映画 新聞 記者 京都。 新聞記者

京都)「ずっと通いたい」映画館のある日常ふたたび:朝日新聞デジタル

映画 新聞 記者 京都

関連ニュース 2020年6月9日 08:00 2021年春のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」 でヒロインに抜擢された清原果耶が初主演を務める『宇宙でいちばんあかるい屋根』 今秋公開 の、最新特報映像が到… 2020年5月27日 06:00 メディアのタブーに切り込み、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』 19 の藤井道人監督の新作『ヤクザと家族 The Family』が、20… 2020年5月13日 12:00 『新聞記者』『宮本から君へ』 ともに19 など数々の話題作を手掛けている映画会社スターサンズの河村光庸プロデューサーと『日日是好日』 18 の大森立嗣監督がタッ…• 2020年4月27日 04:00• 2020年4月21日 10:00• 2020年3月7日 12:05• 2020年3月7日 11:15• 2020年3月7日 11:10• 2020年3月7日 11:05• 2020年3月5日 14:00• 2020年1月15日 15:21• 2020年1月15日 12:00• 2019年12月5日 18:00• 2019年7月23日 18:03• 2019年7月2日 16:30• 2019年6月29日 19:45• 2019年6月29日 12:21• 2019年6月27日 20:30• 2019年6月4日 21:08• 2019年4月25日 05:00.

次の

映画「新聞記者」はなぜヒットしたのか?政治的リスクをめぐる覚悟と勇気を考える・レビュー前編

映画 新聞 記者 京都

あらすじ [ ] ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカは、における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。 そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。 極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。 彼女が調査を進めた結果、の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。 神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、の若手エリート官僚・杉原拓海と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。 神崎は彼の元上司だったのだ。 立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。 キャスト [ ]• 吉岡エリカ:• 杉原拓海:• 杉原奈津美:• 倉持大輔:• 関戸保:• 河合真人:• 神崎千佳:• 都築亮一:• 神崎伸子:• 神崎俊尚:• 陣野和正:• 多田智也: 劇中座談会「官邸権力と報道メディアの現在」(特別出演)• 司会・南彰(中央執行委員長) 劇中座談会を収録した書籍は『同調圧力』(2019年6月8日、、) 映画公開を記念し、同メンバーによるシンポジウムが2019年6月17日・21日に開催された。 スタッフ [ ]• 原案:「新聞記者」(刊)、• 監督:• 脚本:詩森ろば、、藤井道人• 音楽:• 主題歌:「Where have you gone」• 企画・製作:河村光庸• エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸、岡本東郎• プロデューサー:高石明彦• 共同プロデューサー:行実良、飯田雅裕、石山成人• 撮影:• 照明:平山達弥• 録音:鈴木健太郎• 美術:津留啓亮• 編集:古川達馬• 衣装:• ヘアメイク:橋本申二• 演出補:酒見顕守• ラインプロデューサー:平山高志• 宣伝:KICCORIT• 配給:スターサンズ、• 制作プロダクション:• 制作:スターサンズ• 製作幹事:• 製作:『新聞記者』フィルムパートナーズ(VAP、スターサンズ、、、イオンエンターテイメント) 製作 [ ] 監督の藤井道人は、企画を持ちかけられた当時、新聞も読むタイプの人間ではなく、政治にも無関心だったために自信がなく、オファーを2回断っている。 製作段階では、新聞記者だけでなく、同じくらい官僚の人に念入りに取材してリアリティを追求したが、内閣情報調査室のことは誰に聞いても詳細はわからなかったと言う。 映画の内容から反政府というイメージを持たれかねないにもかかわらず、この難しい役の出演を承諾したに対して、その決断を評価する声があがった。 なお、松阪はこの映画を制作した制作会社The icon取締役の渡辺万由美が社長を務めるトップコート所属である。 また、ヒロインの女性記者役に至っては引き受けてくれる女優が誰も居なかったため、しがらみのない出身のが選ばれたと報じられている。 評価 [ ] 映画監督のは、「これは、新聞記者という職業についての映画ではない。 人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ」とコメントを寄せた。 映画公開日前後から公式サイトが断続的にサーバーダウンして閲覧が難しくなる状況が発生した。 特定のIPアドレスからシステムを使用した集中的なアクセスを受けていると公式から説明があり、ではないかという疑いも持たれた。 配給会社によると客層は従来の中高年層が徐々に増えてきており、全国42の劇場で売り切れとなっていたも1万部の増刷が決定したという。 受賞 [ ]• 第11回• 特別賞(監督、及びスタッフ・キャスト一同)• 最優秀新進女優賞()• 2019年度• プロデューサー賞()• 第32回• 作品賞• 最優秀作品賞• 最優秀主演男優賞()• 最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)• 優秀監督賞(藤井道人)• 優秀脚本賞(、、藤井道人)• 優秀編集賞()• 2020年• 特別賞(製作チーム)• 日本映画優秀賞• 女優主演賞(シム・ウンギョン)• 第12回東京新聞映画賞• 第2回映画のまち調布賞• 撮影賞(今村圭佑)• 日本映画ペンクラブ賞• 日本映画部門第1位 興行成績 [ ] に全国143館で公開され、最初の週末となる6月29日と翌30日の全国映画動員ランキング初登場第10位となり、公開3日間の観客動員数4万9,871人、6,233万1,930円を記録し、1週目(6月28日〜7月4日)は累計で観客動員数10万6,807人、1億2,920万9,860円を記録した。 公開2週目の週末となると翌の2日間で観客動員数5万1,229人、6,485万8,230円を記録し、全国映画動員ランキングでは、10位から8位にランクアップした。 また、初週末3日間の数字を2週目週末が上回り、動員対比102. には、公開から11日間の累計で観客動員数17万2,127人、2億1,055万5,640円となり、累計2億円を突破した。 までに累計で観客動員数33万人、4億円を突破した。 受賞後の凱旋上映も合わせた累計興行収入は6億円を突破した。 備考 [ ] 制作総指揮のひとり、河村光庸は『新聞記者』の制作中、自身を追ったドキュメンタリー映画を企画。 映画が公開された年の11月15日、監督による『』が公開された。 制作・配給はスターサンズ。 脚注 [ ]• 映画ナタリー. 2019年4月19日. 2019年6月22日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月14日. 2019年6月22日閲覧。 com. 2019年5月22日. 2019年6月22日閲覧。 日刊ゲンダイDIGITAL 株式会社日刊現代. 2019年6月21日. 2020年1月25日閲覧。 com. 2019年6月4日. 2019年6月22日閲覧。 シネマカフェ. 2019年3月11日. 2019年6月22日閲覧。 2020年3月18日閲覧。 MOVIE MARBIE. 2019年7月6日閲覧。 アサ芸プラス 徳間書店. 2019年7月3日. 2020年1月25日閲覧。 日刊ゲンダイDIGITAL 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年6月26日. 2020年1月25日閲覧。 ハフポスト 2019年7月3日. 2019年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年10月3日. 2019年10月10日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月25日. 2020年2月13日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年12月12日. 2020年1月25日閲覧。 ステージナタリー. 2020年1月15日. 2020年1月17日閲覧。 朝鮮日報. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 モデルプレス. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月22日. 2020年1月23日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月11日閲覧。 石川智也 2019年11月12日. 朝日新聞. 2019年11月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• shimbunkisha -•

次の

新聞記者 劇場情報

映画 新聞 記者 京都

引用元:youtube あれ、ほんとにムカつきました(笑) 人の弱みに付け込んで、馬の鼻に人参ですよ。 一般の会社でもこういう事は多分にありますが、 内閣府がやっている事は大きすぎて罪が重すぎるんです。 信頼していた元上司の自殺で真実を突き止めるべく 正義を貫こうとした杉原も、この人参にはかなわなかったのですね。 多田の部屋から出てきて、吉岡に歩道でばったり出会うまでの 数分間の心の葛藤がセリフがなくてもこちらにまでヒシヒシと 伝わってきていました。 この瞬間の緊張感たるや・・・ 息が苦しくて心が痛かった・・・(泣) どうするの? どっちに転ぶの? ねえどうするの? とスクリーンを見ながらずっとそう心で問うてました(汗) 吉岡が鳴らす着信に気づきながら出なかった杉原は その時点で、70%もう決まっていたんだろうなと感じました。 杉原、あなたまでもか・・・ そう思わざる得ないですよ。 走り続ける吉岡が胸騒ぎを持ちつつ、杉原の口元をみて 絶望とも悔しさとも共感とも取れる表情をしていたんですよね。 彼女はきっと杉原を責めることはしないでしょうね。 引用元:youtube でも、問いますよね。 「私たちはこのままでいいんですか?」 そうなんですよ、このセリフが私たち見ている観客に 問われているメッセージなんですよ。 この映画は、現在の日本の政治を模していると 表現されている事も多く、確かに内容は、日本で起きている 政治家の癒着や文書改ざん、二次レイプなどを盛り込んでいます。 SNSでどんどん流されていく情報を見ながら 恐怖を感じました。 これはフィクションかノンフィクションかというほどに 境界線が見えなくなるようでした。 もちろんフィクションでホッとしていますが、実際は・・・ 内調の取材だけはどうしてもできなかったとプロダクションノートで 語られていましたが、実際映画のようなことが普通に行われている のだとしたら、私たちは何を信じてどう行動すればいいのかわかりません。 この映画を私は、単なる娯楽映画として観ました。 だから俳優や監督や音楽や映像などにとても興味をもっていて そういうところを重視していたのですが、結局は映画が伝えてくる メッセージ性の強さに翻弄されてしまいましたね。 とにかく 俳優さんがとてもとてもいいのですよ。 松坂桃李については、私はなめておりました。 イケメン若手という一括りにしていたのを今ここで詫びます(汗) セリフを言わずとも目の動き、表情などで十分すぎるほど 世界へ惹きこんでしまう力は半端なかったです。 引用元:youtube 演技うますぎー! いや、もうむしろ演技ではない? とさえ思えるほどでした。 彼女は新聞社を後にすると自宅で ずっとなぞ解きをしていますよね。 なんか薄暗い部屋で一心不乱になぞ解きをする姿を 観ていたら、彼女の闇部分の過去がそのシーンに 表現されているようでした。 この時、まだ吉岡は新聞社内では煙たがられていたし 総理大臣官邸における記者会見では、 先に書いた問題に鋭く質問をして煙たがられていました。 そんな存在であることも画面の薄暗さから 感じ取れるなと思います。 煙たがれる吉岡ですが、ああ女性だなって 思うシーンがありましたね。 彼女が仕事を始めるときに、 ハンドクリームを こすり合わせるように手に塗ってました。 これがけっこうな割合で画面に出てきて印象的なのですが 自分への気合入れなのかと思ってみていました。 でも、よくよく考えてみると私も普段は、 職場と家にハンドクリームを常備しているし、 なにかっていうと塗っています。 女子なら普通のシーンです。 それだけ リアリティを表現されていたと思いました。 役作りっていかに登場人物に近づけるかという事を シム・ウンギョンも松坂桃李も言っていました。 こんな細かなところまで徹底されていて、 すごいなあと感心しきり。 異端児であっても女性なのですよ。 青いボトルのポンプ式のものを使用していましたが 何を使っているのか気になったの私だけですかね。 これかなというのを見つけました! ヴェレダの青いボトルのボディオイルです。 でもラベルの色が少し違いますね。 ハンドクリーム代わりにオイルもよく使いますからね。 手の擦り合わせ方を見てるとオイルのようなきがしました。 ロクシタン? 引き続き探してみたいと思います。 【追記文】 なんとオイルでもハンドクリームでもなく 除菌ジェルという事がわかりました! 使っているという方がそうでないかと教えてくださいました。 まさかのライオンでしたw 画面ではラベルの部分はぼかしていたので これでほぼ間違いないのではないでしょうか。 一方で、松坂桃李のお家がめちゃくちゃ セレブリティでうらやましすぎました~。 高層階で窓が天井から下まで大きく広がっていて 東京の夜景が自宅でソファに座りながら一望できるとか さすがエリート官僚です。 こんな部屋で毎晩シャンパンとか飲むんですかねw ところで、 エリートの奥さんってみんな尽くすタイプで、 優しくてきれいで、それでいて強いタイプが多いんですね。 私はエリートの嫁にはなれる素質がなさそうです(汗) そりゃ、男はみんなそんな女が好きだろ。 吉岡と杉原が接触をはじめにするシーンが 神崎の葬式です。 これを境に二人は一緒に神崎の本当の自殺の理由の 追跡を始めます。 神崎の部屋のデスクの中には、ファックスが送られてきた 羊の絵と大学新設の内容が書かれた書類が見つかりました。 杉原は、神崎とは海外赴任中に上司と部下という関係で 家族ぐるみで信頼関係があったので、杉原が神崎の死の理由について 内閣府に疑問を持つのは当たり前なのです。 もともと杉原は、 内調で政権に不都合なニュースを コントロールする業務についていましたが、 そのひとつひとつに疑問を持っていました。 まっとうな人間なら普通はそうでしょう。 でも内調はもうみんな保身のために働いている人 ばかりに見えました。 実際は、その対価がおいしいから割り切ってる人も 多々いるのだろうと想像できます。 同僚なんて本当に淡々とロボットのように 情報操作していましたよね。 その中で、 杉原は人間くさいというか、 エリート官僚なのに、少しこっち側の人間というか、 だから感情移入しやすかったかもしれません。 上司の多田から杉原は目をかけられていましたが、 さすがにエリートだったからでしょうが、 吉岡と神崎の事を嗅ぎまわっているのを知られてしまい、 もう 立場が危ういのも認識していました。 だから吉岡が記事にしたいと杉原に言った時に、 承諾したし、記事がでて誤報だと言われた時には 自分の名前を出してもいいと決断をします。 ちょっとここは鳥肌もんでした。 映画らしいというか、おおおーって感じですw だってエリート官僚が内閣府を欺くわけですから、 期待感が高まります。 そう決めてから杉原が奥さんの病院へ行き、 生まれたての子供と奥さんを抱きしめて、 「ごめん」と連呼します。 そばにいてあげられなかった事 これから自分が内閣府を裏切る事 今みたいな暮らしをさせてあげられなくなる事 もしかすると自分も生きていられないかもしれない事。 その思いがあふれていた言葉でした。 ここめちゃくちゃ泣けました 泣 ラストの「ごめん」とは意味が違いました。 引用元:『新聞記者』フィルムパートナーズ むかーし昔に、真田広之と常盤貴子のドラマで 「タブロイド」というのがありました。 タブロイド紙の記者の話ですが、真実を追求していく 姿をちょっと思い起こさせました。 タブロイド紙の編集長もいつも冷静で、忠告をしつつも 常盤貴子の熱意を応援するみたいな感じ。 あ、話が逸れてしまいました(汗) そう、編集長はいつでも冷静でいないといけないものだと 思いました。 北村有起哉って初めて見た俳優さんなんですよね。 お父さんが北村和夫ってことで家族みんな俳優さん なんですね。 三越劇場で上演される怪談 牡丹燈籠にも出演されるって めちゃくちゃ有名な俳優さんでした(汗) そりゃあの重厚感ある演技! そして何より、内調の上司、多田を演じた 田中哲司が めっちゃこわいwww 引用元:『新聞記者』フィルムパートナーズ 国民を自分たちを守るための道具にしか思ってないという。 でも実際は、彼もラストシーンで寝返った杉原と同じように 鼻の頭に人参をぶら下げられて自分を守ってきただけの人なのかも しれないなと思ったのでした。 だとすると内閣府とは何なんだろう? すべてが真っ白とは言わないけど、黒すぎるーーーー!!! この方どこかで見たことあるなあと思っていたのですが、 仲間由紀恵の旦那さんですー! 映画には有名な実力派俳優さんが終結していたんですね。 見ごたえのある映画になるはずです。 ところで、キャストというわけではないのですが、 映画の中で原作著者の望月衣塑子がテレビニュースに 出演していましたね。 望月衣塑子といえば、菅官房長官です。 嫌われていますよね菅官房長官にwww 引用元:ハフポスト日本版 これをマイナスととらえる人も多いのだけど、 私はドキュメンタリータッチのサスペンス映画としては 面白かったと思います。 いきなり映像が波のように揺れ揺れの映し方をしていましたよね。 あれは何かの間違いではなくて、カメラワークが下手くそってわけでもなくて(笑) マスコミのあわただしさや、内閣府の闇などを表現する ひとつの方法かと思いました。 酔う寸前ですね(笑) そう、本編に出てきた日本で起きている問題とは、 彼女が取材をした問題なのです。 だからちょっとフィクションかノンフィクションかの境目が わからなくなってしまう危険性があるんだと思いました。 映画の中の吉岡にしろ著者の望月衣塑子にしても 国民に真実を届けたいというマスコミ魂みたいのものを 私は好きなんですよね。 そんな事できる人っていないでしょ。 保身なんですよみんな。 私も含めて保身に走ります。 ラストシーンの杉原も葛藤の末、保身に走りました。 どうしたらあんなに熱く戦えるのだろう。 でも吉岡が言った 「 私たちこのままでいいんですか?」は 胸に突き刺さる言葉となりました。 だからこそ、この映画を見た人は口をそろえて 「選挙に行こう」と言うのです。 映画の公開をこの時期に選んだのは意図的です。 7月21日の参院選選挙に焦点を合わせています。 映画プロデューサーの河村光庸が次のように語っています。 最後の砦である新聞メディアでさえ、現政権の分断政策が功を奏し「権力の監視役」たる役目が薄まってきているという驚くべき異常事態が起きているのです。 それと共に、そしていつの間にか暗雲のように社会全体に立ち込める「同調圧力」は、人々を委縮させ「個」と「個」を分断し孤立化を煽っています。 そのような状況下、正に「個」が集団に立ち向かうが如く、官邸に不都合な質問を発し続ける東京新聞の望月衣塑子さんの著書『新聞記者』が私に映画の着想を与えてくれました。 そしてこの数年日本で起きた現在進行形の政治事件をモデルにしたドラマがリアルに生々しく劇中で展開していくという映画史上初の試みとなる大胆不敵な政治サスペンス映画に着手しました。 そして、出来上がったのが映画「新聞記者」です。 本作は、報道メディアは政治権力にどう対峙するのかを問いかける作品です。 「これ、ヤバいですよ」「作ってはいけないんじゃないか」という同調圧力を感じつつ映画を制作し、宣伝でも多くの注目を浴びつつも記事にはしてもらえず、それでも何とか公開まで持っていこうというのが今の状況です。 引用元:yahoo news こんなエピソードがあるくらいヤバい映画です。

次の