モンテルカスト チュアブル 味。 シングレアチュアブル錠5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

【薬剤師が味見してみた】今日は日医工のモンテルカストチュアブル錠の味見です【2017年6月収載】

モンテルカスト チュアブル 味

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).アナフィラキシー:アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 2).血管浮腫:血管浮腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 3).劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 5).血小板減少:血小板減少(初期症状:紫斑、鼻出血、歯肉出血等の出血傾向)が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).過敏症:(頻度不明)皮疹、そう痒、蕁麻疹、肝臓好酸球浸潤。 2).精神神経系:(頻度不明)頭痛、傾眠、情緒不安、不眠、幻覚、眩暈、感覚異常(しびれ等)、異夢、易刺激性、痙攣、激越、振戦、夢遊症、失見当識、集中力低下、記憶障害、譫妄、強迫性症状。 3).呼吸器:(頻度不明)肺好酸球増多症。 4).消化器系:(頻度不明)下痢、腹痛、胃不快感、嘔気、胸やけ、嘔吐、便秘、口内炎、消化不良。 6).筋骨格系:(頻度不明)筋痙攣を含む筋痛、関節痛。 7).その他:(頻度不明)口渇、尿潜血、血尿、尿糖、浮腫、倦怠感、白血球数増加、尿蛋白、トリグリセリド上昇、出血傾向(鼻出血、紫斑等)、動悸、頻尿、発熱、脱毛、挫傷、脱力、疲労、遺尿。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 1.本剤は、喘息の悪化時ばかりでなく、喘息が良好にコントロールされている場合でも継続して服用するよう、患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に十分説明しておく。 2.本剤は気管支拡張剤、ステロイド剤等と異なり、すでに起こっている喘息発作を緩解する薬剤ではないので、このことは患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に十分説明しておく必要がある。 3.気管支喘息患者に本剤を投与中、大発作をみた場合は、気管支拡張剤あるいはステロイド剤を投与する必要がある。 4.長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイドの減量をはかる場合は十分な管理下で徐々に行う。 5.本剤投与によりステロイド維持量を減量し得た患者で、本剤の投与を中止する場合は、原疾患再発の恐れがあるので注意する。 6.モンテルカスト製剤との因果関係は明らかではないが、うつ病、自殺念慮、自殺及び攻撃的行動を含む精神症状が報告されているので、患者の状態を十分に観察する。 8.本剤投与により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。 併用注意:フェノバルビタール[本剤の作用が減弱する恐れがある(フェノバルビタールがCYP3A4を誘導し、本剤の代謝が促進される)]。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(海外の市販後において、妊娠中にモンテルカスト製剤を服用した患者から出生した新生児に先天性四肢奇形がみられたとの報告がある。 これらの妊婦のほとんどは妊娠中、他の喘息治療薬も服用していた。 モンテルカスト製剤とこれらの事象の因果関係は明らかにされていない)]。 2.授乳中の婦人に投与する場合は慎重に投与する[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 1. 1歳以上6歳未満の小児に対しては、モンテルカスト細粒4mgを1日1回就寝前に投与する。 1歳未満の乳児、新生児、低出生体重児に対するモンテルカスト製剤の安全性は確立していない(国内でのモンテルカスト製剤の使用経験がない)。 (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.本剤は、食事の有無にかかわらず投与できる。 (その他の注意) 他社が実施したプラセボ対照臨床試験41試験を対象に統合解析を行った結果、モンテルカスト製剤投与群9,929例中1例において自殺念慮が認められたのに対して、プラセボ群7,780例において自殺念慮は認められなかった。 また、他社が実施したプラセボ対照臨床試験46試験を対象に統合解析を行った結果、行動変化に関連する事象(不眠、易刺激性等)が、モンテルカスト製剤投与群11,673例中319例(2. (保管上の注意) 遮光した気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

キプレス・シングレアの味・飲ませ方・効果

モンテルカスト チュアブル 味

Contents• 【味見】モンテルカストチュアブル錠5mg「トーワ」の味は新しい! 今回は 直販でお馴染み、東和薬品の モンテルカストチュアブル錠5mg「トーワ」の味見をしてみます。 東和薬品といえば、 スズケンの流通を使って今後は販売していく~なんていう話を最近聞いており 安定供給がどうなるのかな?ってちょっと不安な面もあります。 今回の写真は自宅のデジカメで撮影したので今までの携帯の写真よりも綺麗に撮影出来ていると思います。 PTPシートの色は 黄色に近いオレンジ色。 同じ東和薬品の ピタバスタチン1mg「トーワ」に色が似ているなって印象を受けました。 先発品で言えばやっぱり リバロ錠1mgの色に似ています。 東和薬品といえばが有名ですが 今回のモンテルカストチュアブル錠もその RACTAB技術をベースに噛んだ後にすぐに崩壊するよう設計してあるそうです。 後発品では採用の多い ピッチコントロールや 両面の印字も行っているので、 シートを細かく切ったり、錠剤を取り出しても何のお薬なのか分かりやすいです。 RACTAB技術 嚥下力が低下したり、水分摂取を制限されたりしている患者さんにも、飲みやすい薬をお届けしたい。 また、必要なときに水なしでも飲める薬をつくりたい。 こうした服薬コンプライアンス改善に役立つと期待されているのが口腔内崩壊錠(OD錠)です。 その中でも、東和薬品が独自で開発したOD錠製造技術がRACTAB技術です。 ネーミングの由来は、「Rapid and Comfortable Tablets」。 服用しやすい崩壊性、普通の錠剤同様に取り扱える硬さを目指した、応用範囲の広い製剤技術です。 現在は、アムロジピンOD錠「トーワ」やランソプラゾールOD錠「トーワ」などに応用されており、今後は、さらに幅広い疾患領域の医薬品に活用していきます。 錠剤は先発品と比べて一回り小さい 先発品と比べると、 東和薬品の方が 直径で0. 5mm、厚さで0. 3mm小さくなっており 今まで味見をしたメーカーの中でも一番小さいなって印象を受けました。 噛み砕くにしても、小さい錠剤の方がお子さんの心理的なプレッシャーは少ないかも? 実際に味見してみた 事前情報で 東和さんはピーチヨーグルト味と聞いていました。 日医工・沢井製薬・武田テバファーマ・高田製薬と 大手がイチゴ系の味に集まる中 異色を放つ ピーチヨーグルト味 味見にも気合が入っちゃいます! イチゴ系の製品はどれもPTPシートから取り出すとイチゴの香りがしたのですが 今回の東和に関しては香りはほぼなし。 口の中に含むと・・・ 確かにピーチヨーグルトです! 子供たちが食べている 子供用のヨーグルト(ピーチ味)にかなり似た味になっています。 口の中で溶かすと 若干のザラザラした感じはありますが、後味も悪くない。 後味としては、ヨーグルトの風味は弱くなってピーチの風味が残る印象を受けました。 モンテルカストはどれも美味しいの評価になっちゃいますが、 東和薬品のお薬も美味しいですね~ ピーチヨーグルト味は新しいけど美味しい。 うちの子は乳製品が得意だけど、 ヨーグルトとか乳製品が嫌いな子だとどうなんだろう??? 包装は他社と大きな差は無し チュアブル錠の 発売予定包装はPTP28錠・100錠・140錠となっており 先発品や他社とくらべて特に大きな差はありません。 採用に関してはほぼ影響なしって感じです。 細粒を採用するときは要注意 チュアブル錠のみを採用する場合には問題ないと思うのですが チュアブルと一緒にモンテルカスト細粒「トーワ」を採用する場合は注意が必要です。 (東和薬品ウェブサイトより) 見ての通り、 先発品(スティックタイプ)と大きく違う見た目をしているので 先発品から切り替える時には患者さんにしっかりと説明しないといけないですね。 (先発品のシングレア細粒・キプレス細粒) 販売包装に関しては28包と140包なので非常に良いのですが スティックタイプでないのってどうなんだろう???って一番ネックに感じます。 個人的にはスティックタイプの方が飲ませやすいと思うんだけどなぁ~ この1点で私は東和の採用に踏み切れていません。 薬価差率が出れば本社の指示で採用になるかもしれませんが・・・ スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~.

次の

キプレス・シングレアの味・飲ませ方・効果

モンテルカスト チュアブル 味

シングレア錠とキプレス錠のオーソライズドジェネリックにあたる モンテルカスト錠「KM」が2016年6月17日に薬価収載されましたが、薬価収載だけが先にされて発売日は平成28年9月1日予定なのでもうすこし先になります。 AGが先行発売して、他社は2ヶ月おくれで続々と販売開始するそうです。 本剤は、当社の子会社である杏林製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮下三朝)及びMSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ)が販売している気管支喘息・アレルギー性鼻炎治療剤「キプレス」及び「シングレア」のオーソライズドジェネリックです。 キョーリンリメディオ 株 は、本剤について万全の販売体制を整え、9月上旬の発売を予定しております。 発売後には、杏林製薬 株 と連携して患者さん、医療関係者のニーズに応えるべく、本剤の適正使用を推進してまいります。 引用:(PDF) シングレアとキプレスはどちらもうちではよく処方されている薬なのでAGの発売されたら即採用される予定です。 ようやく発売日も決定したということもあってスペースも準備してあとは入荷をまつのみです。 そして、なんといっても今回は オーソライズドジェネリック(AG)です。 先発医薬品メーカーお墨付きで発売されるから「KM」だけが、他社よりも早く市場にだすことができます。 AGなので 原薬・ 添加物・ 製造方法・ 製造場所・ 適応症など全てが先発品と同じです。 製造場所が同じ時点でもう同じものといっていいでしょう。 違うのは錠剤に施された刻印と名前だけです。 外箱もそっくりなのです。 モンテルカスト錠とキプレス錠の外箱比較 AGは9月で、他社は11月を予定していましたがもう少し遅れて12月に発売される予定です。 発売がキョーリンリメディオなのでキプレスのAGかと思ったのですが記載を見る限りではシングレア・キプレスの両方のAGということでいいみたいです。 いまのところ発売予定となっているのはモンテルカスト錠10とモンテルカスト錠5だけなのでチュアブル錠や細粒は発売されません。 シングレアとキプレスは同じものなのにそれぞれの種類が多く薬価も高いので在庫する薬局の負荷の大きい薬剤です。 それがAGが発売されると在庫負荷が大幅に改善されます。 というのも、シングレアとキプレスはどちらも先発品で同じものであるにもかかわらず相互に変更ができません。 またOD錠と普通錠の剤形変更も後発品であれば可能なのに先発品であるため相互に変更することができません。 これがジェネリックであれば変更可能になるので両方共在庫しとかなくてもジェネリックの在庫があれば対処できます。 そして、オーソライズドジェネリックなので患者さんに変更を提案しやすいというメリットまであります。 薬品名 メーカー 区分 薬価 薬価基準収載医薬品コード キプレスOD錠10mg 杏林製薬 先発品 203. 5 4490026F4027 キプレスチュアブル錠5mg 杏林製薬 先発品 190. 7 4490026F1044 キプレス細粒4mg 杏林製薬 先発品 194. 4 4490026C1021 キプレス錠10mg 杏林製薬 先発品 203. 5 4490026F2040 キプレス錠5mg 杏林製薬 先発品 153. 8 4490026F3020 シングレアOD錠10mg MSD 先発品 203. 5 4490026F4035 シングレアチュアブル錠5mg MSD 先発品 190. 9 4490026F1052 シングレア細粒4mg MSD 先発品 194. 5 4490026C1030 シングレア錠10mg MSD 先発品 203. 5 4490026F2059 シングレア錠5mg MSD 先発品 153. 2 4490026F3039 モンテルカスト錠10mg「KM」 キョーリンリメディオ 後発品 101. 8 4490026F2067 モンテルカスト錠5mg「KM」 キョーリンリメディオ 後発品 76. 8 4490026F3047 とにかく種類が多いですよね。 もしジェネリックが発売したらOD錠の在庫はしなくて済みます。 画像を貼りますがキプレスとシングレアのOD錠ってびっくりするくらい大きくて引き出しにおさまらないので、とにかく邪魔なんです。 そう考えるとシングレア10、シングレア5、シングレアOD10、キプレス10、キプレス5、キプレスOD10を全く在庫していなくてもモンテルカスト錠5「KM」だけを在庫しておけばほぼ対処できるようになります。 6種類が1種類で対応できるのだからこんな便利なものはありません。 ちなみに、先発10㎎1錠よりも後発5㎎2錠の方が価格は安くなるので変更OKですね。 ただ、実際は先発至上主義の方がいるし変更不可の処方箋もあるので先発が必要になるケースはあります。 ちなみにチュアブル錠から普通錠(OD錠)への変更はできないのでチュアブル錠は先発品で在庫しておく必要があります。 モンテルカスト錠「KM」の厚生省コードや薬価について 薬価は先発品の0. 5掛けで50%OFFです。 10㎎だと先発が1錠203. 5円もするので、変更した時の価格差はでかい。 7円 30日ぶんで自己負担3割なら約900円安くなります。 そして、品質もかわりないのだから絶対変更しますよね。 厚生省コード モンテルカスト錠10mg「KM」:4490026F2067 モンテルカスト錠5mg「KM」:4490026F3047 関連記事.

次の