絵 塗り方。 リアル絵を色鉛筆で描く方法・塗り方のコツ14選

絵の描き方 人物編

絵 塗り方

リアル絵を色鉛筆で描く方法・塗り方のコツ14選 リアル絵(写真そっくりの絵)を色鉛筆で描く方法、塗り方のコツをご紹介します。 人や動物などが超精密に描かれた絵画は、写真と見分けがつかないことも…。 例えば上記の画像、これがまさに「リアル絵」の良い見本。 これは一見すると写真に見えますが、実は写真ではなく手描きの絵なんです! この作品の作者であるKarla Mialynneさんは、多くの優れたリアル絵を世に生み出している凄腕アーティスト。 そしてKarlaさんは• 自信の手がけたリアル絵が、どのように描かれたものなのか?• 何を使って描かれたものなのか? が一目で分かる写真たちを、インターネット上にアップしてくれているんです! source: 目次• 鮮やかなカメレオンのリアル絵 シャープペンで下書きをし、大まかにサインペンで色塗り。 そして細部を色鉛筆で仕上げていく・・・といった感じでしょうか。 出来上がったリアル絵は、まるで生きているかのようです! 今にも動きそうなハムスターのリアル絵 どこからどう見ても写真にしか見えないリアル絵です。 シャープペンで輪郭を下書きし、そこに色鉛筆で色付け。 ・・・そもそもシャープペンで下書きしている段階で、デッサン力が半端ではないことが分かります。 フクロウのリアル絵 色鉛筆で何度も重ね塗りをして、よりリアルな質感を出しているんですね! そして、茶色系統のカラーだけではなく、緑系統のカラーを複数使用していることに驚き…。 こうした「使う色を選ぶセンス」にも、目を見張るものがあります。 みみずくのリアル絵 始めに下書きをし、ザックリと影を描いてから、全体の色塗りを始めるんですね。 光の当たり加減を表現するのに水色を選ぶのは、さすがだと思いました! (シロウトの色選択では黒・白・灰色ぐらいしか思いつきません... ) 鷲のリアル絵 鷲のリアル絵は、色鉛筆で様々な色を使って描かれています。 クチバシの鋭い質感がすごいですね! 本当に突き刺さりそう…。 猛禽類の顔アップリアル絵 猛禽類(鳥)の顔アップのリアル絵です。 描くさいに使われた色鉛筆は、何色と呼んだら良いのかも分からないカラーが勢揃い。 プロはこういったカラーも使いこなせるんですねぇ…。 鳥の白い部分の毛並みと、ボロボロの木の枝が、特にリアル! この作品はサインペンを多用している様子。 飾りを頭部にくっつけた犬のリアル絵 髪飾りをした犬のリアル絵です。 影の明暗を色鉛筆だけで表現するとは、神業〜! softbankのCMに出てきそうなイメージです。 波と夕日のリアル絵 夕日に照らされた波しぶきが超絶リアルな、色鉛筆で描かれた作品。 水の透明感・質感が凄すぎです…。 カラフルインコのリアル絵 色鉛筆・サインペンだけではなく、カラーボールペーンも使用している作品のようです。 インコにペイントした雰囲気がお見事。 美しい花嫁のリアル絵 美女を写真撮影したかのようなリアル絵です。 首筋〜胸にかけての光の当たり加減(影の明暗)が凄い! そして、作品中の美女が、とってもグラマー(笑) ロックなお姉さんのリアル絵 ロックスターのような美女を色鉛筆だけで描いたリアル絵。 お姉さんの鋭い目つき&きらきらゴージャスな雰囲気が、とても上手に表現されていますね! どれもこれも惚れ惚れするような、センス溢れるリアル絵たちばかり。

次の

Drawing Coloring Tutorials: Cel

絵 塗り方

空・山・森の塗り方 投稿日: 2016. 04 更新日: 2016. 08 簡単な背景を練習してみよう(青空と山のある風景) 初めて背景を塗るのなら、細かい作業が多い室内より、自然物だらけのものを塗ってみませんか。 パースなどもとくに決めなくても綺麗に見えますし、自然物を塗る練習にもなります。 また、割と簡単に作成できるので初心者にはうってつけです。 ブラシを設定する 今回はSAIで描いていきますが、ブラシの設定を変えて塗っている所が多々あります。 描き始める前に設定しておきましょう。 雲・森などを描く際に使用するブラシ(旧水彩・平筆) にじみあるエッジの柔らかいブラシ 葉や草をキッチリ描き込む時のブラシ 魅せる青空を描くポイント は別ページにて解説しましたが、今回は「背景として」青空を描く際の色の選び方や綺麗に魅せるコツなどを解説していきます。 塗り方は別ページで解説している方法で変わりありません。 グラデーションのベースを作り、雲を描いていきます。 大きな雲の陰の塗り方 大きな雲は大きな塊と捉えて陰を描き加えていきますが、陰の塗り方にもコツがあります。 大きな雲は陰の部分が大きく、単調になりがちなのでとにかく微妙な濃淡を出すことが綺麗に見えるコツです。 小さな差に見えますが、しっかり描き込むことでその後の見え方が段違いになります。 また、上手に雲の陰が塗れない!という方はエッジが固いブラシで塗っている可能性が高いです。 こういった細かい濃淡はエッジの固いブラシだと表現しにくいので境界をハッキリ魅せたい所以外は使用しないようにしましょう。 少し奧にある雲は空気遠近法によって空の色と同じような色になります(陰色より強い青色)。 描く事によって遠近感もついでに出すことが出来ます。 雲に立体感を出す 大きな雲が描けたら、手前に小さな雲を配置して立体感を出します。 小さいので陰の色も2色程度で十分です。 少し不透明な雲も描いて上げるとさらに綺麗になります。 おおざっぱな木の描き方を習得して森を作ってみよう 描けると何かと重宝する遠景にある森の描き方を解説していきます。 木の描き方を順を追って見てみよう 遠景の木を描く場合は、エッジの柔らかいブラシで描くとにじみのせいで描きにくいので、ある程度しっかりした「旧水彩」ブラシを使っていきます。 まず大きく陰の部分から全体を描き、その陰の上から葉の塊を描き込みます。 日の当たっている部分と陰になっている部分を描き込んだら、森の下の陰部分に木の幹を描いて完成です。 木から森を作る 「」を参考に、色や形を組み合わせながら森の形を作っていきます。 葉の塊を意識しながら、上で説明した葉を描き込んでいきます。 さらに奥行き感を出すため、森レイヤーの下に奧に生えている木のレイヤーを作成し、描き込んでいきます。 この木は輪郭をハッキリさせず、ざっくりと描きます。 今回後ろに山を配置するので、黒に近い色にしています。 綺麗に見える山の描き方とは 山をいくつも描く場合は、手前の山から描いていきます(一番大きく見える山)。 一番手前といってもかなり離れた場所にあるので、緑色ではなく空の色が混ざった青色を使って描き込みます。 山の陰部分になる部分の濃淡はコントラストが低くなるように色を選んでいきましょう。 濃淡を表現する際に使用するブラシは「平筆」を使用していきます。 陰の中にも濃い部分とそうでない部分があると立体感が出ます。 山のベースとハイライト塗る際に使う基本ブラシは「旧水彩」。 ハイライトはとてもわかりやすいですね。 光源を意識すればどこにハイライトが出来るのかわかるはずです。 山には山頂以外にも尾根があったり山頂よりも低い頂があったりなどするので、その部位にハイライトを描いてあげると綺麗になります。 手前の草を描く 森の木々と同じように草の塊を意識しながら描きます。 光の当たっている草と陰部分になる草、少しずつ塊で色分けしながら描いていきます。 近景にあるので輪郭をハッキリと1本1本細かく描写していきましょう。 まず先に暗い草(陰部分になる草)を描いてから光りの当たっている草を描き、光の当たっている草と陰の草の境目にまた陰色で草を描写していくという方法で綺麗に魅せることが出来ます。 その後、陰色よりもさらに濃い色で草を描いて上げると綺麗に魅せることが出来ます。 草同士の境界が汚く見える場合はエッジの柔らかいブラシを用いてぼかしたりして、不自然にならないように調整しましょう。 草が描けたら所々にアクセントに花をいれてあげても綺麗に魅せることができます。 これらを組み合わせることによって山のある自然な風景が描けます。 まとめて描こうとすると難しく感じますが、一個ずつ個別に描ければなんてことはありません。 浮かない色選びとは 背景を描いている時に配置したものがうまく馴染まない、浮いてしまうというなんてことが起きたことはありませんか?違和感なく描くために注意しなければいけないことは色選びです。 色選びのポイントは「基本のパレットから外れない」ということです。 色の選び方の例 たとえば空の色をこの色で設定する場合 その空の色に合った山の色を探してみます。 山は緑色なので色相を緑側に動かします。 するとその空の色に合った緑色になります。 この色から大きく外れないようにすると色選びで失敗が少なくなります。 大きく外れてしまうと色が大きく浮いてしまいます。 色選びの参考にしてみてください。

次の

あなたの塗りはなぜパッとしないのか。初心者にありがちな7つの例と対処法

絵 塗り方

色の塗り方がわからない。 ここに何色を塗ったらよいのか? こんな悩みを抱える方は 絵を描く人にも意外と多いものなんです。 とくに、漫画や人物など形を描くのが 得意な人に多いようです。 これまでは 「絵を飾って楽しみたい」 「絵を観に行きたい」 人むけに記事を書いてみました。 前回に引き続き、今日も 「絵を描きたい人」 「画家になりたい人」 に向けた記事を 書いてみようと思います。 でも書いた通り、 私はなかなか絵が上達せず、 長い絵の修行時代を送りました。 そんな私が色んな方から教わった 「絵がうまくなる方法」 について、書いてみようと思います。 今日は 色付きの絵画 着彩 の描き方について紹介します。 色の塗り方を学ぶための準備 色の塗り方について今回は解説 するわけですが で紹介した、 モノクロ3色で 画面を分割する練習が今回も役立ちます。 「光の形、影の形を写し取る」力が つくと、 色を使った描き方も上達するんです。 一見、デッサンのようなモノクロの 絵画の描き方と色付きの絵画の描き方は 関連がないと思うかもしれません。 しかし、前回練習した 「3色で画面を分割する」描き方が 色を塗る時も役に立ちます。 具体的な練習方法に移る前に そもそも色って何なのか解説します。 皆さんは 色の3要素という言葉を 聞いたことがあるでしょうか? 色相のイメージ 色の3要素とは 明度、彩度、色相のことです。 この科学的な定義が 絵を描くのに役立つのか? とても役に立つんです。 今回はこの3要素を駆使することで、 鮮やかで立体的な絵画を 描く方法を紹介します。 色の塗り方は色付きの光を意識するとわかる 色の塗り方がわからない人の多くが 「色を塗ると立体感がなくなっちゃう」 「何色を塗れば良いのか分からない」 そんな悩みを持っています。 一般的に絵がうまい人でも、 色の使い方がわからない という人は意外に多いです。 実は色にもデッサンのような 科学的な理論があるんです。 色はセンスだけで勝負しなきゃ いけないわけではないんです。 前回練習した、3段階の明度で 画面を塗り分ける描き方 これは色彩のまとまりのある 絵を描くのにも役立ちます。 前回は完全なモノトーンで 光をとらえましたが、 実際、 光には色がついています。 私たち人類のの 「光」という経験は 大体 「太陽光」または 「炎」です。 そのため、太陽や炎のように 黄色からオレンジに変化する色の光を、 自然な光だと感じます。 逆にネオンのような 人工的な光を 描く場合は、 黄色以外の光の設定が良いです。 色の塗り方がわかると夕日も描ける 今回は黄色からオレンジに変化する 光の代表として 「夕日」を上げます。 この画像は白いカモメに 夕日が当たっているシーンです。 このように 白いものを観察すると、 光源の持つ色を確認しやすいです。 次にこの夕日の画像をよく見てください。 最も明るいゾーンは鈍い黄色 中間の明るさは鮮やかなオレンジ色 暗いゾーンはやや鮮やかな赤紫っぽいです。 つまり夕日のシーンを色付きで描く時 最初に塗り分ける三色は 1.明るく、彩度が低い、黄色 2.中間の明るさで、彩度がとても高い、オレンジ 3.暗い、彩度がやや高い、赤紫色 となるわけです。 次の例に行きましょう。 緑色の葉っぱに太陽光が当たっています。 よくみると、 明るいゾーンは鈍い黄緑っぽく、 暗いゾーンは青っぽい緑をしています。 用意する3色は 1.明るく、彩度が低い、黄緑色 2.中間の明るさで、彩度がとても高い緑 3.暗い、彩度がやや高い、青みの緑 となります。 黄色い光の太陽光が半透明な緑色の 葉っぱに当たることで、 森の中は黄緑色の光が 降り注ぐことになります。 このように劇的な 光と色彩を両立する 場面を描く場合 1、明るい、低彩度の、黄色に近い色 2、中間の明るさで、高彩度で、1の隣の色相の色 3、暗く、中彩度で、青に近い色 の三色で塗り分けると良いということです。 この理論を使って、いくつか実験してみましょう。 こちらの白いカモメを 夕日のシーンに連れていくとどうなるでしょう? と同じ要領でやってみましょう。 つまり、画像の1,2,4の色が 用意する3色です。 色の塗り方がわかると屋外の風景を描ける 色の塗り方について、ここまで夕日の設定で 説明してきました。 メルマガ読者の方からこんな質問を 頂きました。 「夕日の設定で描く方法はわかったのですが 朝や昼間の設定の光を描くにはどうすれば 良いのですか?」 ここではこの質問にお答えします。 色の塗り方がわかると実際より鮮やかな絵が描ける 色の塗り方について 次は 私が実際に 描いた絵画で説明します。 このように明るい色 1の色 と 中間の明るさの色 2の色 は 隣り合った色相 影色 3の色 は1,2の色から 離れた色相の色を使うと 劇的な光を表現できます。 またこの絵画の場合、光の3色は 1:明るく低彩度の黄色 2:中間、高彩度のオレンジ 3:暗く、中彩度の緑 で設定していますが、下の石鹸は 赤でした。 こういった場合、色は 足し算で求めます。 つまり、赤い石鹸は白黒コピーすると、 暗い色 3の色 です。 そこで、3の色の 暗く、中彩度の緑と、 モチーフそれ自体の 赤色を足した 色を塗るわけです。 本物の石鹸はとても鮮やかな赤でした。 しかし、 絵画の中では、緑の影色との 足し算により、 鈍い赤になっています。 この絵画の石鹸の赤色のように モチーフそれ自体が持っている色を 固有色と言います。 実は固有色も今まで話した理論通り、 明るいゾーンは黄色に近づき、 暗いゾーンは青に近づきます。 色の塗り方がわかると、身近なモチーフもより鮮やかに描ける 色の塗り方がわかると身近なモチーフも 現実以上に鮮やかな状態で自然に描く ことができるようになります。 例えば、 真っ赤なリンゴを立体的に描きたければ、 1:明るく、彩度の低いオレンジ 2:中間で、彩度の高い赤 3:暗く、中彩度の赤紫色 の3色で塗り分ければ良いわけです。 この3色を塗り分けてから、より 細かいグラデーションを追っていくと 現実以上に鮮やかで立体感のある リンゴを描けるわけです。 緑色のピーマンの場合はどうでしょうか? 1:明るく、彩度の低い黄緑 2:中間で、彩度の高い緑 3:暗く、中彩度の青緑 の3色で塗り分ければ良いわけです。 この3色を塗り分けてから、より 細かいグラデーションを追っていくと 現実以上に鮮やかで立体感のある ピーマンを描けるわけです。 実際にモチーフを描く場合は 光のもつ3色と、 モチーフの固有色の持つ3色の足し算 で描くわけです。 今回はとても複雑な話になってしまいました。 これは私の思いつきや経験則ではなく 光学的にも正しい理論らしいです。 なので、習得すればより、 リアルな絵を描けるようになります。 これまで、線描、光とカゲ、色彩と ステップアップ式で、 絵の描き方を紹介してきました。 今回の色彩の理論が最も複雑だと 思いますが、使えるようになれば 絵が大分上達すると思います。 是非練習してみてくださいね。 それでは今日はこのへんで.

次の