ラ カンパネラ 解説。 MIDI,MP3: ラ・カンパネラ

リストのラ・カンパネラについてこの曲のよさ、特徴、どのように感じるか...

ラ カンパネラ 解説

2018年1月よりスタートしました。 私が、小さいころ弾けなかった曲に挑戦していく「一度は弾いてみたかったクラシックの名曲たち」ということで、自分自身への自信を取り戻し、さらなる技術アップを目指していく、コーナーです!!!! きっかけ なぜ、今、「ラ・カンパネラ」に私が、挑戦するのか・・・。 実は、小さい頃、弾けないと信じていた曲というのは、誰かに言われたことを信じていただけだったかもしれない・・・。 と、思ったからなのです。 先生や、親、先輩などから、私は、「手が小さくて、かわいそう。 これでは、リストやラフマニノフは、弾けないかもね」と、言われてきました。 実際、どうかというと、本当に、物理的に手が届かなくて無理!!! という曲もあります。 でも、そんな時に、この動画に出会いました。 ピアノを習ったことのない方が、1年、5年と、どんどん上手くなり、しまいには、 コンサートに出演してしまったのです!!! 実際には、ちょっとレッスンに通ったみたいです すご! 何気に、ピアノが、アップライトから、スタインウェイのグランドピアノになってるし!! え〜〜〜〜!全くピアノが、弾けなくても、頑張ればここまで弾けるのか! と、衝撃を受けました。 ならば、私も! 私だって、ラ・カンパネラを弾いてみたい。 せっかく、ピアノが弾けるんだから、綺麗でかっこよくて、派手な曲を弾いてみたい!!!!! ということで、始めました。 手が小さいという事実 私の手は、小さいです。 小学生3年生の女の子に、先日、手の大きさは、抜かれました・・・・。 が〜ん・・・。 私の手では、「ど」から、上の「れ」までしか届かないのです。 なので、もう、リストは、絶対無理!!!と、諦めていました。 勝手に思い込んでいました。 はい・・・・。 Youtubeに、配信を始める! ということで挑戦し始めた、「ラ・カンパネラ」。 まず、驚いたのは、繰り返しが多いので、譜読みが楽チン。 結構サクサク、最後まで弾くことができました。 なんだ〜〜〜。 できるじゃん!!!! 1、2 箇所、指の長さ的にどうにも届かないところもありますが、比較的、弾ける! 自分で自分にびっくりました。 だって、何年も、「リストは、無理!」って思っていたのですから!!! せっかく、練習するなら、同じように手が小さくて悩んでいる方、 お子様にだって、何かを伝えられるかもしれない!!ということで、動画のアップを始めました。

次の

これで攻略!リスト『ラ・カンパネラ』難易度と弾き方のコツ!

ラ カンパネラ 解説

2018年1月よりスタートしました。 私が、小さいころ弾けなかった曲に挑戦していく「一度は弾いてみたかったクラシックの名曲たち」ということで、自分自身への自信を取り戻し、さらなる技術アップを目指していく、コーナーです!!!! きっかけ なぜ、今、「ラ・カンパネラ」に私が、挑戦するのか・・・。 実は、小さい頃、弾けないと信じていた曲というのは、誰かに言われたことを信じていただけだったかもしれない・・・。 と、思ったからなのです。 先生や、親、先輩などから、私は、「手が小さくて、かわいそう。 これでは、リストやラフマニノフは、弾けないかもね」と、言われてきました。 実際、どうかというと、本当に、物理的に手が届かなくて無理!!! という曲もあります。 でも、そんな時に、この動画に出会いました。 ピアノを習ったことのない方が、1年、5年と、どんどん上手くなり、しまいには、 コンサートに出演してしまったのです!!! 実際には、ちょっとレッスンに通ったみたいです すご! 何気に、ピアノが、アップライトから、スタインウェイのグランドピアノになってるし!! え〜〜〜〜!全くピアノが、弾けなくても、頑張ればここまで弾けるのか! と、衝撃を受けました。 ならば、私も! 私だって、ラ・カンパネラを弾いてみたい。 せっかく、ピアノが弾けるんだから、綺麗でかっこよくて、派手な曲を弾いてみたい!!!!! ということで、始めました。 手が小さいという事実 私の手は、小さいです。 小学生3年生の女の子に、先日、手の大きさは、抜かれました・・・・。 が〜ん・・・。 私の手では、「ど」から、上の「れ」までしか届かないのです。 なので、もう、リストは、絶対無理!!!と、諦めていました。 勝手に思い込んでいました。 はい・・・・。 Youtubeに、配信を始める! ということで挑戦し始めた、「ラ・カンパネラ」。 まず、驚いたのは、繰り返しが多いので、譜読みが楽チン。 結構サクサク、最後まで弾くことができました。 なんだ〜〜〜。 できるじゃん!!!! 1、2 箇所、指の長さ的にどうにも届かないところもありますが、比較的、弾ける! 自分で自分にびっくりました。 だって、何年も、「リストは、無理!」って思っていたのですから!!! せっかく、練習するなら、同じように手が小さくて悩んでいる方、 お子様にだって、何かを伝えられるかもしれない!!ということで、動画のアップを始めました。

次の

リスト作曲のラ・カンパネラを弾くコツ・・・・。

ラ カンパネラ 解説

今までいろんな人の話を聞いてきましたし、中学生で演奏した(そして緊張のせいで崩壊した……)演奏も聴きました、 そのうえで出た結論でいいますと、 「個人差があるのでやってみないとわからない」 以上です……。 これがたとえばそうですね、 ベートーヴェンの悲愴の第3楽章くらいにポイントとテクニックがハッキリしている曲ですと、 「この人なら弾くことはできそうだ」「この人なら音楽性まで入れられそうだ」「この人には今は無理」 とわかるパターンが多いのですが、 この曲はそうはいかないようです。 結局跳躍が苦手な人にとってはいつまでたっても苦手な曲、 跳躍が得意な人にとっては下手すれば悲愴の3楽章より得意になる可能性すらある (という人が1名いました……中学生で) という状態です。 質問者さま、ないしはこの曲を弾かれる方がこの曲を得意とするかが現段階の情報ではわかりませんし、 曲自体のまとまりは分かりやすい部分がありますので、 跳躍レベルのほかはある程度のテクニック(最初の方が詳しいですね)で弾けるわけで、 結局得意不得意というレベルになるでしょう。 やってみないとわからない、その状態だと思います。 ちなみに私は不得意です……。 実際コンクール会場でほかの先生とお話ししたとき、 「この曲私得意だしそれほど難しくないからやってみたら」と言われたことがありますが、 1度やって見事にコケて、その原因が跳躍にあることが分かってしまっている私としては 「なんでこの曲が楽なんだろう」という状態で終わってしまっています……。 <補足> うーん…… 進行状況と得意不得意によりますよね…… 私は4歳から始めていますが、 先生の方針で古典派をミッチリ叩き込まれるレッスン+ロマン派はシューベルトとシューマン(ショパンは中学校までは1個もやってない) でしたので、 この曲を弾こうと思ったのは大学を出てから 笑 なのですが、 それですらコケましたので…… 弾けると思ったら中学生でもやるでしょうし、 通常は大学に入るよりは前に挑戦するでしょうか。 中3~高1程度かなぁ? 私は、4歳からピアノをはじめて、14,5歳まで続けましたが(なぜかはっきり覚えていない)、カンパネラを弾こうとはぜんぜん思わなかったね。 愛の夢は発表会で弾いたけど。 佐藤彦大さんが、全音のピアノピースで愛の夢とカンパネラが両方Eなのはおかしすぎる、愛の夢はDでカンパネラがFでも全然おかしくないと言ってたけど、同感です。 佐藤さんも跳躍の難しさは言っていたし、実際弾いてみると、私は手も小さいので終わりの頃は手が痛くなってきますね。 まあ、正直私はあまのじゃくなので、人々が弾きたがるような有名曲はあんまり関心がないのだけれど、いずれカンパネラを人前で弾いてみたいなと思うことはありますね。 素人の世界じゃちょっとした目標ですし。 先生にみてもらうよう頼んでみてもいいけど「まだ早い」といわれそうな感じはする。 ぶっちゃけ、現行「ラ・カンパネラ」は「簡単」ですよ。 基礎が 出来ていれば。 バッハ・インヴェンション1番やモーツァルト・ピアノソナタK. 545 の方が難しいのでは?と言うのは言い過ぎとして、バッハ・インヴェンション を全曲完成させること、もしくは、モーツァルト・ピアノソナタ例えば K. 332よりは明らかにラ・カンパネラの方が容易ですね。 実は私もこの曲を取り上げたのは最近です。 と言っても1年以上 前かな。 やはりミーハー曲として嫌っていました。 でも5分以内と言う発表会があって、5分以内じゃまともな曲は 弾けない、いやラ・カンパネラがあるか、難しいと言われているけれど ピアノの会では大して上手くない人がバンバン弾いていたな、じゃ と取り上げました。 初見で完璧に弾けた、と言いたいところですけれど、この曲は 跳躍があってやたら高い音とか何の音か初見では分からない音が ある。 そこで、まず跳躍を上手く避けるように左手で取ったり運指を考え ました。 次に跳躍の音を覚えました。 そうしたらあっさり弾けました。 この曲、技巧的難所は同音連打だけじゃないですか?それも 大した事がない。 トリルを弾きながらメロディを弾いたりオクターヴ下 の音を弾いたり、半音階それに続く速い所アルペジオなんかが問題 になって来るレヴェルの人はハノンに戻ってやり直してください。 その頃、もっと難しい曲もやっていて、先生に「ラ・カンパネラって 簡単な曲ですね~」と言ったら、どんな曲も表現は難しいし、あまり 簡単と言うと反感を買うからやめた方がいい、とたしなめられました。 でも表現上、ショパン・ノクターン9-2より難しいとは考えられないし ラ・カンパネラは「基礎が出来ていれば」「技巧上は」簡単な曲です。 --- 人気があるんですね~この曲。 現在流通している版の「ラ・カンパネラ」は、今の私なら簡単、 とは言わないまでも全く難しい曲とは思いません。 但し演奏会で上がってミスタッチボロボロになる可能性は あります(笑)。 5歳からピアノを習ったとしたら、中学生位に弾く曲じゃないですか? 実際、大学のピアノの会では流行曲でした。 大学は勿論音大では ありません。 エース級はもっと難しい曲を弾いて、中程度の人が バンバンこの曲を弾いていました。 つまり、アマチュアのピアノの会のエース級でない中くらいのレヴェルの 大学生が楽に弾ける程度、と言う事になります。

次の