グランメゾン東京 ネタバレ。 グランメゾン東京第9話ネタバレ!白ワインはどこの?

『グランメゾン東京』“事件”の真犯人にネット衝撃「ノーマークだった」(ネタバレあり) /2019年11月18日 1ページ目

グランメゾン東京 ネタバレ

Contents• 最終回の結末を予想 TBS系列の日曜劇場にて、2019年10月期ドラマとして放送開始の「グランメゾン東京」。 そんなグランメゾン東京の最終回の結末についてこちらで予想していきたいと思います。 最終回でグランメゾン東京は三ツ星を獲得 このドラマのヒロイン、鈴木京香(すずききょうか)さん演じる早見倫子(はやみりんこ)。 この女性と共にグランメゾン東京を3つ星レストランにすると約束した木村拓哉(きむらたくや)さん演じる尾花夏樹(おばななつき)。 グランメゾン東京の尾花をライバル視しているレストラン『gaku』。 ここのシェフで、尾上菊之助(おがみきくのすけ)さん演じる丹後学(たんごまなぶ)と 三ツ星獲得を巡る戦いが繰り広げられると思います。 スポンサーリンク また、最初は共にミシュランで三ツ星獲得を目指す仲間といった関係から、 様々な困難を共に乗り越えることで関係は次第に恋愛に発展する尾花と早見。 最後にグランメゾン東京が三ツ星を獲得出来たら結婚することを約束。 そして、この二人は 最終的に、ミシュランで三ツ星を獲得し、グランメゾン東京を三ツ星にできると予想します。 そしてグランメゾン東京での目的を果たした二人は、またフランス・パリにて新たな1歩を踏み出すことを決意。 ですが、 グランメゾン東京の総料理長を早見倫子に託し、尾花は単身でパリへ旅立つ。 このような結末に最終回はなるのではないでしょうか? 三ツ星獲得の基準 ミシュランで三ツ星を獲得する基準として。 世界中から、そこに行くためだけに旅行する価値のあるレストランという基準があります。 そのため、料理の独創性や味だけでなく、サービスの高い質、レストランの雰囲気など総合的にもレベルアップしてると思います。 これらの基準を満たすためにはグランメゾン東京を共に支える仲間ももっと必要になる。 最終回には、料理人をはじめ、パティシエ、ギャルソン、ソムリエ、レセプションスタッフなどの仲間が勢ぞろい。 スポンサーリンク 一方、丹後がシェフを解任になったレストランgakuでは。 新シェフの 結月が指揮をとる。 しかし結月の身勝手な振る舞いによって店はどんどん落ちていく。 そんなある時、遂に事件が起こる。 丹後のいないレストランgakuはバラバラで問題が多いままミシュランの審査を迎え・・・。 そして審査結果が出る。 果たしてグランメゾン東京は三ツ星を獲得できるのか? グランメゾン東京最終回の結末ネタバレ グランメゾン東京の最終回の結末ネタバレについて。 現在地上波放送前のため詳しくご紹介することができません。 グランメゾン東京最終回の放送予定は、2019年12月29日(日)21時から。 こちらの詳細内容は、ドラマ放送前後に改めてご紹介させていただきます。 それまで今しばらくお待ちください。 2019年12月29日(日)に更新しました。 tbs. jp ミシュラン審査まであと10日。 ミシュランに向けたメニュー料理は進む。 アミューズはウニのパンペルデュ。 前菜は、暖かいテナガエビのスープ。 試食する尾花は上を向き・・・。 見事採用される。 残りは前菜1つ、魚料理、デザート。 一番問題なのが、魚料理のマグロ。 まだうまくいっていないとのこと。 現在のサワラも旬が終わるからすぐにでも魚料理を変えなければと言う。 すると倫子が・・・。 尾花に尾花はマグロしかやってない。 他の料理に全く関わってないからよくないと話す。 すると尾花が倫子に、シェフなんだから自分で魚料理開発すればと言い放ち・・・。 倫子はついに自分で魚料理を作ることを決意する。 tbs. jp ミシュラン審査まであと4日。 クレメダンジュが完成したとみんなに試食してもらう。 メンバー達は 絶賛。 しかし尾花は、「甘くない?」と厳しいジャッジを要求。 そして もっといい人がいると松井を連れて行ったのは・・・。 美優の元。 早速クレメダンジュを試食してもらう。 美優は流石だと松井に話すが・・・。 松井は美優のいい子ちゃんな態度がムカつくと反論。 松井はいてもたってもいられず尾花に意見を仰ぐ。 尾花は。 料理は素材の質と料理人の腕と経験で全てが決まるとのこと。 でも、 料理人のメンタルが直に影響してくると話す。 美優が平古の背中を押してくれたら、もっとスイーツが優しい甘さを出してくれるかもしれないと言い、その場を後にするのです。 帰り際。 美優が松井のロッカーに画びょうを付けた事を告白。 そして謝罪。 その後早速、美優は平古に連絡し、復縁することになるのです。 tbs. jp 次の日尾花が向かったのはリンダの元。 アポも取らずに。 尾花は1つ星の審査員が来ないんだけど?とリンダに話すが・・・。 リンダは平古祥平のいる店には星はとらせないと断固として意思を固めていた。 尾花はリンダにある言い方で リンダを説得する。 今までで最高。 その感動を味わいたくて世界中をフーディー達は旅する。 でも少しずつハードルがあがり、感動が薄れているんじゃないか? 自分のベストを超えられなくなってる。 もう一度経験したくないか?あの興奮を。 美食を極めたリンダに最高のフルコースを出す。 だから頼むと。 tbs. jp その夜、リンダがグランメゾン東京に来店。 尾花の話に乗ってくれたのだ。 尾花は倫子に、「俺たちが今までやってきた事を全部出す!」と話し。 調理開始。 そして一品目が登場。 ウニのパンペルデュ。 間に白ワインブリーズを提供。 前菜はブリーズと相性抜群の白子のポッシェ、ショーフロワ。 そして前菜2品目は、温かいテナガエビのスープ。 リンダも美しいと美味しそうな表情を浮かべる。 前菜4品目。 タルトブータンも絶賛。 そして魚料理は、マグロではなくハタのロティ。 リンダの反応は・・・。 笑みがこぼれたのだ! スポンサーリンク そして倫子と尾花のポワソン対決。 倫子のハタ料理も尾花のマグロ料理もどちらもメチャ美味そうだった!! 特に尾花が、包丁を油で熱してマグロを切るシーン。 切ると同時に表面を焼くことで、旨みが流れ出ないように工夫。 マジで凄い! そしてミシュラン審査も終わり最後。 ミシュラン発表セレモニーがまさかの本物!! カンテサンスやロオジエのシェフも本物やないかい!! このセレモニー完全に今年のですよね!! まじでびっくりです!! そしてグランメゾン東京は三つ星を獲得。 倫子と尾花が合図し、抱き合うシーンは超絶鳥肌!! グランメゾン東京最終回凄すぎです! まだドラマを観てない人は是非見て欲しい! 凄いドラマが出来上がったなと久々に思った瞬間でした。 グランメゾン東京の最終回を実際に視聴したみんなのTwitterでの感想を一部ピックアップしてご紹介します。 揺るぎない手応え。 よし! フレンチ食べたい 三ツ星レストラン行ってみたい パリに行きたい。 グランメゾン東京最終回の放送予定は、2019年12月29日(日)21時から。 こちらの詳細内容は、ドラマ放送後に改めてご紹介させていただきます。 それまで今しばらくお待ちください。 グランメゾン東京を最終回までお得に視聴する方法 グランメゾン東京はTBS系列のテレビドラマ。 そのためグランメゾン東京のドラマを最初から全話視聴したいなんて時。 ドラマが全話視聴できるVODサービスは一つだけです。 そんな唯一グランメゾン東京が全話視聴できるサービスについて詳しくご紹介している記事がございますので、是非チェックしてみて下さい。 グランメゾン東京のお得情報を紹介している記事へは以下ボタンから移動できます。

次の

グランメゾン東京|9話 ネタバレあらすじ【リンダに負けない】12/15|Lyfe8

グランメゾン東京 ネタバレ

日曜劇場『グランメゾン東京』4話 あらすじ いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。 だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。 彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。 やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。 そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。 コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。 さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。 そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。 萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。 萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。 その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。 刻々と近づくプレオープン。 tbs. 尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)はOKを出す。 プレオープンの日。 新人・柿谷(大貫勇輔)が消えた。 大騒ぎになるキッチン。 京野(沢村一樹)は客として招待していた祥平に手伝って欲しいと頼む。 祥平は嫌がるが、後輩の萌絵の作ったデザートが出ないのがかわいそうだとなんとか言い訳して手伝ってくれる。 (ツンデレ) 祥平のおかげで魚料理も出せた。 そんで萌絵のデザートの番。 評価に影響力のあるリンダ(冨永愛)も萌絵のデザートを褒めてくれた。 プレオープンは無事終了。 萌絵は泣きながら『グランメゾン東京』の一同に謝罪。 「楽勝で作ったなんて嘘です。 」と祥平に手伝ってもらったことを正直に言う。 「わたしは見た目を作っただけです。 この日のためにずっとずっと頑張ってきた皆さんに本当に失礼なことしてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 」 「うちらがどれだけ努力したとかお客様には全く関係ないから。 このモンブランはお客様を喜ばさせた。 それが全て」 「センスでなんでもできるなんて言って・・すみませんでした。 わたし、もっと勉強したいです。 もっと頑張りたいです。 だからこの店で働かさせてください。 」 頭を下げる萌絵。 倫子は萌絵を雇うことを決めた。 尾花が萌絵を認めたところを間近で見ていた祥平。 「ようやく分かりました。 尾花さんが認めてくれなかった理由。 俺は単純にうまい料理を作れてなかっただけなんです」と京野(沢村一樹)に本心を漏らした。 江藤(手塚とおる)は柿谷を使って芹田(寛一郎)に近づく。 「10万入ってます。 新作のレシピとか店のことを教えてくれるだけで毎月払います。 」と金をチラつかせて新たなスパイを作ろうとする・・・! 芹田は悩むが、金の入った封筒を受け取ってしまった。 そしてリンダの書いた『グランメゾン東京』のプレオープンが書かれた記事が出た。 リンダは『グランメゾン東京』を大絶賛! しかし、記事には続きがあった。 グランメゾン東京は3年前、パリでアレルギー物質混入と傷害事件を起こした尾花夏樹のいる店だと紹介されていた。 久住栞奈(中村アン)と電話をするリンダ。 中村アンは3年前にアレルギーを混入させた犯人の目星がついているらしい。 「尾花夏樹に1番嫉妬している人です。 」 映ったのは京野の後ろ姿・・・! スポンサードサーチ 『グランメゾン東京』4話 感想・レビュー アレルギー食材混入事件の犯人は京野さんじゃないって信じてる!!!!! 根拠はないけど、ミスリードであることを願う。 でも話的には、1番信頼していた京野が犯人ってのが面白いよね・・・🤔 わたしが1話で感じていた「借金押し付けられてトンズラされた相手をよく許せるなあ」という違和感も、京野が真犯人ってことなら説明ついちゃうんだよなぁ😩 京野はずっと尾花にひどいことをしたと思っていて贖罪の気持ちで側にいてサポートしいるってことなら、しっくりくる。 でもわたしは尾花と京野の間には、普通の人には分からないくらいの信頼関係があると信じてる。 なので京野が真犯人ってのはないと思ってる!!!! 真犯人だとしてもめっちゃ反省しているはず!!! 萌絵(吉谷彩子)ちゃんが思ったよりウザかった。 祥平(玉森くん)の後輩の、萌絵ちゃん。 サバサバ系のおもしろい子かと思っていたら かなりうざい女だったwww 初対面で倫子さんに「このおばさんは?」って常識なさすぎて唖然。 このドラマで唯一不満なのが倫子さんをおばさんポジにしていることだな🙄 たとえアラフィフでもこんな綺麗な人は「おばさん」ではない。 綺麗な人をおばさん扱いするノリはあまり好きではないので笑えないです。 かと言って綺麗じゃない人をおばさん扱いしていたとしてもお笑えないですけどねw そんでとにかく偉そうだった萌絵。 25歳で名誉ある賞をたくさん取っていたので自信に溢れているようでした。 最終的には、自分の非を認めて挫折を味わい成長するといういい話でまとまったのだが、この女、実際にいたらかなり嫌われるタイプ。 SNSで「平古さん感謝><」とアピるところとか地雷レベルである。 3話でわたしをドン引かせた祥平のメンヘラ彼女の気持ちが少し分かった😂 ロッカーに画鋲を仕掛けるのはやりすぎだが、彼氏の周りにこんな女がウロついてたら目障りなのは確かだね😩 まあでも、いくらこの女にイラっときたからって尾花の態度もどうかと思いましたけどね。 自分から誘っておいて「期待はずれ。 帰れ」はないでしょうw 倫子は「おばさん」呼ばわりされたのであの態度でも許す。 『グランメゾン東京』5話 あらすじ 3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。 記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。 そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。 しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。 オープンして、すぐに閉店の危機。 そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。 店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。 そして、そこに強力な助っ人が加わった。 祥平(玉森裕太)だ。 祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。 全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。 tbs.

次の

『グランメゾン東京』“事件”の真犯人にネット衝撃「ノーマークだった」(ネタバレあり) /2019年11月18日 1ページ目

グランメゾン東京 ネタバレ

「グランメゾン東京」 第11話(最終回)のあらすじ ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? 「グランメゾン東京」|第11話ネタバレ それではグランメゾン東京第11話最終回のネタバレです。 丹後シェフの誠実さに江藤救われる! 江藤:どうして? 丹後:柿谷から連絡もらったんです。 江藤:私を笑いに来たんですか? 丹後:全部、失くしたときの気持ちは俺も知ってる。 パリで失敗したとき、誰もいなくなったガラーンとした店に、あなたが来てくれたときのことを今でも覚えてる。 今度は、俺が救ってやる! 江藤:丹後シェフ・・・ 江藤にgakuを追い出された丹後が、江藤を救うために戻ってきました。 辛いときに救われた恩を忘れず、本当に困ったときに助けにきてくれた丹後シェフは、本当にカッコよかったです! 丹後シェフのおかげで江藤も心を入れかえ、誠実な対応をするようになりましたね。 誠実さは人の心に届き、人の心までも変える!ことを教えてもらえました。 倫子、魚料理完成!『はたのロティ・ノアゼットワンショア』 相沢:意識を吹っ飛ばされるような迫力がある! 京野:倫子さん、あなた本当にすごい料理人です! 尾花は、感激の涙を浮かべていました。 倫子シェフが自分で考え、自分で作った魚料理のメニューが仲間たちに認められた瞬間でした。 ・・・がまだ尾花は倫子にOKは出していません。 尾花の言葉に心を動かされたリンダは・・・ あとマジでヤバかったと感じたところその1、リンダさんと尾花さんの絡み、これ海外ドラマやん?!?!?!ってくらいオシャレすぎ2人ともクールすぎばりヤバすぎたし無理すぎ完全に木村拓哉しか出来ひんやつありがとう — ヌヌヌ子 nnnnnnnunu リンダ:私は自分の舌に嘘をついてことは一度もない。 尾花:だったら、もう一度食べに来いよ! リンダ:行かない! 尾花:逃げんなよ。 怖いんだろ! リンダ:何言ってんの。 尾花:うちの料理食べんの。 今までで最高! その感動を味わいたくてフーディたちは世界中を旅する。 でも、少しずつハードルが上がっていって、いつの日か何を食べても心が動かなくなってんだろう!自分のベストを超えられなくなってる。 もう一度、経験したくないか?あの興奮を?美食を極めたリンダが人生で最高のフルコースを出す!だから、頼むリンダ。 リンダ:あなたこそ、随分必死ね。 尾花の説得で、リンダがグランメゾン東京のフルコースを食べてくれましたね。 そして、ミシュランの調査員にも来てもらうことができました。 審査をうけることができて本当に良かったです! グランメゾン東京のフルコースに感動の涙!? グランメゾン東京三ツ星を獲得するために開発したメニューを食べたリンダ。 遠くをみつめながら流した涙はとても美しかったです。 リンダの人生で最高のフルコースに出会えた喜びと、今後の自分の未来をみつめて流した涙だったのでしょうか? 倫子の「グランメゾン東京のフルコースは旅をしてでも、食べる価値があるでしょうか?」という問いかけに「ある」と答えたリンダがとても印象的でした。 三ツ星獲得の瞬間.

次の