テンピン 麻雀。 テンピンなら合法?検察庁前でおこなわれた「賭け麻雀」

フリー雀荘と法律

テンピン 麻雀

注意 [ ]• 読み方は日本語が一般的になっている場合は日本語を使い、それ以外は中国語を使う。 日本語と中国語が混同している場合、慣例に従う。 中国語で記す場合、読み方も記す。 標準的に採用される役についてはもしくはを参照のこと。 点数申告における俗語・俗称についてはにまとめた。 やの用語・役名については収載していない。 それぞれ・の項を参照されたし。 一部の漢字について [ ] 「断么九」の「ヤオ」は幺の異体字で「么」(公の2画目を取った字。 么)、「双碰待ち」の「ポン」は「碰」(石へんに並。 碰)などに含まれていない文字がいくつか存在する。 あ行 [ ]• (あいだよんけん)• アウト 雀荘用語。 フリー雀荘において、店が客に対して少額の現金を貸し出すこと。 あるいは、客が店から少額の現金を借りること。 フリー雀荘では、負けが高じて手持ちの現金がなくなってしまったような場合に、客同士での現金の貸し借りをしてトラブルのもとになるような事態を避けるため、 負け客の支払いを店側が一時的に建て替える慣習があり、その際の貸し金・借り金のことを「アウト」という。 また、 雀荘の客がアウトすることを「アウトを切る」という。 また、ブー雀荘など 前金精算制の雀荘において、退店時に返金がない状態のこと。 ブー麻雀で前金精算額、つまりマルAを取られて負けて帰ることを、「アウト帰り」という。 アウトオーバー 雀荘用語。 麻雀店の従業員(メンバー)が、 勤務により発生している給料以上に麻雀で負けてしまうこと。 ・赤懸賞牌・赤五(あかウー)• アガり止め オーラスの親(ラス親)に限り、アガったらゲーム終了することを選択できるルール。 親が何着であっても終了してよい場合と、2着などの店が規定する順位にならないと選択できない場合がある。 トップ目になった場合はおもに強制終了となるが、続行できるルールもある。 なお、ハウスルールであるため店舗により詳細は異なる。 フリー雀荘で多く採用されており、店側にとっては卓の回転が少しでも早くなるというメリットがある。 卓が早く回転すればその分ゲーム代徴収の回数が多くなり、売り上げが上がる。 アガリ連荘、 アガ連 親がアガった場合のみ連荘とするルールで、親が聴牌していても親流れとなる。 対義語は「聴牌連荘」。 浅い、山に浅い ツモ山の序盤から中盤のこと。 また、現時点から見て順番的に近いツモ山の場所のこと。 足止め、 足止めリーチ(あしどめ) 他家の手の進行を妨げる目的ののこと。 特に待ちが悪形だったり、手が安くても構わずにかける場合に使われる。 預かり(あずかり) 雀荘用語。 入店して卓に入る前に、一定額の現金を預かり証用のカードやカゴなどと交換しなければならない制度。 前金精算制に替わる負け逃げ防止策である。 店舗によって異なるが、テンゴなら1,000円から3,000円、ピンなら3,000円から5,000円を店に預け、かわりに預かり証用のカードやカゴを受け取って、遊戯を行う。 なお、アウト防止のため、カードやカゴで精算すると次の半荘はプレーできなくなる。 当たる、アタる をすること。 特にを指す。 悪形(あっけい、あくけい) 優秀ではない形・受け入れ・待ちのこと。 愚形に同じ。 アツシボ 雀荘用語。 熱いのこと。 後付け(あとづけ) アガリ役に関係しない面子を先に副露し、後から役を作ること。 と同義。 地域や時代によっては、後付けのことを「先付け(さきづけ)」と呼んでいる場合がある。 後付けは「役を後から確定させる」ということであり、先付けは「役とは関係ない面子を副露によって先に確定させる」あるいは「役を未来に確定させる(「3日先」における「先」と同じ用法でこの場合の「先」は未来の意)」ということで、現象としては両者とも同じものを指している。 後付けを一切禁止するルールは「」と呼ばれる。 リーチ後にツモ切りした牌によって引っかけになるリーチのこと。 対義語は。 油っこい、 脂っこい(あぶらっこい) 使い勝手がよく、他家も必要としてそうな牌、あるいはもっと端的に数牌の中ほどの牌(4~6)のことを「油っこい」「脂っこい」と形容する。 洗う(あらう) ゲームをやめること。 席を立つこと。 麻雀用語というより博打用語。 荒らす、場を荒らす を多用してツモの流れや他家の心理をかき乱すこと。 また、高い手が見えている相手に対し無防備に牌を切り、場の点棒状況を大きく偏らせること。 後付け、喰いタンともに認めるルール。 雀荘用語でコーヒーや紅茶に砂糖とミルクを入れること。 後付け、喰いタンのどちらか一方のみを認めるルール。 雀荘用語で、コーヒーや紅茶に砂糖またはミルクのどちらかを入れること。 前後者ともに、どちらが「アリ」でどちらが「ナシ」かは意見の分かれるところである。 メンゼンあるいはリーチでアガったときに、ドラ表示牌の隣の牌をめくり、手の内に同じ牌があればチップを獲得できるというルール。 (ありゃんめん) 聴牌形のひとつ。 3455のような形で、25待ちの状態のこと。 通常の両面よりも待ち牌の数が少ない。 ・アルシャル麻雀• 荒れ場(あれば) 高い手(おおむね満貫以上)が多く出る場のこと。 対義語は「小場(こば)」。 (あわせうち)• (アンカンツ)• (アンコーツ)• (アンコすじ)• (アンシュンツ)• (アンパイ)• (イーシャンテン)• (イーチャン)• (イーファンしばり)• (いげたづみ)• 1度振り 開局時のサイコロを1度だけでよいとする取り決め。 一鳴き(いちなき) ポンできる生牌が河に出たとき、2枚目を待たずポンすること。 対義語は「二鳴き」。 一二四十(いちによんとう) を「一万点棒1本、五千点棒2本、千点棒4本、百点棒10本」の計25,000点とすること。 一二五十(いちにごっとー) を「一万点棒1本、五千点棒2本、千点棒5本、百点棒10本」の計26,000点とすること。 一二六十(いちにろくとう) を「一万点棒1本、五千点棒2本、千点棒6本、百点棒10本」の計27,000点とすること。 あるいは、・の別称。 一手変わり(いってがわり) あと1牌で何らかの役がつく、待ちが広がるなどのがある状態。 聴牌している状態で使う言葉。 一発消し(いっぱつけし) 他家がリーチしたあと、一発ツモを防ぐために、次順でツモらせる前にすること。 その中でも、本来なら不要な副露のこと。 今聴(いまてん) 直前のツモもしくは副露で聴牌した状態。 入り目(いりめ) 一向聴から聴牌する際に引いた牌。 特に、自分が聴牌したあとに他家が切るその牌のこと。 たとえば萬子の67と索子の67の両面搭子で一向聴になっていたとき、萬子の5を引き聴牌したあと、他家が切る萬子の58がこれに当たる。 単純に考えれば自分が索子の58を引いて聴牌していれば、入り目の牌であがれたことになるため、「それ入り目だよ」などと言い悔しがったり危険であることを伝えたりすることもある。 浮かせ打ち• 不要牌を手の中に入れたまま役作りをすること。 おもに3~7を浮かせて両面搭子を作るなど、必要牌として抱えておく場合と、序盤で3枚切れている字牌など、他家からリーチが入ったり聴牌したと思われる場合に、安全牌として切るために抱えておく場合がある。 対子になっている牌を1枚だけ切り、もう一枚は手の内に温存する打ち方のこと。 その一枚は一時的に浮き牌になるが、くっついて両面搭子になるのを狙う。 また、13や79などのカンチャン搭子の外側(1や9)を一枚切り、もう一枚(3や7)を温存する打ち方のこと。 同じく両面搭子になるのを狙う。 浮き牌 孤立している牌、不要な牌のこと。 打ち筋(うちすじ) 打牌選択や押し引きなど全般的な打ち方のタイプ、あるいは打ち方の傾向のこと。 おもなものに、以下がある。 打撃派 - 「打点」「相手に与えるダメージ」「心理的な押し引き」などを重視する。 守備派 - 「振り込んだ場合の失点」「相手が上がった場合の得点」はもとより、場合によっては「相手が何を鳴きたいか」までケアし、自分の獲得得点は少なくとも勝ちを目指す。 手役派 - 配牌からの自摸に従って手なりで手を進め、おもに成立確率の高い断ヤオ九や平和を狙い、三色同順や一気通貫などを絡める。 スピード派 - 点数よりもアガることそのものを目指し、鳴きも多用する。 バランス派 - 特に決まったスタンスを取らず、状況によって使い分ける。 内筋(うちスジ) 牌山を17幢で積んだ場合、端から偶数番目のツモ筋が内スジである。 対義語は「外スジ」。 ウラ表(ウラひょう) 裏ドラ表示牌の略。 裏目 面子選択などで失敗すること。 動詞化されて「裏目る」とも。 裏メン(うらメン) 雀荘用語。 店に雇われている立場だが、メンバーであることは明かさずに卓に入る従業員のこと。 おもに早い時間から営業している店舗において、客を長時間待たせたりしないようにするために店が雇う予備人員。 対義語は「表メン」(おもてメン)。 表メンが接客業務や管理業務を行うのに対し、裏メンはそのような業務は行わない。 上ヅモ(うわヅモ) 牌山の上の一列のこと。 上ヅモすり替え(うわヅモすりかえ) イカサマの一種。 上ヅモに積んだ牌を記憶し、必要に応じて欲しい牌を自在にすり替える技。 絵合わせ、 絵合わせゲーム(えあわせ) 手役や点棒状況など何も考えずに、ただアガリ形を作ることだけを目指した打ち方のこと。 棒聴よりもひどい打ち方であることを含意する。 絵が合う(えがあう) 絵合わせから転じて、おもに愚形(特に単騎待ち)をアガること。 Aトップ(エートップ) ハウスルールで、ゲーム終了時に特定の点数に達していない場合、ウマが変わるルールを採用している店があり、そういったルールで2着以下全員を既定の点数以下にした状態でゲームが終了すること。 ブー麻雀においては一般的なルール・用語である。 1人浮きのトップのこと。 マルA。 エレベーター イカサマの一種。 数枚の牌を、適宜状況に応じて手牌と入れ替える。 握り込んだ牌が卓の上に行ったり下に行ったりすることからこの名がある。 聴牌形のひとつ。 2256777のような形。 (おうごんのイーシャンテン)• ローカル役のひとつ。 オカルト• 拝み打ち(おがみうち) 「当たりませんように」と祈りながら、ロンされることを覚悟のうえで危険牌を切ること。 送り槓(おくりカン) たとえば手の内に678888と持っているところに5を引いてきて8を暗槓すること。 リーチ後にこれをするのは反則行為にあたる。 送り込み(おくりこみ) イカサマ技の一種。 吊り技の一種で、相手のツモ筋に自分もしくは仲間の当たり牌を置き、相手に当たり牌を掴ませること。 また、仲間のツモ筋に有効牌を置き、仲間をアガらせること。 押し引き(おしひき) 攻めと守りのバランスのこと。 押し(=攻め)すぎては負けるし、引いて(=守って)ばかりでも負ける。 (おたかぜ)• (おたかぜサンコー、コーフォンサンコー)• 同聴、 オナ聴(おなてん) 待ち牌の一部あるいは全部が相手と同じであること。 親落ち 親が連荘できず、次の者に親番が移ること。 親かぶり 親番のときに子にツモアガリされること。 開局前に誰が東一局の親になるか決めること。 サイコロを振って決める場合や、前の半荘に起家だった人の下家が起家になる「回り親」などがある。 親番が次の者に移ること。 親割れ(おやわれ) において、親番の時に割れ目になること。 一気に点棒をかき集めるチャンスとされる。 オリ打ち• 降りているつもりで捨てた牌がロンされてしまうこと。 降りること。 降りながら打つこと。 オリ打ちには上記のように正反対の意味が含まれている。 俺クラス(おれクラス) 逐語的には「自分の属しているレベル」の意。 分かりやすい同義語は「俺様クラス」で、自分の属しているレベルが最上クラスのレベルであることを含意する。 もともとは多分に尊大なニュアンスを含む用語だが、文脈によっては「俺」を卑下する意味でも使用されうる。 正確には麻雀プロパーの用語ではないが、統一的な攻略理論が構築されにくい麻雀という分野とは相性のいい用語のようで、さまざまな状況で、おもに冗談交じりに使用される。 オンリ オリ・ベタオリのこと。 やや古い言い回し。 か行 [ ]• (カイメン)• 返り東(かえりトン)• において、北4局が終了しても決着がつかず、場を東場に戻すこと。 において、南4局で決着がつかなかった場合に西入とせず、場を東場に戻すこと。 貸し卓・ 貸卓(かしたく) 雀荘用語。 4人またはそれ以上の人数で連れ立って雀荘に来た客に対し、時間料金で卓を貸す「セット」の古い言い方。 またはそのような営業形態。 を参照。 (かぜはい・フォンパイ)• (かぞえやくまん)• (かたあがり)• 片肺シャボ・ 片シャボ 片方が枯れているシャンポン待ちの俗称。 カッパぎ、カッパぐ(掻っ剥ぎ、掻っ剥ぐ) 点棒を大量に得ること。 狭義にはメンゼンでロンアガリしたときに加算される10符のこと。 かぶる• 捨てた牌がもう一度来ること。 対子カブリ。 河で面子ができてしまうこと。 面子カブリ。 親っかぶりすること。 壁(カベ) 場および自分の手牌で、あわせて4枚ないし3枚見えている牌のこと。 たとえば7が4枚見えていれば6〜9の両面待ちはあり得ないため、壁の外側の9は比較的安全とされる。 3枚の場合は完全な壁ではない。 類語に「ノーチャンス」「ワンチャンス」など。 壁打ち(かべうち) 雀卓のふちに手牌をくっつけて打つこと。 壁役(かべやく) 卓外から相手の手牌や待ちを教える役目の者。 の片棒を担いでいるオヒキのこと。 (かみチャ・シャンチャ)• (かみチャどり) ダブロンもしくはトリプルロンが発生したときに、放銃者からもっとも近い下家のアガリだけを認めるルール。 頭跳ねの別称。 ダブロン・トリロンに関する細目の詳細についてはを参照。 ガメる• 好牌や、他家にとって必要な牌を集めること。 特定の役に必要な牌を集めること。 鴨(カモ) 弱い人のこと。 特に弱い人のことを「上鴨(じょうがも)」と言うこともある。 動詞化されて「鴨る」となったときは、そのような人から存分に勝たせてもらうこと。 もしかしたらこれでラスハンにするかも、の意。 ラスハンコールの一種。 「もしラス」と同義。 空切り(からぎり) ツモってきた牌をツモ切りせず、それと同じ牌を手の内から切ること。 一見無意味な行為だが、を注意深く観察している相手に対し、間違った情報を読み取らせることができる場合がある。 そのような観察をしていない者に対してはまったくの無意味。 カラス における役の名前。 抜きドラを一枚も引いていない状態でのアガリ。 (からテン)• ガリ におけるの俗称。 ガリ三麻(ガリさんま) 抜きドラを用いる三人麻雀の総称。 (かりてん)• 枯れる(かれる) 場に出切ってしまうこと。 躱し手(かわして) 相手の大物手を蹴る(阻止する)ための早アガリ・安アガリのこと。 (カンチャンまち)・嵌張聴 (カンチャンテン)• (カン)• (カンうら)• 槓材(カンざい) ポンをしている状況において、そのポンした明刻にできる4枚目の牌のこと。 あるいは、ができる可能性のある暗刻のこと。 、完先(かんさき)• (カンツ)• (カンドラ)• 牌の背あるいは側面にキズや印がついている牌のこと。 また、それを利用したイカサマ技のこと。 キー牌(きーはい、きーぱい) 手役の成就あるいはアガリの成就のためにキーとなる牌のこと。 利き風、効き風(ききかぜ) 風牌のうち、役牌として使える牌。 客風牌の対義語。 キック、 キック手(キックて) 相手の大物手を蹴るアガリのこと。 ピンフのみやタンヤオのみの手は「のみキック」とも。 決め打ち(きめうち) 非常に早い段階から最終的なアガリ形を想定して手作りすること。 捨牌の合理性が薄くなり待ちを読みにくくさせる戦法。 を度外視した切り出しになることが多い。 客打ち(きゃくうち) 雀荘用語。 メンバーが店で客として打つこと。 (きゃくふうはい、コーフォンパイ、おたかぜ)• 逆モーション(ぎゃくモーション) 手積みの麻雀において、洗牌して山を積む際に逆の積み方をすること。 手積みでは通常「先に並べた一列」を「後に並べた一列」の上に乗せる。 これに対し逆モーションは「先の一列」の上に「後の一列」を乗せる。 すなわち牌山の上下が逆になる。 手積み麻雀においてはマナー違反とされる。 マナー違反とされる理由は、やといったの仕込みの一環として逆モーションが使われるため。 その理屈を簡単に説明すると以下のようになる。 積み込み技においては「先に並べる一列」のほうに好牌を積み込みやすく、場合によってはアガリ形をそのまま積み込んでしまえる。 天和ツバメ返しにおいてすり替えられるのは下山。 あるいは、南家や北家のときに元禄積みになったツモ牌をツモってくるのは下山から。 アガリ形を積み込んだ列、あるいは元禄を積み込んだ列を下山にするには、逆モーションで山を積む必要がある(通常の順モーションでは仕込んだ列が上山になるのでダメ)。 ということは、逆モーションを使ったのはツバメ返しや元禄積みを成功させるためである。 これすなわちマナー違反なり。 という理屈。 の『』には、上記のような通念を逆手に取った登場人物の一人が、わざと逆モーションを使って相手を罠にかけるくだりがある。 キャタピラー イカサマの一種。 牌山をいじってツモ筋をずらす技。 上ヅモ左端の牌を下ヅモ左端に降ろし、下ヅモ右端の牌を上ヅモの右端に上げると同時に上山を1牌分左にずらす。 これでツモ筋が対面同士で入れ替わる。 ギャル雀(ギャルじゃん) 若い女の子を多くメンバーとして雇っている雀荘のこと。 また、狭義には若い女の子しか雇っていない雀荘のこと。 ギャルメン ギャル雀のメンバー。 (きゅうしゅきゅうはい)• 、競技ルール• 強打(きょうだ)• 危険牌を通すこと。 ツモ牌や捨て牌を強く卓に叩きつけること。 傷がついたり・割れたり欠けたりした牌はガン牌となってしまうため、その牌を交換する必要があり、牌の替えがきかない場合はすべての牌を取り替えなくてはならなくなってしまう。 そのため、多くの雀荘では厳しく禁止されている。 また、叩きつけた衝撃で牌山が崩れることで対局の進行に影響を与える、強打そのものが威圧行為にあたるという意味でもマナー違反となる。 ギリ師(ギリし) 抜き技や拾い技を使うイカサマ師のこと。 山や河から不正に牌を持ってくることを「牌をぎる」と言うことから。 ぎる 山や河から不正に牌を持ってくること。 イカサマ行為。 カタカナ交じりで「ギる」と表記されるほか、「盗る」と当てて「ぎる」と読ませている例も見られる。 ・鳴き返し• (くいさがり) 副露によって役の値段が1飜さがること。 喰い下げる(くいさげる) チーまたは下りポンによって、自分に必要な牌や他家に有利な牌(要牌)を下家に喰い流してしまうこと。 喰い取る(くいとる) 副露によってツモ筋が変わり、本来なら他家がツモるはずだった牌をツモってくること。 また、特に有効牌やアガリ牌、ドラなどを他家から奪う形でツモってくること(無論ムダヅモを喰い取る場合もある)。 4人打ち・3人打ちに関わらず、また自分が何家であるかに関わらず、副露した次の巡目からは、その副露をさせた者がツモるはずだったツモ筋の牌をツモってくる。 たとえば南家からポンした場合、次以降のツモは本来南家がツモるはずだったツモ筋の牌である。 喰い流す、 喰い流れる(くいながす、くいながれる) 副露によってツモ順が変わり、自分がツモるはずだった牌が他家に流れること。 あるいは他家がツモるはずだった牌を自分がツモってくること。 喰い伸ばす(くいのばす) たとえば2456の形から3を嵌張でチーし、そののちに4-7の両面もチーして2面子を完成させること。 空中戦 副露が飛び交う状況のこと。 特にカン、ポンが飛び交い、ツモ番が飛ばされる状況をさす。 場を荒らした時に起きることがある。 (ぐうぜんやく) 、、など、偶然性に強く支配される役の総称。 ・・も偶然役に分類される。 「偶発役」とも。 空ポン、 空チー、 空カン、 空行為(くうポン、くうチー、くうカン、くうこうい) ポン・チー・カンの発声を行い、直後に取り消すこと。 ペナルティは多くの場合1000点を場に供託、ルールによってはアガリ放棄。 愚形 (ぐけい) 優秀とは言えない待ちのこと。 嵌張待ちや辺張待ちの総称・俗称。 悪形(あっけい)とも。 愚形のままかけるリーチは「愚形リーチ」と呼ばれる。 対義語は「好形」または「良形」。 ゴミ手に同じ。 下りポン(くだりポン) 上家からポンすること。 下家・対面からのポンとは違い、下家にツモの機会を増やさせないというメリットがある。 (単に「くっつき」とも)• クビ において、支払いの額を倍にするか否かの基準点のこと。 ほとんどの場合(25,000点)をクビとする。 黒五(くろご、くろウー) 赤くない五の牌のこと。 黒棒(くろぼう) 100点棒のこと。 黒棒差(くろぼうさ) おもにオーラスで、1,000点未満もしくは同程度の微差であること。 ゲタ牌 大きめに作られた牌の俗称。 を参照。 健康麻将(けんこうマージャン) が提唱する「健全な麻雀」「賭けない麻雀」の総称。 「麻雀」ではなく「麻将」と表記する。 の古称。 現張り(げんばり) リーチ者の、あるいは目立っている副露者の現物を待ちにして聴牌していること。 (げんぶつ)• 現物ドラ(げんぶつどら)、ドラは現物牌(ドラはげんぶつはい) ドラ表示牌の次の牌をドラとするのではなく、ドラ表示牌そのものをドラとするルール。 古典ルールのひとつ。 対義語は「ネクストドラ」「ドラはネクスト」• イカサマ。 豪運(ごううん) 非常に運に恵まれていること。 あるいはその運そのもの。 漫画家の造語。 (コーツ)• 好牌(こうはい) おもに使い勝手のいい牌・中張牌のこと。 あるいは自分にとって有効な牌のこと。 (こうはいへいきょく、ファンパイピンチュイ) のこと。 特に海底牌に対して誰もアガリを宣言せず、かつ、誰もを成立させていない場合の流局のこと。 単に「荒牌」、あるいは単に「平局」とも。 (コーフォンパイ、きゃくふうはい、おたかぜ)• 腰(こし) 上家の切った牌を鳴くかどうか迷い、小考または長考すること。 腰を使った牌を「腰牌(こしはい)」と言う。 腰軽(こしかる)、腰が軽い(こしがかるい) 門前重視ではなく、副露できる牌が出ればすぐに副露し、得点の高さよりも早くアガることを優先する打ち方、あるいはそのような打ち筋の傾向。 門前派の打ち手が副露を多用する打ち手を批判的に捉えるニュアンスを含んでいる。 ご祝儀 につくチップのこと。 あるいはをあがった時に支払われる役満ご祝儀のこと。 小手返し(こてがえし) 捨て牌時に、手出しかツモ切りかを他者に知られないために、ツモ牌を一瞬にして手牌の一部に組み込ませる技術。 また、手持ち無沙汰のとき、手牌の端にある牌で行われる。 (ごのこ、5とんのこし) 配牌時の取り出しに関する俗語。 出目が右10のとき、該当する山の左から5幢を残して配牌を取り出す。 小場(こば) 点棒の移動が少なく、4人ともあまり点差が開いていない場のこと。 対義語は「荒れ場」。 ゴバラ 雀荘用語。 500円玉を100円玉に両替すること。 あるいは千円札を500円玉に両替すること。 どちらの意味で使われるかは人によって異なる。 コマ両(こまりょう) 細かく両替すること。 すなわち紙幣を硬貨に両替すること。 も参照。 ゴミ手(ごみて) 子30符1飜の500点-300点を「ゴミ」と申告することから、つまらない手、ゴミのような価値しかない手のこと。 もしくは同程度ののこと。 古役(こやく) 古いルールで採用されていた役のこと。 孤立牌(こりつはい) 対子も搭子も構成していない浮き牌のこと。 2人もしくは複数の者が裏で手を組んで打つこと。 イカサマの一種。 ただし、フィクションやゲームなどでは、コンビ打ちを前提としてルールや勝利条件が設定されている場合がある。 さ行 [ ]• 最高形(さいこうけい) 配牌や手牌から目指せる、最大限の点数となる形。 アガリ形にも聴牌時にも使う(用例:「最高形を目指すために」)。 採譜(さいふ) をとること。 先切り• 比較的早い段階で搭子や対子に固定すること。 たとえば778から早い段階で7や8を切ること。 相手の当たり牌になる前に危険牌や不要牌を処理すること。 上家が牌を捨てていない段階でし、そのうえ打牌までしてしまうこと。 これは重篤なマナー違反。 厳重注意の対象。 (さきヅモ)• 刺さる(ささる) 放銃すること(用例:「の目だからを、と思って切った北がのに刺さった」)。 (サシウマ)• 差し込み(さしこみ) 何らかの意図をもってわざと振り込むこと。 A家の高い手を阻止するためにB家の安い手に振り込む、自分が大量リードしているときに場を廻すために振り込むなど。 サマ師(サマし)イカサマ師のこと。 (さわらずの14まい) 上下点対称な14枚(索子の245689、筒子の1234589、字牌の白)のこと。 牌の上下を揃えたがる初心者でも上下をひっくり返すことがないことから。 厳密には白とリャンピン以外には上下が存在する。 3確(さんかく) オーラスで3着確定のアガリをすること。 3チャ確。 3欠け(さんかけ、スリーかけ) 雀荘用語。 それまで卓に入っていた4人のうち3人がやめてしまうこと。 (さんげんパイ・サンユエンパイ)• 対義語は「荘家」。 (サンチャホー)・三家和流れ(サンチャホーながれ)• 3抜け(さんぬけ) 5人以上で交代で麻雀するときに前回3着だった者が次のゲームで抜け番になるという取り決め。 (さんのこ、3とんのこし) 配牌時の取り出しに関する俗語。 出目が左12のとき、該当する山の左から3幢を残して配牌を取り出す。 三牌ヅモ(さんはいづも) 一度に三枚の牌をツモってくること。 イカサマの一種。 (さんばいまん)• 3入り(さんはいり、スリー入り) 雀荘用語。 メンバーが3人1つの卓に入ること。 (サンマ)• Cトップ(しーとっぷ) ブー麻雀の用語。 3人浮きのトップのこと。 マルC。 チンマイ。 (シーパイ)• 仕掛け、 仕掛ける 狭義にはチーまたはポンをすること。 広義にはリーチなど何らかのアクションをすること。 (じごくまち)・地獄単騎(じごくタンキ)• (しずみウマ)• 下ヅモ(したヅモ) 牌山の下の一列のこと。 大七星の別称。 死に面子(しにメンツ) の造語。 配牌からある未完成の面子がなかなか完成面子にならない場合、「死に面子」であるという。 温存していても面子にならないので、たとえ両面搭子であっても切り出していくべきだとしている。 (じはい、ツーパイ)• 芝棒(しばぼう) のこと。 あるいは、連荘時の本場数を示す積み棒のこと。 絞る(しぼる) 他家が鳴くかもしれない牌を、鳴かせないように切らないこと。 「絞り」とも言う(用例:「彼は絞りが厳しいのでまったく鳴けない」)。 下家に対してチーされないように努めて打つことを指す場合が多い。 また、下家だけでなく対面や上家に対しても、役牌やドラ、生牌を切らないように打つことも含む。 (シモチャ)• ・口三味線を弾く・シャミ・クチジャミ 三味線の正しい意味は「紛らわしいこと」。 口三味線の場合、「紛らわしいことを言う」。 特に自分の手牌に関する情報をわざと言うこと。 マナー違反。 まったくの嘘を三味線と言う人もいるが、誤用である。 例:「(高目を引けば倍満の聴牌だったのに)安目引いちゃったよ」と言って相手を油断させ、ドラ3の手をあがるなど。 実際に高目を引いていれば本当に倍満の聴牌になっていた牌姿であろうと、安いことを匂わせて高い手をあがることは重大な信義違反。 ほかにも、まったく不要な牌で迷った振りをする「手三味線」などがある。 (シャーニュウ)• 邪魔ポン(じゃまポン) 他家のチーを妨害するポンのこと。 雀鬼(じゃんき) のこと。 あるいは桜井章一の二つ名。 関連項目として、。 向聴(シャンテン)• 聴牌までの近さを数える単位。 向聴数。 雀クマ(じゃんくま) 雀ゴロに同じ。 単に「クマ」とも。 雀豪(じゃんごう)• 麻雀が強いことで有名な人のこと。 雀ゴロ(じゃんごろ) 麻雀を打って生計を立てている人のこと。 雀聖(じゃんせい) のこと。 (ジャンそう)• (ジャンたく)• 雀風(じゃんぷう) その打ち手の打ち方の傾向や特徴。 打ち筋のこと。 雀ボーイ(じゃんボーイ) 麻雀店のボーイ。 (シャンポン待ち)、双碰聴(シャンポンテン)• 充分形(じゅうぶんけい) 受け入れや待ちが広く、得点的にも期待値が高い形のこと。 順位戦(じゅんいせん) 一般的にオーラス終了時の持ち点を元に精算額が決まるが、順位戦の場合は持ち点にかかわらず、オーラス終了時の着順だけで精算額が決まるシステムである。 そのため、25,000点持ちスタートの場合、24,900点のラスでも、トビのラスでも同じである。 精算が持ち点に関係しないため、オーラスの点棒のやり取りは省略されることが多い。 また、チップがある場合を除いて着順の変わらないオーラスのあがりは無意味である。 純カラ(じゅんカラ) 純粋に空っぽの略。 待ち牌がないこと。 (シュンツ)• (じゅんマージャン) が考案したの一種。 条件(じょうけん) オーラスで自分の順位を上げるのに、特にトップとなるために必要な点数とあがり方のこと。 またその状況。 (例:「ハネツモ条件(跳満のツモあがり)」、「満直条件(満貫直撃=特定のプレイヤーからの満貫ロンあがり)」)• 常時ドラ(じょうじドラ) 常にとして扱われる牌のこと。 赤ドラなど。 (しょうはい・シャオパイ)• 定牌(じょうはい) セオリー通りの打牌選択のこと。。 生牌(ションパイ)、 初牌(しょはい) まだ場に1枚も出ていない牌のこと。 特に役牌について言われることが多い。 生牌も初牌も意味は同じ。 心牌・心張牌(しんぱい・しんちゃんぱい) いずれも数牌の5のこと。 (スーカイカン)、四槓散了(スーカンサンラ)、四槓流れ(スーカンながれ)• (スーチャリーチ)• (スーフォンツリェンター)・四風連打(すーふーれんだ)• スカート 正しい場所ではない場所から牌をツモってきてしまうこと。 スカートがあった場合、牌山の端の上ヅモが1枚欠けた状態になる。 誰ひとり気付かないこともままあり、気付いたとしてもいつ誰が間違ってツモったのか分からず、そのまま続行するしかない場合も多い。 なおその場合は、スカートされた箇所までツモ筋が1つずれた状態になる。 (スジ)• ・スジ待ち• 捨て牌、 捨牌(すてはい) 切り出した牌、および切り出した牌を並べたのこと。 捨て牌相、 捨牌相(すてはいそう) 河に捨てられている牌から読み取れる何らかの特徴。 3欠け(スリーかけ、さんかけ) 雀荘用語。 それまで卓に入っていた3人がやめてしまうこと。 3入り(スリーはいり、さんはいり) 雀荘用語。 メンバー3人が卓に入り、麻雀を打つこと。 多くの場合は1つの卓で客1名・メンバー3名で打つことを指すが、店内状況を説明する際に、複数卓の合計でスリー入りしているという使い方もされる。 正着、 正着打(せいちゃく、せいちゃくだ) 切り牌の選択においてもっとも正しい選択と考えられる打牌のこと。 おもにの点でもっとも効率の高い打牌。 (せきにんばらい)• (ぜついちもん・ツェーイーメン)• セット 雀荘用語。 4人またはそれ以上の人数で連れ立って雀荘に行き、貸卓を借りて麻雀を打つこと。 対義語は「フリー」。 全欠け(ぜんかけ) 雀荘用語。 4人ともゲームをやめること。 (せんきすじ) 「裏スジの裏スジ」のこと。 たとえば3の裏スジは4-7、その裏スジの5-8が3の疝気スジ。 - 代表的な商品名としては『アモス』『アルティマ』()『雀豪』『雀夢』がある。 (ぜんたいやく) 手牌全体が条件を満たしていなければならない役の総称。 たとえばは手牌全体が中張牌で構成されていなければならず、は手牌全体が刻子、は手牌全体が一色に染まっていなければならない。 全体役の対義語は「部分役」。 「尖牌」も同義。 ゼンツ・ 全ツッパ (おもにリーチに対して)おりないこと。 危険牌であろうがいらなければ全て切るという打ち方。 千点加符(せんてんかふ) 三人麻雀における得点計算の方式のひとつ。 四人打ちでの点数計算と同じ計算をし、子のツモアガリの場合は親の払いと子の払いにそれぞれ1000点をプラスする。 それによりツモアガリした場合の得点とロンアガリした場合の得点が近似する。 詳細はおよびを参照。 (せんぱい、シーパイ)• 前の局の終了後、次の局の開始前に、すべての牌をジャラジャラとかき混ぜること。 洗牌してから牌山が積まれる。 この意味のときは読みは「せんぱい」とも「シーパイ」とも読む。 雀荘用語で、牌の汚れを洗い落とすこと。 多く場合、すべての牌を並べ、濡れたおしぼりや薬剤(雀牌用の洗剤)を塗布したおしぼりで1面1面拭いてきれいにする。 まれに自動の洗牌機を備品として設置している店舗もある。 なお、この意味の時は「せんぱい」と読み、「シーパイ」とは読まない。 「尖張牌」も同義。 全入り(ぜんはいり) 雀荘用語。 勤務中のメンバー(従業員)全員が卓に入ること。 千両(せんりょう) 雀荘用語。 千円札を両替すること。 (ソーズ)• 対義語は「散家」。 (そうばしん)• 即リー 聴牌したときにすぐに立直をかけること。 即リーチ。 も参照。 「もろヒッカケ」「モロヒ」とも。 および参照。 (そとウマ)• 外筋(そとスジ) 牌山を17幢で積んだ場合、端から奇数番目のツモ筋が外スジである。 対義語は「内スジ」。 ソバ聴(そばテン) 最後に捨てた手出し牌の近辺が待ちになっている聴牌のこと。 また、リーチ宣言牌の近辺が待ちになっているリーチを「ソバ聴リーチ」と言う。 染め手(そめて) やなどの、一つの色だけを使った手役の総称、俗称。 一色手。 染め屋(そめや) 染め手を作っているプレイヤーのこと。 ゾロ目ダブドラ 開局時のサイコロがゾロ目だったときに、ドラ表示牌を開局当初から2枚めくるルール。 た行 [ ]• (ターツ)• (ターはい・ターパイ)• (だいうち) 雇い主の代わりに麻雀を打つ者のこと。 あるいはそれをなりわいとする者。 裏プロ。 (だいそう) 雀荘用語。 トイレに行く、食事をする、用事で電話するなどの理由で客が一時的に卓を抜ける際、メンバー(従業員)が代わりに卓に入ること。 ピンチとも。 対義語は「本走」(ほんそう)。 代走に同じ。 字一色七対子の別称。 大名打ち(だいみょううち)、 大名麻雀(だいみょうマージャン) 手役を狙い、できるかぎり高く手を作る打ち方のこと。 スピードに劣るが、手作りが成就したときの得点的破壊力は高い。 また、勝負にこだわらず手役作りを楽しむ打ち方のこと。 タイムラス 雀荘用語。 時間によってはこれでラスハンの意。 ラスハンコールの一種。 (たかめ)• 雀卓を清掃すること。 貸し卓の代金のこと。 卓割れ(たくわれ) その日の麻雀が終了し解散すること。 フリーにおいては、2欠けや3欠けになってメンバーや別の客を卓に入れられず、卓組みの維持ができなくなり、その卓での麻雀はいったん終了となること。 単に「割れ」「割れる」とも言う。 打撃派(だげきは) 常にあがりや最高形を目指す、攻撃的な打ち筋の打ち手のこと。 竹牌(たけはい) 牌の背が竹でできている雀牌のこと。 タコ 下手な人のことをいう蔑称。 また、麻雀における下手な行為に対してつける接頭辞。 タコツッパ (おもにリーチに対して)むやみやたらに突っ張ること。 タコ鳴き(たこなき) 下手な副露のこと。 タコ立直(タコリーチ) 明確に下手な立直のこと。 接客やお茶出しなどはするが、卓には入らないメンバー。 を参照。 各地の雀荘を順に遠征すること。 ・Wドラ ドラ表示牌と槓ドラ表示牌が同一の時に1枚持っているだけで2飜と計算されるドラのこと。 あるいは、ドラ表示牌が4のときの赤牌のこと。 また、開局時からドラ表示牌を2枚開くルールのことをダブドラルールと言うこともある。 いずれどちらかが刻子になって役がつく。 ダブル面子落とし(メンツおとし) 6677などの形から6と7を切り出していくこと。 河に6と7が並び、手の内には67と残るため、後々の迷彩になる。 (ダブロン)• (だまテン)• (タメンチャン)、多面聴(タメンテン)• (たんきまち)・単騎聴• あるいはその状態。 (チー)• (チーチャ)• (チーチャマーク)• 類語に「ポン聴」。 チェック、 チェック牌 雀荘用語。 誤って見せてしまった牌(見せ牌)や、鳴くかどうか迷った牌(腰牌)に対し、その牌での出アガリを禁止するルール。 またはその牌のこと。 おもににつく祝儀のこと。 また、点棒と比較してチップの比重が高い麻雀のこと。 イカサマ。 遅ポン(ちぽん) 発声がワンテンポ遅れたポンのこと。 発声優先のルールでは、他家が先にチーの発声をしていた場合はポンを認められない。 (ちょうこう) において、打牌に迷って長い時間考えること。 ツモってから切るまでは数秒以内でテンポよく行動することが望まれる。 からの。 (チョウパイコー・とびパイコー)• ・錯和・冲和• (ちろん) 著しく遅れた発声でロンを宣言すること。 マナー違反としてアガリを認められない場合が多く、場合によってはトラブルのもとになる。 対義語は「花麻雀」。 Cトップ(3人浮きのトップ)のこと。 (ツーパイ、じはい)• それまで卓に入っていた2人がやめてしまうこと。 ツーチャンス 自分の手牌と捨て牌で2枚見えている牌の外側の牌のこと。 要するに無スジ。 類語に「ワンチャンス」「ノーチャンス」。 メンバー2人が1つの卓に入ること。 (ツェーイーメン・ぜついちもん)• 掴み取り(つかみどり) 場決めの際に、風牌4枚を伏せて並べ、4人にそれぞれ選んでもらうことで席順を決めること。 通常東の牌を引いた者を「仮東(かりトン)」と呼び、仮東は東席をどの席にするか決めることができる。 場合によっては風牌4枚のほかに白を加えて5枚にし、白を選んだ者にどの席を基準の席にするか委ねる。 たとえば白を引いた者はもう一度引き、それが西だった場合はどの席を西家とするか決められるということ。 「ツカンポ」も同義。 「ツカンコ」はついていない人のこと。 「ヅガン」はひどくついていない状態のこと、あるいはのマンガ『』の略称。 ローカル役についてはを参照。 (つみこみ)- イカサマ技の一種。 (つみふ)• 冷たいのこと。 凍ったまま出されることもある。 ツモ筋(ツモすじ) 各プレイヤーがツモってくるツモ牌の並びのこと。 副露が入っていない場合、東家と西家のツモ筋は上山の内スジと外スジ、南家と北家のツモ筋は下山の内スジと外スジである。 副露が入るとツモ筋はズレる。 自摸八(ツモはち) 平和ツモありのルールのときに、自摸符の2符を計算しないという取り決めのこと。 自摸八計算とも。 「ツモって80点」の略(80点とは、古い点数計算体系におけるアガリ点の最低点のこと)。 点数計算における不整合に対する是正措置(も参照のこと)。 ツモ減り(つもべり) 三人麻雀における得点計算の方式のひとつ。 四人打ちでの点数計算と同じ計算をする方式。 1人少ないので、それによりツモアガリした場合はロンアガリの場合より得点が減ってしまう。 ツモ損ともいう。 詳細はおよびを参照。 吊り芸、 吊り技(つりげい、つりわざ) 牌を隠し持つことを「牌を吊る」と言う事から、そのような手段のイカサマ技のことを指す。 あるいは東一局が東家で始まる席順のこと。 ~ で10倍を意味する。 手が重い(重い手とも)• 刻子が多かったり、ドラの暗刻はあるがそれ以外はバラバラなど、得点は高いが、アガることはおろか聴牌自体が難しそうな配牌のこと。 安い手でもいいのでとにかくアガりたいときに、否定的な意味で使われることが多い。 引きが弱く、巡目を重ねても一向にシャンテン数が減らない状況のこと。 手が軽い(軽い手とも)• 配牌で順子が複数完成しているなど、得点は低いが、聴牌もアガリも楽そうな手牌のこと。 「手が重い」とは違い、こちらは肯定的に使われることが多い。 引きがよく、簡単にシャンテン数が減っていく状況のこと。 特に、早い巡目で聴牌に至ったときに使う。 (てがわり) 広義には、ツモってきた牌と異なる牌を切り、手牌の状態が変わること。 狭義には、聴牌している状態から別の待ちに待ちを受け変えること。 出来面子(できメンツ) 既に完成していると見なせる。 完成面子。 鉄砲(てっぽう)• 七筒の俗称。 形が似ていることから。 博打用語。 タネ銭を持たずに打つこと。 負ければ当然支払いができない。 (てつまん)• 手積み麻雀。 (てはい)• ただし、点数申告に伴って「デバサイだ」などと発言することはマナー違反である。 出るポン出るチーともいう。 単に「ゴ」とも。 (てんぼう)• (テンパイ)• 聴牌やめ オーラスの親が聴牌していた場合、その時点でゲーム終了にできるルール。 「」ルールの発展。 対義語は「」。 ピンともいう。 また元検事の名から黒川レートとも。 [ ]• (トイツ)• 「ダンゴ場」も同義。 (トイメン)・対家(トイチャ)• 得点授受2倍の対象を、開門位置ではなくアガリがあった時点のツモ山とするルール。 (どうじゅんないフリテン)、同巡フリテン• 関東サンマ。 闘牌(とうはい) 対局における戦いの模様や展開のこと。 またその勝負記録の俗称。 駆け引きなど、よりも多くのニュアンスが含まれる。 倒牌(とうパイ、タオパイ) 時や時、のときなどに手牌を倒して手の内を開示すること。 転じてロンアガリすること。 ただし、不正な手牌の開示はになることがある。 通し(とおし)• 捨てた牌にロンがかからないこと(用例:「危険牌を通す」)。 イカサマの一種。 おもにコンビ打ちにおいて、仲間同士で手牌に関する情報や当たり牌、必要牌などを教えあうこと。 また、卓外にいる者(観戦者など)が卓内にいる仲間に、相手の手牌に関する情報を知らせること。 「通らば追っかけ」など。 どちらもマナー違反の発声であり、言うべきではないが、マンガなどにおいては白熱した状況を演出するためにこの言葉が用いられる。 対義語は「ド安目」。 また、麻雀牌を使ったゲームで「トッパン」という別のゲームが存在する。 トップ賞• のこと。 雀荘用語で、トップを取った者がゲーム代とは別に100円(もしくは100円前後)を店に支払う制度。 つまりトップを取ると次回のゲーム代が100円高くなる。 次の半荘をしない場合も徴収される。 トップ賞として徴収された現金はストックされ、店舗ごとのイベントの賞金などの形で客に還元される建前である。 ただし、実際のところどうなっているかあまり明瞭ではない店もある(トップ賞は徴収するがイベントなどを行わない店や、還元額が少なすぎる店など)。 トップ振り(とっぷぶり) 前回トップだった者がサイコロを振って次の半荘の起家を決めるルール。 次回の起家を決める方法としては他に、前回のオーラスでアガった者がサイコロを振るルールや、サイコロを振らず、下家方向に順番に親が移って行くルール(廻り親)などがある。 トップ目(とっぷめ) 現時点で1位につけている人のこと。 またはその状態。 、ハコテン。 飛び寸 (とびすん) 飛ぶ寸前の状態。 大まかに言って5,000点以下、あるいは8,000点以下(つまり満貫の振り込みで飛ぶ状態)がトビ寸。 対義語は「ド高目」。 取らず• において、取らずの打牌に対して書き加えられる記号。 記号ではなくカタカナで「トラズ」と書く場合もある。 また、ドラを引いても活かせる手組み・ドラを捨てなくて済む手組みのこと。 たとえばドラが4の時の1-4-7や、ドラが5のときの2-5-8など。 広義にはドラのまたぎスジと同じ。 イカサマ。 たとえば4がドラなら2-5と3-6がドラまたぎ。 幢(トン) 牌山の牌を数える際の単位。 牌山の上下1枚ずつを1幢という。 たとえばドラ表示牌をめくるのは開門位置から右に3幢目である。 あるいは、配牌時に1回の動作で取ってくるのは2幢4枚である。 (トンズ、ぴんズ)• おもに半荘戦における東4局のことを言う。 東風戦における東4局はオーラス。 な行 [ ]• 中絞り(なかしぼり) 147・258・369の筋の両側を切って中で待つ戦術。 また、これで待つ牌のこと。 たとえば聴牌前に1、7と切っておけば23・56の待ちはないため、他家から見れば4も通りそうに見えるところを35の嵌張、4の単騎や44のシャンポン待ちで待つことにより、出上がりを期待できる。 中付け(なかづけ) 副露した手において、2つ目以降アガリ以前の副露で役をつけること。 の造語。 後付けの一種。 狭義には順子の真ん中の牌を切ること。 中ブクレ ( なかぶくれ) 23334といった形のこと。 あるいは、23334XXといった形のシャンポン。 腹ボテとも。 また2334のような形を指すこともあり、この場合は腹ボテ単騎などと呼ばれる。 ブー麻雀や三人麻雀と対比して対戦時間が長いことから。 流れ、 流れ論(ながれろん) 麻雀には「流れ」があるとする考え方。 運を主体とした考え方で、簡単に言うとツイている人にはいい牌が来るというかつては主流の麻雀観だった。 の隆盛とともに流れ論に批判的な者からは「」と呼ばれるようになっている。 鳴き槓? 後付け、喰いタンのどちらか一方のみを認めるルール。 また、雀荘用語でコーヒーや紅茶に砂糖またはミルクのどちらかを入れること。 前後者ともにどちらが「アリ」でどちらが「ナシ」かは意見の分かれるところである。 後付け、喰いタンともに認めないルール。 また、雀荘用語でコーヒーや紅茶に砂糖とミルクを入れないこと。 2チャ確。 それまで卓に入っていた2人がやめてしまうこと。 いずれも4の2度受け。 4を1枚引いたとしてももう1度4が必要。 対義語は「一鳴き」。 二の二の天和(にのにのてんほう) のイカサマ技。 コンビ打ちの東家と南家が協力してを作る。 親がサイコロで2の目(ピンゾロ)を出し、2度振りの南家も2の目を出さなければいけないことからこの名がある。 抜き打つ(ぬきうつ) 広義には、不要牌ではない牌を切ること。 狭義には、そのうえでわざわざ当たり牌を選んで切ってしまうこと。 山から不正に牌をもってくること。 あるいは抜け番にあたる者のこと。 ぬるい・ ヌルい 牌の切り出しが甘いことを言う。 攻防全般に関して使うが、特に防御が利かない・防御力が低いことを指す。 麻雀上級者であっても集中していない場合など、その局面で他家や自分の手牌で重要な牌を切ってしまったときに使う。 オンライン麻雀に同じ。 対義語は「リアル麻雀」「リアルの麻雀」• ネット雀士 ネット麻雀をする人のこと。 また、ネット麻雀しかしない人のこと。 両面待ちに対しては安全。 しかしシャンポンや単騎には通用しない。 類語に「ワンチャンス」など。 (ノーテンばっぷ)• 2345(2-5待ち)のような形。 2345678(2-5-8待ち)などもノベタンに入る。 ノンラス打法を実践してできるかぎり最下位にならないように打つと、や収支がある程度向上する。 は行 [ ]• (はい・パイ)• を参照。 (はいこうりつ)• 牌捌き(はいさばき)• 牌を扱うときの手つきや手さばきのこと。 不要牌を処理する・切り出す際の技術のこと。 (はいし)• バイニン、 玄人、 売人 麻雀を生業とする者たちの総称。 戦後すぐもしくは昭和の時代を舞台とした作品などによく登場する、やや古い言い回し。 (パイパン• (はいふ・パイふ)• (ばいまん)• 手積みでは1人17幢積むのが正しい積み方とされる。 牌理(はいり) 広義には、手作りにおける牌の組み合わせの理。 狭義には、3枚の牌を1面子とする麻雀の基本的な決まりごとによって当然(必然的に)導かれる牌の理。 (パオ)• 手牌や捨牌相だけでなく点棒状況まで含めた状況であることを含意する。 イカサマ。 爆牌(ばくはい) の麻雀マンガ『』に登場する用語。 相手の手牌を読み切り、相手に要牌を鳴かせて、そのときに相手が切った牌でロンアガリすること。 『ノーマーク爆牌党』にはこの他にも「爆守備」や「爆テンパネ」など独自の用語がいくつか登場する。 (ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)• ハジキ(弾き) イカサマの一種。 他家の聴牌時に自分の捨てようとしている牌がその他家の当たり牌と読んだ場合、河にに捨ててある一段目の6枚目もしくはその近くの牌を弾いてその牌を捨てたかのようにして見せるイカサマ。 なお、その6枚目もしくはその近くの牌が安全牌でなければならない。 (ばしん)• フリー雀荘などで1ゲームごとに徴収されるゲーム代のこと。 貸し卓を借りる場合は1ゲームごとではなく時間単位。 (はだかたんき)• バック• お釣りの額につく接尾辞。 点棒のやりとりで使われる。 役の後付けのこと。 特にの後付けを指すことが多い。 もしくはを参照。 発声優先(はっせいゆうせん) 伝統的なルールでは、同じ牌にチーとポンがかかった場合、無条件にポンのほうを優先する。 チーとカンが被った場合も同様に、チーよりカンを優先する。 これに対し、 先に発声したほうを優先するルール が発声優先である。 発声優先のルールでは、ワンテンポ遅れたポンやカンは認められず、先に発声のあったチーのほうが優先 される。 同時であればポン・カンのほうが優先 である。 元来は3366で36待ちのシャンポン待ちのように、スジ待ちのシャンポン待ちのことを両面待ちの「バッタもん」(偽物の意)としてこう呼んだ。 (ばっぷ)• (はなはい)• 対義語は「清麻雀」。 (はねまん)• (ハン、ファン) 役の値段を表す単位。 各種団体・慣習によって「飜」と表記する場合と「翻」と表記する場合があるが、「飜」も「翻」も同義である。 麻雀用語における表記揺れの代表例。 電磁石式。 そのあとの牌を並べて山を積む動作は手動。 反射 (はんしゃ) 相手のなんらかの行動から、その相手が手の内に持っている牌を読むこと。 反射読み。 本来見えないはずの牌を読むことができれば、その局面での守備力はワンランク上がる。 たとえば、親リーチに対してベタオリしている他家Aが無スジの2を切り出してきたとする。 Aはおりているのだから、2は通る牌として切っている。 2が通る根拠は3のカベか4のカベで、自分の手の内に4の対子があるから、Aから見えているカベは3のほうだということになる。 3がAの手の内に固まっているなら、同じくカベ下の1は通る牌ということになる。 (ハンチャン)• デンデンなどともいう。 地方により異なる。 23456のような三面張の古称・別称。 2人浮きのトップのこと。 マルB。 引き、 ヒキ おもに「ヒキが強い」「ヒキが弱い」の形で、有効牌をツモってくる力のこと。 ツモ力。 (ひきづも) ツモアガリの際、ツモってきた牌を卓の淵にくっつけること。 くっつけること自体が引きヅモにあたり、その際の強弱は問わない。 マナー違反である。 引き戻し、 引き戻す 既に一度捨ててしまっている要牌をもう一度引いてくること。 引き返し。 テンピンとも。 、餅子(ぴんズ、トンズ)• (ふ)• (ファン、ハン)• に同じ。 やや古風な言い回し。 (フーテイ)• (フーロ)• 深い、山に深い ツモ山の後半から終盤のこと。 あるいは現時点から見て時間的に遠いツモ山の場所のこと。 また、手牌を伏せた状態で打つこと。 オンライン麻雀では観戦者に対して手牌を伏せること。 やや古風な言い回し。 イカサマ。 符計算についてはを参照。 (ぶぶんやく) 手牌の一部分が条件に合致していれば成立する役の総称。 たとえばやはアガリ形14枚のうち9枚で条件を満たしていればよい。 また、は14枚のうち3枚が条件を満たしていればよい。 ではなどが部分役である。 部分役の対義語は「全体役」。 (フリコミ)• 、振り聴(フリテン)• 特に誰もアガリを宣言せずに終わった場合の流局のこと。 荒牌平局とも。 三人麻雀の古典ルール。 ベタ積み(べたづみ) の一種。 (ペンチャンまち)・辺張聴(ペンチャンテン)• (ホー・かわ)• (ほうじゅう、ホーチャン)• 棒テン (ぼうテン) スピード最優先で一直線に聴牌に向かうこと。 あるいは、手役や待ちの良し悪しを考慮せず、ひたすら聴牌することのみを目指すこと。 工夫のない手作りであることから転じて、手成りでできた聴牌を棒テンと言うこともある。 暴牌(ぼうはい) 明らかな危険牌を切ること。 あるいはその牌のこと。 (ホーラ・あがり)• (ポン)• 類語に「チー聴」。 メンバー(従業員)が卓に入って(自腹で)打つこと。 対義語は「代走(だいそう)」。 用例:「混清老役満縛り」(混一色、清一色、混老頭、もしくは役満でなければアガってはならないとする) ま行 [ ]• (まーじゃん・マージャン)• 前出し(まえだし) 雀荘用語。 開局前に4人が一定額の現金を供託し、それをトップ者が総取りする。 ・とは別だが、実質的にはオカの額を増やすことに等しい。 マギレ、 まぎれ、 紛れる 流れ論の用語のひとつ。 偶発的なできごとがあったせいで、本来の結果とは異なる結果になることを「まぎれる」と言う。 また、その結果を生み出す契機となったできごとそのものも「まぎれ」と言う。 ただし、流れ論に否定的な者にとっては「まぎれ」なるものは存在せず、結果的にそのようになったかのごとく見えるだけ、ということになる。 麻雀は偶発的な要因に大きく支配されているゲームなので、見方によってはすべてをまぎれと見ることもできる。 マグネット式で牌を自動で裏返しにしてくれる。 待ち取り(まちどり) 聴牌形・待ちの取り方のこと。 切り牌によって複数の受けにできる場合などに使う。 1人抜きのトップのこと。 Aトップ。 2人浮きのトップのこと。 Bトップ。 3人浮きのトップのこと。 Cトップ。 チンマイ。 丸取り(まるどり) 三人麻雀における得点計算の方式のひとつ。 四人打ちでの点数計算をベースに、ロンアガリとツモアガリの得点をできるだけ近似させる方式。 具体的には、子のツモアガリのときに親の払いと子の払いを2:1になるように調整する。 詳細はおよびを参照。 各半荘の親決めを行わず、前回の半荘で出親だった者の下家を次の半荘の出親とする取り決め。 (まんがん)• 満州(マンシュウ) 満貫の俗称。 地名のからというのが通説だが、における万舟券から来ているとの説もあるようである。 戦後世代の高齢化とともに死語になりつつある。 (マンズ、ワンズ)• 一万円札を両替すること。 手牌の端を引っかけて倒すなどして見えてしまった牌、見せてしまった牌のこと。 また、山をこぼして表向きにしてしまった牌のこと。 見せ牌をしてしまった場合、その牌では出あがりできないというペナルティが課されることがある。 (ミンカンツ)• (ミンコーツ)• (ミンシュンツ)• あるいは、無理な形で副露すること。 無茶ポン。 迷彩 (めいさい) 待ちを分かりにくくするため、あるいは少しでも出アガリしやすくするために、意識して河に工夫をすること。 捨牌迷彩。 河作り。 もちろんツモ牌や展開によっては有利な河が自然にできあがることもある。 そのような場合は自然迷彩という。 たとえば「メンタンピン」なら、立直・・を意味する。 メンゼンのメン。 (メンフォンパイ)• (メンゼンチン)• に一覧。 (メンツ)• (メンツターター) 面子候補が1つもしくは2つ余分に多いこと。 手の内に5個ないし6個の面子・搭子・対子がある状態。 メンツオーバー。 (もうパイ)• (もうパイ)• のこと。 ただし、盲牌の意味で摸牌と表記することはまれ。 におけるツモのこと。 また、ツモ牌そのもののこと。 「もしかしたらラスハン」の意。 ラスハンコールの一種。 どちらかが切り出さなければ最後までポンできない。 特にリーチ宣言牌ののこと。 や行 [ ]• (ヤオチューパイ)• (やすあがり)• (やすめ)• (やく)• これでアガればチョンボとなる。 (やくまん)、役満貫(やくまんがん)• (やま)、牌山(はいやま)• 山切り(やまぎり) 開局時、自分の前にある牌山の左右7幢を数ミリ前後にずらすこと。 やなどのイカサマ技を警戒しなければならなかった時代の名残り。 (やみテン)• 有効牌(ゆうこうはい) 広義には待ちや受け入れが広がる牌のこと。 狭義には向聴数が1つ下がる(=聴牌に近くなる)牌のこと。 指で示したサインによって卓内の仲間に待ちや情報を教えること。 狭義には何らかの手役のために必要な牌のこと。 たとえば566から6を引いた場合の5、あるいは4-7を引いた場合の6がこれにあたる。 (よにんリーチ)、四家立直(スーチャリーチ)、四軒立直(よんけんリーチ)• (スーカイカン)• (スーチャリーチ)• (スーフォンれんだ)• 4チャ確。 に同じ。 全欠けに同じ。 出目が対11の時、該当する山の左から4幢を残して配牌を取り出す。 サンマ()との区別を強調するときに用いる。 特にその4枚を暗槓せず、暗刻や面子・雀頭として使っている状態のこと。 ら行 [ ]• 落ちてくるのが麻雀牌。 あるいはオーラスが東家になる席順のこと。 (ラスかく)• または最下位の多い席。 ラスハンコール、ラス半コール 雀荘用語。 「これで最後の半荘にします」という意味で、客が店に対して「この半荘でラス半で」などと申告(コール)する。 フリー雀荘では、待っている客のセッティングや卓の運営をやりやすくする目的から、客にラスハンコールをお願いしている場合がある。 「ラスハンコールをお願いします」などと張り紙してある店では、ラスハンコールなしでいきなり卓を抜ける行為(ダマ欠け)は歓迎されない。 東南戦であれば南三局のこと。 リーチ取り(リーチどり) 前局からのを獲得できるのは、同じくリーチをかけてアガった者だけとするルール。 に多い。 一般的なアリアリ麻雀では、供託点を獲得できるのは単に「次にアガった者」である。 単にアガることよりリーチを掛けてアガることのほうが難しいので、リーチ取りのルールでは供託リーチ棒が流れに流れて何本も溜まることがある。 を参照。 現在一般的な麻雀のこと。 (リーハイ)• 両嵌両面(りゃんかんりゃんめん) 両嵌と両面が複合している未完成面子のこと。 245667のような形。 両面待ちになるからと真っ先に2を切り出してしまいがちだが、3を引くと裏目になる。 両面両嵌とも。 ・両翻縛り(リャンファンしばり、リャンハンしばり、リャンしば、リャンシ)• (リャンメンまち)・両面聴(リャンメンテン)• (りゅうきょく)• 両天秤(りょうてんびん) 以前の状態で、2つの役のどちらかを狙うこと。 特に同時には成立しない2つの役のどちらかを狙うこと。 (リンシャンパイ)• 列( レツ) 狭義にはコンビ打ちのコンビのこと。 広義には利益(財布)をともにする仲間同士のこと。 (レンチャン)• (レンフォンパイ・れんぷうはい)• ローカルルール 標準的なルールではないルールのこと。 各種ローカル役についてはに一覧。 イカサマの一種。 出目が自9の時、該当する山の左から6幢を残して配牌を取り出す。 (ろくまいぎり)、6幢切り(ロートンぎり)• イカサマ。 対義語は「連荘」。

次の

フリー雀荘と法律

テンピン 麻雀

検察庁前の路上に麻雀卓を設置 5月30日、「検察庁前でテンピンレート麻雀大会をやろう」という企画がツイッター上で告知され、東京都千代田区の東京地方検察庁前で「第1回検察庁前テンピン麻雀大会 黒川杯」が開催された。 黒川杯とは、いったい何か。 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中、産経新聞記者の自宅で賭け麻雀していたことを「週刊文春」に報じられ、黒川弘務氏が東京高検検事長を辞職した。 その際に話題となったのが、賭博を取り締まる側の検察のナンバー2が「テンピン(1000点=100円換算)」というレートながら、賭け麻雀をおこなっていたことだった。 黒川氏は訓告処分を受けたが、いまだ懲戒などの処罰を受けていない。 そのため、ネット上では「テンピンなら問題ない」という「黒川基準」が成立した、と話題になったのだ。 本誌は主催グループと連絡を取り、「黒川杯」に密着取材を試みた。 主催グループのリーダー男性はこう語る。 「違法行為をしても黙認される人、見逃される人、大きく露見してもお咎めなしになる人、反対に意地でも逮捕するため、法律を利用して捕まる人もいる。 こういった『差』がある現状は非常におかしいと思います。 その問題提起が理由です。 風刺ですね」 ツイッター上で企画を告知した後、主催グループに対して「通報するぞ!」といった批判もあった。 「反響はすごいです! 今日も密着取材に来るなんて……。 捕まるのはイヤですけど、どうせ逮捕されるのなら賭博罪で捕まえてほしいですね。 黒川検事長が逮捕されなかったことへの風刺になりますし」(主催グループの一人) 「検察庁前」の開催を予定していたため、グループは最寄りの霞ヶ関駅に集合。 一行は、午後3時に検察庁前に到着した。 検察庁前の路上に麻雀卓をセットし始めたが、すぐに警察官が現われた。 最初の警官が応援を呼んだのか、瞬く間にグループは多数の警官に囲まれる事態に。 開催前から「路上の占拠が問題になる」と指摘されていたが、やはり警官から「路上はだめ」と注意が入った。 その後、警察との押し問答の末、グループは検察庁前での開催を断念。 その後、一行は開催場所を検察庁近くの日比谷公園に移動し、多数の警察に見守られながら麻雀大会はスタートとなった。 黒川氏の名前にちなみ、黒色の麻雀牌が使われた大会は、東場一局めにリーチ、ツモの上がり、東場二局めにはリーチ、一発、ツモの上がりが見られ白熱。 しかし、 東場三局途中で、公園の閉園時間により無念の終了。 肝心の「賭け」も成立しなかった。 日比谷公園で麻雀中 大会に参加した女性は、「(ネット上の)生配信もあったので、私の下手さがバレてしまいました。 いつか安倍さんに気に入られて検事総長になれたら、霞ヶ関の中で堂々と麻雀大会をやりたいですね」と笑顔を見せた。 主催グループのリーダー男性は、「検察庁前で一局ぐらい打てるかなと思ったんですけどね。 リーチ、一発、ツモ上がりがあったので、いい思い出にはなりました(笑)」と振り返っていた。

次の

テンピンなら合法?検察庁前でおこなわれた「賭け麻雀」

テンピン 麻雀

賭け麻雀については原則として法律で禁止されているわけじゃが、街には「雀荘」と呼ばれるお店が溢れている。 あらためてこの点を見ていこう。 雀荘の営業形態については大きく2つに別れるが、1つは「 セット」もう2つが「 フリー」と呼ばれる営業形態じゃな。 セットは、今からここにいるみんなで麻雀やりに行きましょう!って感じで雀荘にいって、麻雀牌や自動卓を借りるやつですよね 家でやるとうるさいし近所迷惑になるわよね。 それに雀荘に行けばアルティマとかの自動卓を使えるし楽よねぇ。 メロンソーダも飲み放題だったりします。 しかし玄人は「梅昆布茶」を注文しますね。 世間ではあまりメジャーではない飲み物ですが雀荘ではだいたい置いているという証言があります。 梅昆布茶を注文することで「お!こいつできるな…」と店員さんに思わせます。 みんなで麻雀やって楽しい感じでもいいんじゃが、ちょっと賭け事をしたりする。 例えば勝った人がマクドナルドをおごってもらえるとか、結果的にお小遣い程度の金額が動くような賭け麻雀じゃな。 レートでいえばテンイチやテンサン、テンゴぐらいじゃろうか。 お遊びでやるなら大人でもテンピンぐらいまでじゃろう。 レートですがテンイチですと1000点10円に相当しますね。 参考までに一般的な麻雀のルールで遊んだ場合に、レートによってどの程度の金額が動くのかをご紹介しましょう。 ある一局で大きく勝った場合と大きく負けた場合です。 ある1試合の精算時の持ち点数 52000点 32000点 16000点 0点(とびラス) ルールに従って計算します。 チップがあったりルール設定によってはもう少し変動しますが、だいたいこんなもんですね。 ここから一人1時間300円~400円ぐらいの場所代をお店に支払ったりします。 学割が効いたりもします! テンイチなら本当にお遊び程度のレートだな。 3、4時間打って負けまくっても3000G負けるかどうかだろ。 どれだけ勝っても一人1時間300円~400円程度の場所代を払ってたら、その分を勝てるかどうかってレベルだしな。 フリー雀荘は普通はテンゴかテンピン、たまにテンサンがあったり、昔は歌舞伎町なんかにリャンピンのお店もあったみたいじゃよ。 まあ、普通のサラリーマンが同僚と週末に打つってレベルなら、せいぜいテンピンぐらいじゃろう。 それ以上になると生活が破綻しかねないレートじゃな。 テンゴのお店で10万を負けようと思ったら、ゲームにかかる時間などを考えたら、どれだけ運がなくても逆に難しいわな…。 裏を返せばテンゴの雀荘の勝ち分で生活するとかも無理じゃし億万長者になるとかも不可能じゃよな。 パチンコなんかに比べるとずっとライトな感じじゃと思う。 それに麻雀は自分で動作をして、頭の中で考えて、常に何かをし続けないといけないゲームじゃから、体力的な負担も大きいんじゃよ。 カンチャン待ち人生相談の麻雀ライター、福地センセがはウーピンの勝負ですね。 国家権力を恐れない福地センセカッコイイ! さて話を戻そう。 テンゴ、テンピンくらいまでのセット麻雀で逮捕される可能性は「ゼロ」と言ってもいいと思います。 たまにニュースなどで芸能人や政治家がセットの賭け麻雀をやっていたことや、「勤務中に賭け麻雀を行っていた~」などの語り口で、麻雀を話題に出して、非常にセンセーショナルな感じで友人同士でやるセット麻雀が報道されたりする。 ニュースを見た麻雀を知らない人は「賭け麻雀やるなんて!なんて悪いやつらだ」と受け止める人も多いかもしれん。 薄暗い地下室でタバコの煙が充満したような、そんなおどろおどろしいゲームみたいなものを連想しとるかもしらん。 しかし、ちょっとでも麻雀やったことある人なら、いい大人が集まって逆に何も賭けない麻雀をやってることのほうが不自然に見えるじゃろう。 このへんは、麻雀やったことある人とない人では、すごく感じ方にギャップがあるように思う。 別に麻雀でなくても、将棋でもゴルフでも、飲み屋のダーツ勝負でも何か賭けたほうが盛り上がるだろ。 そりゃ勝ちたいとは思うだろうが、別に仲間内の勝負で大儲けして巻きあげてやろうなんて誰も思ってねえんじゃねえか。 津田くんの主題はフリー雀荘のほうかと思うが、こういった有名人のセット賭け麻雀、それにともなう報道のされ方、あるいは仲間内での賭け事などについては、基本的にはどうお考えじゃろうか? 何か感じることや、思う部分があれば聞かせてほしい。 大人同士が互いに合意してやる以上、賭け麻雀しても何も悪くないと個人的には思います。 だから、有名人が賭け麻雀やるのも、そんなの個人の自由だから周りがとやかく言うことじゃない、と思います。 例えば「公務員が勤務中に賭け麻雀していた」というのなら問題でしょうが、それは賭け麻雀が悪いのではなく、税金から給料が払われている公務員が勤務中に遊ぶのが問題なわけです。 こういう報道がされる場合、賭け麻雀がいかにも極悪行為であるかのようなニュアンスで報道されがちですが、それも麻雀への偏見のあらわれですね。 ニュースとしてみたら、こいつら極悪人って感じを演出したいから、小道具として必要以上に「麻雀」を使うんだろうな。 そのほうがニュースとして絵になる。 酒なんて飲まなくても死なないけど、これを飲む大人は多いですよね。 麻雀も、別に賭けてやる必要なんてないけど、多くの大人は賭けてやります。 アルコールの入った水を飲むのと同じように、レートをのせた麻雀をするわけです。 レートは、アルコールと同じで、大人の遊びのアクセントだと思います。 飲酒は合法でギャンブルが違法だというのは、法律のバランス的におかしいと思いますね。 セット麻雀の問題もあるが、少し置いておこう。 今回の主題となっているのが、フリー営業のほうになる。 雀荘といえば「フリー雀荘」のことを指す場合が多い。 麻雀をやりたいと思っても、麻雀は4人いないとゲームじゃから、1人ではできない。 ただし「麻雀をやりたいなー」って1人が、4人集まればみんなで麻雀できるじゃん!というのがフリー雀荘じゃな。 このサイトを見てる人でも麻雀やりたいと思えば、フリー雀荘に行けば麻雀ができる。 要するに麻雀やりたい奴らをマッチングする場所がフリー雀荘だな。 ここで問題となるのがレートの話になる。 見知らぬ4人が集まって麻雀をやるには、何も賭けないのは味気ない。 だからレートをのせる。 これはお店がレートを設定している。 これが法的にグレーで微妙なラインになっておるんじゃな。 万が一、逮捕されるようなことになったらどうなるのかしら? まだまだ続きます!.

次の