トヨタ グラン エース カスタム。 グランエースをアルヴェルと比較!【カスタムCGも有り】どうなの!? カスタムできる!? スタイルワゴン的検証

トヨタ「グランエース」のキャンピングカーモデルが登場したぞ!!

トヨタ グラン エース カスタム

もくじ(クリック・タップで移動できます)• トヨタ「グランエース」のキャンピングカーモデルが登場! 株式会社トイファクトリーは、「トヨタ グランエース」をベースとしたキャンピングカーのコンセプトモデルを、1月31日~2月2日に開催される「ジャパンキャンピングカーショー2020」 幕張メッセ:千葉県千葉市美浜区 で初公開すると発表しました。 「ジャパンキャンピングカーショー2020」とは? 「ジャパンキャンピングカーショー2020」とは、最新モデルや人気のキャンピングカーが集結する国内最大級のイベントになります。 今回は300台以上のキャンピングカーが参加しており、価格帯も低価格なものから一軒家が買えてしまう金額のものまで多岐にわたります。 すでにキャンピングカーをお持ちの方はもちろん、これからキャンピングカーを買いたい!興味があるけど最初の一歩が、、なんて方にはおすすめのイベントだと思います。 1月31日 本日 から2月2日まで幕張メッセ国際展示場で開催されていますので、時間が合う方はぜひ。 イベント概要 ジャパンキャンピングカーショー2020• 開催期間:2020年1月31日-2月2日• 開場時間:1月31日 11時-17時 、2月1日 10時-18時30分 、2月2日 10時-17時• 会場 :幕張メッセ国際展示場1-4ホール 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1• おもに法人ユーザーがメインとなっており、VIPの送迎などに使われることが想定されている車です。 大人6名 Gグレード/8名 がゆったりと過ごせる余裕の室内空間に、トルクフルなパワートレイン、快適な乗車シートを装備したグランエースは、長距離のドライブも快適に過ごせる優れたコンフォート性を持っています。 そんなグランエースの持つ快適な室内装備はそのままに、株式会社トイファクトリーが製作した「アーバン・キャンパー」では新たにポップアップルーフを装備し、ルーフ上に大人2名が就寝できるベッドルームを実現。 コンセプトは「日常からロードトリップへ」 さらに量産モデルでは、フルフラットシートや回転シートを備えるシートレイアウトも展開予定となっており、利便性を損なうことなく車中泊機能を追加することで、グランエースでの旅の楽しみが広がりそうです。 コンセプトモデルの概要・スペック• ベース車両:トヨタ グランエース[Premium/G]• 発売時期:2020年5月初旬~ 予定• 価格:未定 ベース車両になったトヨタ グランエース[Premium/G]のスペック ちなみに、ベース車両となったグランエースのスペックもご紹介しておきます。 価格:620万円〜• 最低地上高:175mm• 乗車定員:6〜8名• エンジン:2. 7L 直列4気筒 ディーゼルエンジン搭載• 制作を手掛けた株式会社トイファクトリーについて トヨタ グランエースのキャンピングカーモデルを制作したのは、「」という岐阜県にある会社です。 キャンピングカーやトラベルトレーラーの設計・販売・買取などアウトドア活動をトータルでサポートしてくれる会社で、キャンピングカーを熟知したスタッフが最適なキャンピングカー選びを提案してくれたり、ハイエースなどをベースとしたカスタムキャンピングカーの制作も行っています。 昨年12月に発売されたばかりのトヨタ グランエースのキャンピングカーモデルが登場するということで「ハイエースよりも大きなキャンピングカーが欲しいけどバスタイプまで大きいのはちょっと、、」なんて思っていた方には気になるニュースではないでしょうか。 キャンピングカー市場は年々伸びており、世間でも注目度が高いと思います。 sugiも車で車中泊は何度もやったことがありますが、やっぱりコンパクトカーサイズではない本格的なキャンピングカーには憧れがあります。 気になった方はぜひ今週末のイベントにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

TOYOTA、新型車“グランエース”を初披露

トヨタ グラン エース カスタム

ボディサイズは大きいが実は運転しやすいかも!? 冒頭から話がそれてしまうが「グランエース」が展示されていたブースはトヨタ車体。 年内の正式発売を予定しており、今回の車両はあくまでも参考出展車という位置付けだが、ほぼ市販モデルといってよさそうとのこと。 まず気になるサイズ感はやはりデカイ!! アルファード & ヴェルファイアよりもひとまわり大きな印象。 正直、街中での運転にてこずりそうだが、実際のところはそうでもなさそう。 前後のオーバーハング数値はアルヴェルよりも短く、エンジンをFR化することでタイヤの切れ角も大きくしている。 結果小回りがきくため、実はアルヴェルよりも運転しやすいのでは? という話もある。 また全高を1990㎜に抑えて、全高2m未満が多い街中の地下駐車場に入れるサイズ感に設定されるなど、実は日常の使い勝手がかなり考えられている感じだ。 そして気になるルックスは、メッキを多用し少々ヤンチャ感のあるアルヴェルよりもグッと大人になった印象。 アルファード顔負けの大型アッパーグリルを採用するが、メッキを最小限に抑え堂々たる風格に。 一方でL字形状のライトバーでボディのワイド感を演出したリアビューなどは迫力満点。 インチアップしてローダウンするだけで、他を寄せつけないオーラを強烈に放ちそう。 続いて室内もかなり豪華な仕様。 特に2列目/3列目が圧巻で、後席2列仕様の6人乗りは、セカンド/サードシートとともに本革のキャプテンシートを採用。 しかも車内の圧迫感を和らげるためにシート両サイドの空間にゆとりを持たせている。 まさにVIPの送迎車という感覚だ。 アフターメーカーの動向に期待してます!! しかも後席4シートすべてが同形状で、オットマンはもちろん読書灯やルーフのバニティミラーなども全席備えられている。 VIP御用達のおもてなし空間となっている。 木目調と金属調の質感をバランスよく組み合わせることで、優雅な雰囲気を表現。 室内のベース色は2パターン用意される予定。 グリルからヘッドライトへつながるような造型でデザインされたメッキガーニッシュ。 リア全体のワイド感を演出するL字形状のLEDテールランプ。 ウインカーランプはバルブタイプで流行りのシーケンシャルは未搭載だ。 リアの足まわりは左右のホイール同士を繫ぐ新開発の車軸式。 アルヴェルのようにローダウンでキャンバーは付かないが、乗り心地は上質に。 純正ホイールはハイエースと同じ6穴。 タイヤもライトトラック用のLTタイヤが標準。 【基本スペックをアルファードと比べてみた!! 】 グランエース アルファード(3. タイヤハウスを小さくして、その分車内に余裕を持たせるなど、とにかくゆったりくつろげる空間を作るためのこだわりがギッシリ。 またグランエースのエンジンはクリーンディーゼルのみ。 デザインは検討中だが車両が入荷次第即スタートするとのこと。 また6穴対応の2ピースホイールやマフラーの開発も合わせて行いたいとのこと。 スタイルワゴン2019年12月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

ハイエース新型モデルチェンジ情報2021年10月以降2022年?|予想価格250~420万円TNGA化2.8Lディーゼル搭載

トヨタ グラン エース カスタム

ボディサイズは大きいが実は運転しやすいかも!? 冒頭から話がそれてしまうが「グランエース」が展示されていたブースはトヨタ車体。 年内の正式発売を予定しており、今回の車両はあくまでも参考出展車という位置付けだが、ほぼ市販モデルといってよさそうとのこと。 まず気になるサイズ感はやはりデカイ!! アルファード & ヴェルファイアよりもひとまわり大きな印象。 正直、街中での運転にてこずりそうだが、実際のところはそうでもなさそう。 前後のオーバーハング数値はアルヴェルよりも短く、エンジンをFR化することでタイヤの切れ角も大きくしている。 結果小回りがきくため、実はアルヴェルよりも運転しやすいのでは? という話もある。 また全高を1990㎜に抑えて、全高2m未満が多い街中の地下駐車場に入れるサイズ感に設定されるなど、実は日常の使い勝手がかなり考えられている感じだ。 そして気になるルックスは、メッキを多用し少々ヤンチャ感のあるアルヴェルよりもグッと大人になった印象。 アルファード顔負けの大型アッパーグリルを採用するが、メッキを最小限に抑え堂々たる風格に。 一方でL字形状のライトバーでボディのワイド感を演出したリアビューなどは迫力満点。 インチアップしてローダウンするだけで、他を寄せつけないオーラを強烈に放ちそう。 続いて室内もかなり豪華な仕様。 特に2列目/3列目が圧巻で、後席2列仕様の6人乗りは、セカンド/サードシートとともに本革のキャプテンシートを採用。 しかも車内の圧迫感を和らげるためにシート両サイドの空間にゆとりを持たせている。 まさにVIPの送迎車という感覚だ。 アフターメーカーの動向に期待してます!! しかも後席4シートすべてが同形状で、オットマンはもちろん読書灯やルーフのバニティミラーなども全席備えられている。 VIP御用達のおもてなし空間となっている。 木目調と金属調の質感をバランスよく組み合わせることで、優雅な雰囲気を表現。 室内のベース色は2パターン用意される予定。 グリルからヘッドライトへつながるような造型でデザインされたメッキガーニッシュ。 リア全体のワイド感を演出するL字形状のLEDテールランプ。 ウインカーランプはバルブタイプで流行りのシーケンシャルは未搭載だ。 リアの足まわりは左右のホイール同士を繫ぐ新開発の車軸式。 アルヴェルのようにローダウンでキャンバーは付かないが、乗り心地は上質に。 純正ホイールはハイエースと同じ6穴。 タイヤもライトトラック用のLTタイヤが標準。 【基本スペックをアルファードと比べてみた!! 】 グランエース アルファード(3. タイヤハウスを小さくして、その分車内に余裕を持たせるなど、とにかくゆったりくつろげる空間を作るためのこだわりがギッシリ。 またグランエースのエンジンはクリーンディーゼルのみ。 デザインは検討中だが車両が入荷次第即スタートするとのこと。 また6穴対応の2ピースホイールやマフラーの開発も合わせて行いたいとのこと。 スタイルワゴン2019年12月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の