グーグル リモート デスクトップ。 在宅勤務で役立つグーグルクロームのChromeリモートデスクトップ

Chrome Remote Desktop

グーグル リモート デスクトップ

パソコンの遠隔操作が可能になるChromeブラウザの拡張機能 Chrome リモートデスクトップ は、Google アカウント と Google Chrome でリモート環境を実現する無料サービス。 2019年6月に Chrome ブラウザ の拡張機能として 、ファイルのアップロードやダンロード、表示モニタの選択、ローカルとリモート先のクリップボードの同期など、従来の リモートデスクトップ よりも機能が大幅に強化され オンライン版 が正式にリリースされた。 Chrome リモートデスクトップ はクロスプラットフォームで提供されており、 Windows ・ Mac ・ Linux のほか、 Android 、 Chromebook で利用できる。 Android アプリの使い方は下記参照 Android デバイスから PC を遠隔操作できる無料ユーティリティアプリ Android の Chrome リモートデスクトップは、 PC でセットアップされている「 Chrome リモートデスクトップ 」環境へ、外 […] リモートアクセスは ホスト が起動していないと利用できないので、 ホスト になる「 リモートされる側 」の PC は常時起動させておくか、Wake On LAN を設定して外部からの起動を可能にしておく必要がある。 Wake On LAN の設定 パソコンを遠隔起動させる WOL は NIC が実装している機能で、パソコンはシャットダウンしている状態でも電源ケーブルが接続されていれば マザーボードには 待機電源が供給されているため、WOL を有効にすることでネットワークアダプタからの起動が可能になる。 WOL は NIC に割り振られている 物理アドレス や MACアドレス , ノードID と呼ばれる固有の識別番号 宛に マジックパケット という信号を送信して起動させる仕組みのため、外部ネットワークから遠隔起動する場合は ルーターの設定も必要になる。 詳細は下記参照。 多機能な定番ウェブブラウザ Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「スピード、シンプル、セキュリティ」。 後発のブラウザながら、軽快な動作と […] Chrome ブラウザを使用して Google アカウント にログインした状態で「 Chrome リモートデスクトップ 」へアクセスする。 Chrome ウェブストアの Chrome Remote Desktop アプリのページが開くので「 Chrome に追加 」をクリックして拡張機能をインストールする。 アクセス権限が標示されるので「 拡張機能を追加 」をクリック。 「 Chrome Remote Desktop 」の拡張機能が追加され、プログラムのインストール準備が完了したら「 同意してインストール 」をクリック。 「 ダウンロードしたファイルを開く 」のメッセージで「 はい 」を選択すると、ユーザーアカウント制御が許可を求めてくるので「 はい 」をクリック。 PC の表示名を指定して「 次へ 」。 デフォルトでは PC のデバイス名が表示されている。 6桁の PIN を設定したら「 起動 」。 Chrome リモートデスクトップ には「 リモートされる側( ホスト ) 」と「 リモートする側( クライアント ) 」の区別はなく、 ホスト にも クライアント にも同様に「 Chrome Remote Desktop 」の拡張機能をインストールしたら完了。 Chrome リモートデスクトップ の使い方 リモートアクセスで接続した場合、 ホスト 側では通常通りモニタに表示され、音声も出力されるので、モニタの電源や音声設定の確認は必須。 Chrome ブラウザの拡張機能にある「 Chrome リモートデスクトップ 」のアイコンをクリックすると リモートデスクトップ が開くので、リモート接続する PC を選択。 オフラインになっている PC はグレーアウトして選択できない。 拡張機能をインストールした際に設定した PIN を入力。 「 このデバイスに PIN を保存します。 」のチェックボックスにチェックを入れると、次回の接続から PIN の入力が省略される。 起動時に Tips が表示されるので「 OK 」をクリックするとリモート操作が可能になる。 オンライン版にリニューアルして追加されたのがスライド式のメニュー。 上部のピンアイコンをクリックすれば固定表示も可能になっている。 セッション(接続)の切断のほか接続先の表示設定。 キーボード制御は、 クライアント 側のキー入力では ホスト の操作ができないコマンド。 「 F11 」は全画面表示のコマンドで、「 キーマッピング 」では独自のキー設定も可能。 便利なのは新たに実装されたクリップボードの同期。 「 クリップボードの同期を有効にする 」をクリックするとアクセス許可を求めてくるので「 許可 」するだけ。 ホスト ・ クライアント 関係なく、クリップボードにコピーしたデータが共有可能になる。 ディスプレイでは ホスト (接続先)がマルチディスプレイの場合、表示するディスプレイを選択できるようになった。 これまでは上図のように、ディスプレイを配置している側の端にカーソルを持っていって画面をスライドさせていたので、この設定は大きな進化だったりする。 新たに実装された「 ファイル転送 」では ホスト ・ クライアント 間でファイルのやり取りを行える。 利用方法は ホスト ( 操作される側 )から クライアント ( 操作する側 )にファイルを転送する場合は「 ファイルをダウンロード 」、逆に クライアント から ホスト にファイルを転送する場合は「 ファイルをアップロード 」を選択し、任意のファイルを指定する。 クライアント から ホスト にアップロードしたファイルは、 ホスト のデスクトップに保存され、 ホスト から クライアント へのダウンロードは保存先の指定が可能になっている。 音声 Chrome リモートデスクトップ の設定や使い方は非常に分かりやすいのだが、唯一厄介なのが音声。 ホスト ・ クライアント ともに Windows 10 の環境下でリモート接続すると「 音声が出ない 」「 辛うじて音声は出力されているが再生速度がおかしい 」といった症状が発生し、当初はデバイス個体の問題と思ったが、 ホスト と クライアント を変更しても状況に変化はなかったので、ある程度一般的な問題と思われる。 音声が出力されない問題は ホスト (操作される側)の「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」の設定で、ログオンの項目にある「 デスクトップとの対話をサービスに許可 」を有効にすると回避できる。 msc 」と入力。 もしくは「 スタート 」のコンテキストメニューから「 コンピュータの管理 」を開き、左ナビゲーションメニューの「 サービスとアプリケーション 」にある「 サービス 」を選択。 「 サービス 」の一覧から「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」を探してダブルクリックで開く。 「 Chrome リモートデスクトップ サービス 」のプロパティの「 ログオン 」タブにある「 デスクトップとの対話をサービスに許可 」にチェックを入れて再起動。 再度リモート接続すると音声が再生されるはず。 音声再生時の注意点としては、 ホスト 側でも通常通りスピーカーから音声が出力されるため、状況に応じて再生する前に ホスト 側をミュートにする必要がある。 ホスト と クライアント では音量設定は異なるため、 ホスト をミュートにしても クライアント の再生には問題ない。 関連記事 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする

グーグル リモート デスクトップ

FireFoxで試したところ、問題なく使用できました。 しかし、Microsoft Edgeでは接続に時間がかかりすぎて使用できませんでした。 いずれにしても、Google Chromeでの使用が安定していると思います。 また、アプリ版の場合は使用するためにChromeへのログイン(ブラウザの同期などを行う)が必要でしたが、 Web版ではChromeへのログインは不要です。 Chromeリモートデスクトップのサイトに、Googleアカウントでサインインすれば使用できるので、シークレットウィンドウを使えば余計な情報をブラウザに残さずに済みます。 Chromeリモートデスクトップ Web版を使用するための準備 僕は、以前からアプリ版を使用していましたので、リモートホスト(接続される側)に「 Chrome Remote Desktop Host」プログラムもインストール済みでした。 google. 全画面表示にするには、右側に出るオプションメニューの「全画面表示」か「F11キーを押す」を使用します。 多くのブラウザの全画面表示は F11なので、そのままキーボードで押す方が簡単かと思います。 全画面表示の状態だと、リモート先でChromeのタブを閉じる Ctrl+ Wを押しても問題なくリモート先の方が閉じてくれます。 しかし、全画面表示ではない状態だとローカルのタブが閉じてしまうので、そういったところは注意です。 Alt+ Tabは、残念ながらローカルの方が反応してしまいどうしようもなさそう…。 僕はWindowsユーザーでよく使う Winは、ローカル・リモートどちらも反応してしまいますが、 キーマッピングを設定すれば回避できそうです。

次の

Chrome リモート デスクトップの評判【ITreview】ユーザー満足度、レビュー

グーグル リモート デスクトップ

こんな方におすすめ• Chromeリモートデスクトップの使い方を知りたい方• Chromeリモートデスクトップが繋がらないので対処方法を知りたい方• テレワークをしたいが、会社のパソコンが使えないと嘆いている方• 外出先から会社のパソコンを操作して仕事をしたい方 上記のような方はご覧ください。 わたしはWebディレクターとして働いているが、出張など終日外出することもある。 外出先からChromeリモートデスクトップを使って、会社のパソコンにアクセスして仕事をすることがある。 会社のメールもそのまま利用することもできる。 ファイルサーバーやIP制限のかかっているサイトも閲覧することができる。 長時間の外出でも安心して仕事をすることができるのはありがたい。 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール• 会社のパソコン(操作される側)のChromeリモートデスクトップの設定• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始• 【動画】Chromeリモートデスクトップの接続方法 1.会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール 操作される側のパソコンをホストコンピュータとするために、Google Chrome リモートデスクトップをインストールする。 難しいことは一切なく、画面の手順にしたがっていればOKだ。 Google Chromeブラウザを立ち上げて、アドレスバーに以下のURLを入力して、アクセスをする。 画面の案内に従ってインストールを始める。 remotedesktop. google. Chromeリモートデスクトップの アプリの案内が右下に表示されるが、後からでもインストール可能だ。 今回は、アプリではなくブラウザの拡張機能としてインストールする。 別ウインドウが立ち上がり、機能拡張の Chrome Remote Desktopの案内画面になる。 「 Chromeに追加」ボタンをクリックする。 「Chrome Remote Desktop」を追加しますか?と表示されるため、「 拡張機能を追加」をクリックする。 ブラウザの右上にアイコンが追加された。 これでChromeの機能拡張がインストールされた。 操作される側のパソコンにはソフトのインストールが必要で、画面に従って「 同意してインストール」を押す。 下記のファイルがダウンロードされているため、自動でインストールが始まらない場合は自ら起動させよう。 Windows:chromeremotedesktophost. msi• Mac:chromeremotedesktop. dmg 2.会社のパソコンのChromeリモートデスクトップの設定 インストールが完了すれば、 会社のパソコン(操作される側)に設定をする。 パソコンに任意の名前をつけて、パスワードを設定するだけだ。 操作にはChromeに Gmailアカウントでログインしておく必要がある。 まずは、ブラウザの 右上にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックもしくは、 remotedesktop. google. 名前の選択画面が表示される。 任意の名前を入力して「次へ」をクリックする。 わかりやすい好きな名前をつけるといいだろう。 今回、わたしは以前使っていたWindowsのSurfaceProを操作される側のパソコンとしたため「Windows-SurfacePro」と名付けた。 続いて、PIN(パスワード)の入力を行う。 操作する側のパソコンでPINの入力を求められるため、忘れないようにする。 PINを入力し「 起動」をクリックする。 設定を編集・削除したい場合は、各アイコンをクリックすればよい。 これで操作される側のパソコンの設定が全て完了した。 次に自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 3.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール 操作する側のパソコンにもChromeの機能拡張であるChromeリモートデスクトップをインストールする。 remotedesktop. google. 4.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始 実際にChromeリモートデスクトップの使い方は、ブラウザの右上のアイコンをクリックしてChromeリモートデスクトップを起動する。 Chromeリモートデスクトップを起動すると、 先ほど会社側のパソコンで設定したデバイスが画面に表示されている。 オンライン状態であることを確認してクリックする。 PINを入力すれば、接続が完了する。 接続が完了するとChromeのブラウザの中で、会社のパソコン(操作される側)が表示されているのがわかるだろうか? 今回は、会社:Windows/自宅:Macを想定したものとなっている。 全画面にしたい場合は、Chromeのブラウザ右の矢印をクリックするとメニューが表示され、「全画面表示」をクリックで、画面いっぱいに会社側のパソコン画面が表示される。 会社のパソコン(操作される側)にしか見えない状態となる。 5.【動画】Chromeリモートデスクトップの使い方・接続方法 会社のパソコン(操作される側)が起動している状態で、自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップから遠隔操作する様子の動画となっている。 Chromeリモートデスクトップのメリット・デメリット メリット• 無料で始められる• 特殊なソフトは何もいらない• タブレットやスマホからでも接続可能 スマホやタブレットからでも遠隔操作が可能だ。 Google Playや App Storeから「 Chromeリモートデスクトップ」を検索して、アプリをダウンロードすればよいだろう。 デメリット• 操作される側のパソコンは常に電源を入れておく必要がある• 操作される側のパソコンがフリーズなど動かなくなった場合に対処できない• 操作される側のパソコンのモニタ電源を落としておかないと操作画面が見られてしまう• ネットの回線が安定していないとカクつく• セキュリティに十分に注意しなければならない あくまでも 一時的にリモートで会社のパソコンを操作するという使い方になるだろう。 数日間など、長期に渡るリモートワークでは向いていない。 Chromeリモートデスクトップに関するよくある質問• 会社のパソコン(操作される側のパソコン)• 自宅のパソコン(操作する側のパソコン)• Webブラウザ「Chrome」• GoogleのGmailアカウント 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップのインストールを行い、名前とPIN(パスワード)を設定しておく。 その際に、Googleのアカウントが必要だ。 自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 デバイスを選択し、PINを入力後、起動すると接続が開始される。 一度、設定してしまえば、会社のパソコンは起動さえしておけばよい。 非常に簡単に遠隔操作が可能になるため、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務などでも役に立つのではないだろうか。

次の