コロナ 電車。 新型コロナ、満員電車や映画館は危なくないの?専門家に聞きました

「コロナより金です」ホストクラブ名指しも満員電車叩かれぬ風潮に怒り

コロナ 電車

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除され、いつもの通勤風景が戻りつつある。 鉄道各社も対策を打ち出しているが、利用者の不安は消えない。 「新しい生活様式」が始まる中、リスクの少ない通勤電車の乗り方とは。 専門家に聞いた。 (前川茂之) 「手すりやつり革など人の触れるものは全て汚染されていると考えて対応してほしい」。 兵庫医科大(兵庫県西宮市)の竹末芳生教授(感染制御学)はそう指摘する。 JR西日本は在来線なら週1回、新幹線なら毎日、阪急電鉄は約10日間に1回、車内を消毒している。 しかし、竹末教授は「素材によって異なるが、つり革だとウイルスは少なくとも1日以上は生きる。 毎日消毒しないと意味がない」と断言。 「目的地に着いたら必ずアルコールで手指を消毒すべき」と強調する。 車内で使うスマートフォンにも注意が必要だ。 つり革や手すりを触った手でスマホを操作すれば、そこが汚染される。 「スマホも小まめに消毒するか、車内では触らない方がいい」と竹末教授。 全国の鉄道各社が加盟する鉄道連絡会は5月、国の方針に基づき感染症対策のガイドラインを公表した。 JR西は、在来線の全車両(約5200車両)のうち、京阪神を走る約3600車両を優先し、9月末までに抗ウイルス加工をすると決定。 残りの車両も順次、作業を進める。 ただ、この抗ウイルス加工はインフルエンザには効果が確認されているが、新型コロナへの有効性は不明。 それでも「やれることは全てやりたい」と同社。 竹末教授が利用者に勧めるのは、やはり時差出勤。 各社はホームページなどで混雑する時間帯の公開を始めている。 阪神電鉄の場合、大阪梅田駅が午前7時半~8時半、高速神戸駅が午前7時半~9時-などだ。 「3密を避けるには混雑した時間帯に乗らないのが一番。 ウイルスとの闘いはこの先2、3年続く。 自粛というより、自衛策を習慣にすることが大切」と竹末教授は話す。 一方、感染症対策に詳しい関西福祉大(兵庫県赤穂市)の勝田吉彰教授(渡航医学)は、各駅停車の利用を呼び掛ける。 快速や急行より頻繁に停車し、車内の空気が入れ替わる上、短時間で密集が解消されやすいからだ。 つり革や手すりを触るのを避ける人もいるが「転倒する危険がある」と推奨しない。 最近目立ち始めた手袋の着用については「逆に手を洗う回数を減らしてしまう人が多い。 手袋をした手で目や口、鼻を触ればリスクは変わらない」と警鐘を鳴らし、手洗いの徹底を訴える。 【記事特集リンク】.

次の

電車を止めよう――勇気を持って主張したい、3つの理由 (1/6)

コロナ 電車

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除され、いつもの通勤風景が戻りつつある。 鉄道各社も対策を打ち出しているが、利用者の不安は消えない。 「新しい生活様式」が始まる中、リスクの少ない通勤電車の乗り方とは。 専門家に聞いた。 (前川茂之) 「手すりやつり革など人の触れるものは全て汚染されていると考えて対応してほしい」。 兵庫医科大(兵庫県西宮市)の竹末芳生教授(感染制御学)はそう指摘する。 JR西日本は在来線なら週1回、新幹線なら毎日、阪急電鉄は約10日間に1回、車内を消毒している。 しかし、竹末教授は「素材によって異なるが、つり革だとウイルスは少なくとも1日以上は生きる。 毎日消毒しないと意味がない」と断言。 「目的地に着いたら必ずアルコールで手指を消毒すべき」と強調する。 車内で使うスマートフォンにも注意が必要だ。 つり革や手すりを触った手でスマホを操作すれば、そこが汚染される。 「スマホも小まめに消毒するか、車内では触らない方がいい」と竹末教授。 全国の鉄道各社が加盟する鉄道連絡会は5月、国の方針に基づき感染症対策のガイドラインを公表した。 JR西は、在来線の全車両(約5200車両)のうち、京阪神を走る約3600車両を優先し、9月末までに抗ウイルス加工をすると決定。 残りの車両も順次、作業を進める。 ただ、この抗ウイルス加工はインフルエンザには効果が確認されているが、新型コロナへの有効性は不明。 それでも「やれることは全てやりたい」と同社。 竹末教授が利用者に勧めるのは、やはり時差出勤。 各社はホームページなどで混雑する時間帯の公開を始めている。 阪神電鉄の場合、大阪梅田駅が午前7時半~8時半、高速神戸駅が午前7時半~9時-などだ。 「3密を避けるには混雑した時間帯に乗らないのが一番。 ウイルスとの闘いはこの先2、3年続く。 自粛というより、自衛策を習慣にすることが大切」と竹末教授は話す。 一方、感染症対策に詳しい関西福祉大(兵庫県赤穂市)の勝田吉彰教授(渡航医学)は、各駅停車の利用を呼び掛ける。 快速や急行より頻繁に停車し、車内の空気が入れ替わる上、短時間で密集が解消されやすいからだ。 つり革や手すりを触るのを避ける人もいるが「転倒する危険がある」と推奨しない。 最近目立ち始めた手袋の着用については「逆に手を洗う回数を減らしてしまう人が多い。 手袋をした手で目や口、鼻を触ればリスクは変わらない」と警鐘を鳴らし、手洗いの徹底を訴える。 【記事特集リンク】.

次の

【新型コロナ感染対策】満員電車なら?エレベーターなら?どこに乗る? “感染リスクの低い場所”を徹底検証

コロナ 電車

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本でもドラッグストアでマスクが売り切れになったり、テレビ番組で毎日特集が組まれたりしています。 無症状の感染者やヒトからヒトへの感染者が見つかったことから、新たな局面に入ったと見る専門家もいます。 洪水のようにあふれる情報をどう理解し、どう備えればよいでしょうか。 オーバーシュートや医療崩壊させないために何をすればいいのでしょうか。 国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター・感染症学の矢野晴美教授に聞きました。 一方で、航空機の運航を止める航空会社が出てきたり、入国やビザ発給を制限している国も出てきたりしています。 この状況をどう理解すればいいのでしょうか。 矢野晴美教授(以下、矢野): 現在、日本政府も中国への不要不急な渡航は控えるよう国民へ勧告しています。 WHOの緊急事態宣言も、今は、不要不急な動きはやめた方がいいということです。 優先順位からすると、患者が一番多く、症状のない微生物保有者が多いと考えられる中国、特に武漢への渡航は控えた方がいいレベルだと思います。 2月2日のWHOのリポートによると、中国の次に患者が多いのが日本やタイ、シンガポールになります。 そうすると、患者が多い日本で暮らす人たちは海外へ行かない方がいいのか、という話になります。 現時点で、日本人の渡航を制限することは、武漢以外にはないと思います。 ただし、日常生活では人と接触するので常にリスクがつきまといます。 基本的な感染対策を個人が心がけることに尽きると思います。 羽田空港には毎日、中国を含め世界各国から航空機が到着し、人々が往来している。 どのような感染対策を心がければいいのでしょうか。 矢野: 最も大事なことは手洗いです(アルコール消毒を含む)。 マスク着用を必須と勧める人もいますが、症状のない人が予防的にマスクを着用することに確かなエビデンスが少ない、というのが国内外の専門家での一般的な認識です。 医療機関でさえ医療従事者がマスクを適正使用していないケースがあります。 鼻が出ていたり、装着面が密着していなかったりすると感染を防ぐことはできません。 マスクの着脱で触った手が最も汚れているので、その手で色々な環境表面を触ると、そこで2次感染が起きます。 電車に乗るときにマスクは必要ですかという人がいますが、それより手洗いをきちんとする方が現実的な予防方法です。 矢野: 咳エチケットの方法は、一つはマスクですが、もう一つは咳をする際、ハンカチや肘で口をふさぐことです。 手で押さえると手が汚染されてしまい、その手で色々なところを触って2次感染が起きます。 人と触れない上腕の肘の部分などで口を押さえてくださいということです。 矢野: インフルエンザや他のかぜのウイルスなども付着している可能性があるので、マスクの本体部分は触らないこと。 そして鼻のところをワイヤーで密着させるわけですが、ずれてきたら取り換えましょう。 取り外しはゴムのところを持って外し、捨てます。 マスクは長時間しているほど表も裏もウイルスだらけになります。 例えば、食事のときにマスクをテーブルに置けば、そこが汚れます。 そういうところで感染が広がっていきます。 矢野: 手洗いは、流水で洗うか、アルコール性消毒薬で手を消毒するかです。 1%)などが有効とされています。 矢野: 若い人たちが医療従事者に近い知識を持つようになれば、随分変わると思います。 例えば、手洗いのシンクにしても、水道水で手洗いをしていて水しぶき散るような浅いシンクでは、周囲が汚染されて感染リスクが広がります。 また、蛇口をひねる行為で手が汚れます。 ドアノブも同じです。 いかに感染経路を断つかを考え、一人一人が理解して実行できるかがかぎになります。 幼い子どもがいる家庭が注意すべきことは? 矢野: 今、子どもは外出を控えるというレベルではありません。 子どもはマスクをしていても手で触ってしまいます。 まずは手洗いがきちんとできるようにしましょう。 終息するまで在宅勤務できるわけでもないし、ネット通販で暮らすわけにもいきません。 身を守るためにどこまで予防しなくてはいけないのか、悩む人が多いと思います。 矢野: 多くの人が触るような電車やバスのつり革などに触れて帰宅したら、必ず手洗いをするということに尽きます。 ベースとしての感染対策を高めるためには、ステップゼロが年齢ごとの標準的なワクチンを接種しておくということです。 その次に手洗いと咳エチケットです。 コロナウイルスのワクチンはありませんが、基本的な感染防御のレベルを上げておくことが大切です。 免疫力を高めるという視点からアドバイスすると、規則正しい生活をする、十分な睡眠を確保する、バランスの取れた食事を取る、運動を適宜する、といった健康の維持・増進に必要なことを続けていくことに尽きます。 日ごろの健康に対する認識を一気に上げるのは大変です。 100を基準とすると、標準的なワクチン接種で50をカバーして、手洗いや消毒を徹底することでそれが60に上がり、咳エチケットで80になるというようなベースを高めることが大切です。 そこまでベースが高ければ、例えエボラ出血熱や新型コロナウイルスでも準備することは少なくなります。 矢野: 報道や論文による情報をもとに考えると、感染力は麻疹(はしか)より低いと言えます。 麻疹では同じ空間にいると、空気感染するので麻疹にかかったことがない人はほぼ100%発症します。 新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染なので、患者を中心として半径2メートルぐらいのところにいて、患者のせきやくしゃみが届く範囲にいる人や、ウイルスが付着した手が触った環境表面を周囲の人が触れば感染する可能性があります。 重症化しやすいと考えられているのは、糖尿病、心臓の病気、喫煙者、慢性の肺の病気、腎臓病の人、肝臓病の人、リウマチなどで免疫抑制剤を飲んでいる人、ステロイドのような免疫を下げる薬を飲んでいる人などです。 そういった人は、ふだんと違う異変を感じたらすぐ受診することを勧めます。 矢野: 症状が出ないのであれば、感染しても自分の抵抗力で対応できるということです。 症状が軽く終わってしまう人も含め、そういう人が大半であれば、それほど恐れる必要はありません。 一方で、重症化しやすい病気を持つ人たちは「ハイリスク者」として早めの受診をしてくださいという話になっていきます。 今現在では、まだ情報が十分ではない状況で、今後、どのくらいの方が重症化するリスクがあるのか、無症状の方はそのままでも大丈夫なのか、今後の情報で随時、判断していくことになります。 インタビューに答える矢野晴美・国際医療福祉大学教授 プロフィール 矢野晴美(やの・はるみ) 国際医療福祉大学医学部 医学教育統括センター教授・感染症学教授 岡山大学医学部卒業、同大学院博士課程(医学)卒業。 日本感染症学会評議員。 米国内科専門医、米国感染症専門医、英国熱帯医学専門医、国際旅行学会認定医。 おしらせ 新型コロナウイルスへの備えや終息のシナリオに関するインタビュー完全版は、朝日新聞のweb「論座」で読むことができます。 (telling,は抜粋版です).

次の