凍てつい た ひょう こつ。 【フォートナイト】メキメキ上達!フォートナイトのコツ五カ条【FORTNITE】

【MHWアイスボーン】凍てついた氷骨の効率的な入手方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

凍てつい た ひょう こつ

本ページでは シンプルな 点数表を掲載()。 さらに点数表を 覚えるコツもご紹介いたします!符計算 や 役(ヤク) の 翻数(ハンスウ) は覚えているけど、 点数早見表が手元にないと最終的な 和了点( ホーラ点) を算出できない、という方は多いのではないでしょうか。 【 】 点数は 20符から 110符の 基本点を元に 1翻~ 13翻(場ゾロなし)までに対応した点数があり、 親 と 子 、 ロンアガり と ツモアガり でも点数が変わってきます。 一見複雑なのですが、コツや流れで覚えやすくなるので一度チャレンジしてみて下さい!• この形を「喰い平和の形」などと言います。 点数計算を覚えるメリット• 今自分に 最も必要な牌が分かる• 戦略的にゲームを組み立てることが出来る 最も必要な牌がわかる! 点数が頭の中で計算できると、 戦略的に麻雀ゲームを組み立てることが出来ます。 例えば、自分の手持ちの点数と相手の点数の差から、逆転に必要となる点数を把握できますが、点数計算でこの差を埋める得点を出すための 手役を考えることが可能です。 逆転には、 何符 何翻 が必要なのか、必要となる 符 と 翻数 を出すためにはどのような 役 アタマ 待ち など必要な形を作る必要があるのか。 その 形 を作るためには どの牌が必要なのか。 このように考えることで、 ゲームで勝つために本当に必要となる 牌 を把握することが出来ます。 他家の狙いを推測できる! さらに、 他家(ターチャ)が逆転に必要な点数を考えることで、 狙っている アガり形 を推測することも可能です。 他家が必要となるであろう点数を出すための 符 や 翻数 と 捨牌 から、相手の手を推測するのです。 点数計算は単純にアガった場合に親や子の点数を算出するだけでなく、 ゲームを戦略的に構築する上で欠かせない要素となるのです。 点数計算の概要確認 このページでは点数早見表を覚える 方法や コツを紹介するのですが、その前に確認として、点数計算の概要を見てみましょう。 <覚えるコツ! > 親の3つの点数:1,500、2,000、2,400 僕は、 行こ(15)う、 二重(20)橋前の 西(24)口 点数早見表で最初に覚えるべき場所は、 親 と 子 の ロン点 1翻、30符、40符、50符の場所です。 これらの点数は全部で 6つあります。 この部分の点数を覚えることで、 ここを基準にさらに他の点数も算出していきます。 子 アガり の場合 1ハン 30符 1,000 40符 1,300 50符 1,600 親 アガり の場合 1ハン 30符 1,500 40符 2,000 50符 2,400 子 は、1,000、1,300、1,600。 親 は、1,500、2,000、2,400 です。 子 は、1,000、1,300、1,600。 親 は、1,500、2,000、2,400 です。 ツモ の点数は後程算出する方法を説明するので、ここでは考えないでください。 基本的には覚えられればどのようなものでも大丈夫です。 ただ、親と子は分けるようにしてください。 分けて覚えているほうが、点数を算出する場合に楽になります。 4-2. 【2】1ハン~4ハンまで覚える!• <覚えるコツ! >翻(ハン)が増すと点数は 倍となる。 フレーズで覚えてしまう。 先ほどの6つの点数を覚えると、 同じ符の4翻までの点数を算出できるようになります。 以下の点数表を見て下さい。 翻が増えると点数が ほぼ倍に増えていきます。 倍とならない箇所もあるのですが、麻雀で良く使用される点数読みのフレーズがあり、このフレーズに慣れてしまうと自然とこの部分の点数が覚えられます。 子 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 30 符 1,000 2,000 3,900 7,700 フレーズ: セン、ニセン、ザンク、チッチ(ナナナナ) 40 符 1,300 2,600 5,200 2倍になる フレーズ: イチサン、ニンロク、ゴンニ 50 符 1,600 3,200 6,400 2倍になる フレーズ: イチロク・サンニー・ロクヨン 親 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 30 符 1,500 2,900 5,800 11,600 フレーズ: イチゴー、ニック、ゴッパー、ピンピンロク(イチイチロク) 40 符 2,000 3,900 7,700 子30符2,3,4翻と同じ フレーズ: ニセン、ザンク、チッ チー(ナナナナ) 50 符 2,400 4,800 9,600 2倍になる フレーズ: ニーヨン、ヨンパー、クンロク 最初に覚えた、親と子の 30符、40符、50符の1翻の6つの点数から翻数分を倍にすると、 ロン の点数が算出出来ます。 この部分は倍から -100点した数字なのですが、フレーズで覚えてしまう方が実際の点数算出時には早くなります。 ここまでで、30符から50符の1翻から4翻までの点数が算出できるようになります。 実際のゲームではこの部分の点数を頻繁に使用しますので、しっかり覚えて下さい。 4-3. 【3】満貫(マンガン)以上の点数を覚える• <覚えるコツ! >3翻70符~と4翻40符~は満貫確定:3744(サンナナヨンヨン)• <覚えるコツ! >5翻以上は満貫確定• <覚えるコツ! >満貫以上は子の8,000点を基準に 親 子 すべて点数が算出可能! 3翻70符~、4翻40符~ 満貫 は、 3翻は70符から、 4翻は40符から確定し、 5翻になれば 符 は関係なく満貫が確定します。 3翻70符~と4翻40符~の満貫確定は 3744(サンナナヨンヨン)、3744(サナちゃんと獅子)など覚えやすいイメージでさくっと頭に入れてみてください。 8,000点が基準 満貫 からは符計算がなくなるので、翻数だけで点数が確定し、さらに点数も子の 8,000点を基準に算出できます。 跳満(ハネマン)の部分だけは、満貫 の 1. 5倍ですが、後は 2倍 3倍 4倍 です。 そして、 親の点数は子の1. 5倍(子の満貫の1. 5倍=親の満貫、子の跳満の1. 5倍=親の跳満、子の倍満の1. 5倍=親の倍満、子の三倍満の1. 5倍=親の三倍満、子の数え役満の1. 5倍=親の数え役満)となります。 つまり、子の8,000点だけ覚えておけば、満貫以上の点数はすべて算出できてしまいます。 子 アガり の場合 子は満貫の8,000点を基準に点数が増えていきます。 5 ハン 満貫 6,7 ハン 跳満 8,9,10 ハン 倍満 11,12 ハン 3倍満 13 ハン- 数え役満 8,000 (基準) 12,000 (満貫の1. 5倍) 16,000 (満貫の2倍) 24,000 (満貫の3倍) 32,000 (満貫の4倍) 親 アガり の場合 親は子の点数の1. 5倍になります。 5 ハン 満貫 6,7 ハン 跳満 8,9,10 ハン 倍満 11,12 ハン 3倍満 13 ハン- 数え役満 12,000 (子の1. 5倍) 18,000 (子の1. 5倍) 24,000 (子の1. 5倍) 36,000 (子の1. 5倍) 48,000 (子の1. 5倍) 満貫点数はなぜあるの? なぜ、満貫 という点数があるのかというと、5翻以上を1~4翻と同じように 符 から正式に点数を算出した場合、数万点から数十万点ととても 大きな数字になってしまうからです。 このような大きな数字を扱うとゲームの進行に支障が出てしまうので、5翻以上は点数を決め打ちにしてしまっています。 最高得点は13翻の数え役満で、子が 38,00032,000点、親が48,000点となります。 4-4. 【4】20符~100符について• <覚えるコツ! >符を倍にして翻数を-1した点数は同じ 流れ【1】で説明しました30符~50符以外の部分について説明をします。 下の点数表を見て下さい。 20符2翻と40符1翻の( )内の点数が同じとなっています。 親 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 40 符 2,000 子 700 3,900 子 1,300 7,700 子 2,600 満貫 80 符 3,900 子 1,300 7,700 子 2,600 満貫 さらに、一番最初の点数早見表を見てみると 25符2翻と50符1翻の点数も同じになっています。 つまり、「 符を倍にして翻数を-1した点数は同じ」となるということです。 この規則を使用すると、 最初に30符、40符、50符の点数を覚えましたので、20符、25符、60符、80符、100符の点数が算出可能です! 4-5. (例外)70符、90符、110符について この部分は特に法則がないので、 暗記してしまいましょう。 ただ、あまり出る符ではないので、早見表で確認してしまってもよいでしょう。 4-6. 【5】 ツモ点を出す!• <覚えるコツ! >子の ツモ点:親負担点= ロン点を2で割る、各子負担点=さらに2で割る• <覚えるコツ! >親の ツモ点:各子負担点= ロン点を3で割る• <割り算の注意点>麻雀点数は十の位を使用しない• <割り算の注意点>割り算で十の位が0にならない場合は、割り切れないとし、十の位を切り上げる 4-6-1. 子の ツモ点を算出する ツモ点は ロンの点数から算出することが出来ます。 子の ツモ点数の算出は以下の流れで行います。 子が ツモした場合は、親と残りの子の負担する点数は異なりいます。 ロン の点数を算出する• ロン の点数を2で割る=親が支払う点数• さらに2で割る=各子が支払う点数• 親の負担点数は ロン点を2で割った点数です。 子の負担点数は、 2で割った点数をさらに2で割った点数です。 注意しなければならないのは、 麻雀の点数では十の位は使用しないということです。 2で割った場合に十の位が0にならなければ、 繰り上げを行います。 例えば、子の50符1翻の1,600点を考えてみましょう。 これは十の位が0になり割り切れる点数です。 1,600を2で割ると800となり、これが親の負担点数となります。 さらに、800を2で割ると400となり、これが各子の負担点数となります。 ですが、 割り切れない、つまり、 十の位が0にならない場合があります。 その場合、 ツモ の点数である( )内の点数を足すと ロン と同じ点数になりません。 例えば、子の点数表の40符1翻の ロン の点数は1,300点です。 ツモ の点数は、400点と700点で、足すと1,500点となり同じになりません。 これは割り算をした際に、十の位が0にならず、繰り上げを行ったのでこのようになってしまうのです。 1,300を2で割ると650となるので 繰り上げをして700とします。 これが親の点数負担となります。 700は2で割ると350となるので 繰り上げをして400とし、各子の負担点数となります。 子 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 40 符 1,300 子 400 親 700 2,600 子 700 親 1,300 5,200 子 1,300 親 2,600 満貫 8,000 子 2,000 親 4,000 50 符 1,600 子 400 親 800 3,200 子 800 親 1,600 6,400 子 1,600 親 3,200 麻雀の点数では十の位は使用しないので、割り切れない場合(割り算の際、十の位が0にならない場合= ロン点と ツモ点の合計が同じにならない場合)は、 十の位を切り上げるということを覚えておいて下さい。 これは ロン点 と同じです。 割り切れない場合は、十の位を切り上げしてしまいます。 4-6-2. 親の ツモ点 親の ツモ点は基本的に ロン の点数を3で割った点数です。 ですが、ここでも割り切れない場合、つまり十の位が0にならない場合があります。 3で割り切れない場合は、 割り切れるように ロンの点数に100点か200点を足します。 親の ツモ点数の算出は以下の流れで行います。 親の ロン点を出す• ロン点を3で割る• 割り切れない場合は3で割れるように100点か200点足す 例えば、50符2翻の親の ロン点は4,800点となります。 これを3で割ると子の分担は1,600点となります。 この場合は割り切れるので簡単ですね。 では、次に30符2翻の場合を考えてみましょう。 この場合は、 ロン点は2,900点になります。 これは3で割り切れません。 このような場合は 3で割れるように100点か200点を足します。 2,900点に100点をプラスして3,000点にすれば3で割り切れ子の点数が1,000点となります。 40符3翻の7,700点の場合、100点を足して、7,800点を3で割ることで子の点数は2,600点となります。 このようにすれば、親の ツモ点も ロン点から算出することが可能です! ご紹介した5つの流れでひとまず点数表は網羅できました。 覚え方やコツはこれでなければならないということはありませんので、これをきっかけに自分なりな覚え方を模索するのも良いでしょう! 5. まとめ 点数計算が出来るようになると、自分にとって本当に必要な手役、 アタマ、待ちなどの形が把握出来ます。 点数をしっかり 意識して 計算すればアガっても逆転できない手で無理に勝負したり、必要のない程高い点数の手を狙ったりする事がなくなり、 無駄なリスクをとらずにすみます。 これは麻雀ではとても大切なことです。 麻雀は 点数の多寡によって勝者を決めるゲームであり、点数計算は麻雀で勝つためには非常に 大切なゲーム要素なのです。 これを機会に是非点数早見表の内容を頭の中で算出できるようにしてみましょう! 参考にさせて頂いたページ: おすすめ記事のご紹介.

次の

九九表(掛け算表)

凍てつい た ひょう こつ

学習ポスターの定番、あいうえお表です。 豊富なカラーとデザインの中からお好きなものを選んで下さい。 書体は「教科書体フォント」と「なぞり書きフォント」から選べます。 「どっちが良いのか分からない」という方は を一読して下さい。 ひらがなは小学1年生の初期に習います。 夏休みの作文コンクールの影響?でひらがなの授業は夏休みまでの4ヶ月間で終わります。 授業ペースとしては結構早いです。 その間に や 等のつまずきやすい所もマスターしておかなければなりませんので早め早めの取り組みが鍵になります。 市販品でも、ここまで作り込んでる物はほとんどありません。 正しい日本語に準拠 「ぢゃぢゅぢょ」などの拗音は子供でも理解できる単語が極端に少ないので、例えば 「ぢゅ」は「せかい"ぢゅ"う」など多少強引な感じになってます。 一応私なりに調べましたが「せかいじゅう」「せかいぢゅう」どちらでも間違いでは無いそうです。 ですので少し強引であっても日本語的に間違いでは無いように制作しております。 教える方も覚える方も「みかんの"み"」とか「りんごの"り"」とか、 イラストと1セットにした方が絶対に分かりやすいし覚えやすいと思います。 ですので上記のように強引さよりも覚えやすさ優先で制作しました。 も 配布しています(イラストもカタカナに合わせて一新しています)ので、こちらも併せてどうぞ。 初めてのひらがな練習に が人気です。 普通のもありますよ! 注意!! 家庭内での個人利用以外はを一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

次の

【フォートナイト】メキメキ上達!フォートナイトのコツ五カ条【FORTNITE】

凍てつい た ひょう こつ

本ページでは シンプルな 点数表を掲載()。 さらに点数表を 覚えるコツもご紹介いたします!符計算 や 役(ヤク) の 翻数(ハンスウ) は覚えているけど、 点数早見表が手元にないと最終的な 和了点( ホーラ点) を算出できない、という方は多いのではないでしょうか。 【 】 点数は 20符から 110符の 基本点を元に 1翻~ 13翻(場ゾロなし)までに対応した点数があり、 親 と 子 、 ロンアガり と ツモアガり でも点数が変わってきます。 一見複雑なのですが、コツや流れで覚えやすくなるので一度チャレンジしてみて下さい!• この形を「喰い平和の形」などと言います。 点数計算を覚えるメリット• 今自分に 最も必要な牌が分かる• 戦略的にゲームを組み立てることが出来る 最も必要な牌がわかる! 点数が頭の中で計算できると、 戦略的に麻雀ゲームを組み立てることが出来ます。 例えば、自分の手持ちの点数と相手の点数の差から、逆転に必要となる点数を把握できますが、点数計算でこの差を埋める得点を出すための 手役を考えることが可能です。 逆転には、 何符 何翻 が必要なのか、必要となる 符 と 翻数 を出すためにはどのような 役 アタマ 待ち など必要な形を作る必要があるのか。 その 形 を作るためには どの牌が必要なのか。 このように考えることで、 ゲームで勝つために本当に必要となる 牌 を把握することが出来ます。 他家の狙いを推測できる! さらに、 他家(ターチャ)が逆転に必要な点数を考えることで、 狙っている アガり形 を推測することも可能です。 他家が必要となるであろう点数を出すための 符 や 翻数 と 捨牌 から、相手の手を推測するのです。 点数計算は単純にアガった場合に親や子の点数を算出するだけでなく、 ゲームを戦略的に構築する上で欠かせない要素となるのです。 点数計算の概要確認 このページでは点数早見表を覚える 方法や コツを紹介するのですが、その前に確認として、点数計算の概要を見てみましょう。 <覚えるコツ! > 親の3つの点数:1,500、2,000、2,400 僕は、 行こ(15)う、 二重(20)橋前の 西(24)口 点数早見表で最初に覚えるべき場所は、 親 と 子 の ロン点 1翻、30符、40符、50符の場所です。 これらの点数は全部で 6つあります。 この部分の点数を覚えることで、 ここを基準にさらに他の点数も算出していきます。 子 アガり の場合 1ハン 30符 1,000 40符 1,300 50符 1,600 親 アガり の場合 1ハン 30符 1,500 40符 2,000 50符 2,400 子 は、1,000、1,300、1,600。 親 は、1,500、2,000、2,400 です。 子 は、1,000、1,300、1,600。 親 は、1,500、2,000、2,400 です。 ツモ の点数は後程算出する方法を説明するので、ここでは考えないでください。 基本的には覚えられればどのようなものでも大丈夫です。 ただ、親と子は分けるようにしてください。 分けて覚えているほうが、点数を算出する場合に楽になります。 4-2. 【2】1ハン~4ハンまで覚える!• <覚えるコツ! >翻(ハン)が増すと点数は 倍となる。 フレーズで覚えてしまう。 先ほどの6つの点数を覚えると、 同じ符の4翻までの点数を算出できるようになります。 以下の点数表を見て下さい。 翻が増えると点数が ほぼ倍に増えていきます。 倍とならない箇所もあるのですが、麻雀で良く使用される点数読みのフレーズがあり、このフレーズに慣れてしまうと自然とこの部分の点数が覚えられます。 子 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 30 符 1,000 2,000 3,900 7,700 フレーズ: セン、ニセン、ザンク、チッチ(ナナナナ) 40 符 1,300 2,600 5,200 2倍になる フレーズ: イチサン、ニンロク、ゴンニ 50 符 1,600 3,200 6,400 2倍になる フレーズ: イチロク・サンニー・ロクヨン 親 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 30 符 1,500 2,900 5,800 11,600 フレーズ: イチゴー、ニック、ゴッパー、ピンピンロク(イチイチロク) 40 符 2,000 3,900 7,700 子30符2,3,4翻と同じ フレーズ: ニセン、ザンク、チッ チー(ナナナナ) 50 符 2,400 4,800 9,600 2倍になる フレーズ: ニーヨン、ヨンパー、クンロク 最初に覚えた、親と子の 30符、40符、50符の1翻の6つの点数から翻数分を倍にすると、 ロン の点数が算出出来ます。 この部分は倍から -100点した数字なのですが、フレーズで覚えてしまう方が実際の点数算出時には早くなります。 ここまでで、30符から50符の1翻から4翻までの点数が算出できるようになります。 実際のゲームではこの部分の点数を頻繁に使用しますので、しっかり覚えて下さい。 4-3. 【3】満貫(マンガン)以上の点数を覚える• <覚えるコツ! >3翻70符~と4翻40符~は満貫確定:3744(サンナナヨンヨン)• <覚えるコツ! >5翻以上は満貫確定• <覚えるコツ! >満貫以上は子の8,000点を基準に 親 子 すべて点数が算出可能! 3翻70符~、4翻40符~ 満貫 は、 3翻は70符から、 4翻は40符から確定し、 5翻になれば 符 は関係なく満貫が確定します。 3翻70符~と4翻40符~の満貫確定は 3744(サンナナヨンヨン)、3744(サナちゃんと獅子)など覚えやすいイメージでさくっと頭に入れてみてください。 8,000点が基準 満貫 からは符計算がなくなるので、翻数だけで点数が確定し、さらに点数も子の 8,000点を基準に算出できます。 跳満(ハネマン)の部分だけは、満貫 の 1. 5倍ですが、後は 2倍 3倍 4倍 です。 そして、 親の点数は子の1. 5倍(子の満貫の1. 5倍=親の満貫、子の跳満の1. 5倍=親の跳満、子の倍満の1. 5倍=親の倍満、子の三倍満の1. 5倍=親の三倍満、子の数え役満の1. 5倍=親の数え役満)となります。 つまり、子の8,000点だけ覚えておけば、満貫以上の点数はすべて算出できてしまいます。 子 アガり の場合 子は満貫の8,000点を基準に点数が増えていきます。 5 ハン 満貫 6,7 ハン 跳満 8,9,10 ハン 倍満 11,12 ハン 3倍満 13 ハン- 数え役満 8,000 (基準) 12,000 (満貫の1. 5倍) 16,000 (満貫の2倍) 24,000 (満貫の3倍) 32,000 (満貫の4倍) 親 アガり の場合 親は子の点数の1. 5倍になります。 5 ハン 満貫 6,7 ハン 跳満 8,9,10 ハン 倍満 11,12 ハン 3倍満 13 ハン- 数え役満 12,000 (子の1. 5倍) 18,000 (子の1. 5倍) 24,000 (子の1. 5倍) 36,000 (子の1. 5倍) 48,000 (子の1. 5倍) 満貫点数はなぜあるの? なぜ、満貫 という点数があるのかというと、5翻以上を1~4翻と同じように 符 から正式に点数を算出した場合、数万点から数十万点ととても 大きな数字になってしまうからです。 このような大きな数字を扱うとゲームの進行に支障が出てしまうので、5翻以上は点数を決め打ちにしてしまっています。 最高得点は13翻の数え役満で、子が 38,00032,000点、親が48,000点となります。 4-4. 【4】20符~100符について• <覚えるコツ! >符を倍にして翻数を-1した点数は同じ 流れ【1】で説明しました30符~50符以外の部分について説明をします。 下の点数表を見て下さい。 20符2翻と40符1翻の( )内の点数が同じとなっています。 親 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 40 符 2,000 子 700 3,900 子 1,300 7,700 子 2,600 満貫 80 符 3,900 子 1,300 7,700 子 2,600 満貫 さらに、一番最初の点数早見表を見てみると 25符2翻と50符1翻の点数も同じになっています。 つまり、「 符を倍にして翻数を-1した点数は同じ」となるということです。 この規則を使用すると、 最初に30符、40符、50符の点数を覚えましたので、20符、25符、60符、80符、100符の点数が算出可能です! 4-5. (例外)70符、90符、110符について この部分は特に法則がないので、 暗記してしまいましょう。 ただ、あまり出る符ではないので、早見表で確認してしまってもよいでしょう。 4-6. 【5】 ツモ点を出す!• <覚えるコツ! >子の ツモ点:親負担点= ロン点を2で割る、各子負担点=さらに2で割る• <覚えるコツ! >親の ツモ点:各子負担点= ロン点を3で割る• <割り算の注意点>麻雀点数は十の位を使用しない• <割り算の注意点>割り算で十の位が0にならない場合は、割り切れないとし、十の位を切り上げる 4-6-1. 子の ツモ点を算出する ツモ点は ロンの点数から算出することが出来ます。 子の ツモ点数の算出は以下の流れで行います。 子が ツモした場合は、親と残りの子の負担する点数は異なりいます。 ロン の点数を算出する• ロン の点数を2で割る=親が支払う点数• さらに2で割る=各子が支払う点数• 親の負担点数は ロン点を2で割った点数です。 子の負担点数は、 2で割った点数をさらに2で割った点数です。 注意しなければならないのは、 麻雀の点数では十の位は使用しないということです。 2で割った場合に十の位が0にならなければ、 繰り上げを行います。 例えば、子の50符1翻の1,600点を考えてみましょう。 これは十の位が0になり割り切れる点数です。 1,600を2で割ると800となり、これが親の負担点数となります。 さらに、800を2で割ると400となり、これが各子の負担点数となります。 ですが、 割り切れない、つまり、 十の位が0にならない場合があります。 その場合、 ツモ の点数である( )内の点数を足すと ロン と同じ点数になりません。 例えば、子の点数表の40符1翻の ロン の点数は1,300点です。 ツモ の点数は、400点と700点で、足すと1,500点となり同じになりません。 これは割り算をした際に、十の位が0にならず、繰り上げを行ったのでこのようになってしまうのです。 1,300を2で割ると650となるので 繰り上げをして700とします。 これが親の点数負担となります。 700は2で割ると350となるので 繰り上げをして400とし、各子の負担点数となります。 子 アガり の場合 1ハン 2ハン 3ハン 4ハン 40 符 1,300 子 400 親 700 2,600 子 700 親 1,300 5,200 子 1,300 親 2,600 満貫 8,000 子 2,000 親 4,000 50 符 1,600 子 400 親 800 3,200 子 800 親 1,600 6,400 子 1,600 親 3,200 麻雀の点数では十の位は使用しないので、割り切れない場合(割り算の際、十の位が0にならない場合= ロン点と ツモ点の合計が同じにならない場合)は、 十の位を切り上げるということを覚えておいて下さい。 これは ロン点 と同じです。 割り切れない場合は、十の位を切り上げしてしまいます。 4-6-2. 親の ツモ点 親の ツモ点は基本的に ロン の点数を3で割った点数です。 ですが、ここでも割り切れない場合、つまり十の位が0にならない場合があります。 3で割り切れない場合は、 割り切れるように ロンの点数に100点か200点を足します。 親の ツモ点数の算出は以下の流れで行います。 親の ロン点を出す• ロン点を3で割る• 割り切れない場合は3で割れるように100点か200点足す 例えば、50符2翻の親の ロン点は4,800点となります。 これを3で割ると子の分担は1,600点となります。 この場合は割り切れるので簡単ですね。 では、次に30符2翻の場合を考えてみましょう。 この場合は、 ロン点は2,900点になります。 これは3で割り切れません。 このような場合は 3で割れるように100点か200点を足します。 2,900点に100点をプラスして3,000点にすれば3で割り切れ子の点数が1,000点となります。 40符3翻の7,700点の場合、100点を足して、7,800点を3で割ることで子の点数は2,600点となります。 このようにすれば、親の ツモ点も ロン点から算出することが可能です! ご紹介した5つの流れでひとまず点数表は網羅できました。 覚え方やコツはこれでなければならないということはありませんので、これをきっかけに自分なりな覚え方を模索するのも良いでしょう! 5. まとめ 点数計算が出来るようになると、自分にとって本当に必要な手役、 アタマ、待ちなどの形が把握出来ます。 点数をしっかり 意識して 計算すればアガっても逆転できない手で無理に勝負したり、必要のない程高い点数の手を狙ったりする事がなくなり、 無駄なリスクをとらずにすみます。 これは麻雀ではとても大切なことです。 麻雀は 点数の多寡によって勝者を決めるゲームであり、点数計算は麻雀で勝つためには非常に 大切なゲーム要素なのです。 これを機会に是非点数早見表の内容を頭の中で算出できるようにしてみましょう! 参考にさせて頂いたページ: おすすめ記事のご紹介.

次の