Zoom 音楽 共有。 Zoomの画面共有が便利!基本操作と共有できない場合の対処法を解説

Zoomで画面共有している時に音量調整する方法[PC/iPhone]

Zoom 音楽 共有

今回は、主催者が動画を共有して、参加者全員に同じ動画を見せる手順をまとめていきます。 ということで、まずはYouTubeの動画画面を先に開いておきましょう。 その後、Web会議を開催し、参加してもらいます。 続いて、Web会議画面の下部メニューから 「画面共有」をクリックします。 すると、このようなウィンドウが出てきます。 この画面で、共有したい動画のウィンドウを選択して、共有することになります。 その前に、まずはこの画面下の 「コンピューターの音声を共有」「全画面ビデオクリップ用に最適化」の両方のチェックをオンにしましょう。 そのうえで、共有したいウィンドウ、この場合はYouTubeの動画を開いているウィンドウを選択して、 「共有」ボタンを押します。 すると、このようにウィンドウの上部に、画面共有中のバーが表示されます。 この時点でウィンドウ画面が参加者に表示されるようになっているのですが、動画の周りの検索バーなどなどが邪魔ですよね。 再生画面のこの部分をクリックして、全画面表示しましょう。 これで、参加者にはこのように動画が表示されているはずです!.

次の

Zoom 画面共有(操作方法・複数・ipad・ホワイトボード・音・共有機能・画面共有できない・音声・動画・参加者・Youtube・パワポ)

Zoom 音楽 共有

ハウリングとは? カラオケなど行った時に、こんな経験した事ありませんか? スピーカーから急に「キーーーン」という高い音が鳴ったり「ホァンホァンホァン…」といった奇妙な音がでたり。 あの現象の事を「ハウリング」と呼びます。 簡単に言うと、スピーカーからでた音を、マイクがその音を拾い、何度も音がループしてしまう状態です。 zoom使用時にも、あれと同じ現象が起きたりします。 何が原因なの? 原因として考えられるのはいくつかありますが、一番よくあるのが、1人で2台以上同時にzoomに参加している場合です。 (もしくは、一緒に参加してる人が近くにいるか) 同時に使用すると、音を拾いあってしまうので、ほぼ確実に「ハウリング」がおきてしまいます。 どうやったら音が消えるの? すぐにできる対策方法は、どちらかの機種のマイクモードをオフにする、又はボリュームをゼロにする事です。 主催者の操作方法 もし、どの参加者から鳴っているのか原因が分からない時は、ひとまず全員の音量を消してみて下さい。 操作方法は次の通りです。 参加者を指定して音を消す場合は、マイクのボタンを押して下さい。 参加者の操作方法 やばい!私の所からピーピー鳴ってる!と思ったら、落ち着いて「ミュート」と書かれたイラストをタッチ(クリック)しましょう。 大きな音が出て慌てると、ついつい退出ボタンを押したくなりますが、落ち着いてマイクをオフにすれば大丈夫です。 ハウリングではなく、ガサガサ音が消えない場合の対処法 たまに、参加者の方から、異常なほどガサガサ音が聞こえる場合があります。 これも、音量かマイクモードオフで解決できますが、原因はいくつか考えられます。 抜いてしまうか、他のものに変えて試してみましょう。 特に携帯で参加する場合は、気付かずに触れている場合がり、他の参加者さんの迷惑にもなってしまうので気をつけましょう。 手元に書類を用意しておくのは良いことですが、感度の良いマイクだと、書類の音を鮮明に拾ってしまう場合があります。 きちんと身の回りを整理してから参加するように、気をつけましょう。 参加者さんが移動しながらだったりすると、イヤホンをしていても、電車の音やアナウンスの音が聞こえてしまいます。 本人は以外と分からなかったりするのですが、飲食店のBGMや周りの人の声も、目立って他の参加者さんに聞こえてしまいます。 屋外で参加する場合は、音量をオフにして参加するか、できるだけ静かな場所に移ってからにしましょう。 まとめ 音の問題は、ご本人が気付かない場合も多いです。 主催者さんは、全員の音を一度オフにしてから、原因と思われる方にだけ、こっそりチャットやメールを送ってあげましょう。 皆が参加してる時に、名指しで指摘すると、ものすごく恥をかかされた気分になってしまいますからね。 また、赤ちゃんや子供が近くにいる場合も、注意が必要です。 子育て向けのオンライン講座を開催されるのであれば、はじめに主催者さんがどうするかを伝えておくと親切ですよね。 オンラインは、自宅や外出先でも参加できる自由な所がウリですが、お金を払って受講されていたり、音声を録音している場合もあります。 参加されるみなさんが、快適にオンラインを楽しめるよう、最低限のマナーとして、音の気遣いを忘れないようにしましょう!.

次の

【zoom】スマホ/パソコンアプリのファイル共有で情報共有を効率的に!

Zoom 音楽 共有

Zoomで画面共有できない時の対処法 Zoomはとても便利な機能で、オンライン上で簡単に会議ができるのが魅力です。 画面共有もできるのですが、Zoomを使っていて画面共有できない場合は、どういった理由が考えられるでしょうか。 Zoomのアプリやソフトが最新版になっていない• 違うネットワークに接続している 画面共有できない時の原因で多いのが、違うネットワークにつないでしまっている時です。 接続を統一することでこの問題は解決します。 アプリやソフトが最新版になっていない場合、何かと不具合が生じることがあるのです。 ネットワークが統一されているにも関わらず、画面共有機能しない時は、最新グレードに更新しましょう。 バージョンアップの方法ですが、Zoomのダウンロードセンターから最新版をダウンロードできます。 画面共有で音声を流す時は Zoomで画面共有できるだけでなく、音楽を流して同じ音声を参加者に直接届けられます。 画面共有でビデオを見せたい時、音声の共有ができるととても役に立つんです。 ただ、何も準備せず音声を流しても、聞こえてもかなり小さい音量でしか聞こえません。 音量を上げればいいのですが、雑音が入りやすく心地よく聞こえません。 そんな時は「画面共有」の項目を選択し、「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れます。 これで音声が問題なく聞こえるでしょう。 Zoomでセミナーを開く時にもおすすめです。 Zoomのホワイトボードって何? Zoomで画面共有している時、ホワイトボードの機能を使うこともできます。 ホワイトボードの操作方法は、まず「画面共有」を選択し、ホワイトボードを選択するだけ。 ホワイトボードの機能を解除する時は、ホワイトボードの部分にカーソルを持っていき、「共有を停止」というボタンを押すのです。 おわりに Zoom 画面共有の操作方法は、そこまで難しくないので、ぜひ参加者と共有したいことを共有しましょう。 Zoom 画面共有なら、音声やYoutubeの動画も参加者と共有できて、セミナーや会議の時にスムーズです。 ホワイトボードやパワポの機能も使えるので、会議で伝えたいことを、リモートでもしっかり伝えられるのです。

次の