シンデレラ シンデレラ。 シンデレラ : 作品情報

press.prosperity.com

シンデレラ シンデレラ

病院薬剤師として働いていますが、薬剤師の仕事は世の人々に認知されていなさすぎるのだと思います。 そのせいか世間的には薬剤師の仕事はただ処方箋通りに薬を出すだけ!とかただ棚から薬を取って袋に詰めるだけ!とか思われている節があるように思われるのですが、そういった人たちにぜひこの漫画を読んでほしいです。 今まで日の当たらなかった薬剤師のリアルな世界が描かれており「医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても」薬剤師もひとえに患者さんのために奮闘しているんだ、というのがわかるはず。 内容も医療ドラマとして純粋に面白いです。 薬剤師の描写も正確だと思いますし、絵も上手くて見やすいです。 本作がきっかけとなり薬剤師の仕事に対する認知度が上がることを切に期待しています。 ドラマ化希望! 医者に振り回されるように見えている、薬剤師さんたちの戦いのお話です。 町場の薬屋の薬剤師さんたちではなくて、病院内の薬局でのお話に絞られている ところが解り易いし、込み入った人間関係図も理解しやすい。 医師を全面的に悪、敵としているのではなく、さすがの適切な判断とか 正当な理由とかあります。 ただ、たまに出てくる、超上から目線の身勝手な判断、 思いあがった、わがままな理由があった場合は一歩も引かず、対立するという構図にもっていっています。 患者としてはそっちでそんなにもめないで、もぅちっと仲良くやってよと思いますが・・・ しかし、患者側からすれば最終窓口になる薬剤師さんの話してくれることっっていうのは 実は結構大事なのかと。 もしかしたら一番親身に話聞いてくれているのかもしれないと 思わせてくれる、あったかくも熱い成長物語です。

次の

【公式】ショップディズニー

シンデレラ シンデレラ

女性のサクセスストーリーとして広く認知され、現在でも少女漫画の雛型のひとつとなっている。 時限式魔法などの「しばり」を創作作品に導入した功績がある。 シンデレラとは、に伝わる、およびその物語のの少女のことである。 シンデレラ(英:Cinderella)とは『』の意。 この民話にはさまざまなバリエーションがあるが、でよく知られている『シンデレラ』の物語は、によって編纂された物語をさらにアレンジしたものである。 概要 この民話の起源は諸説あり、もっとも古いものはにまで遡る。 日本にも『』や『』といった類似する物語が存在し、世界各国にこのような話は存在する。 現在、主流となっているものの原点は、 の『 サンドリヨン(仏: Cendrillon)』である。 それ以前の民話ではもも、さえ出てきておらず、は実母の遺品であったり、それを持ってきたのがであったりする。 最も顕著な違いは 童話らしからぬシーンが多いことであろう。 事実、靴があわなかった義姉たちが 足の一部を切り落として無理矢理靴をはいたり、結婚後に姉2人が残酷な報いを受けたり、 シンデレラが継母に凄惨な報復を行うバージョンなどがある。 はペロー童話よりも後に編纂されたが、シンデレラについてはグリム童話のバージョンの方が原型となった民話に近い形となっている。 ペロー童話の特徴として挙げられる、シンデレラ自身が姉や母を許す展開そのものは自身が宮廷で活躍した文士であり、この話をで公表する機会が多かったことが背景にあると推測される。 これは、話の主な客体である貴族の女性たちは姉や母の立ち位置の方が必然的に近くなるため、「立場が逆転した相手の復讐劇」よりも「貴族の女性たちへの戒め」に重きが置かれている。 また、「一般的に知られた物語のバージョンに裏がある」というもある。 シンデレラが魔法使いから声をかけられたのは、シンデレラこそが魔に属する邪悪な存在だったからで、だからこそ義母や姉たちはシンデレラを遠ざけていた。 王子がシンデレラに目をつけたのも、贅沢三昧の生活で上流階級の女性に飽きており、もっと美貌を持つ女性を手中に収めたいと考えた為、という理由付けである。 ちなみにペロー童話版では、魔法使いがシンデレラを助けたのは、この魔法使いがシンデレラのだったからだと説明されている(では名付け親は生みの親と同様に子供にとって重要な存在とされている)。 他にも「シンデレラの本名はである」とする二次創作も存在する。 これは「Cinderella」という綴りを「Cinder(灰)」と「ella」に分け、「エラが灰を被ったためこの2つをくっつけてシンデレラと呼ばれた」と解釈したものである。 ただし、本来この「ella」というのは「小さい」という事を強調するために単語に付けるであり、日本語で表すと「~ちゃん」あるいは「(灰の)小娘」というようなニュアンスとなる。 あらすじ あるところにシンデレラと呼ばれる少女がいた。 彼女は実の母親を亡くし、そのあとに来たや彼女についてきた義理の二人の姉にいじめられ、のようにこき使わる辛い日々を送っていた。 夜もベッドで眠ることは許されず、暖炉のそばで灰にまみれて眠ることを強要されていたため、シンデレラ(灰かぶり)と呼ばれていたのである。 ある日、国王が王子の結婚相手を決めるためのを開くことを決め、国中の女性に知らせる。 継母たちが浮かれる一方、シンデレラにはも与えられず留守番を言いつけて出て行ってしまう。 そこに、彼女の日ごろの良いおこないを見ていたが現れ、彼女のために 純白のドレスと 、そして綺麗な を魔法で用意してくれる。 魔女は最後に 「魔法は真夜中の12時に解けてしまうから、それまでに帰ってくるように」と忠告し、彼女を見送った。 お城では国中の女性が集まり、王子に視線を向けていた。 そこへシンデレラが到着し、王子は美しく変身したシンデレラに魅せられてしまう。 そして、王子はシンデレラをダンスに誘い、二人は幸せなひと時を得も、時間は十二時となり、シンデレラは慌ててお城を去っていった。 そのとき、ガラスの靴を片方落として帰ってしまう。 王子は名前もわからぬ愛しき女性を求め、ガラスの靴をヒントに従者たちに彼女の行方を探させた。 「この靴が足に合う女性と結婚する」という王子の言葉に多くの女性が名乗りを上げるも、靴が合う女性はなかなか見つからなかった。 そして、従者の一行がシンデレラの家の前を通りがかり、姉たちがまず名乗りを上げるも靴は合わず、最後に出てきたシンデレラが靴を履くとぴったりと合った。 こうして、シンデレラは王子とし、幸せな日々を手にしたという。 後世への影響 平凡な少女が華麗な貴公子と恋愛を成就させるパターンの雛型となっており、現在のやにも多大な影響力を及ぼしている。 また、以外でも「女性の成功劇」を俗に『 シンデレラストーリー』と呼ぶ。 『』や『』が元々なのに対し、シンデレラは 平民出身であるところが、夢にあふれた設定としてこの物語を引き立たせるポイントとなっているのだろう。 また『ガラスの靴』を覗いたアイテムが 時間制限付き魔法というところは、時計が普及し始めた当時から発せられたアイデアであり、 「制限時間のある万能能力」という現在ではジャンルと問わない設定の大家ともなっている。 ペローが発表した当時の世相を考慮すると、民話の中でも女性の意思 自分の意志で舞踏会に行き、最終的に母と姉を許した が明確に見られた作品でもある。 前述のようにペロー版は主な客体が身分の高い女性だったため、『眠れる森の美女』のような、目が覚めたら王子がいて幸せになったという形の物語はそれほど支持を得られず、この話を題材にしたとされる。 尚、ペロー自身は『眠れる森の美女』も執筆しているが、そちらはとしてのバージョンがメジャーである 知名度の高さから彼女をモチーフにしたキャラクターが登場するゲームも多数存在するが、ここまでの記述のように解釈の幅が広いため、属性や人物像など 作品ごとの統一感がまるでない。 灰のイメージから火を採用しようにもは内定で、から水を採用しようにも、人魚姫や雪の女王といった水属性候補が多すぎて後回しにされ、余りがちな光系か闇系に振り分けられる傾向があるようだ。 別名・表記揺れ 外部リンク• :本作の派生パロディ 「シンデレラ」に関連した作品・人物• : 1996年にNHK教育で放映されたアニメ。 :ウォルト・ディズニーのアニメ映画版。 多くのシンデレラ関連作品のアレンジに多大な影響を与えた。 : の楽曲。 がのに用いた。 : 「」のの愛称。 : 関連の。 略称の一つとして「シンデレラ」が使われる。 : 作の。 : グリム童話の集。 シンデレラも収録されている。 : シンデレラの読み。 イラストは同名が多い。 : の歌う。 : 多数の音源の中で埋もれていたが、UTAUの作者飴屋氏の紹介で一気に脚光を浴びと呼ばれた。 :をモチーフにした漫画で、本人が登場(人物像は独自の解釈が多めで状態だが……)• : は絵本が大好きで、その中でシンデレラは憧れの存在で、本編39話およびでシンデレラを演じた。 : 本編29話がシンデレラのパロディ。 : メンバーの1人のモチーフ、及びプリンセスとしての姿はシンデレラであり、彼女自身もシンデレラのお話が大好き。 : シンデレラの力 王子の前では失敗しない、初めてのダンスを周りを感心させるレベルで踊る にあやかり、高い能力を身につけたフランスの魔術師。 自分の足とは違うサイズの足の指を切り落とすことも出来る。 彼女のが「シンデレラ」という名称である。 スタンド「シンデレラ」の詳細は「」または「」の記事を参照。 関連記事 親記事.

次の

press.prosperity.com

シンデレラ シンデレラ

解説 ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。 母を病気で、父を事故で失ったエラは、父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。 ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせる。 王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた舞踏会を計画する。 イギリス出身の新星リリー・ジェームズがシンデレラに扮し、意地悪な継母をオスカー女優のケイト・ブランシェットが演じた。 俳優としても活躍し、監督としては「ハムレット」「恋の骨折り損」「魔笛」などを手がけてきたケネス・ブラナーがメガホンをとった。 2015年製作/105分/G/アメリカ 原題:Cinderella 配給:ディズニー スタッフ・キャスト シンデレラは、一般に「グリム童話」と呼ばれる、グリム兄弟が編纂したドイツの昔話集の中の一篇です。 昔話ってけっこう怖かったり残酷だったりします。 私は数年前に「大人もぞっとする初版グリム童話」という本を読んで本当にゾッとしました。 特にシンデレラは背筋が凍りつく恐ろしさで、詳細はとてもここには書けません(笑)内容が大人向きで面白いですから、ホラー好きの方にお勧めします。 これを子供が読めるように改訂を重ねたものが、世界中に広まったそうです。 さて本作はもちろん、良く知られている王道のシンデレラをモチーフにしているので、安心して観られます。 ディズニーはキラキラとお花がいっぱい、これで良いのです!ただ、本当は恐ろしい話なのだと匂わせている表現はありました(考えすぎかなあ)ヒロインは苦境にあっても前向きですが、やたらと強気だったりはしない所が、古典らしくていいと思いました。 青いドレスがひらめいてとても素敵、でもガラスの靴のヒール高すぎ!(笑) シンデレラのお話しが嫌いだった。 何となく「ザ・おとぎ話のヒロイン感」が苦手で。。。 アニメの絵がシンデレラの描かれ方とふたりの姉が見事に内面外見とも差がありすぎたのも微妙にいやな印象で、好んで観ることはなかった。 でも実写を観て、シンデレラの本当の良さがやっと分かった気がする。 純粋でしなやかに強くて、あんな環境なのに恨むこともせず明るくいれる器の深さと優しさ、その人柄が愛される理由なんだろうなぁ。 そして、継母は心から愛されたことがなかったのかなと思った。 娘ふたりの幸せを願ってるようで、実はいちばん愛されたくて、皆に愛されているシンデレラが羨ましくて妬ましくてきつくあたっていたのだろうかと考えた。 大人になって観た実写のシンデレラは、人としてこうありたいなと思える人だった。 美女と野獣がストーリーとしてはいちばん好きだけど、実写版ではシンデレラがNo. 1になった。 勇気と優しさを忘れずに、あと、イマジネーションも大切にいたい。 『シンデレラ』。 公開当時は観逃してしまい、「まあ、そのうちDVDでみましよ」と思っていたまま観てなかった『シンデレラ』。 シンデレラの名前の由来が『灰をかぶった使用人』だったということも忘れてた。 和題『灰かぶり姫』。 全部、素敵だった〰️。 こんなに!?って思うくらい。 VFXとか特撮技術が進んで、実写の『シンデレラ』を観ることが出来るなんて凄いなー。 つくづく幸せだあと思いながらみました。 圧巻でした。 ほんとうに。 『時が流れて、悲しみが思い出に変わりました』 『勇気と優しさが、魔法の力よ』 『お土産はなにがいい?』 『お父様の肩が最初に触れた木を。 お父様がその木を持っている間、私のことをずっと思い出すから。 それを早く持って帰ってきて』 『あの子を探せ。 靴を落とした… 父親と息子が声をそろえて そそっかしい娘を』 『笑顔で生きろ』 私の他に観客はいなかったので、貸し切り状態で観賞できました。 涙、けっこうだだ漏れでした。 たまたまかもしれませんが… この時期に、『シンデレラ』を選んで、全国上映してくれた人に感謝します。 ウエスト、細っ!!.

次の