除毛クリームムーモ。 ムーモにだまされた←この口コミの真相!楽天とAmazonで驚愕の結果に

Moomoは男性でも使える?メンズの評判と効果や危険性は?

除毛クリームムーモ

Moomo ムーモ で顔の脱毛をやってみました!レビュー写真あります! 結論:顔も除毛できるけど、ちょっとヒリヒリするからおすすめしません! でも、よかったら写真でレビューしてますので、記事を読んでみてください! 顔の除毛クリームをお探しの方は、 女性の顔専用・ヒゲ対策専用クリームがオススメです。 塗るだけで簡単にセルフムダ毛ケアができると SNSで話題のムーモ moomo !女性だけでなく 男性の剛毛 にも使えるほどの脱毛力が期待できる除毛クリームですが、腕や脚とちがって意外と 処理し忘れがちなのが「顔」ですよね。 でも顔の産毛ケアは、カミソリなどで処理してしまうと お肌自体が傷付いてしまいやすいからなかなかできない…という方も多いはず。 そこで今回はそんなお顔の産毛の処理方法に悩んでいる女性達のためにも、ムーモは顔のムダ毛ケアにも使えるを実際に試してみました! A. 恐れ入りますが、 顔にはご使用いただくことが出来かねますことをご了承くださいませ。 やはり公式でも、ムーモを 顔に使用することは勧めていないようですね…。 残念ですが、トラブルを防ぐためにも 顔への塗布はしないようにしましょう。 ムーモ moomo で顔のムダ毛を除毛してみた! まず、公式サイトではムーモでの顔などの皮膚が弱い部分での利用は推奨されていません!ので、お試しされる方は、自己責任でお願いします。 私も、顔のムダ毛って気になるもののカミソリで剃ると凹凸があってうまくそれなくて切ってしまうことが多かったので、ちょっと試してみました! Moomo利用前:気になる顔の産毛。 フェイスラインって結構毛がある Moomoを顔に塗ってみた! こちら顔にMoomoを塗ってみました。 いきなり顔に塗るのは絶対にやめましょう!私は顔の前に、腕や足、背中とVIOラインも試していて肌全体として荒れることはなかったので、ちょっと顔にもチャレンジしてみました。 Moomoで顔の産毛は除毛できる?試してみたよ! Moomoを顔に塗って待つこと5分…、ちょっとヒリヒリ 正直に言いますね! Moomoを顔にぬって5分たつと、 ちょっと顔がひりひりしてきました。 かといって赤くなるとかそういうことはなかったのですが、やっぱり刺激が強いみたいで、顔には向かなさそう…。 Moomoを顔の産毛は除毛完了!ティッシュでふき取ると毛がとれました! ただ、5分待ってから、Moomoのクリームをティッシュでふき取ると、黒い毛の塊がボツボツでてきます。 ヒリヒリするけど、ムダ毛は抜けました。 Moomoを顔の産毛は抜けてつるつるに! ということで、Moomoで顔に使ってみた!画像ですが、除毛はできます。 お肌は産毛がなくなってつるつるになります。 ただ、やっぱりちょっとヒリヒリします。 この後、化粧をしたのですが、ファンデ塗るときなどやはりヒリヒリしました。 その後、赤くなるなどの肌トラブルはありませんでしたが、肌の弱い人だと肌荒れする可能性が高いと思います。 どうしても顔脱毛をやりたい方は止めませんが、私的にはあんまりおすすめしないです…! Moomo公式サイトでは、顔への利用は推奨されていません! なので、利用する際には、自己責任でお願いします。 顔の脱毛・女性のヒゲ・産毛にお悩みの方は顔利用OKな商品がおすすめ 顔の産毛の脱毛。 カミソリ処理は肌を痛めるし、専用の除毛クリームがあったらいいなって思いますよね。 実は私も女性のヒゲといわれるアゴ付近に1本だけヒゲっぽい毛が生えていて、、カミソリで何回もそろうとしたんですけど、剃れないんですよね…。 一般の除毛クリームは、医薬部外品に該当するために、「チオグリコール酸ナトリウム」が入っています。 これは毛を溶かす成分なので除毛できますが、顔などのデリケートな部分には使うと肌を痛めてしまいます。 でも!顔専用のうぶ毛・ヒゲ対策のクリームがあります!!!こちらはチオグリコール酸ナトリウムが配合されていないのですが、独自のたんぱく質除去酵素により顔専用の優しい成分で、産毛・ヒゲを除去してくれます!!! え?って思われるかたは、全額返金保証制度がついていますので、まずは試してみるのが一番!!結構、見られていて、彼氏に「ヒゲ生えてない?」って言われたのがかなりショックで探したんですよね…。 そこで今回はムーモの主な特徴や製造方法などから、詳しい安全性を探ってみました。 ムーモは厚生労働省も認めている医薬部外品だから安全 そもそもムーモの主成分である「チオグリコール酸カルシウム」は、 厚生労働省にもしっかりと 安全性が認められている 医薬部外品成分です。 ちなみにムーモを塗るだけで除毛ができるメカニズムは基本的にこのチオグリコール酸カルシウムが ムダ毛のケラチン タンパク質 を溶かすことで毛を柔らかくするというものですが、医薬部外品成分であるチオグリコール酸カルシウムは 肌表面の ムダ毛のみに作用して溶かしてくれるので、 肌への負担を心配する必要はありません!ムーモなら、 安全に 高い除毛力を実感することができますよ。 ムーモは国内のISO認定工場で作られている 成分の安全性にこだわったムーモは、 国内の ISO品質マネージメントシステム認定 工場 で製造されています。 つまり詳しい製造方法を明かしていない他の商品と比べて、 ムーモの品質管理は非常に徹底 されているのです! 国内で作られているだけでも安心感はありますが、詳しい品質管理基準を明かしているというのも ムーモの強み だと言えるのではないでしょうか。 ムーモは顔の産毛にも使える? ここまでの内容を見ると、なんだかムーモは顔にも使用できそうなくらい安全性が高そうな印象を受けますね。 ただ残念なことに、ムーモを 顔の産毛処理に使用するのはおすすめできません。 というのもムーモには 男性の剛毛もスッキリ除毛できるほどの 高い除毛力があるからで、皮膚の弱い デリケートな部分に使用するのは少々危険だからなのです…。 もちろん必ずお肌が荒れてしまうということではありませんが、もしものことを考えると顔への使用は控えるのが賢いかと思います。 ムーモ moomo に副作用の危険性はある? 皆さんの中には、「 顔に使えないならやっぱりムーモは危険なの?」なんて思った方もいらっしゃるはず。 確かにそこまで高い除毛力があると、顔だけでなく他の部分にも影響を与えてしまいそうな気がしますよね。 ということでここからは、本当にムーモは安全に使うことができるのかということを知っていただくべく、 ムーモの副作用の有無についてお伝えさせていただきたいと思います。 基本的に副作用はない まず結論から申し上げますと、ムーモを使用することでなんらかの 副作用がでる可能性は極めて低くなっております。 また現時点では実際にムーモを使用した方々の中でも 副作用の報告は されていません。 ただ アレルギーなどを持っている方であれば例外も考えられますから、その場合は 以下の原材料をよく確認し、不安であれば医師に相談の上、安全に使用してくださいね。 【有効成分】:チオグリコール酸カルシウム 【その他の成分】:シア脂、ダイズエキス、シソエキス 1 、水酸化カルシウム、1,3-プロパンジオール、1,2-ペンタンジオール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリルアルコール、パラフィン、流動パラフィン、水酸化ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、香料 まとめ 残念ながらムーモは 顔の産毛処理には使えませんが、それ以外であれば うなじや背中、脚の指の毛など様々な場所にムーモは使用することができます。 脱毛サロンはプロのエステティシャンに施術してもらえるだけあって 高い費用がかかってしまいますが、皆さんの中には サロン通いが面倒だったり、 見られるのが恥ずかしいという方も多いですよね。

次の

【動画・写真付き】ムーモ(moomo)の悪い口コミは本当?使って確かめてみた!

除毛クリームムーモ

ムーモは永久脱毛ができる除毛クリーム? ムーモはムダ毛処理はできますが、永久脱毛はできません。 まずはその理由と、除毛と永久脱毛の違いから説明します。 ムーモで永久脱毛はできない! ムーモはムダ毛の自己処理方法の中でも、『除毛』という分類にわけられ、• カミソリで剃る• 除毛クリームを使う この2つの方法は基本的に同じ処理方法なので、永久脱毛ができるわけではありません。 永久脱毛とは一度処理が完了すれば半永久的にムダ毛が生えてこなくなる脱毛ですが、これは『レーザー脱毛』という脱毛方法でしかできず、 さらに永久脱毛はエステサロンでは受けられず、皮膚科やクリニックといった医療従事者にしか扱うことが許可されていない強力なレーザーを用いるため、それ以外の方法では決して永久脱毛は出来ないんです。 そのため自宅で気軽にできる除毛クリーム、その中の一種類であるムーモでは、 永久脱毛はできないとなるいます。 永久脱毛と除毛クリームの違いは? では次に、永久脱毛と除毛クリームの違いを見ていきましょう。 永久脱毛はレーザー脱毛機から出るレーザーを毛根に当て、ムダ毛を生やす働きがある組織を破壊することで、半永久的にムダ毛が生えてこない状態にできます。 それに対して除毛クリームは毛根へアプローチするのではなく、 皮膚の表面に生えているムダ毛にしか除毛効果を与えられません。 除毛クリームにはムダ毛を溶かす効果がある成分が含まれており、クリームを皮膚の表面に生えている部分のムダ毛に塗ることで毛を取り除くため、ムーモで処理をしたあとはしばらくムダ毛がない状態をキープできますが、毛根自体には何ら影響を与えることはできないので、数日から数週間で再びムダ毛は生えてくるのです。 このように永久脱毛とムーモはムダ毛へのアプローチ方法が違うため、得られる脱毛効果にも差があると覚えておきましょう。 繰り返しムーモを使えばムダ毛は生えてこなくなる? ムーモを頻繁に使っている人の中には、「ムーモで除毛を続けていたらムダ毛が薄くなってきた」と感じている人もいます。 ムーモは永久脱毛ではないですが、繰り返し使えばムダ毛は薄くなったり生えてこなくなったりするものなのでしょうか? 先ほど説明したとおり、ムーモで永久脱毛はできないので量が減ったり薄くなったりすることはありません。 ただし、今までカミソリでムダ毛処理をしていた人は、ムーモを使ったことで 『ムダ毛が目立ちにくくなった』と感じることはあるのも事実。 これはカミソリでムダ毛処理をすると、ムダ毛をカットすることで断面が広がり、何も処理をしていないムダ毛よりも太く見えることがあるのに対し、 ムーモで処理をすると、毛の先が分解された状態でそのまま成長するため、断面が細く見えて「ムダ毛が薄くなった」「目立ちにくくなった」と感じることがあります。 あくまで『見える』だけですが、カミソリで処理をするよりは、脱毛後に生えてきたムダ毛が目立ちにくくなるので、ムーモのメリットの一つと言えるでしょう。 ムーモはどれくらいの期間効果が持続する? 永久脱毛はできないムーモですが、効果はどれくらいの期間持続するのでしょうか? ムーモの効果の持続期間と、効果を長くする方法を説明します。 ムーモの効果が続く期間は人によって違う ムーモの効果が続く期間は、ムダ毛の質や量によって違うので個人差があります。 たとえば、• 具体的な日数としては、• ムーモを使った人の口コミを見ると「1週間以上効果が続いた!」「2週間経ってもムダ毛が目立たない」という人もいますが、必ずしも自分に当てはまるわけではないと覚えておいてくださいね。 効果が続く期間を長くする方法はある? 先ほどムーモの効果が持続する期間の目安をご紹介しましたが、使い方によっても持続期間は変わってきます。 ムーモはクリームがついていないムダ毛に除毛効果を与えることができないので、根元までしっかり塗れていないと、すぐにムダ毛が目立ってしまうので注意が必要です。 また、 皮膚に汚れや油分、水分が残っていると除毛クリームの効果が薄れる原因になります。 そのため、• ムーモを塗る前に汚れ、油分、水分をしっかり拭き取っておく• ムーモはムダ毛がしっかり隠れるぐらいの量を使用する• ムダ毛の根本までクリームを塗り込む この3つの点に気をつけて使用しましょう。 ムダ毛の根本付近にまでムーモの効果をきちんと与えられれば、ササッと塗るより効果が続く期間を長く実感できるようになります。 ムーモはどれくらいの頻度で使用すればいい? 永久脱毛のようにムダ毛がない状態を持続させたいと思ったときは、一体どれくらいの頻度でムーモを使えばよいのでしょうか? ムーモの使用頻度について説明します。 使用頻度はムダ毛の質や量によって変わる 先ほど説明したとおり、ムーモの効果の持続期間は人によって違うので、使用頻度も変わってくるため、 ムダ毛が目立つまでの期間が短い人は頻度は高くなりますし、効果が長く続く人は少ない頻度で大丈夫。 ただし、ムーモはムダ毛が短いと除毛効果を与えくいという特徴があります。 ムダ毛が短すぎるとクリームがつきにくいので、0. 3㎝ぐらい、つまり「ムダ毛が目立ってきたな」と感じたら処理をするようにしましょう。 ムダ毛の状態を見ながら3日〜1週間の頻度で使用する ムーモはムダ毛が目立ってきたと感じたら処理をすればよいですが、実際に使っている人は具体的にどれくらいの頻度で処理をしているのでしょうか? 先ほどムーモの効果の持続時間は3日〜1週間程度と説明しましたよね。 この期間から言うと、3日〜1週間程度でムダ毛が目立ってきたと感じる人が多いということになるので、 3日〜1週間に1回の頻度でムーモを使えばツルスベな状態を維持できるというわけですね。 ただし毎日処理をするのは控えよう ムダ毛の伸びるスピードが人より早いと、処理をした翌日には「もうムダ毛が目立つ!」と感じる人がいるかもしれませんが、 あまり頻繁にムーモを使うと、肌荒れを起こす可能性があるので注意が必要です。 ムーモは刺激を与えないよう肌に優しい成分から作られてはいますが、3日〜1週間に一度の頻度で使うことを推奨しています。 刺激は少ないとは言えゼロではないので、頻繁にクリームを塗ると肌にダメージを与えてしまうことがあるのです。 これは カミソリやシェーバーで毎日剃ったらどうなるか、と考えれば分かりやすいですね。 そのため、ムダ毛が目立っていたとしても、肌のことを考えて毎日処理をするのは控えることをおすすめします。 やっぱり永久脱毛がしたい!そんなときはムーモ以外の方法を選んだほうがいい? 「3日〜1週間の頻度でも面倒!やっぱりムーモより永久脱毛がいい?」と迷った人のために、永久脱毛がしたいときはムーモを使うのをやめたほうがよいのでしょうか? お金と時間に余裕があるならレーザー脱毛という選択肢もある 永久脱毛は一度処理を完了させてしまえば、ムダ毛の処理から半永久的に解放されます。 しかし、• 全身脱毛をしようと思うと30〜50万円ほど費用がかかることも• 1〜3ヶ月に一度のペースでクリニックに通う必要がある• 全身の施術を1回おこなうのに60〜90分ほど時間がかかる などのデメリットがあります。 ムーモで除毛するよりも時間とお金がかかるので、永久脱毛は忙しい人やお金に余裕がある人には難しい方法なのに対し、 ムーモでもこまめに処理をすれば、永久脱毛のようにムダ毛のない状態をキープできるため、ムーモを使う意味は大いにある!と結論付けられます。 ムーモのほうが断然痛みが少ない 永久脱毛は毛根の組織を破壊するほどの威力があるレーザーを使用するため、 施術時に痛みを感じやすいのがデメリットです。 麻酔を使えばある程度まで痛みを抑えられますが、それでも「痛くてつらい」と感じる人もいるのに対し、 ムーモはクリームを塗って洗い流すだけなので痛みは感じません。 さらにきちんと根本までクリームを塗り、放置時間を守れば、ムダ毛のないツルツルな肌を手に入れられるので、痛みに弱い人には永久脱毛よりムーモのほうがおすすめです。 ムーモなら1ヶ月1,000円で除毛できる ムーモはキャンペーン中なら、 初回限定で1本980円(税込)で購入できます。 1本で約1ヶ月持つので、1ヶ月の脱毛費用が抑えられるのがメリットです。 永久脱毛の費用は月々で分割しても、 5,000〜10,000円ほどかかってしまう場合が少なくありません。 ムーモなら初回は1ヶ月980円で永久脱毛のような仕上がりを手に入れられるので、「費用はかけられないけどツルツルな状態にしたい!」という人は、ムーモでの除毛を検討してはいかがでしょうか? まとめ ムーモでは半永久的にムダ毛が生えてこない状態になる永久脱毛はできませんが、正しい使い方で3日〜1週間の頻度で処理をおこなえばムダ毛のないツルツルな肌を手に入れられます。 クリニックに通う必要はなく自分の好きな時間に除毛できるので、忙しい毎日を送りながらもムダ毛処理をきちんとおこないたい人にムーモはおすすめ。 初回限定で1本980円の価格で購入できるコースがあるので、気になった人はぜひ一度ムーモで除毛をしてみてくださいね。

次の

【除毛クリーム】moomo(ムーモ)の口コミを調べた結果…悪い評判ばかり?

除毛クリームムーモ

可愛い人やキレイな人の共通点のひとつとして挙げられるのが『肌のキレイさ』です。 透き通るような素肌に憧れを抱いたことがある女性も多いのではないでしょうか? そんな女性たちの間で今話題を集めているのが、全身に使用できる強力除毛クリーム『 Moomo(ムーモ)』です。 インスタグラムやツイッター、フェースブックなどの SNSでも紹介する人が後を絶たず、注目を浴びています。 「塗るだけで簡単につるつるの素肌になる!」と口コミで人気に火が付き、現在は品薄状態が続いています。 そんな Moomo(ムーモ)は、妊娠中の脱毛方法に悩んでいる女性からも支持を得ています。 クリニックやサロンで脱毛を受けている人は、妊娠中の施術に対して少なからず不安を抱いているはずです。 また、脱毛サロンに限らず、家庭用脱毛器や脱毛クリーム、電動脱毛器を妊娠中に使用して良いのかどうか気になるという人もいるでしょう。 お腹の赤ちゃんへの影響はもちろん、脱毛サロンの月額コースに登録している人からは、脱毛の休止やコース料金の残額に悩んでいるという声が寄せられています。 そこで今回は、除毛クリーム『 Moomo(ムーモ)』は妊娠中や授乳中に使用できるのかどうかについて解説していきます。 購入を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。 Moomo(ムーモ)は妊娠中や授乳中は使えない? Moomo ムーモ には、肌に優しい美容成分がたっぷり含まれています。 副作用の心配はほとんどありませんが、妊娠中~出産後の時期や病中病後、月経の前後の時期は使用を控えましょう。 というのも、妊娠中や授乳中の母体は、ホルモンバランスが不安定になりがちです。 肌への僅かな刺激が、思わぬ肌トラブルを招いてしまう可能性があるのです。 大豆イソフラボン自体は体に良い成分なのですが、体内に吸収されるとホルモンバランスに影響を与えます。 そのため、妊娠中・授乳中の使用はおすすめできません。 妊娠中・授乳中だけでなく、ホルモンバランスの乱れやすい生理前や生理中も、できるだけ使用を控えましょう。 妊娠中のムダ毛処理には電気シェーバーがおすすめ 妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいため、体毛の色が濃くなることがあります。 露出を控えようと思っても、夏場などの暑さが厳しい時期は難しいですよね。 また、妊婦健診やマタニティフォトのときなどに、足やお腹のムダ毛があるのは恥ずかしいものです。 「脱毛サロンには行けないけれどどうにかしたい・・・」と悩んでいる人もいることでしょう。 そんなときには、電気シェーバーを使ったムダ毛処理がおすすめです。 ここからは、妊娠と体毛の関係や、電気シェーバーのメリットについて詳しく解説していきます。 妊娠すると体毛の色が濃くなることがある 妊娠中は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの影響で体毛の色が黒く濃くなることがあります。 妊婦健診でのエコー検査や、マタニティフォトを撮る際のムダ毛に悩む人も多くいます。 しかし、妊娠中の脱毛は心身ともに負担が大きいため、妊娠中に脱毛サロンでのムダ毛処理を行うことはおすすめできません。 妊娠中・授乳中のムダ毛は電気シェーバーで処理 妊婦健診でのエコー検査やマタニティフォトの撮影前など、妊娠中にムダ毛を処理したいときは、女性用の電気シェーバーがおすすめです。 女性用の電気シェーバーは肌荒れのリスクが比較的少なく、痛みもないため安心してムダ毛処理ができます。 クリニックでも推奨されている処理方法です。 毛抜きや除毛クリームはどうなの? 妊娠中・授乳中は肌が敏感になっているため、毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどの肌に刺激を与える脱毛方法は避けるようにしましょう。 敏感になっている肌に刺激を与えると、肌荒れや炎症を起こす可能性があります。 妊娠中や授乳中に炎症が起こってしまうと、治療が制限されてかえって肌トラブルが増加してしまう危険性もありますので注意してください。 妊娠中・授乳中の脱毛は心身ともに負担が大きい 妊娠中に脱毛をした場合、痛みから体調不良や流産、陣痛を引き起こしてしまう可能性があります。 そのため、脱毛サロンやクリニックでは妊娠中の脱毛を断る店舗が多いです。 また、妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響を懸念して、肌トラブルに対する薬が処方されないこともあります。 妊娠中・授乳中に脱毛をするデメリットってあるの? 妊娠中の脱毛は体調不良や陣痛・流産を誘発する危険あり 妊娠中の脱毛は母体への負担が大きく、危険が伴います。 そのため、脱毛サロンに限らず医療機関であるクリニックでさえも断るところが多いのです。 妊娠中の脱毛で起こりうる危険 妊娠中の脱毛は、下記のようなリスクを伴います。 施術中に起こる突然の体調不良• 陣痛、流産の誘発• 子宮の収縮 特に体調が変化しやすくつわりが起きやすい妊娠初期は、予測不能な体調不良が起こることもあります。 妊娠初期でなくても、脱毛の刺激や痛みで身体が反応したり、施術のストレスによって体調不良が起こる可能性もあります。 さらに、脱毛の痛みでいきんでしまったことで陣痛や流産を誘発したり、子宮が収縮する可能性もゼロではありません。 妊娠中はクリニックやサロンだけでなく、毛抜きや除毛クリームなどのセルフケアでの脱毛も避けましょう。 妊娠・授乳中の肌は荒れやすく脱毛に不向き 妊娠中や授乳中はホルモンバランスが大きく変化しやすく、肌も大きな影響を受けます。 肌が影響を受けやすいトラブルは以下の通りです。 メラニン細胞が活性化され、身体のあちこちにシミやそばかす、黒ずみができやすくなる• 汗をかきやすくなるため、かゆみが出たり湿疹ができやすくなる• 乾燥が原因で敏感肌になったりニキビや吹き出物ができる• Iライン周辺の肌が充血したり黒ずんだりする 肌が乾燥していたりシミや黒ずみができている状態で脱毛をすると、肌トラブルの原因となってしまいます。 肌の状態が不安定な妊娠中や授乳中の脱毛は避けましょう。 また、産後はシミやくすみ、ニキビ、乾燥などの肌トラブルが起きやすい時期でもあります。 ホルモンバランスの変化だけでなく、慣れない育児や睡眠不足などのストレスから肌トラブルが起こってしまうことも珍しくありません。 肌トラブルを防ぐためにも、脱毛は肌の状態が落ち着いてから行いましょう。 なお、シミや黒ずみは出産から数ヶ月経過するとで自然に消えることが多いです。 ただし、妊娠中や授乳中は専用の保湿クリームやベビー用の日焼け止めを使って、しっかりと乾燥や紫外線対策を行ってください。 脱毛を再開するときのためにも肌のケアは大切です。 乾燥・紫外線と脱毛の関係については『脱毛の時期は秋冬がおすすめ!その気になる理由とは』で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ見てみてくださいね。 妊娠中・授乳中は使用できる薬が制限される 万が一、妊娠中や授乳中に脱毛で炎症や体調不良が起こってしまった場合、赤ちゃんに悪影響を与えないよう、治療が制限されてしまうことがあります。 そのため、妊娠中・授乳中には効果が強い薬での治療はできません。 たとえ効果が弱い薬であったとしても、長期間の使用で副作用を起こす可能性も考えられますので、治療自体ができないこともあります。 肌をキレイにするための脱毛で、肌が荒れて治療もできなければ本末転倒です。 やはり、妊娠中の脱毛は避けるべきだと言えます。 つわりがなければレーザーの機械や光脱毛を受けても大丈夫? レーザーや光脱毛は比較的新しい施術方法です。 しかし、最新の技術とは言え、胎児に影響がないという保証はありません。 何かしらの悪影響が出てしまってからでは遅いですし、妊娠中は突然体調が変化することもあります。 つわりがない場合でも、妊娠中の光脱毛は控えましょう。 脱毛の再開は授乳終了後、生理が順調にきたときを目安にしよう 脱毛は、ホルモンバランスが安定し、肌の状態が良くなってから再開しましょう。 下記の項目を目安に判断するとわかりやすいと思います。 授乳が終わっていること• 生理が安定してきていること 授乳中でも施術可能なサロンやクリニックはありますし、セルフケアであれば、どのタイミングでも始めることができます。 しかし、授乳中の脱毛は肌トラブルへの治療が制限されるため、避けたほうが無難です。 授乳が終わり、安定して生理がくるようになった頃が再開するのに最もおすすめな時期となります。 生理の周期が安定するということは、同時にホルモンバランスが安定したと考えることができるからです。 女性ホルモンと脱毛の関係については『脱毛するなら生理後の 1週間がベスト!生理前は痛みも強い』で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。 妊娠が分かったら授乳が終わるまで脱毛はお休みしよう 妊娠が分かったら、脱毛サロンやクリニックの利用を休止して脱毛はお休みしましょう。 コース料金や予約については直接サロンやクリニックに電話をして問い合わせおくと安心です。 また、授乳中も肌が乾燥しやすく荒れやすい時期です。 これから妊娠を考えていて脱毛を始めたい人は、妊娠・授乳期間中に休会できるサロンやクリニックを選ぶのがおすすめです。 まとめ 妊娠中や授乳中は脱毛は極力控えましょう。 赤ちゃんがすくすくと成長するのが最優先です。 どうしても脱毛したいという人は、肌への負担が少なく赤ちゃんに影響を与えづらい電気シェーバーを使用しましょう。 また、脱毛後は保湿をしっかりと行い、肌の乾燥を防ぐことが大切です。 自分と赤ちゃんの健康を第一に考えて行動してくださいね。

次の