イラン コロナ なぜ。 イランの高官たち、新型コロナに集中感染の理由(WoW!Korea)

「新型コロナウイルス イタリア・イランでなぜ拡大?」(ここに注目!)

イラン コロナ なぜ

Q1: イタリアでは、人の移動が制限され、商店の営業が禁止されるほど深刻ですが、これほど急激に感染が広がったのはなぜですか。 A1: イタリアで、最初に感染者が確認されたのは1月の末で、中国からの旅行者とされます。 その後しばらく、感染者は発見されず、先月の下旬、イタリア北部で集団感染が確認され、以後、爆発的に拡大しました。 当初は危機感に乏しく、病院内で感染が広がったと指摘されています。 医療体制の不備に加えて、中国との経済的なつながりが強いこと、社会の高齢化が進んでいることも、背景にあると見られます。 感染は、移動が自由なEU・ヨーロッパ連合の加盟国に広がり、ドイツのメルケル首相は、「ワクチンもなく、人口の3分の2が感染する恐れもある」と強い危機感を表明しています。 Q2: 一方、中東のイランで感染が拡大したのはなぜですか。 A2: イタリアとも共通点があります。 イラン政府は、先月19日、最初の感染者と死者が出たと発表しました。 中国から帰国したビジネスマンとされ、その後、猛烈な勢いで拡大しました。 初動の対応に失敗したためで、イスラム教の集団礼拝も感染を拡げたと見られ、政府の要人も数多く感染しています。 ここでも、中国との密接なつながりが背景にあります。 イラン政府は、アメリカの厳しい経済制裁の中、中国との人の往来を止めるのを躊躇して、感染を拡大させたという指摘も出ています。 急増する患者に、医療体制は全く追いついていません。 Q3: これらの事例から何が読みとれますか。 A3: イタリアもイランも、瞬く間に手が付けられなくなり、周辺国にも感染を拡げてしまいました。 もはや、国ごとに対策を立てたり、人の行き来を遮断したりするだけでは、世界的な感染拡大にブレーキはかけられません。 WHO・世界保健機関を中心に、各国が正確な情報を共有し、検査キットや人工呼吸器、感染を防ぐための防護服を供給しあうなど、国際的な協力態勢を確立できるかが、この未曾有の危機を克服するカギとなります。 (出川 展恒 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の

視点;イラン、中国、世界の人々を巻き込んだ「新型コロナウイルス」をめぐる大きな嘘

イラン コロナ なぜ

A イランが中東の他国へ関与した契機は、1979年に親米の王制を打破したイスラム革命における反イスラエル政策だ。 革命前のイランとイスラエルは親米国家として、重要なパートナーだった。 だが、「革命の輸出」を掲げたイランの初代最高指導者ホメイニ師が「イスラエル占領下で苦しむパレスチナ人を解放する」と主張。 革命直後にイスラエルと断交した。 イランは、1980年代以降、反イスラエル闘争を続けるイラン国外の武装組織への支援を始めた。 代表的なのが、レバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」だ。 2万人以上の戦闘員を誇るとされるヒズボラはイスラエルと何度も戦闘を繰り返してきた。 最新鋭の軍備を有するイスラエル軍と互角に渡り合い、レバノン南部から撤退させるほどの強力な組織へと成長した。 A 支援を担ったのが、最高指導者直属の精鋭部隊・イスラム革命防衛隊だ。 中でも、米軍に殺害されたソレイマニ司令官は、対外工作を専門とする「コッズ部隊」を率い、イラクやシリア、レバノンなどの親イラン勢力への支援や訓練を担い、「三日月」形成に深く関わってきた。 Q 影響圏を広げようとするイランの狙いは何? A まず、背景に石油の利権をめぐって欧米列強からの干渉を受けてきた歴史がある。 干渉を防ぐために、地域のイスラム勢力が結集して対抗するという考えがある。 最高指導者ハメネイ師は、親イラン勢力のネットワークを「抵抗の枢軸」と呼ぶ。 イラン歴史研究・編纂(へんさん)センターのアッバス・サリミ所長(歴史学)は、「(介入は)イランの独立性の確保につながる」とし、「イランの国外への介入は外国勢力の侵略を避けるために(旧ソビエトの衛星国家のような)緩衝地帯をつくるという意味もある」と分析する。 A 古代ペルシャ帝国を作りあげ….

次の

イラン「新型コロナ致死率」が突出して高い事情

イラン コロナ なぜ

ロウハニ大統領は新型コロナに関する噂を広めないよう要請しました。 イランの 国営テレビによると、 モンタゼリー検事総長は 「症例数の発表を担当するのは保健省に限られており、違反した場合は国家安全保障に反する行為として起訴されるだろう」との声明を発表し、他の大半の当局による症例数の発表を禁止しました。 国営メディアによると、新型コロナにより、少なくとも 7人の当局者および政治家が死亡。 これには ザリフ外相の側近が含まれるといいます。 イランで新型コロナウイルス感染者数が多い理由 イラン当局は国内の新型コロナウイルス感染流行の発生源として、 イスラム教シーア派の聖地コムを挙げています。 コムには多くの 神学校や 聖廟(せいびょう)のみならず、 中国が後ろ盾となった インフラ建設プロジェクトも複数あります。 こうしたプロジェクトには 中国から来た多くの労働者や技術者が関わっていました。 コムを中心として築いたイランと中国との深い関係は、イラン経済が米国の制裁で低迷した時も、救いとなっていました。 それが今では、新型コロナウイルス問題で試練にさらされています。 塩崎悠輝 静岡県立大学国際関係学部 准教授はこう考えています。 イランで最初に感染が拡大したのはコムかもしれませんが、現在感染者が最も多いのは、首都テヘランと考えられています。 テヘランの人口1000万人の内、3~4割は今月中に感染するという専門家もいます。 テヘランで感染が拡大しているとなると、中国の武漢やイタリアのロンバルディア地方でやっているような、地域全体の封鎖というのは難しいです。 東京を封鎖するわけにはいかないのと同じことです。 現在、イラン政府がとっている対策は、革命防衛隊傘下の民間防衛組織、バシージの隊員30万人に、一軒一軒家を見回らせて、感染者と思われた人間は病院に収容する、というものです。 しかし、バシージは医療の専門家でも何でもないですから、専門家からは、この対策の意義は疑問視されています。 学校や大学の休校はすでに実施されています。 なぜイランでこれほど急速に感染が拡大したのか、というのはいろいろ説のあるところですが、外国の専門家が現地で検証することもできないので、本当のところはよくわからないです。 マスクや消毒液といった、基本的な公衆衛生のための物資が不足していることは確かです。 中国や韓国でも、経済への打撃は大きいですが、イランの場合、比較にならないくらい壊滅的な打撃になるのではないかと思われます。 イランは、米国の経済制裁には長年耐えてきましたが、けっこう耐えられているようでも、やはり社会のいろいろなところが脆くなっており、今回の感染拡大で、一挙に崩れてきているように見えます。 引用:.

次の