松本 清張 証言。 顔 (松本清張)

黒い画集 (新潮文庫)

松本 清張 証言

NHK・BSプレミアムで9日(後9:00〜10:29)、ドラマ『黒い画集〜証言〜』が放送される。 60年以上前に書かれた松本清張の短編小説「証言」は何度も映像化され、今回で7度目となる。 しかも、今回は、舞台を現代に置き換え、主人公(男)の不倫相手を女性から男性に変更。 この大胆なアレンジについて、原作関係者は「清張もこの脚色を面白がると思う」と太鼓判を押したという。 男はそれを家族に隠し通すため、ある事件について「偽証」せざるを得なくなる。 普通の人がほんのちょっと道を踏み外したことから、とめどなく転落していく様子が、それはそれはホントに恐ろしいお話なのです」と評価する。 令和版『証言』では、原作のエッセンスはそのままに、現代日本ならではの磨きをかけ、バイセクシャルや偽装結婚という現代的な要素を取り入れながら、耐える妻の思いもよらない逆襲をビビッドに描く。 主人公・石野貞一郎役で主演するのは、。 妻・幸子を、貞一郎の不倫相手、梅沢智久をが演じる。 谷原も松本清張作品の魅力について「罪を犯したことがないような善良な市民が、ふとしたきっかけで別の一面をあらわにしていく。 そんな心の奥底を描く人間描写が魅力でしょうか。 これは誰にでも起こりうる物語だという観点で見ていただけると、より一層楽しめると思います」と、語っていた。 「設定を変更したことで舞台を現代にした必然性がグッと増し、ラストまで見応えのあるものになった」と、朝原監督の脚本を絶賛する。 谷原は「同性愛の設定が加わったことで、原作よりさらに複雑で挑戦的な内容になったと思う」と、大胆なアレンジに怯むことはなかった。 役作りのために年末年始も節制し、7キロちかく減量して撮影に臨んだらしい。 相手役の浅香も「僕が谷原さんの不倫相手役という設定変更には驚きましたが、グッと作品の求心力が強まった気がします。 僕自身、役者としてもチャレンジングな作品となりました」と、コメント。 谷原と浅香のラブシーンの撮影は、金沢ロケの初日、冬の夜、野外だったそう。 「撮影場所が燃え盛る陶芸窯のそばだったのが救いでした。 ラブシーンは、谷原さんがとても上手にリードしてくださって、円滑に進みました…今思い返すと少し照れくさいですね」(浅香)。 「浅香さんと以前に共演したときはここまで近しい関係の役柄ではなかったので、楽しみにしていました。 実際に役で相対してみて、改めてとても色気がある役者さんだと感じました」(谷原)。 そんな2人の様子を撮影現場で目の当たりにした西田は「とても美しくて純粋で、嫉妬してしまうほどでした」。 金沢ロケでは、「オフの日においしいラーメン屋さんを調べて一人で並んで食べたのですが、次の日の撮影の時にその話しをしたら、谷原さんも浅香さんも、おいしいものがお好きなので、仕事終わりにおふたりで『行くぞ!』とラーメン屋さんに向かっていました(笑)」と仲良しエピソードも明かしている。 今作の妻・幸子は、愛する夫の偽証、そして真実の告白と裏切りを許すことができるのか。 西田は「幸子の天真爛漫さの奥に潜むしたたかさ、それがとても怖くて物語に引き込まれます。 幸子の心理にご注目下さい。 それと、ラストが原作とは違っているので、そこも楽しみに見ていただけたら。 原作とは異なるラストに違っているので、そこも楽しみに見ていただけたら」と促していた。 人間はその弱さゆえに、失敗を犯し、嘘を吐き、裏切り、犯罪に手を染めてしまう。 犯罪にこそ踏み込まないまでも、たいていの人が多かれ少なかれ同じ経験をしていて、それゆえ小説の登場人物たちは、たちまち読者の身近な隣人となります。 今回のドラマの主人公たちもそれぞれに弱さを抱えた普通の人間たちです。 どこにでもいる普通の人間は、誰もが抱える弱さを支え合うための愛情を必要としていて、けれど、その愛情の形は一つではなく、単純ではありません。 愛情は自身からも相手からも発せられますが、それを突き詰めると、一体、自身のための愛情なのか、相手のための愛情なのか分からなくなる。 そんな、どこにでもいる私たちの生活にも潜んでいるはずの弱さと愛情が、主人公たちに引き起こす悪夢を九十分の束の間、お楽しみいただければと思います。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

松本清張のおすすめランキングベスト11!『砂の器』だけではない名作の数々

松本 清張 証言

『黒い画集』(くろいがしゅう)は、松本清張の短編推理小説シリーズ。 『週刊朝日』1958年10月5日号から1960年6月19日号に連載、光文社より1959年から1960年に全3巻で刊行された。 また、『別冊黒い画集』(べっさつくろいがしゅう)シリーズが『週刊文春』1963年1月7日号から1964年4月20日号に連載、文藝春秋新社「ポケット文春」より1963年から1964年に全2巻で刊行された。 また、それを原作とした映画シリーズ。 現在は新潮文庫から刊行されている。 『別冊黒い画集』も現在は文春文庫から刊行されている。 映画は3作が作られた。 () 「黒い画集松本清張」「黒い画集浅香航大」「黒い画集谷原章介」という言葉が話題です。 黒い画集~証言 BSコンシェルジュ。 ドラマのみどころ。 8日の金曜日にプレミアムではなく、総合でもお昼に放送されるのですね。 プレミアムの方は9日の早朝放送予定。 黒い画集 これ読んだ 短編小説 どれか憶えてない 谷原章介 なかなか演技がいい。

次の

黒い画集 あるサラリーマンの証言

松本 清張 証言

この節のが望まれています。 映画タイトル『 黒い画集 あるサラリーマンの証言』。 3月13日に系にて公開された。 1960年『』ベストテン第2位。 原作の松本清張が賞賛した作品の一つ。 現在は化されている。 ストーリー に妻子を持つ石野貞一郎はにある大手繊維会社管財課の課長、部下である梅谷千恵子を愛人として囲い、のアパートに住まわせていた。 12月14日夜、石野は見送りたいと申し出る千恵子と一緒にアパートを出る、人目もあることから千恵子より少し間を置き共に大通りへ出ようとしたところ、自宅近所の住民で、保険の外交員である杉山孝三に突然頭を下げられ、石野は反射的に頭を下げ返礼してしまう。 帰宅後、妻子には渋谷で洋画の2本立てを観て遅くなったと巧く取り繕うが、その夜から杉山が自分の不審な所在(千恵子の件)を吹聴しないかと不安になる。 2週間後、突然会社に刑事が訪れ、で起こった殺人事件に関する杉山のアリバイについて、石野は証言を求められる。 しかし事実を証言すれば千恵子との関係が露となる恐れがあり、そうなれば家庭はもちろん会社においても醜態を晒し、部長職への出世すら危うくなる、こうして刑事、さらには検事、そして自宅に訪ねて来た弁護士と証言を哀願する杉山の家内に対しても「その時間には渋谷で映画を観ており、だいいち大久保などへ出向く用事はない」と頑なな姿勢を貫く。 もはや杉山の死刑は免れられない状況となり、日に日に石野は苦悩が募る、千恵子を品川のアパートへ引っ越しさせるものの、やがて事態は収拾がつかない局面を迎える事となる。 キャスト• (石野貞一郎)• (石野邦子)• (石野君子)• (石野忠夫)• (梅谷千恵子)• (杉山孝三)• (杉山ミサエ)• (岩本夏江)• (松崎)• (森下)• (竹田)• (田辺)• (古川)• (岡崎)• (奥平)• (岸本)• (小松)• (早川)• (裁判官)• (食料品店おかみ)• (戸山正太郎)• (ハイティーン)• (果物屋の店員) 他 スタッフ• 脚本:• 監督:• 撮影:• 編集:• 音楽:• 美術:• 録音:• 照明: 逸話 ラストシーンの撮影は本物の警視庁前玄関を使って撮影されたものに加えて追加撮影されたものである。 当初のシナリオでは主人公が独房の中にいる場面で終わっていたが、ラッシュを見たプロデューサーのと、そして橋本忍が揃って追加撮影を主張したため取り直すことになった。 しかし最初の追加撮影を撮ったものの監督の堀川はこれが気に入らず、結局再度撮り直したものを劇中で使用している。 (1965. 7) 1984年版 松本清張の証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 脚本 柴英三郎 監督 出演者 プロデューサー 柳田博美 稲垣健司 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:02 - 22:51 放送枠 土曜ワイド劇場 「 松本清張の証言」。 、系列の「」枠(21:02-22:51)にて放映。 視聴率16. 5%(調べ、関東地区)。 化されている。 キャスト• 石野貞一郎:• 梅谷千恵子:• 杉山リエ:• 杉山孝三:• 石野勝子:• 神尾清吉:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:、• 監督:• 助監督:、• 制作:、• 音楽:• 撮影技術:• 照明:• 美術: 系列 前番組 番組名 次番組 (1984. 14) 1992年版 松本清張サスペンス 黒い画集・証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 企画 脚本 大藪郁子 監督 松原信吾 出演者 プロデューサー 斎藤守恒(木下プロ) 浜井誠(TBS) 林悦子(霧企画) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:54 放送枠 月曜ドラマスペシャル 特記事項: 第30回奨励賞受賞作品 「 松本清張サスペンス 黒い画集・証言」。 、系列の「」枠(21:00-22:54)にて放映。 視聴率19. 7%(調べ、関東地区)。 第30回奨励賞受賞作品。 キャスト• 石野貞一郎:• 石野春美:• 梅谷千恵子:• 奥平正勝:• 杉山孝三:• 杉田千春:• 山岸進:• スタッフ• 企画:• 脚本:• 監督:• 撮影:• 照明:• 美術:• 助監督:• 技術協力:• 制作協力:• プロデューサー:(木下プロダクション)、(TBS)、林悦子(霧企画)• 制作:、霧企画 系列 前番組 番組名 次番組 (1992. 26) 2004年版 松本清張の証言 ジャンル 原作 松本清張『証言』 脚本 監督 出演者 エンディング 「」 プロデューサー 下山潤(イースト) 松本基弘(テレビ朝日) 内山聖子(テレビ朝日) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:51 放送枠 土曜ワイド劇場 特記事項: テレビ朝日開局45周年記念企画 「 松本清張の証言」。 、系列の「」枠(21:00-22:51)にて放映。 テレビ朝日開局45周年記念企画。 キャスト• 石野貞一郎:• 奥平為雄:• 鴻上貴史:• 梅谷千恵子:• 石野美紀子:• 杉山孝三:• 朝峰太:• 江口:• 奥平の上司:• 大樹:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:(イースト)、(テレビ朝日)、(テレビ朝日)• 監督:• 助監督:• 照明:• 撮影協力:、、ほか• 制作協力:• 制作:、 系列 前番組 番組名 次番組 18 (2004. 3) 2020年版 BSプレミアム 松本清張ドラマ 黒い画集〜証言〜 ジャンル 原作 脚本 石川勝巳 演出 朝原雄三 出演者 音楽 国・地域 言語 制作統括 原克子() 後藤高久() () 撮影地 撮影監督 編集 石島一秀 制作 NHKエンタープライズ 製作 NHK 松竹 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 放送時間 土曜 21:00 - 22:29 放送分 89分 回数 1 『 黒い画集〜証言〜』(くろいがしゅう しょうげん)と題し、「BSプレミアム 松本清張ドラマ」としてにての21時から22時29分に放映された。 物語の舞台を現代に移し、原作中の男の悲哀や滑稽さはそのままに、主人公の不倫相手を男性に変更しやなどの現代的も要素を取り入れて大胆かつ斬新な解釈により翻案し、を舞台に、装い新たな版『証言』として制作された。 キャスト• 石野貞一郎 -• 石野幸子 -• 梅沢智久 -• 梅沢初枝 -• 杉山孝三 -• 石野貞則 -• 石野薫 -• 杉山沙紀 -• 、、、、、、、、浅井浩介、 ほか スタッフ• 原作 - 「証言」(『』より)• 脚本 - 、石川勝巳• 音楽 -• 撮影協力 - 金沢フィルムコミッション、さがみはらフィルムコミッション• 制作統括 - 原克子()、後藤高久()、(NHK)• 演出 - 朝原雄三• 制作 - NHKエンタープライズ• 制作・著作 - NHK、松竹.

次の