日本 たばこ 産業 の 株価。 投資情報

JT(日本たばこ産業2914)の購入株価と配当【株主優待有の不老所得増大銘柄】

日本 たばこ 産業 の 株価

[2914]日本たばこ産業(JT)企業情報 企業概要 [2914]日本たばこ産業(JT) は、たばこ製造・販売会社です。 医薬品、食品・飲料の製造、販売も手掛けています。 日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立され、日本専売公社のタバコ事業を引き継いでいます。 本社は東京都港区虎ノ門。 日本たばこ産業株式会社法により、 全株式のうち3分の1以上を日本政府が保有するため、安定度の高い銘柄と考えられます。 5%超えの高い 配当金利回りと高い 株主還元意識が非常に魅力的な会社です。 プルーム・エス(Ploom S) 高温加熱型の電子たばこです。 紙巻たばこ セブンスター(Seven Stars) 1969年の2月に日本で初めてチャコールフィルターを採用したタバコとして発売されているタバコブランド。 現在でも JT の全銘柄の中で販売実績上位に必ず入っている人気銘柄。 メビウス(MEVIUS) 日本たばこ産業の JT の製品の中で最も銘柄数が多いタバコブランド。 喫煙者の様々なニーズに合わせて様々なラインナップを揃えているブランドです。 ピース(Peace) バニラ豆のバニリン風加工を施していて、「ほのかに甘く華やかな香りと深みのある風味」が特徴。 [2914]日本たばこ産業(JT) 株価 ( 2020/06/20時点) [2914]日本たばこ産業(JT)の 株価は、 2181.5円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約21.8万円です。 1年チャート 5年チャート [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/20時点) 配当金 [2914]日本たばこ産業(JT)の 1株当たりの配当金は、 154円です。 100株保有の場合、 年間15400円の配当金が支払われます。 配当利回り [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当利回りは、 7.06%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 7. 79685= 5. 63% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [2914]日本たばこ産業(JT)の 権利確定月は、 6月・12月です。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当性向は、 90%です。 [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金まとめ 株価 2181.5円 年間配当 154円 最低購入額(100株) 約21.8万円 年間配当(100株) 15400円 利回り(税引き前) 7.06% 実質利回り(税引き後) 5.63% ( 2020/06/20時点) [2914]日本たばこ産業(JT)配当金の支払い実績・配当性向 配当金の支払い実績 [2914]日本たばこ産業(JT)過去の配当支払い実績です。 2012年以降、 増配を継続中です。 この間の上昇率は3~41%、平均で12%と素晴らしい 配当の増配上昇率です。 企業として 非常に高い株主還元意識が感じられます。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当性向です。 2015年までは 40%程度の配当性向を維持していますが、2015年以降、配当性向は連続上昇し、2020年予想では、 80%に達しています。 少しずつ増配余地は少なくなってきていると言えます。 [2914]日本たばこ産業(JT)業績 売上高 [2914]日本たばこ産業(JT)の売上高は、毎年 2兆円弱程度で極めて安定的に推移しています。 この安定性は、たばこという商品独特の 特異性・中毒性のなせる業だと思います。 営業利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の営業利益は、毎年 5000億円程度でこちらも極めて安定的に推移しています。 純利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の純利益は、毎年 3000億~4000億円程度でこちらも安定的に推移しています。 まとめ [2914]日本たばこ産業(JT)は、5%超えの高い配当利回りと増配傾向が魅力の銘柄です。 50%以下の配当性向と増配余地も大きく、配当金狙いのポートフォリオにぜひ組み込みたい銘柄です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

JT(日本たばこ産業2914)の購入株価と配当【株主優待有の不老所得増大銘柄】

日本 たばこ 産業 の 株価

2014年:245億ドル 2015年:254億ドル 2016年:257億ドル 2017年:255億ドル 2018年:253億ドル 売上は横ばいです。 他の海外タバコメーカーもそうですが、ほとんどが横ばいの決算です。 タバコ業界はここ数年横ばいの売上ということが分かります。 「これからタバコ業界が盛り上がる!」というマインドにならないと株価が上がることはないでしょう。 JT(2914)株価情報 それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。 JTの株価 株価:2,427. 5 PER:12. 7倍 PBR:1. 69倍 配当利回り:6. 笑 JTの事業内容 参照: ・たばこ事業 ・医薬事業 ・加工食品事業 実際はたばこ事業だけやっているわけでもないです。 過去の利益を見ると2013年までさかのぼります。 2013年が「3,400億円」なので、今年の「3,400億円」と同じになります。 その当時の 「2,000円~2,100」までJTの株価は下がってもおかしくないですね。 逆に言えば、2000円を下回れば、下がり過ぎと判断できます。 JTの過去の実績を見る限り「2,000円」まで見ておけば大丈夫です。 売上収益の推移 参照: 国内たばこの売上が減少中。 2013年から国内たばこの売上が減少しています。 日本全体が禁煙ブームで、最近では喫煙する人自体減っているのを感じますね。 海外たばこの売上は横ばいです。 純利益の推移 利益はiCOSが登場した2015年以降右肩下がり。 2014年:3,629 億円 2015年:4,856 億円(過去最高) 2016年:4,216 億円 2017年:3,924 億円 2018年:3,856 億円 2019年:3,400 億円(会社予想) JTは世界的に見ると売上は第4位です。 完全にiCOSに食われてますね。 悪材料となったのが、通期業績予想の下方修正です。 7%下方修正。 個人的には「売上営業利益率は前年同期の27. 3%に低下」というのがかなり痛いなと思います。 JTは圧倒的な利益率の良さで知られていますから、ここが崩れると結構きついです。 2度目となる、通期業績予想の下方修正です。 6%下方修正となっています。 借金が少ないですね。 ROEも高く、このあたりのステータスはやはり優秀。 ですが、EPSは下落傾向にあるのに配当金だけ上がっています。 このまま続くと増配は厳しそうです。 JTの配当金の推移 配当金を出しすぎている。 JTの2019年は以下の予想です。 これがやりすぎだということはJTも分かっているはずですが、減配したときの株価下落リスクを考えているのでしょう。 JTの配当性向の推移 参照: JTは今後これ以上の増配は考えにくい。 株主からしたら配当性向が高いのはありがたいことですが、利益も上がらないと意味がないので、今後の増配は難しいでしょう。

次の

JT(日本たばこ産業2914)の購入株価と配当【株主優待有の不老所得増大銘柄】

日本 たばこ 産業 の 株価

現在は【中立】 予想株価 2,303円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「JTの2020年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の