足 つぼ マップ。 足の甲

足つぼの図解~4つの大きな図で反射区を確認

足 つぼ マップ

押して、もんで、気分快適、不調が治る、足もみ健康法 足の裏の地図帳 「足もみ健康法」をはじめるにあたり、反射区(はんしゃく)をまず理解しましょう。 反射区とは、身体の各機関や各部位につながっている抹消神経(まっしょうしんけい)が集中しているところで、この反射区を押したり、もんだりすると、その反射区と関連のある器官と生理機能が刺激を受けて血液循環がよくなり、不快な症状から開放される仕組みになっています。 反射区はツボと違い一定の範囲(ゾーン)にあります。 反射区は反射区図表で確認することができます。 さしずめ足の裏にある地図帳のようなものです。 まずは反射区図表をダウンロードするか、次の小さい図表をクリックしてみて下さい。 足のつま先には頭部の反射区があります。 特に親指は、三叉神経、脳、脳下垂体、鼻などの大切な働きをする反射区があり、土踏まず付近には、消化器系の反射区が集中し、かかとに向かうにしたがって、反射区も身体の下半身の器官に関連しています。 また、心臓や左の肺は左足に、胆のうや右の肺は右足に、というように臓器の位置がそのまま反射区の位置に反映しているのがお分かりでしょう。 ただし、首から植えの器官については、神経が頭部の下で交差しているため、左右が逆の位置になりますので、注意して下さい。 また、反射区は足の裏だけでなく、足の甲やすね、ふくろはぎにもありことに気づかれましたか?つまり足裏だけでなく足全体をもむとさらに効果があがるのです。 これらの反射区の位置を確認した上でしっかりもんでいきましょう。

次の

足の甲・足裏のツボとは?リフレクソロジーの反射区マップ! [リフレクソロジー] All About

足 つぼ マップ

症状別の足つぼ・足裏つぼ図の解説、つぼ押しの前に必要な準備、指圧方法、 足のトラブル、足で分る健康状態、正しい靴の選び方など、 足にまつわる健康情報を紹介しています。 また、全身のつぼも説明しています! 家庭で手軽にできる「 足裏指圧健康法」を覚えて快適な毎日をおくりましょう! 足裏つぼは全身とつながっている 足裏にはたくさんのつぼがあり、足裏のつぼ(反射区)は全身の各器官や機能につながっています。 よって足裏つぼ(反射区)に刺激を与えることにより、血行を促進させ、各器官を活性化し、病状改善、健康維持、人間が本来持っている自然治癒力を高めるなどの効果があります。 また、足つぼを刺激することで、対応する反射区のしこりや痛みから体の悪い部分や病気を知ることができます。 人間の足には約60箇所のつぼがあります。 体が異変を起こすと、その部分に対応する足裏のつぼ(反射区)にそれが現れます。 この部分のつぼを刺激しマッサージすることで体を健康に戻す健康法が「反射区(足裏つぼ)治療」です。 「反射区治療」は、 いつでもどこでも年齢を問わず出来る健康法なのです。 昔から、「老化は足から」と言ったり、「青竹踏み健康法」があるように、足は健康のために大切なところなのです。 足の裏は「第二の心臓」である 心臓から送り出された血液は、頭に昇り、全身を巡って足先に下りて行きます。 足先に下りた血液を再び心臓に送るのは、足の役目です。 足は全身の血液の循環を良くする大事な部分なのです。 しかし、足は心臓から最も遠いので、足の筋肉に刺激を与えたり、歩いて足を踏みつけることで、血液の循環を促進させる必要があります。 中高年者を中心に、健康づくりの一環としてウォーキングを行う人の人口が年々増加しています。 今改めて外の空気を吸い体を動かすことが見直されつつあるとは言えないでしょうか。 また、最近のフットケア(リフレクソロジー)サロンの増加を見てもわかるよう、多くの日本人が足の疲れを感じており、「足の健康市場」も拡大の傾向にあります。 普段から足を鍛えるために、例えば通勤時に1駅分歩く、エレベーターを使わずに階段を使用するなど、歩くことを心がけましょう。 足つぼ図・足裏つぼ図で健康生活〜サイト作成のきっかけ 昨年ぎっくり腰になってから、慢性的に腰痛に悩まされています。 仕事がIT関係で、1日中PCに向かっているので肩こりも患っています。 坐骨神経痛も併発し、足の痺れに耐え切れず整体に行きました。 そこの整体院では脚と足裏つぼ療法を行っていました。 多忙で整体院になかなか行けないので、足のつぼ押し療法なら自宅でできると思い調べました。 通勤靴も皮靴ではなくウォーキングシューズに替えて、1駅分歩くなど日頃から運動することを意識、青竹ふみをして、足つぼ押し健康法を実践しております。 管理人:杉原.

次の

【足つぼ図解】

足 つぼ マップ

足つぼの反射区• 症状から探す• 足つぼとは? 足の裏には数多くの「 足つぼ」=「 反射区」が存在します。 これらの「足つぼ」は全身の各器官との関連性が高く、ある臓器に異常や機能低下などが起こると、対応する足つぼが過敏になったり、コリのようなものが出てきたりします。 そのため、足の裏は「第二の心臓」とも呼ばれることがあります。 sponsored link 足裏 足ツボ マッサージの効果と歴史 足ツボは体の各臓器と深い関わりがあるため、 足裏 足ツボ マッサージを行うことによって自然治癒力を高めたり、疾患の早期発見・予防に役立てることができます。 足ツボマッサージは正式には 「反射区療法」「 リフレクソロジー」「 ゾーンセラピー」と言いますが、その歴史は古く、アメリカ、中国、ヨーロッパ、台湾など世界各国で行われています。 足つぼでダイエット 足つぼの中には新陳代謝を高めたり、リンパの流れを促進して体の余分な水分の排泄を促進したりすることによって、ダイエット効果が期待できるものもあります。 日々の運動や食事療法に加えて、ぜひ足つぼダイエットも取り入れられてみて下さい。 足裏 足ツボ マッサージのやり方 足裏 足ツボ マッサージを行う時間帯も特に指定はありませんが、お風呂上りなどは筋肉もほぐれて柔らかくなっていますので、タイミングとしては最適です。 足裏はかなり強い力で思いっきり力を入れてマッサージをしても特に問題はありませんが、慣れないうちからあまり強くもむと皮膚を傷めてしまう場合もありますので、最初は少し弱めに、慣れてきたら強くマッサージをするようにしましょう。 お肌が弱い方は、足つぼマッサージ専用のジェルなども市販されていますので、それらをご利用頂くのも有効です。 また、足つぼを押す時は、グッグッグッ!・・・といった感じで、ある程度強い力でリズミカルに押すのがポイントです。 足つぼについての注意事項 足つぼマッサージは上手に行えば手軽に健康増進に役立てることができますが、それだけで全ての病気・疾患が治癒するというわけではありません。 また、効果にも大きな個人差があります。 足裏 足ツボ マッサージはあくまでも日々の健康増進・維持、病気の回復の補助までとし、一般的な検査・治療等を怠ることのなきようご注意下さい。 sponsored link Copyright C 2008 【足つぼ図解】-足裏マッサージのツボ All Rights Reserved.

次の