ビタミン e 効果。 ビタミンEの効果・効能、抗酸化物質としての働き

ビタミンEにシミを予防したり美白の効果がある?過剰摂取に注意!

ビタミン e 効果

抗酸化作用(細胞の酸化を抑える効果) ビタミンEの特徴は抗酸化作用です。 脂肪の酸化防止の働きがあり、老化、シミ、動脈硬化などの原因となる過酸化脂質の増加を防ぐ効果があります。 体内の各細胞の細胞膜や核、ミトコンドリア、ミクロゾームなどの各小器官の生体膜の構成成分である不飽和脂肪酸は、活性酸素により酸化されると過酸化脂質となり、劣化してしてしまいます。 ビタミンEはこの活性酸素による酸化を抑える効果があります。 活性酸素は身体にとって必要なものですが、過剰に発生してしまうと細胞を酸化させて傷つけます。 これが老化やガンの原因といわれています。 また、活性酸素は悪玉コレステロール(LDL)を酸化させ、血管内に付着させる作用もあります。 これは動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病を引き起こす原因となります。 毛細血管を拡張し、血流を良くする効果 ビタミンEは末梢の毛細血管の拡張して血行を良くする働きがあります。 このため、冷え性、肩こり、頭痛など、血流が悪いことで起きてしまう症状に効果があります。 肌荒れ・しみ・しわの予防効果(アンチエイジング) 肌のしみやそばかすの原因はメラニンという成分ですが、メラニンはとても重要な働きを担っています。 紫外線が表皮の下の真皮にまで侵入するとコラーゲンやヒアルロン酸などからなる網目状の細胞に乱れや破壊が生じ、その結果保湿性、弾力性が失われて、肌がしわになってしまいます。 メラニンは紫外線を吸収する作用があり、この作用によりで肌を守っています。 ただし、ストレスや不規則な生活などで新陳代謝が乱れると、生成されたメラニンは皮膚の表層に押し出されずに、メラニン色素が沈着してしまいしみやそばかすの原因となります。 ビタミンEには紫外線により発生した活性酸素を除去し、活性酸素による皮膚の老化から肌を守り、しみやしわなどを予防する効果があります。 その他、ビタミンEが毛細血管を拡張することにより、肌の隅々まで血液が巡回し肌荒れを予防する効果があります。 不妊改善・更年期障害の緩和・生殖機能の維持効果 ビタミンEはもともとラットの不妊の研究で発見されたビタミンで、別名「トコフェロール(tocopherol)」とは、tocos(子どもを産む)、phero(力を与える)、ol(水酸基をもつ化合物の総称)という意味からきています。 ビタミンEは副腎や卵巣などに高濃度で含まれており、直接男性ホルモンや女性ホルモンなどのステロイドホルモンの代謝にも関わっています。 さらに、ビタミンEは性ホルモンなどの生成や分泌の調整をする脳下垂体に働きかけて生殖機能を維持しています。 この作用により、月経前のイライラ、生理痛、生理不順などを改善する効果があります。 また、閉経後の女性は、女性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが大きく変わり、肩こり・めまい・冷え・のぼせ・息切れ・手足のしびれなど更年期障害の症状がでる場合があります。 ビタミンEは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンに関与しており、ビタミンEを多く摂取すると更年期症状を軽減する効果があります。 不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。 研究では、ビタミンEと排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告もあります。 男性もビタミンEの投与によって、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。 コレステロール値を下げる効果 ビタミンEには悪玉コレステロール(LDL)値を下げ、善玉コレステロール(HDL)値を上げる効果があります。 多くの研究でコレステロール値を下げる効果が確認されています。 コレステロール値低下作用はビタミンEの中でもトコトリエノールで確認されています。 このため、ビタミンEは抗酸化作用で血液中のコレステロールの酸化を抑制する効果があります。 動脈硬化を予防する効果 コレステロールはリポたんぱく質である悪玉コレステロール(LDL)によって各細胞へと運ばれ、同じくリポたんぱく質である善玉コレステロール(HDL によって回収されます。 コレステロールが増え悪玉コレステロール(LDL)が増加すると、活性酸素により酸化され酸化LDLとなります。 酸化LDLは運搬機能を失い、マクロファージによって処理されますが、処理しきれなくなると血管内に付着してしまいコブのような状態となり、動脈硬化の原因となります。 ビタミンEは抗酸化作用で悪玉コレステロール(LDL)の酸化を予防する作用があるため、動脈硬化を予防する効果があります。 また、動脈硬化は、高血圧や心筋梗塞、脳卒中など死亡率が高いとされる様々な病気を引き起こす原因のため、これらの予防にも効果があります。 貧血(溶血性貧血)を予防する効果 赤血球の膜も他の細胞と同じく不飽和脂肪酸で形成されており、活性酸素によって酸化されると、赤血球膜が破れて赤血球が壊れてしまいます。 また、細胞膜に結びついて構造的に安定させる働きがあり、ビタミンEが不足すると酸化のせいだけでなく、構造から赤血球の膜が壊れやすくなります。 これにより、血中の赤血球の数が少なくなる溶血性貧血になります。 ビタミンEは抗酸化作用で活性酸素から不飽和脂肪酸を守り作用があるため、赤血球の破壊による血中の赤血球の減少を防ぎ、貧血を予防する効果があります。 関連記事.

次の

ビタミンの種類と効果【管理栄養士監修】

ビタミン e 効果

は若返りのビタミンとも言われている抗酸化作用が強い栄養素です。 ナッツ、アーモンドや煎茶などの食べ物に含まれていますので手軽に摂取できます。 ただビタミンEを過剰摂取すると骨粗しょう症のリスクもありますので注意が必要です。 ビタミンEには血行促進や抗酸化作用などがあるほか、女性にとってうれしい美肌効果も期待できます。 夏の紫外線に対抗するビタミンEは毎日サプリなどで摂取すると効果的です。 ただ過剰摂取は禁物です。 ビタミンEの効果とは? ビタミンEには老化や生活習慣病の原因となる細胞の酸化を防ぐ効果があります。 血流を良くする効果もあるので冷え性や肩凝り、肌荒れなど女性には特に魅力的な効果が多いのも有名でしょう。 若返りのビタミンとも呼ばれているくらいですので美容のために注目している女性も多いです。 また、血行促進にも良い影響を与えるため、日本人の死因に多い 脳卒中や脳梗塞の予防にも繋がっています。 近年ではガンの予防にも効果があると考えられて様々の研究が行われているようです。 また生殖器への影響も大きく、ホルモンバランスに関わるということで、しっかりビタミンEを摂取することにより 更年期障害を緩和する作用もあるので年齢や性別関係なく大切な栄養になります。 ビタミンEが含まれる食べ物は? ではどのような食べ物でビタミンEを摂取することが出来るのでしょうか? 大まかに言うと油や魚卵、種実類などに多く含まれています。 具体的な例として、• いくら• たらこ• アーモンド• なたね油• マーガリン が挙げられます。 大根の葉や 桃などの 普段の食事でも食べやすい野菜や果物にも含まれているので、ビタミンEを摂取しやすいかと思います。 食べるのが苦手という方は 煎茶や抹茶にもビタミンEは含まれていますので、お茶を呑みながら無理せず摂取する事も可能です。 ビタミンEは意外と沢山の種類の食べ物に含まれていますので、 偏った食事をしていない限りは意識せずに日々体に摂り入れられていると思います。 というわけで、サプリメントなども見かけますが、 なるべく普段の食事から摂取するように心掛けましょう。 副作用はあるの? 普通に摂取している分には個人差はあるもののそれほど副作用はありません。 しかし 過剰摂取 してしますと• 体のほてり• むくみ• 胃がむかむかするなどの胃の不快感• 便秘 などの症状が現れる可能性があります。 これらをただの体調の悪さと捉えて、気にせずに 長期間ビタミンEを過剰摂取し続けると、• 目のかすみ• めまい なども起きてしまいます。 他にも 大きな副作用となりますと、 骨粗しょう症になりやすくなると言うことです。 但し、過度に摂取した場合に限られます。 他にも、元々 ビタミンEの良い効果としてあった 血行促進などの血流に関する効果が逆効果となり、怪我や手術などの際に 血が止まりにくくなり大量出血の恐れが出てきてしまいます。 この事から 手術を控えている人には一ヶ月や数週間前からビタミンEの摂取を控えるなどの措置も取られるようです。 不足すると体調不良になる? 日本人の食事でしたらまず不足しすぎることはありませんが、不足しすぎると全体的に体調が悪くなりやすいです。 特に影響出やすいのは貧血や不妊症が上げられます。 他にも血行障害や肌にシミの増加などもあります。 主に 良い効果の逆の現象というとわかりやすいかもしれません。 ビタミンE欠乏症にならないためにも バランスの悪い食事は控えましょう。 肌に良い効果がある? 肌に良い効果を与えてくれるビタミンEですが、 特に夏の肌に大きく影響を与えてくれます。 夏は紫外線が多く、 それを浴びてしまうことで体内では を攻撃する が発生してしまい、シミやそばかす、たるみなどの肌の老化の原因に繋がっていきます。 しかし ビタミンEはその悪い酵素を減少させてくれる物質を増やしてくれるので結果的に 肌を悪い影響から守ってくれるのです。 また、ビタミンEは体内だけではなく肌の表面にも出てきてくれるので、 肌をバリアしてくれる効果もあります。 もちろん元々ある 血行促進の効果も肌にしっかり効果を表してくれています。 冷えからくる肌トラブルも多く、顔のニキビや吹き出物は場所によっては冷えが原因でできているものもあるくらいなのです。 血行促進を促すことで体が温まりやすくなり肌トラブルも減るという効果もあります。 少し遠回りに感じるかもしれませんが、 ビタミンEはしっかりと肌のために活躍してくれているのです。 特に20代くらいの若い時からきちんと摂取しているとその効果は発揮されやすいです。 骨粗しょう症の引き金に? 驚くべきことに、 ビタミンEを取りすぎると骨粗しょう症の原因になってしまいます。 アンチエイジングに効果があるから、と、たくさん摂取して骨粗しょう症になってしまっては全く意味がありません。 特に元々 骨粗しょう症は男性より女性が発症しやすく、ビタミンEは先にも言ったように若返りのビタミンとして女性に注目されていることから、 美容に気を使ってビタミンEを取り入れている人ほど他の女性より発症率が高くなってしまいます。 この ビタミンEが骨粗しょう症の原因になるという話は数年前に実際に研究を行って出た結果であり、ニュースでも報道されていたくらいですので聞いた事ある方も多いのではないでしょうか?何故原因になってしまうのか、 それは簡単に言うと人間の体にある 骨を壊す細胞がビタミンEの過剰摂取により大きく成長し、 骨をどんどん弱くしてしまうからなのです。 元々骨を壊す細胞は悪いものではなく、古くなった骨を吸収し新陳代謝を高めるものです。 それが ビタミンEの過剰摂取により力も大きくなり健康な新しい骨にまで影響が出てしまうということです。 妊娠に良い効果がある? ビタミンEは 元々不妊症の研究の際に発見された くらいなので妊娠にはとても良い効果 を与えてくれます。 まず、 血行促進の効果が冷えを防いでくれるので、体内や子宮を温かくしてくれるだけではなく、 血流を良くした事により血中の酸素を運ぶ力が強まり、お腹の中の赤ちゃんにもしっかり酸素が行き届き、温かい空間を作ってくれるのです。 というわけで、 妊娠初期は 摂りすぎない程度になるべくビタミンEを摂取することをオススメします。 もちろん 不妊に悩まれている方にも効果はあります。 赤ちゃんが出来やすい体にするのに特に 冷えは大敵です。 上にも書いたように血行促進効果がその点はとても役に立つでしょう。 そしてビタミンEにはホルモンの分泌を促進してくれる効果 もあります。 これにより受精しやすい状態を維持し、 赤ちゃんが過ごすための環境作りとして子宮にも良い効果を発揮してくれます。 また女性ホルモンに限らず 男性ホルモンにも良い影響を与えてくれるので 男性の生殖器にも良い効果を期待出来ます。 パートナーと一緒にビタミンEを取り入れた食事をしていくことで妊娠への一歩が踏み出される事でしょう。 育毛には と一緒に? 過剰摂取は良くないですが、 血行促進効果は頭皮にも良い影響を与えてくれます。 特にビタミンCと一緒に摂取することでより良い効果 を発揮してくれます。 ビタミンEは血管を広げて血液を流れやすくしてくれますので、その結果 綺麗な血液が廻りやすくなるのです。 他にも頭皮細胞を壊す 脂質の生成を抑えてくれたり血管を守ってくれる効果もあります。 生活習慣病やストレスにも少なからず効果がありますので、精神的な面でも育毛の手助けをしてくれるでしょう。 薄毛は男性ホルモンが多く影響しています。 その点もビタミンEの ホルモンバランスを整える働きにより、偏っていた過剰な男性ホルモンを抑えて 体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが整い、結果的に髪だけではなく体にも良いサポートをしてくれるでしょう。 育毛についてはビタミンEだけに限らず、 他のビタミンにも育毛の手助けをしてくれるものがあります。 過剰な期待はできませんが、血行を健やかにすることは育毛には大切です。 ビタミンEで若返り効果?【身近な食べ物から摂取できる!】のまとめ 若返りのビタミンとも言われるビタミンEは、抗酸化作用が強いので毎日摂取すると健康に良い効果をもたらしてくれます。 ただ、過剰摂取の悪影響も指摘されているので、適度な摂取を心がけましょう。 カテゴリー•

次の

ビタミンEの働きと1日の摂取量

ビタミン e 効果

ビタミンEは1920年にアメリカのマッティル(Mattill)がラットを脱脂粉乳のみで飼育したところ、不妊になるという現象を発見したところから始まります。 1922年になるとアメリカのエヴァンス(Evans)がラットをたんぱく質、ミネラル、既知のビタミンを十分に含む飼料で飼育しても次世代での繁殖が見られず、これに小麦胚芽、牧草のアルファルファ、レタスを加えたところ正常な繁殖状態に戻るという実験結果を発表しました。 翌年エヴァンスは、追加で加えた食品の中に脂溶性で、欠乏すると卵子が受精後に十分に成長せず、死産となってしまう物質が含まれていると報告します。 1923年にアメリカのシュアー(sure)はこれをビタミンEと命名します。 ちなみに下の画像は小麦胚芽ですが、小麦胚芽にはビタミンEが100gあたりで28. 3㎎と非常に多く含まれています。 もともと細胞膜中にある不飽和脂肪酸の数はビタミンEの数千倍で、ビタミンEだけでは酸化を防止する効果も限定的です。 しかしながらビタミンEはビタミンCによって再活性化され、さらにビタミンCもグルタチオンによって再活性化されます。 このようにビタミンEが何度も再利用されることで多量の不飽和脂肪酸の酸化を防止しているのです。。 活性酸素は免疫機能をつかさどる反面、過剰に発生した場合細胞を攻撃して傷つけてしまうこともあります。 活性酸素は、スーパーオキシドアニオンラジカル、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素などが知られています。 ついになっていない電子は安定しようと他から電子を奪おうとします。 電子が奪われることを酸化、電子が与えられることを還元と言います。 フリーラジカルによって電子が奪われた側は新たなフリーラジカルとなり、さらに他から電子を奪うという酸化の連鎖が続いてしまいます。 活性酸素のスーパーオキシドアニオンラジカルやヒドロキシラジカルもフリーラジカルの一種です。 ビタミンEの年代別食事摂取基準 年齢 男性(mg 女性(mg 推定平均 必要量 推奨量 目安量 上限量 推定平均 必要量 推奨量 目安量 上限量 0〜5 月 - - 3. 0 - - - 3. 0 - 6〜11 月 - - 4. 0 - - - 4. 0 - 1〜2 - - 3. 5 150 - - 3. 5 150 3〜5 - - 4. 5 200 - - 4. 5 200 6〜7 - - 5. 0 300 - - 5. 0 300 8〜9 - - 5. 5 350 - - 5. 5 350 10〜11 - - 5. 5 450 - - 5. 5 450 12〜14 - - 7. 5 650 - - 6. 0 600 15〜17 - - 7. 5 750 - - 6. 0 650 18〜29 - - 6. 5 800 - - 6. 0 650 30〜49 - - 6. 5 900 - - 6. 0 700 50〜69 - - 6. 5 850 - - 6. 0 700 70以上 - - 6. 5 750 - - 6. 0 650 妊婦 - - 6. 5 - 授乳婦 - - 7.

次の