わたし を あきらめ ない。 「“わたしをあきらめない” 〜5年1組子どもたちと先生の一年〜」

“わたしをあきらめない”~5年1組 子どもたちと先生の一年~ NHK総合【NHKスペシャル】|JCCテレビすべて

わたし を あきらめ ない

2011-07-25 なでしこのあきらめない信念 あきらめる勇気 ありがたくも忙しいことになかなかコラムを書けずにいたら、書こうとしていたネタの旬を逃してしまった。 ヤツがどれほど忍耐強く、下を向くことなくひたむきに努力を重ね再就職を勝ち取ったにせよ、わたしが就職内定の報せに思わず自転車を飛び降り「マジで!? 」と歓喜の声を上げるほど感動したとしても、「なでしこジャパンW杯優勝」のビッグニュースを前に「おーちゅんのハロワーク物語」は、どう考えてもボツであろう。 この、何と言えばいいのか、自らは何ら意図することもなく、自分のまったく預かり知らぬところで、何の落ち度もないにもかかわらず、残念な役回りを与えられてしまうこの感じ。 たとえば、居酒屋の付き出しが自分だけショボい、空港の荷物が自分だけ出てこない、あるいは、自分がオーダーする料理がことごとく品切れだったり、ある日の食卓では、あさりのみそ汁をすすれば自分だけジャリっと砂を噛まされる、万願寺とうがらしの煮物をいただけば自分だけ辛い目に合う。 おわかりいただけるだろうか。 そう、それがおーちゅんなのである。 ということで、おーちゅんの話はこの辺にして話題はガラリと上向き「なでしこジャパン」へ。 氷河の一滴岩をも砕くがごとき、ひたむきな努力の末に勝ち取った女子サッカーW杯の優勝カップ。 女子サッカーの多くの選手は、男子に比べれば年収も低く、サッカーの練習だけに集中できる環境にはない。 結果を出さなければ、人気がなければ、観客もスポンサーも集まらず生活もままならない。 バブル後の不況で企業スポンサーが次々撤退し、所属チームが消えていく中、「女子サッカー」そのものの存続さえ危ぶまれる時期を、なでしこたちは耐え抜いてここまで来た。 多くの選手たちはスーパー・居酒屋・工場などのバイトと掛け持ちながら、それでもあきらめなかった。 いや、中には、経済的にも精神的にも追い詰められた状況で、あきらめざるをえなかった選手・仲間もいたことだろう。 戦争中の宝塚歌劇団の物語でも映画フラガールでも、貧しさや家庭の事情で、夢をあきらめるしかなかった友と、その友の分まで何が何でも夢を叶えてみせると誓う女性たちの友情と希望が描かれている。 たとえ苦しくても、わたしはまだサッカーを続けられる、練習ができる、舞台に立つ夢を持ち続けられる。 そんな自分と同じ気持ちを持ちながらも、あきらめざるをえなかった仲間がいる。 だから、自分はあきらめない。 それが唯一、そうしたかったのにそうは生きられなかった友や仲間に対する誠意というものだろう。 「あきらめない心」というのは精神力の強さうんぬんではなく、友情、恩義、責任感、未来へつなぐ使命感。 いわば、自分以外の人の心をどれだけ強く自分のものにできるかにかかっているのかもしれない。 「わたしたちは結果を出すしか道がなかった」という澤選手の言葉には、結果を出さねば先がない女子サッカーの現状に対する悔しさ、葛藤、ジレンマが滲む。 でも、だから、今ピッチに立てるわたしたちがやるしかない。 でないと、一生悔しいまま終わるのみ。 五輪・ワールドカップで優勝を果たさなければ自分たちに明日はない危機感との闘いが、彼女たちの精神力を強く、太く、しなやかに鍛え上げたことは確かだろう。 ただ、どうだろう。 言わなくてもいいことをあえて言わせてもらえば、もし、なでしこたちが、グラビアを飾るようなセクシー美女軍団か、あるいはスポーツ選手にしては可愛すぎるドリームガールズであったなら、結果を出すまでもなく注目を浴び、世間は萌えに萌えて盛り上がっていたはずである。 それこそビーチバレーの浅尾美和やバドミントンの小椋&潮田、あるいはカーリング娘たちのように、「世界一」まで届かずともメディアに取り上げられる機会には恵まれたに違いない。 わたしは、それが女性蔑視とも女性差別とも思わないし、むしろ女性の方が世に出る選択肢、打って出る手数が多いということだと思う。 ただ、これが下手に「なでしこジャパンが可愛すぎる件!」みたいに騒がれ、なでしこリーグはファンたちで埋め尽くされるような日常であったなら、もしかしたら今の「なでしこジャパン」はなかったかもしれない。 なぜなら、選択肢が増えるというのは逃げ道が増えるということでもあるから。 たとえばモデルやタレントになってそこそこ活躍できたり、次から次へ言い寄ってくる男性がいるとか、この道以外にもそれなりに自分らしく生きて行けそうな道があるとなれば、ついつい逃げたくもなる。 たとえ逃げたとしても「幸せならいいじゃないか」と大目に見てもらえる。 それもまた女性の特権なのである。 澤選手は、かつて米国プロリーグ移籍中、連邦政府エージェントのアメリカ人男性との結婚を決意していた。 が、日本女子サッカーの低迷を救うため、結婚を断念し帰国。 相手の男性も「きみがサッカーをやめて、専業主婦で家にいる姿は似合わない」と、結婚して米国で暮らす意志を固めかけていた澤選手の消えかけていたサッカーへの情熱に、再び火をつけたのも彼だったという。 サッカーと共に人生があるような、あの澤選手でさえ「サッカーは、もういいか」と、あきらめた瞬間があったのだ。 わたしは、そのことに同じ女性として深い共感を覚えた。 けれどそこで、自分は何のために米国へ来たのかと自らに問い直し、恋人とは別れ、日本女子サッカーのリーダーとして五輪出場を果たすところが澤選手の秀でた才覚である。 恋も仕事も結婚も子どもも、幸せな家庭もステキな暮らしも、自分だけの自由も自分らしい生き方も何もかもあきらめないのが良しとされる今の時代に、サッカーをあきらめないために結婚をあきらめる。 一生あきらめるというわけではなくとも、その時、あきらめることが心の向きとして大事なのだ。 そんなまさに大和撫子と呼ぶにふさわしい澤選手の慎ましき覚悟に、あきらめないというより、あきらめる勇気をもらったわたしである。 何と言っても、今の苦しみが楽になると見れば、すぐに逃げるわたしである。 だいたい自分が澤選手の立場なら、相手の男性にそんなことを言われても「わたしがいい言うてるからいいねん!」と、さっさと結婚しているに違いない。 で、いざ専業主婦の生活を3ヵ月くらいこなした後「やっぱり、わたしにはサッカーしかない!」と別れを切り出すのは、自分の過去の経験からしてそうなるに違いない。 「だから最初に言うたやないか!」「そんなもん、やってみなわからんわ!」と英語でやいやい言い争った挙げ句、捨て台詞の1つでも吐いて日本に戻り、またイチから、チームを探すところからやり直すのがわたしのお決まりのパターンであるからして、わたしの場合は、とにかく逃げ道を塞いでおかないといけないのである。 たとえばわたしが今、自分が稼がずとも何不自由なく暮らせる甲斐性マンと一緒だったら、これほど仕事に心血注げるか、この年齢でまだ「書いて食べていける人間になりたい」と本気であきらめず思い続けられていられるか自信がない。 たぶん、仕事はそれなりに続けているのかもしれないが、今ほど死に物狂いで「何でもやらせてもらいます!」とがっついていないだろうし、ましてやこのwebマガジンを創ることもなかったかもしれない。 そういう意味では、日々、油断できない、安心できない、何がどうなるかわからない不透明感をことあるごとに漂わせ、自分ひとりでは持ち続けられない危機感を与えてくれるパートナーの存在は、なかなかどうして小さいようで大きいのである。 何しろ、ただそこに居るだけで、逃げ場をふさぐ要塞の役目を果たしてくれているのだから。 米国との決勝戦、引き離されても追いついて、最後の最後まで「勝利」をあきらめなかったなでしこの選手たちは、「あきらめる」ということなど端っから「あきらめているわ」とでもいうような清々しい闘志を見せてくれた。 では、自分のような並みの人間が「あきらめない信念」を保ち続けるにはどうすればいいのか。 それは、決して「大丈夫」とは思えない、あきらめようにもあきらめさせてくれない相手とペアかチームかタッグを組むことである。 そうすれば、いやでもあきらめられない。 少なくとも自分のように、小学校6年間、通知表につねに「あきらめが早すぎる」と書かれていたような人間は。

次の

わたしはあきらめない

わたし を あきらめ ない

渡邉信二先生のプロフィール 渡邉信二先生のプロフィール 約29年間、川崎市立小学校教諭及び総括教諭 市教育委員会学校教育部指導主事などを務める 2020年3月退職 NHKスペシャルの番組撮影当時は、川崎市立東菅(ひがしすげ)小学校教諭で5年1組担任でした。 また、渡邉信二の「つぶやきコラムABCDE」というブログを毎日のように更新し、日々、様々な発信をされています。 講座・講演・研修・授業研究会の招致等 歓迎します ということですので、子どもたちの教育のために幅広く活躍されているのですね。 渡邉信二先生が、川崎市教育委員会に勤務されていたころ、いじめ自死事件がありました。 その際、先生はこの事件の調査報告を担当されていました。 その時の経験から 「二度とこのようなことは起こさない」 ことを誓ったそうです。 しかし・・・いざ、学校で、教室で子どもたちと向き合うと、毎日が困難の連続。 クラスには様々な家庭環境の子がいます。 生まれた時から環境に恵まれない…そんな子もいたでしょうね。 また、どこの学校も同じかもしれませんが、どんなに先生が真剣に向き合っても、どこからともなく『いじめの芽』が吹き出してくることがあったようです。 どんな先生が担任であっても、 ちょっとした言葉の行き違い 見逃していたこと そう…大人からすればちょっとしたことが子どもたちには重大なことであったり…ほんの少しのほころびが「いじめの芽」となったりするのでしょう。 一昔前なら…金八先生や熱中先生、教師びんびん物語、スクールウォーズの時代なら、「熱血」で何とかなったのかもしれません。 とのことですから、正に子どもたちとのぶつかりあいが描かれているのでしょう。 まとめ 「わたしはあきらめない」でもなけれな 「あなたをあきらめない」でもありません。 「わたしをあきらめない」 この言葉にはどんな意味があるのでしょう。 子どもから見たら先生は「わたしをあきらめない」なのか、それとも、先生自身が自分の信念をあきらめないことを表した言葉なのか・・・番組を見ていればはっきりするのかもしれませんね。 休校が続く今、この番組を見て「学校って、いいなあ…」と思えるのでしょうか…。 (番組の意図はそういうことではないと思いますが).

次の

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち

わたし を あきらめ ない

1992年、高校二年でバルセロナ・オリンピックに出場した板倉美紀選手は、その年の暮れ、練習中にダンプカーにはねられ、瀕死の重傷を負った。 再起不能といわれたが、手術をくりかえしながらも、勇気とあきらめない心で懸命に練習をかさね、みごと復活をとげた。 本書は、板倉美紀選手のひたむきな努力の日々をあざやかに描きだしたノンフィクション物語である。 くじけそうなときに支えとなった家族、自宅に下宿させ指導をつづけている斎藤コーチのことなど、豊富なエピソードも感動的である。 板倉選手が出場した主なレースについてもていねいに描写され、記録されている。 また、本文中には子供時代から現在までの写真や主要レースの写真もたくさん入っているほか、情景のイメージをひろげるさし絵や、競歩がどういう競技であるかが一目でわかる図解もあり、たいへん読みやすい。 読む人に励ましをあたえずにはおかない一冊である。 板倉美紀さんから、生きる勇気と困難に立ち向かう力をもらう。 競歩の板倉美紀選手は、高校二年でバルセロナ・オリンピックに出場しました。 すばらしい記録を出して、日本の競歩の星と期待されていました。 ところがオリンピックの四ヵ月後、板倉選手は練習中にダンプにひかれ、ひん死の重傷を負ってしまいます。 命も危うい大けがから板倉選手は立ち上がり、努力をつづけて、またレースにもどってくるのです。 目標に向って努力する板倉選手の姿は、私をつよく感動させ、勇気づけてくれました。 たくさんの人に、板倉選手のことや努力する日々を知ってもらいたいと思いました。 板倉選手の決してあきらめない心は、読者のみなさんに大きな力をあたえてくれるでしょう。 競歩という、あまり知られていない競技についても、その歴史や特徴を書きました。 読んでもらえたらうれしいです。 内容(「BOOK」データベースより).

次の