刀で難手術を乗り越えて、また元気に復帰しています。 この時 「舞にバレないようにして」という一言は、娘に心配をかけたくないという母親ならではの気持ちでしょう。 また、それ以外でも母親の顔が見られました。 大門未知子から「今から緊急オペやるから来て」と電話があった時に、 「私、子どもがいるから」と言うシーンもありました。 結局は大門に強引に連れ出されて、舞ちゃんは神原名医紹介所の所長であるあきらさんが見ていてくれました。 夕方に帰宅して、洗濯物を畳みながら娘さんの舞ちゃんと過ごしているシーンもありました。 これらのシーンを見ていると、どちらかと言うと、大門よりも城之内博美の方が「残業は致しません」と宣言したほうが良さそうです。 しかし、子どもがいるのに麻雀をやっているとは、いったいどういうことなのでしょうか。 子どもが寝てからやっていたのでしょうか。 このように、突っ込みどころが満載なのも、このドラマ「ドクターX」の魅力の1つとも言えるでしょう。 ここは鉄板ですからね。 ただし『ひろみちこ』も人気があって、ドクターX5で久しぶりに登場するという事もあって楽しみにしていたファンも多いでしょう。 こういう仕事仲間であり友人?の存在って大事ですよね。 今後も『ひろみちこ』を応援していきます!! スポンサーリンク まとめ ドクターXシリーズは、米倉涼子さんが演じる大門未知子だけではなく、内田有紀さんが演じる麻酔科医城之内博美も魅力的です。 「あんな美人がママだったらいいよなあ」などと娘さんに言いながら見ていた男性も多いのではないでしょうか。 実際の手術シーンは実存する症例をもとに、健康情報番組でもおなじみの森田豊先生が監修しているので、医療用語がバンバン飛び出します。 サイナスやバイタルがどういう意味なのか分からなくて、気になるという声も多数ありました。 まえだまだ今後も難しい医療用語が出てくるかもしれませんが、細かいことまでは分らなくても、「どうしてモニターばかり見てるの。 どうして目の前の患者を見ないのよ!」など、大門未知子が言おうとしていることは充分に伝わるでしょう。 こちらの記事も人気です。

次の

『ドクターX』泣き崩れる大門とアキラさんで完璧な最終回…続編めぐり米倉が意味深発言

大門 未知子 名言

女優米倉涼子(41)が孤高の天才外科医大門未知子を演じる「ドクターX~外科医・大門未知子~」は高視聴率を記録した。 未知子はどんなに過酷で厳しいオペでも「私、失敗しないので」の決めセリフで、患者も、視聴者のハートもわしづかみに。 22日の最終回を前に、ここまでのあらすじと視聴率を名場面とともに振り返ります。 第1話=20・4% ニューヨークの中華料理店でギョーザを食べようとしていた大門未知子の前で急に女性が倒れる。 未知子はその場に居合わせた久保東子(泉ピン子)の病院でスゴ腕を発揮し、オペを成功させる。 久保東子は副院長として東帝大病院に。 アメリカで成功を収めた北野亨外科医(滝藤賢一)を蛭間重勝(西田敏行)病院長が招聘すれば、久保は未知子をスカウト。 そんな中、摘出が難しい脊索腫のIT会社の一木淳社長が入院してきた。 北野は3Dプリンタで作った骨の移植を提案。 しかし腫瘍の進行が想像以上に速く、失敗の可能性も出てきたため、北野は手術をしないと言い出した。 未知子はオペを成功させる。 久保は言うことをきかない未知子をクビにしたが、今度は蛭間病院長が未知子をバイトで雇う。 ドクターX第1話 大門未知子(米倉涼子)と久保東子(泉ピン子)((C)テレビ朝日) 第2話=19・7% 東帝大学病院は富裕層をターゲットにしたブランド戦略を打ち出した。 そんな中、服装の質素な二岡夫婦(山本圭、星由里子)が紹介状を持って来院。 黄川田内科部長(生瀬勝久)は、富裕層でないと判断したのか系列の分院を紹介しようとする。 そのころスキャンダルを抱えた国会議員の金本(西岡徳馬)がまんじゅう(現金)持参で極秘入院してきた。 いっぽう、未知子は二岡がすぐに手術必要な大腸がんだと分かる。 分院を紹介された二岡は手術をせず引き揚げようとするが、久保東子副院長(泉ピン子)が未知子に二岡の手術をさせると言い出した。 二岡は全国幸福度ランキング1位の村長として注目を集める人物だった。 ドクターX第2話 大門未知子(米倉涼子)と北野亨(滝藤賢一)((C)テレビ朝日) 第3話=24・3% 西園寺外科部長(吉田鋼太郎)とかつて愛人関係にあった須山三佐江(松下由樹)が、東帝大病院で人間ドッグを受けた。 元愛人の話は医務局じゅうに知れ渡り、西園寺は看護婦らに「ゲス男」と陰口をたたかれる。 須山はドッグ前の検査で腹部に巨大な腫瘍が見つかる。 北野医師(滝藤賢一)がメインでオペ。 未知子は助手を務める。 手術が始まり、腫瘍の正体は体内のガーゼが原因と判明。 が、実はこのガーゼが命をつなぎとめていたことも明らかに。 蛭間病院長の指示でいったん北野の手術はストップ、仕切り直しとなった2度目の手術で未知子が見事に成功した。 都知事選出馬をもくろむ須山は「都知事になって世の中のすべてをクリーンにする」「過去のつまらない男とのスキャンダルで足をすくわれたくないの」と話し、手切れ金を西園寺に。 どこかで聞いたような話? がドラマの中でも。 ドクターX第3話 須山三佐江(松下由樹)、南幾子(草刈民代)と大門未知子(米倉涼子) (C)テレビ朝日) 第4話=21・3% ダイエット本などで日本中を席巻する美人姉妹の妹美音(小林きな子)が姉美麗(高岡早紀)に付き添われて東帝大病院に極秘入院。 肥満気味の美音の減量外科治療を行うため金沢から原守(鈴木浩介)が呼ばれる。 美音の肥満は脳下垂体の腫瘍が原因と判明。 ところが姉美麗にも大腸がんが見つかった。 蛭間病院長(西田敏行)は人気姉妹のダブル手術で病院ランキングを挙げようとする。 美音の手術は北野亨(滝藤賢一)が、美麗は原が執刀。 美音の手術で助手を務めた未知子は、術式を変更して共同手術でオペを早めに終了。 そのまま美麗の手術に加わった未知子は、癒着がひどく苦戦していた腹腔鏡手術の術式を変更して成功を収める。 ドクターX第4話 美人姉妹の姉美麗(高岡早紀)と大門美知子(米倉涼子)((C)テレビ朝日) 第5話=20・4% 東帝大学病院より格下の大学病院による研究論文が世界の注目を浴びた。 蛭間(西田敏行)は悔しさのあまり、医師たちにとにかく論文を書くよう強要する。 論文を書くのに必要な症例報告のために、医師たちは休む間もなく手術を強いられる。 手術が好きな未知子(米倉涼子)はこの状況に目を輝かせるが、他の医師や看護師たちは疲弊していく。 そんな中、外科を上回る論文を提出しようと躍起になる内科部長の黄川田(生瀬勝久)に部下の赤井(長谷川朝晴)が、内科の主導で新しい外科手術に挑戦することを提案する。 ドクターX第5話 大門未知子(米倉涼子)((C)テレビ朝日) 第6話=21・5% 論文盗用問題をきっかけに、副院長の東子(泉ピン子)から辞表の提出を迫られた東帝大学病院の病院長、蛭間(西田敏行)がマスコミを集めて会見を開く。 しぶとい蛭間も辞職を発表する日が来たかと、医師たちは興奮気味に会見場へ詰め掛ける。 ところが蛭間は会見で、盗用疑惑を掛けられた東帝大の論文はアメリカのスターキー教授(イアン・ムーア)と蛭間の腹心である海老名(遠藤憲一)、スターキー教授の部下のシュリンプ教授(坂元健児)が共同執筆したもので、盗用ではないと主張する。 未知子(米倉涼子)を誘って会場へ向かうと、そこでチケットの送り主が七尾のアシスタントの由香(知英)だったと知る。 高校の時に患ったおたふくかぜが原因で左耳が聞こえない由香は、かつて七尾のピアノ演奏に背中を押された1人。 七尾の耳が治ればもっと素晴らしい演奏をしてくれるはずだと信じ、日ごろから治療法や医師をチェックしていたのだ。 ドクターX第7話 アシスタントの由香(知英)と大門未知子(米倉涼子)((C)テレビ朝日) 第8話=20・7% 「最後の独身大物アーティスト」と称される八乙女(小西遼生)がこつぜんと表舞台から姿を消す。 八乙女は手術が極めて難しい肝臓がんを患い東帝大病院に極秘入院していた。 入院はトップシークレットで厳重な警備態勢が敷かれる。 手術を担当する北野(滝藤賢一)は最新の医療機器を使って精密かつ完ぺきなオペを行うと宣言する。 最新機器に興味津々の未知子(米倉涼子)は自分にオペをさせろと迫るが、使用経験がないドクターには無理だと一刀両断されてしまう。 ドクターX第8話 大門未知子(米倉涼子)、八乙女悠太(小西遼生)と河合由美(宮地雅子)((C)テレビ朝日) 第9話=22・6% 東帝大病院のライバル関係にある慶林大病院が、最新の病院ランキングで1位を獲得。 一方、蛭間の妻、華子 藤真利子 率いる東帝婦人会と慶林大院長の妻、律子(高橋ひとみ)率いる慶林婦人会の関係も緊迫ムード。 両者の親睦会に顔を出した未知子(米倉涼子)も、2人の激しい嫌み合戦を目の当たりにする。 その親睦会の最中、両婦人会の威信を懸けた社交ダンス大会で、慶林婦人会の代表を務めることになっていた映美(中山忍)が倒れる事態が発生。 未知子は映美を東帝大に緊急搬送するが、華子は受け入れることに猛反対する。 ドクターX第9話 大門未知子(米倉涼子)、蛭間華子(藤真利子)、鮫島律子(高橋ひとみ)、九条映美(中山忍) ((C)テレビ朝日) 第10話=20・5% ある日、神社を参拝した未知子(米倉涼子)は東帝大病院の外科部長、西園寺(吉田鋼太郎)が自分の妻ではない妊婦に安産のお守りを買ってあげている光景を目にする。 また懲りずに不倫かといぶかしがるが、真相は分からずじまい。 間もなく、同病院に中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻、十希子(黒木メイサ)が出産のために入院する。 彼女こそ、西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった。 しかも検査の結果、十希子は心臓疾患を発症しており、このまま妊娠を継続すれば母体の命が危険にさらされることが判明する。 ドクターX第10話 妻・十希子(黒木メイサ)と大門未知子(米倉良子)((C)テレビ朝日) 最終話=視聴率は26日発表 局所進行膵(すい)がんであることを誰にも打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔医の博美(内田有紀)が倒れた。 同志の彼女を何とかしてこの手で助けたい一心で、未知子(米倉涼子)は執刀医になることを申し出る。 しかし、博美のがんは完全切除が不可能な状態。 そのことを自覚している博美は未知子の申し出を断った上で、娘の舞(藤井杏奈)に病気がばれないよう協力してほしいと頼む。 一方、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王、王超(矢野浩二)は、北野(滝藤賢一)や博美をはじめ、東帝大病院から優秀な医師を引き抜こうと画策していた。

次の