高級 食パン レシピ。 高級食パンのリスク!スイーツを食事替わりにするな!

驚きのしっとり食感!高級生食パンの作り方

高級 食パン レシピ

原材料に マーガリン・ショートニング・ファットスプレッドと書いてあったら、 要注意。 トランス脂肪酸がたっぷりですから。 成分表示に 脂質が多すぎる物は要注意です。 成分表示のないパンには、必ず大量の マーガリン やショートニングが使われています。 生地を絹のようにしっとりさせたり、風味を良くするための マーガリン・綿実油。 生地をサクッとさせるための ショートニング。 マーガリンが使われているか、気になったらお店の方に質問してみましょう。 自分の身体は自分で守らないといけませんね。 安心安全なパンを食べるには きちんと原材料の書いてあるパッケージに入ったパンを買う。 原材料に マーガリン・ショートニング・ファットスプレッド・綿実油・怪しい添加物が書いていないものを買う。 揚げてあるパンや ドーナツにも要注意です。 使い回しの 安くて古い酸化した油をたっぷり吸っています。 これらの トランス脂肪酸が入っていないパンを探すのは難しいですが、スーパーのパンコーナーの隅っこにあったりします。 もしくは、自分で作る!。 これが一番安心で安上がり。 この機会に手作りパンに挑戦してみませんか? 食パン🍞 フランスパン 惣菜パン 菓子パンなど、安心・安全な材料で作ってみませんか ?🌠.

次の

食パンを使ったレシピ・作り方一覧(293件)

高級 食パン レシピ

生食パンの材料(1斤分)• 強力粉 150g• 最強力粉 100g• はちみつ 30g• 生クリーム 80g• 牛乳 80g• 水 50g• ドライイースト 3g• 塩 4g• 砂糖 10g• 無塩バター 20g 最強力粉は、強力粉に置き換え可能ですが、ひきの強い生食パンを目指すなら、最強力粉がおすすめです。 生クリーム、牛乳、バターと油脂たっぷり使用しているのと、ハチミツが多く入るのが特徴です。 生食パンにコクと甘み、しっとり感を出すのに不可欠となります。 今回、生クリームは脂肪分47%のものを使用しました。 1、ボールに強力粉、最強力粉、砂糖、ハチミツ、塩、ドライイーストを計量して入れます。 3、1のドライイースト目がけて注ぎ入れます。 4、ゴムベラで混ぜます。 5、ある程度まとまったら台に出して捏ねていきます。 6、最初はかなりベタつきます。 台に押し付けるように捏ねたり、カードですくいあげて叩き捏ねをしながら頑張って捏ねましょう。 7、薄くのばしても切れないぐらいまで、しっかり捏ねます。 8、バターを加えます。 9、表面がなめらかになり、先ほどのように薄くのばしても切れなくなるまで、捏ねていきます。 10、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。 11、発酵が終わったのがコチラです。 12、ガスを抜きながら丸め直します。 13、生地を2分割して、丸め直します。 14、15分ベンチタイムを取ります。 15、生地を長方形に伸ばします。 16、閉じ目を押さえながら三つ折りにします。 17、麺棒で伸ばし、端から丸め、俵型に成型します。 巻き終わりはしっかり閉じます。 18、2つ出来たら、やさしく型に詰めます。 19、型の8割ぐらいの高さになるまで二次発酵させます。 20、発酵が終わったら、型に蓋をします。 22、焼きあがったら、型ごと落とし衝撃を与えて、蒸気を抜きます。 23、クーラーの上に置き、荒熱が取れたら完成です。 実食 パンにしっかりコクと甘みがあるので、何もつけずにこのままペロッと1斤食べれちゃうんじゃないかと思える美味しさです。 ただ、カロリー的に恐ろしいので、半分で止めときます…。 注意点としては、焼き立てにかぶりつきたくなると思いますが、荒熱があるうちはNG。 少し冷めてから食べた方が美味しいです。 誰にプレゼントしても喜ばれるというか、また作ってとお願いされる生食パンなので、是非一度作ってみて下さい。 有名店の行列に並ぶよりも作っちゃいましょう。 生食パンを作るのに使用した材料と道具 今回、この生食パンのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の

高級食パンの美味しい食べ方をパンの専門家に聞きました!

高級 食パン レシピ

生食パンの材料(1斤分)• 強力粉 150g• 最強力粉 100g• はちみつ 30g• 生クリーム 80g• 牛乳 80g• 水 50g• ドライイースト 3g• 塩 4g• 砂糖 10g• 無塩バター 20g 最強力粉は、強力粉に置き換え可能ですが、ひきの強い生食パンを目指すなら、最強力粉がおすすめです。 生クリーム、牛乳、バターと油脂たっぷり使用しているのと、ハチミツが多く入るのが特徴です。 生食パンにコクと甘み、しっとり感を出すのに不可欠となります。 今回、生クリームは脂肪分47%のものを使用しました。 1、ボールに強力粉、最強力粉、砂糖、ハチミツ、塩、ドライイーストを計量して入れます。 3、1のドライイースト目がけて注ぎ入れます。 4、ゴムベラで混ぜます。 5、ある程度まとまったら台に出して捏ねていきます。 6、最初はかなりベタつきます。 台に押し付けるように捏ねたり、カードですくいあげて叩き捏ねをしながら頑張って捏ねましょう。 7、薄くのばしても切れないぐらいまで、しっかり捏ねます。 8、バターを加えます。 9、表面がなめらかになり、先ほどのように薄くのばしても切れなくなるまで、捏ねていきます。 10、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。 11、発酵が終わったのがコチラです。 12、ガスを抜きながら丸め直します。 13、生地を2分割して、丸め直します。 14、15分ベンチタイムを取ります。 15、生地を長方形に伸ばします。 16、閉じ目を押さえながら三つ折りにします。 17、麺棒で伸ばし、端から丸め、俵型に成型します。 巻き終わりはしっかり閉じます。 18、2つ出来たら、やさしく型に詰めます。 19、型の8割ぐらいの高さになるまで二次発酵させます。 20、発酵が終わったら、型に蓋をします。 22、焼きあがったら、型ごと落とし衝撃を与えて、蒸気を抜きます。 23、クーラーの上に置き、荒熱が取れたら完成です。 実食 パンにしっかりコクと甘みがあるので、何もつけずにこのままペロッと1斤食べれちゃうんじゃないかと思える美味しさです。 ただ、カロリー的に恐ろしいので、半分で止めときます…。 注意点としては、焼き立てにかぶりつきたくなると思いますが、荒熱があるうちはNG。 少し冷めてから食べた方が美味しいです。 誰にプレゼントしても喜ばれるというか、また作ってとお願いされる生食パンなので、是非一度作ってみて下さい。 有名店の行列に並ぶよりも作っちゃいましょう。 生食パンを作るのに使用した材料と道具 今回、この生食パンのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の