荒野行動 補正機。 【荒野行動】初心者必読ガイド!練習でやることや立ち回りのやり方徹底解説! 【KNIVES OUT】

【荒野行動】【画像】このゲーム8割が糞キッズだよな⇐オッサンがいちばん多いぞwwww

荒野行動 補正機

荒野行動 オススメ武器TOP3 第1位 アサルトライフル(AR) 第1位は、やはりアサルトライフル(AR)でしょう! アサルトライフルには5mmと7mmと二種類ありますが、使いやすく銃の種類も多いためオススメするのは5mmのアサルトライフルです。 ゲーム進行中に武器を持ち替えても弾数は引き継ぐので、出来れば最初から5mmアサルトライフルを装備し、道中に5mmの有力で好みのアサルトライフルと持ち替えるのが理想的な流れと言えるでしょう。 しかし、上級者になると基本性能での火力が高い7mmアサルトライフルを好むプレイヤーも多く存在します。 それぞれの武器で特徴が違うので個人的な好みの違いはあるかもしれませんが、私個人がオススメするのは5mmアサルトなら95式、7mmアサルトならAK-47といった武器の選択になります。 アサルトライフルについて、さらに詳しく知りたい方はこちらのアサルトライフル特集からどうぞ! いろんな武器があるけど、その中から一体どんな組み合わせで武器を選んだらいいのか分かりません…。 そんな悩みに対し、ランキング形式でオススメの武器の組み合わせTOP3を紹介していきます。 定番の組み合わせではありますが、それぞれの武器の使い方を考えたうえでカスタムしていく必要があるので注意しましょう。 これといった弱点もなく平均的にどんな場面にも対応できます。 ただ、1つ挙げるとすれば至近距離での撃ち合いでは少し分が悪い点。 特にデパート内やマンション内、東京マップの室内戦などは、サブマシンガン相手だと戦いずらいと感じることもあります。 しかし、その点についてはテクニックなどでカバーができるので、そこそこ慣れたプレイヤーならば問題なく対応できるでしょう。 ・おすすめカスタム:狙撃銃、サブマシンガンともに消音機 ・向いている戦場:水工場やデパート ・不向きな戦場:激戦野原などの見晴らしがいい中距離での撃ち合い この武器の組み合わせが、最も生きる舞台が水工場やデパートでの戦いだと言えるでしょう。 戦い方としては、タンクや屋上から狙撃をしつつ敵に距離を詰められたら遮へい物を上手く利用しサブマシンガンで撃ち合うスタイル。 このような流れを組み立てられるのであれば、相手はとても戦いにくい事でしょう。 しかし、中距離メインの撃ち合いになってしまうと、連射ができない狙撃銃では分が悪くなってしまいます。 なので、手持ちの武器に消音機を装着し、相手に居場所を悟られないように戦いましょう。 ・おすすめカスタム:アサルト、サブマシンガンともに補正器 ・向いている戦場:デパート内、マンション内、東京マップ建物内、安全エリア縮小時 ・不向きな戦場:川を挟んで戦うエリアや激戦野原などの見晴らしがいい遠距離での撃ち合い この組み合わせで戦うのであれば、嵐の半島のデパート内やマンション内、東京マップの建物内などが戦いやすいオススメの場所と言えます。 また、バトル終盤に安全エリアが縮小し、アンチがとても小さくなった場合にも同様に力を発揮できます。 逆に、広々とし見晴らしが良い激戦野原などのマップでは、狙撃銃が相手だと分が悪く、射線をきりつつ遠回りしながら距離を詰める必要があります。 なので、出来る限り遮へい物が多い場所で戦うようにしましょう。 荒野行動オススメ武器 まとめ 荒野行動での、オススメの武器とオススメの武器の組み合わせを紹介してきました。 あくまでオススメというだけで、結論としては自分が使いやすいと感じる武器を中心に使い続けることが最も有効といえます。 ただし、マップやバトルエリアの特徴を頭に入れたうえで、武器の組み合わせを考える必要があることも忘れないようにしましょう。 同じ武器を使い続けることのメリットとしては、感度調整などではどうしようもないリコイル(反動)などの武器自体のクセを身体で覚えることができます。 リコイルコントロール(反動をなくすテクニック)についての説明と練習方法については、別ページで解説していますのでぜひ練習しておきましょう。

次の

【荒野行動】アタッチメント一覧!NO.1装備はどれ? 【KNIVES OUT】

荒野行動 補正機

Contents• 初心者でも大丈夫!おすすめの武器は? 荒野行動を始めたばかりだと、武器の種類がありすぎてどの武器を使えばいいのかわからないことがありますよね。 そこで、 初心者にも使いやすいおすすめの武器について調査しました。 荒野行動の武器の中でも使用頻度の高い、 AR(アサルトライフル)、SR(スナイパーライフル)の2種類についてそれぞれおすすめを紹介します。 初心者におすすめのAR アサルトライフル 荒野行動において、 一番使用頻度が高いといってもいいAR。 近距離~長距離まで、幅広いシーンで活用できます。 まずはそのARについて、 初心者へのおすすめを見ていきましょう! M4A1 M4は 反動が小さく、癖がないので初心者におすすめです。 強さで言うと他の武器に劣ってしまうので撃ち負けしやすくはなってしまいますが、まずは 荒野行動に慣れるという意味ではぴったりでしょう。 アタッチメントなしでも安定性が高く、エイムもブレにくいので使いやすいです。 まずはM4で「銃を撃つ」ということに慣れて、それから自分好みの銃を使ってみるといいかもしれません。 コツについては、YouTubeやTwitterで荒野行動配信者や強豪チーム・クランのメンバーたちが開設している動画を観ることができますので、ぜひ観てみてくださいね。 M27 フルカスタム後の安定性は抜群で高く、単発撃ちならばリコイルの必要がないほどブレません。 フルカスタム後のM27であれば、 初心者でも敵を倒しやすいでしょう。 ただ、フルカスタムにするのに必要なアタッチメントの数が多く、フルカスタムにするまでに少し時間がかかります。 必要なアタッチメントは、 補正器、戦術ラス(戦術グリップでも可)、拡張弾倉、ストックです。 また、グレネードランチャーを付けることもできます。 M27の扱いに慣れてきたらグレネードランチャーを使用してみるのも楽しいですよ。 初心者におすすめできないAK-27 初心者にとって扱いが難しすぎるので、AK-27は荒野行動に慣れるまでは拾わないほうが無難でしょう。 敵に与えるダメージの強さで言えば AKはトップクラスに強いARですが、反動が大きすぎるため、敵に当てるのが難しいです。 AKはまずは安定性のあるM4やM27などで銃を撃つことに慣れてから、射撃場などで練習したうえで実戦で使用するようにしましょう。 荒野行動に慣れ、 AKを使いこなせるようになれば、どんな銃でも安定して使用することができるはずです。 初心者におすすめのSR(スナイパーライフル) 長距離戦に役立つ銃といえば、SRです。 ある程度ARを使いこなせるようになったらSRでのキルにも挑戦してみましょう。 ここでは、 初心者でも扱いやすいSRをご紹介していきます。 なお、SRを持つ場合はARを合わせて持つのが一般的です。 88式 SRの中でも 発射レートが早く、ちょっとしたARのように使用することもできます。 88式には もともと4倍スコープがついているので、スコープ探しに苦労することもあまりありません。 容量も10弾装填できることから、 リロードを挟まずに敵を撃つことができます。 ただ、他のSRと比べて威力が低く、一撃で敵を倒すことができないのが難点です。 初心者のうちは偏差撃ちが難しいので、走っている敵に何度か当てて倒すにはぴったりなSRです。 偏差撃ちとは? 走っている敵を狙撃するときに、弾が敵に到着するまでのタイムラグを推定して敵より少し先を狙って撃つ狙撃方法。 長距離の敵を狙撃するときは弾が敵に到着するまでに距離のぶん時間がかかるため、敵に合わせて撃つと、敵は走っているため敵の少し後ろに着弾する。 Kar98k Karは、SRの中でもドロップ率の高いSRです。 このことから、おすすめというよりは 使えるようになっておいたほうがいいSRと言っていいでしょう。 拾える確率が断然高いので、拾って使っていれば自然と使えるようになっていきます。 レベル3ヘルメットは撃ち抜けませんが、 レベル2ヘルメットまでは1撃で撃ち抜くことができます。 また、レベル3ヘルメットでも2回当てれば倒すことができるので、上手く使いこなせれば強力な武器になります。 初心者でも大丈夫!おすすめの配置は? 初心者のうちは初期配置でのプレーをすることが多いかもしれませんが、2019年3月現在、 初期配置ではなかなか戦闘で勝ち抜くことは難しいです。 しかし、2本指で慣れてしまうと3本指、4本指に増やすのはかなり時間がかかります。 その指の本数でのプレーに慣れるまでに時間がかかってしまうためです。 配置は3本指も4本指も変わらない 3本指は、左手の人差し指で射撃し、親指で移動、右手の親指で支店やエイムとスコープを覗くという行動をします。 4本指は、3本指の動きにプラスして右手の人差し指を使いスコープを覗きます。 調べてみたところ、 配置については、3本指でも4本指でもさほど変わらないようです。 3本指では右手の親指だけでエイムや視点、スコープを覗くという行動をしますが、4本指ではスコープを覗くという行動を人差し指でするため、スコープを覗くのが少し早くなります。 そのため、動きながらスコープを覗いて撃ちたいときには、4本指が便利なようですね。 ですが、 基本的には3本指でも問題なさそうです。 猛者たちの中には 5本指でプレーしている人もいますが、それは初心者には難しすぎるので、今回は3~4本指の配置の見本をご紹介します。 こちらは黒騎士Yさんが3本指でプレーしていた時の配置を見ることができる動画です。 手元動画を移すために左上が隠れてしまっていますが、ちょうど手元動画が映っている辺りに 射撃ボタンをできるだけ拡大して置きます。 移動ボタンや射撃ボタン、スコープやマップなどの大きさや位置については、 自分の指に合わせてタップしやすいところに微調整しましょう。 最後に 今回は、初心者におすすめの武器や配置について調査し、まとめました。 初心者のうちは数ある武器の中で何を使えばいいのか迷ってしまったり、配置に迷ってしまったりと、なかなか思うように荒野行動をプレーできないことが多いですよね。 そんな時は好きな実況者や猛者たちの真似をしてみるのもいいですが、初心者にも使いやすい武器や配置でまずは慣れることから始めてみてもいいかもしれません。 少しずつうまくなってきたら、今度は猛者たちの真似をしてさらに成長していければいいですよね! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

荒野行動攻略

荒野行動 補正機

マップの見方 マップ上には白い円と赤い円の二つが表示される。 白い円は安全地帯であることを表し、そのエリア外にいると毒ガスを受け、一定時間で死亡してしまう。 赤い円は爆撃ゾーンを表し、そのエリア内には爆弾が投下され、直撃した場合は戦闘不能になる。 基本的に建物内であれば当たらない。 ただし、室内の端にいるとまれに当たる時があるので注意。 建物内の真ん中でうつ伏せになれば、確実に回避することができる。 ヘリから出たら、パラシュートを使って無人島の好きな場所へと降りる。 立ち回り まず最初に マップを開いて、行きたいところにピンを立てる まずはヘリからの降下になるが、このときマップを開いて、行きたいところにピンをたてよう。 ピンは画面上部のゲージに残るので、ピンを中央になるように調整し、あとはスティックを調節しながら目的地を目指そう。 着陸が早ければ早いほど、次のステップが楽になる。 なりふり構わず、武器を補充 着陸したら、敵がどうしていようが構わず、武器を補充しよう。 装備は小銃(最優先)と狙撃銃がオススメ(好みで小銃2本か狙撃銃2本でも可) とにかく最初のうちはマップを見て索敵 カメラだけで敵を探すのは難しい。 最初のうちはとにかくマップを意識して敵を探そう。 マップの見方だが、銃声や足音、車両音は赤いマークで表示される。 色が薄ければ遠く、濃ければ近い。 敵の足音を察知できるのは20m内で、銃声と車両音は200m内で表示される。 マップを拡大し、音がしたところにピンを立てれば瞬時にその距離が割り出せるため参考に。 ピンでの距離が表示されるようにするには、「設定」を開き、「社交設定」を選択。 「マルチ設定」の項目の中の「コンパスの標記点の距離を表示」をONに設定すると完了。 これらだけでも大丈夫ではあるが、慣れてきたら生音も聴こう。 音はマップ表示圏内よりも更に遠くから聴くことができ、遠距離の敵を察知するのにとても有効である。 銃撃戦 銃の撃ち方 ・腰撃ち 射撃ボタンを押しっぱなしにし、スティックをグリグリして、動きながら撃つ。 また相手の移動に追い付かない場合、射撃ボタンでも向きを変えられるので、それを利用する ・ヘッドショット 距離にもよるが通常の倍以上のダメージを与えられる射撃法。 スコープを用いて照準線を相手の頭の位置に合わせて撃つ。 特に反動に注意が必要なので、補正器やグリップなどのアタッチメントを付けよう。 レベル2ヘルメット以下は一撃で倒せる。 ・リーン撃ち 上半身だけ傾けながら射撃することで、胴体を守りながら撃てる射撃法。 リーン設定をONにすることでできるようになる。 動き ・建物ではしっかりクリアリング。 ・正面から入ると敵に待ち伏せされている可能性が高いので回って入る。 ・階段で待ち構えている場合もあるため、フェイントを使いつつ場所を探る。 ・相手の位置が分かっているなら、照準を合わせた状態で移動して先に打つ。 他 ・マズルフラッシュ 発砲時の発光 にも注意。 消炎器や消音器を付けている銃の発光は見えないので注意。 ・エリアが遠くても焦らずに道路で車を探す。 ・移動するときは必ずピンを立てる。 ・相手に位置がバレていて安地に入りづらい時は相手を撃って威嚇するなど工夫する。 ・車で移動する際は、相手が背中を向けているならしっかり轢く。 ・スポーツドリンクはマックスまでゲージを貯めてもまだ飲める。 それ以上飲むと活躍値回復時間が上限に達し、ダメージを受けても回復する状態になる。 ・最終安地は圧倒的に有利なので相手が動くまで待つ。 うまくなるために 立ち回りを守り、動画でテクニックを覚えても、どうもうまくいかない、動画のようにできないなんてことはよくある。 その出来ない理由の大半は実践不足だ。 なので何度も反復練習することが必要である。 すぐにできるようにはならない。 とにかく凸りまくって経験を積むことが大切。 練習は次のようにすることが効果的である。 激戦区の敵がいなさそうな場所に降りる とにかく経験を積むなら激戦区。 敵がいなければ話にならない。 ただ、着陸して即死では意味がないため、激戦区でも敵がいなさそうな場所に降りることが必要だ。 装備を整える 自分が練習するのに必要な装備を揃える。 慎重にいきたいなら降りる場所を激戦区内ではなく、その付近にすると、回収してるうちに死亡なんてことを防げる。 凸って負けて課題を見つける いきなり勝ちに行く必要はない。 最初はキルレを気にせず、とにかく戦おう。 大切なのは次に繋がる課題を見つけること。 動画や攻略サイトを見て課題を解決する 動画やサイトで、その見つけた課題の解決法を探そう。 自分の頭だけで考えても時間の無駄になることが多い。 解決法が見つかったなら再び戦場に戻り、(1)からの繰り返し。 当サイトは、国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイト「Parties(パーティーズ)」です。 婚活パーティーの掲載数は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・横浜・京都・広島・岡山含めて国内最大級!20代・30代・40代・50代の婚活パーティー・お見合い・街コンをご紹介し、「婚活コラム」ではあなたの婚活の悩みに応えます。 婚活パーティーの口コミや体験談・ブログにて、「婚活パーティー行ってきた」、をチェックしてから、あなたにぴったりの婚活パーティーを見つけることが出来ます。 当サイト「Parties(パーティーズ)」にてご紹介している婚活パーティー・恋活パーティー・街コンパーティーを、初心者・1人参加OK・個室、半個室・連絡先交換自由・趣味コン・バスツアー・今日開催・平日開催・人気職業・高学歴・ハイステータス・ぽっちゃり女性・高身長男性・低身長女性・子連れ理解者・再婚理解者・立食形式、といったこだわり検索機能を使って探すことで、あなたにぴったりの婚活パーティーが必ず見つかります。

次の