翻訳家 英語。 翻訳家の仕事内容・なり方・給料・資格など

初心者から翻訳家になれますか?ゼロからデビューまでの最短ルート

翻訳家 英語

翻訳家 翻訳者 の仕事は、小説や映画から議事録、論文、契約書、学術書まで幅広く、英文で書かれた文章すべてが対象になってきます。 自宅で仕事ができ、書籍を翻訳すれば本に自分の名前が載りますので目指す方が多い職業の一つです。 しかし周りに翻訳家がいなければ、どうやって勉強するのか、どうやって仕事を見つけるのかよくわからない職業ですよね。 ですので、この記事では ・翻訳家にの仕事内容とは ・翻訳家になるには ・翻訳家が身につけるべき能力について ・なるべくお金を使わずにどのような勉強をすればいいのか ・翻訳の仕事の探し方 をひとつひとつご説明していきます。 ですので今後、翻訳者を目指す方や副業で在宅翻訳をしてみたい方にとって、 最短で翻訳家を目指せる道標を知ることができます。 翻訳家とは まずは翻訳家の具体的な仕事内容や年収について説明します。 翻訳家の仕事内容 翻訳家とは、 外国語で書かれている文章を日本語に訳す仕事のことです。 逆に日本語から外国語に直すこともあります。 また英語だけではなく、韓国語、中国語、フランス語、スペイン語など言語の数だけ、その言語専門の翻訳家はいます。 しかし、需要的には日英翻訳の仕事が圧倒的に多いのが実情です。 翻訳家の仕事は大きくわけて3つあります。 目指す種類によって難易度やなり方も異なってきます。 文芸翻訳 文芸翻訳は、 小説、詩、戯曲、絵本といった文学作品を対象に翻訳する仕事です。 『出版翻訳』と呼ばれることもあります。 文芸翻訳には、ただ単に言葉を翻訳すればいいのではなく、芸術的な文章を崩さず他の言語に置き換える能力が求められます。 翻訳の仕事の中で一番センスとクリエイティブ能力が必要なジャンルになります。 文芸翻訳家を目指すには出版社への登録、翻訳コンテストへの応募が一般的です。 映像翻訳 映像翻訳は、 海外映画やドラマからドキュメンタリーまであらゆる映像作品のセリフを翻訳する仕事です。 海外映画を見れば基本的に字幕はついてるので、世間一般の方にとって一番見る機会が多い翻訳の種類です。 映像翻訳には、字幕を見た瞬間に理解できるわかりやすい文章作り、言葉選びの能力が求められます。 ただし、いくらわかりやすくても機械的な言葉は感情移入できないのでダメですよ。 なので特に口語を意識して作られます。 映像翻訳家を目指すには映画の制作会社に就職するか、プロ翻訳者の下で修行するのが一般的です。 実務翻訳 実務翻訳は、 ビジネスの契約書、報告書、説明書、学術書などを翻訳する仕事です。 『産業翻訳』『ビジネス翻訳』と呼ばれることもあります。 その種類は幅広く、プレスリリースや事業計画書、仕様書、取扱説明書など経済活動で発生する文章すべてが守備範囲です。 比較的、文芸翻訳や映像翻訳と比べれば、まだプロへの道が開けやすい分野になります。 実務翻訳には、基本的な英語能力の上にその分野ごとの専門用語や言い回しを翻訳する能力が求められます。 なのでITならIT経験者、金融なら金融経験者が翻訳しているパターンもよくお見受けします。 実務翻訳家を目指すには翻訳会社に登録して、翻訳会社経由で仕事をもらうか、実務翻訳を請け負ってる会社に就職するかが一般的です。 翻訳家を名乗れるレベル どのくらいの英語力を持つと 『翻訳家』と名乗れるのでしょうか。 TOEIC900点以上? 英検1級? それともなにか資格があるの? このような質問をよく耳にしますが、正直に言うと、 このレベルに達するとプロの翻訳家であるといった決まり事はありません。 たとえばTOEIC、英検で必要なリスニング能力は翻訳業務では必要ありませんし、問題を解くためのスピード能力も必須ではありません。 それよりも大事なのは 『調査力、読解力、専門知識、日本語能力』です。 それに加え、もっとも大事なスキルは、英語をただ日本語に訳すのではなく、読者層、よく読まれる地域、英語の方言 アメリカ英語、イギリス英語 、言い回しなどを踏まえた上で、本の雰囲気や読者に適した翻訳ができる能力です。 たとえばギャングの物語なのに、やたら丁寧な言葉遣いが出てきても変ですし、アメリカの田舎の言葉なのに、都会じみた表現を入れたら作品の雰囲気がガラッと変わってしまいます。 なので、まず直訳できることは大前提。 次に作品ごとに適した翻訳ができるようになって、やっと一人前の翻訳家と呼べるようになります。 翻訳家の年収 翻訳家の年収は、個人の実力、知名度によっても大きく異なります。 翻訳家全体の平均年収は 400万円~600万円ほどですが、よく映画のエンドロールで目にする有名翻訳家などは 年収1000〜2000万クラスもいます。 その反面、年収100万円にも満たない人もいるので努力が必要な厳しい世界には変わりありません。 翻訳家の職場環境 基本的にフリーで活動してる翻訳家が多い業界になります。 なので主婦が在宅で副業としてしているパターンも多く見受けられます。 フリーランスの在籍先としてなどに入会して求人から仕事を受ける方法もあります。 もちろん翻訳プロダクション、グローバル企業、映画配給会社、法律事務所などに属してる、いわゆるプロ翻訳家も多くいらっしゃいます。 またハローワークでも、実務翻訳の求人をたまに見かけます。 翻訳家になるには 翻訳家で一番多いのは大学の英文科や外国語大学で英語を専門に勉強してきた方、翻訳の専門学校で勉強してきた方です。 やはり英語を専門に勉強してることは有利になります。 わたしの外大時代にも、翻訳家や通訳者を目指す方はたしかにいました。 が、 これは絶対ではありません。 中には独学で翻訳家になった人もいますし、理系から翻訳家になった方もいます。 それよりも重要なのは、海外の文化や風習に詳しいか、リサーチ能力はあるか、英語以外のバックグラウンドはあるかの方が重要視されます。 たとえば知り合いの翻訳家の方は、大学は理系で、大学卒業後はIT系の研究機関で働いていました。 彼は英語力はもちろん高かったのですが、それよりもこれら理系のバックグラウンドをPRし、今では売れっ子の技術書などの実務翻訳家として活躍しています。 なので『英語系の学校を卒業しなければいけない』『英検1級やTOEIC900点以上が必要』というわけではありません。 特におすすめするのは 今の仕事の能力を伸ばしつつ、独学でもいいので英語の勉強をしていくことです。 やはり翻訳家になるには一つ一つの積み重ねが必要ですね。 では実際に翻訳家になるための具体的な翻訳家への道をご紹介します。 翻訳会社に登録 まず1つの方法は、翻訳系の求人を扱ってる翻訳会社のトライアル 試験 を受けるパターンです。 トライアルにパスすることで求人に応募できたり、オファーを受けたりできます。 単価は安めなので、主婦の副業、未経験の方の実績作りで活用されることが多いです。 翻訳コンテストに応募 雑誌、新聞、英語系サイトが定期的に開催している翻訳コンテストに応募する方法があります。 これは直接的に仕事を見つけるのではなく、実績作りとして活用されます。 自分の実力もわかるので、定期的に参加した方がいいイベントです。 有料のコンテストもありますが、結果次第では、そのまま仕事を依頼されることもあります。 国内のおもな翻訳コンテスト ・アメリア翻訳コンテスト ・The Japan News翻訳コンテスト ・斉木学園 時事英語翻訳コンテスト ・いたばし国際絵本翻訳大賞 ・JAT新人翻訳者コンテスト ・アルク翻訳大賞 ・『通訳・翻訳ジャーナル』誌上翻訳コンテスト ・インターカレッジ札幌 翻訳コンクール 人脈づて 実績を作ったり、特定の業界で有名になると人脈づてに仕事を依頼されることが増えてきます。 特に、技術系・法律系・医療系などの実務翻訳では人を介して紹介されることが活発に行われています。 人脈を作るには、業界人が集まる交流会・イベント、SNSが一般的です。 はじめは多くのイベントに参加するのは大変ですが、実力を上げていくとより効果が目に見えてきますので、人脈作りはしっかりやっていきたいところですね。 インターネット 最近では、SNSやブログで自分自信で専門知識と英語力をアピールしたり、作品を投稿するのも効果的です。 未経験だと作品を作る手間はありますが発信し続けることによって、腕も磨かれ、知名度も上がってきます。 ただしインターネットだけ活動するのではなく、上記の方法と平行してSNSを運用していくことをおすすめします。 カンタンな翻訳の仕事の探し方 といっても今すぐ翻訳の仕事をしたい!と思ってる方も多いでしょう。 なので未経験でもすぐにできる 翻訳の仕事・求人の探し方についてご紹介します。 クラウドソーシングサイトとはインターネットを通して仕事を仲介してくれるWebサイトのことです。 自分が特化したスキル・知識や生活スタイルに合わせて気軽に働けるというメリットがあります。 特に翻訳の仕事は数多く扱っていますので、やる気されあればかなりの練習量を積むことができます。 上記学習方法4番の 『英作文、英文和訳を実際に書いて練習』はクラウドソーシングサイトを使えば、お金にもなり一石二鳥ですね。 下記の記事で、 、、 というクラウドソーシングサイトで英語の仕事を探す方法を書いていますので参考にしてみてください。 特にココナラの方が案件は多いです。 翻訳専門の会員制サイトで探す 翻訳専門の会員制サイトで見つける方法もあります。 特に翻訳専門サイトとして有名な は、翻訳者を必要とする企業や団体のマッチングを行ってくれるサイトになります。 翻訳関連の求人を常時約300件掲載しており、 約3割は未経験でも応募可能な求人なので勉強中の方にうってつけの練習にもなります。 アメリアを利用してる企業は600社以上、年間の求人件数は1,500件以上とのことです。 登録は有料ですが、案件数は多いので今後継続して翻訳の仕事をしたい方におすすめです。 特に 『未経験でもできる仕事がある』『スキルアップできる知識が手に入る』の2点のメリットは初期の学習者には大きいと思います。 まとめると年会費は15,000円と決して安くないですが、下記の点で登録するメリットのが大きいです。 ・翻訳の求人情報が豊富 ・仕事を早くもらえる ・翻訳者には貴重な情報が手に入る ・勉強方法を知れる ・全国ネットで翻訳者仲間を探せる ・その他多数 翻訳家になるまで禁止すべき学習項目・TOEICの勉強 ・英検の勉強 ・英会話 ・通訳の学習 上記のものは翻訳の仕事では必要ないので無理にする必要はありません。 もしやるなら翻訳家として仕事がもらえるようになってからでも遅くありません。 翻訳家になるための観点だけで見れば、はっきりいって時間の無駄になってしまいます。 ですので まずは翻訳の仕事に関係ある英語学習だけしましょう。 翻訳家に必要な能力5選 最後に翻訳家になるために必要な能力を5つにまとめました。 翻訳家になるためには英語の勉強とともに以下に書かれていることも意識することで、より仕事を見つけやすくなります。 あなたのウリを作る 翻訳家を目指す人は英語ができて当たり前です。 英語をみっちり勉強した外国語大学や英文科を卒業者も多数います。 なのでTOEIC900点以上、英検1級などの肩書はあまり意味をなしてきません。 それより あなたにしかないバックグラウンドを作れば、他の翻訳家より有利になるでしょう。 たとえば、ITなどの技術系や諸外国の政治に関する知識、科学の知識などなどです。 依頼者からしても、英語ができて、かつその分野の知識が豊富なあなたに任せたいと普通は思います。 なので英語と一緒に今、学校で学んでる内容、仕事で使ってる専門能力も一緒に伸ばしていきましょう。 それがいずれあなたのウリになります。 調べる癖をつける あまり知られていませんが、翻訳作業の7〜8割は調べることになります。 たとえば、英訳した意味がその業界の用語として正しいか、本の背景、他の本ではどう書かれているか、などを調べます。 調べる方法は、文献だったり、インターネットだったり、専門家に聞くだったり、その状況によって正確な選択をしなければなりません。 この調査能力が高いか低いかによって翻訳能力自体も変わってきます。 なので普段から調べる癖をつけましょう。 慣れてきたら調べるスピードも上がってきます。 また調べるのが嫌いという方は残念ながら翻訳家自体が向いていません。 日本語の高い理解力 もしあなたが文芸翻訳家を目指してるなら、日本語に対する高い理解力が大切です。 特に純文学の小説では抽象的な表現も多く使用されており、日本語でも理解できない場合もあります。 なのでその表現を正しく理解できる国語力がまず必要です。 それプラス日本語の美しさや魅力を消さずにうまく英訳しなければいけません。 これらを養うためには普段から小説を読むことに慣れていき、『私なら英語でこういう表現をする』と考える癖も一緒につけましょう。 パソコン能力 在宅で働く翻訳家がまともに生活できる月収を得るためには、とんでもない量の翻訳をする必要があります。 それプラス調査作業も入ってきますので、パソコン能力は絶対必須になってきます。 ちまちまブラインドタッチだけしてたら間に合わない状況もあります。 たとえばエディターの使い方 置換、文章比較など 、マクロによる自動化、短時間で効率よく検索する技術などなど、パソコンをうまく使いこなす必要があります。 いかに翻訳作業を楽しめるか やはり最後は仕事を楽しめるかが一番大事です。 もしあなたが何時間もパソコンと向かいあう翻訳作業自体が苦であれば、残念だから翻訳家は向いていません。 また今は楽しくてもこの先、何十年も翻訳をしていけば途中で飽きてくるかもしれません。 なので翻訳作業での楽しみを見つけましょう。 その中でおすすめなのが 調査によって新しい知識が手に入る喜びです。 新しい知識とは、外国の文化、技術、考え方、生き方、哲学などその本に書かれているすべてです。 なので翻訳をしているときでも 『私は常に学んで成長してるんだ』と自覚しながら作業をしていくことが大事です。 英語で翻訳家を使った例文 「翻訳家」は英語で「Translator」と書きます。 ここでは翻訳家になりたいことを英語で説明できるフレーズをご紹介します。 " 「将来、翻訳家になりたいです。 」 "I'm thinking about going in to translation. " 「翻訳業界に入ろうと考えています。 」 "I'm interested in translation. " 「翻訳業務に興味があります。 」 "I'm interested in becoming a translator. " 「翻訳家になることに興味があります。 」 "I am a Japanese to English translator. " 「私は日英専門の翻訳家です。 」 まとめ いかがでしたでしょうか? 翻訳家・翻訳者の仕事は、近年グローバル化やテレワーク化が叫ばれてる中、これからもっと需要が増す仕事だと予想しています。 もしあなたがサラリーマンであれば、本業でのバックグラウンドを活かして実務翻訳家からやってるみるのが一番近道だと思います。 努力が必要な業界ですが、その分やりがいもありますのでぜひ頑張ってくださいね! ほかの英語の仕事情報関しては「」をご覧ください。

次の

DHC総合教育研究所について|語学・実用書ならDHC

翻訳家 英語

外国語で書かれた文章を日本語で的確に表現するのが翻訳家の仕事です。 映画の字幕や吹き替えという形で、翻訳の仕事に触れている人も多いのではないでしょうか。 しかし、求人サイトでも翻訳家の募集を見ることは少ないので、翻訳家になる方法や具体的な仕事内容についてイメージしにくいかもしれません。 一口に翻訳といっても、小説・ビジネス文書・映画など対象はさまざまで、扱う言語も英語だけにとどまりません。 今回は、翻訳家の仕事内容を3つのジャンル別にご紹介します。 また、翻訳家の働き方や必要なスキル、翻訳家になるための方法も解説しますので、翻訳家に興味がある方はぜひ参考にしてください。 翻訳家の仕事内容と3つのジャンル 翻訳家とは、外国語を日本語に訳す仕事のことです。 また、その逆もあり、日本語を外国語に訳すこともあります。 代表的なのは英日翻訳(英語を日本語に翻訳する)ですが、そのほかにもフランス語やドイツ語、中国語、アラビア語など、言語の種類はさまざまです。 翻訳家の仕事は、以下の3ジャンルに分けることができます。 (1)文芸翻訳 小説やノンフィクション作品、雑誌などの出版物を翻訳する仕事です。 出版翻訳と呼ばれることもあります。 翻訳対象の言語や日本語のスキルはもちろん、作品のテーマをしっかりと把握して、ふさわしい表現で翻訳する力が必要です。 (2)実務翻訳 ビジネスで必要とされる、マニュアルや契約書、学術書などの翻訳をする仕事です。 産業翻訳と呼ばれることもあります。 実務翻訳の場合は、基本的な語学力のほか、業界特有の専門用語を翻訳する力も必要です。 そのため、一般的にはIT・医療・金融など、特定のジャンルを専門に担当します。 (3)映像翻訳 映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの映像作品の音声を翻訳して、吹替のセリフや字幕を作成する仕事です。 台本と映像を参照しながら、翻訳を行います。 吹替のセリフを作成する場合は音声として分かりやすい言葉に、字幕を作成する場合はパッと見ただけで分かりやすい言葉に訳す技術が必要です。 会社員?フリーランス?翻訳家の働き方 翻訳家として働くためには、翻訳部署のある会社に就職する方法と、翻訳会社に登録してフリーランスとして働く方法の2パターンがあります。 実務翻訳の場合は企業からの需要が高いため、正社員としての求人も比較的見つけやすいでしょう。 特に、外資系企業や貿易会社、特許関連の会社などで募集を行っている場合が多いようです。 翻訳の求人例 もちろん、フリーランスとして働くこともできます。 映像翻訳の場合は制作会社に入社して翻訳を行うこともありますが、フリーランスとして働く場合がほとんどです。 また、出版翻訳もフリーランスとして働く方法が一般的でしょう。 このように、翻訳家はフリーランスとして働く場合が多い傾向にあります。 そのため、1人で黙々と作業するのが好きな方や、自分でしっかりとスケジュールを管理できる方に向いているといえるでしょう。 翻訳家になるには ここからは、翻訳家になるために必要なスキル・資格・代表的な就業ルートなどをご紹介します。 翻訳家に必要なスキル 翻訳家に必要なスキルは当然ながら外国語を扱う能力です。 また、それだけにとどまらず外国語をふさわしい文章に訳す、「日本語力」も重要です。 文芸翻訳や映像翻訳の場合は、日本語の表現力が特に求められるでしょう。 翻訳家として活躍するためには、外国語だけではなく日本語のスキルも磨く必要があります。 さらに、外国の言語だけではなく文化や歴史、生活習慣なども理解しておくと、よりレベルの高い翻訳ができるようになります。 翻訳のスキルを磨くために、海外留学をしたり現地の文化を学んだりするのもおすすめです。 ちなみに、翻訳というと英語のイメージが強いかもしれませんが、近年では中国語や韓国語などアジア圏の言語の需要も高まっています。 英語に限らず、自分が興味のある言語のスキルを磨いて翻訳家を目指すのも良いでしょう。 翻訳家に必要な資格 翻訳家として働くために必須な資格はありません。 しかし、語学力がなければ翻訳はできませんので、大学・短大の外国語学部や、翻訳の専門学校などで勉強してから翻訳家を目指す方がほとんどです。 資格は必須ではないのですが、自分の語学力を証明するために、英検やTOEICなどの資格を取得している方も多いようです。 そのほか、日本翻訳協会が実施している「JTA公認翻訳専門職資格試験」という翻訳の資格もあります。 就職時のアピールや自分のスキルの確認のために、資格の取得を目指すのもおすすめです。 翻訳家になるための代表的なルート 翻訳家はフリーランスとして働く場合が多いため、どうすれば翻訳家になれるのかわからない、と思っている方も多いのではないでしょうか。 そこで、翻訳のジャンル別に翻訳家になるための代表的なルートをご紹介します。 (1)文芸翻訳 出版社への持ち込み、コンテストへの応募といった方法が一般的です。 企業に就職するわけではないため、文芸翻訳家として独り立ちするまでには時間がかかることも多いようです。 (2)実務翻訳 翻訳業務を行っている企業に応募して就職するか、フリーランスとして翻訳会社に登録して、翻訳会社経由で仕事を受注する方法があります。 翻訳会社に登録する場合は、申し込み後トライアルを受け、合格すれば仕事を受注できるようになります。 (3)映像翻訳 制作会社に就職するか、プロの翻訳者の下で経験を積んでデビューを目指す方法などがあります。 制作会社に就職する場合はアルバイトから始めることも多いでしょう。 文芸翻訳同様、すぐにプロとしてデビューするのは難しいようです。 まとめ 翻訳家の仕事内容や働き方、必要なスキルについてご紹介しました。 一口に翻訳家といっても、言語の種類はさまざまですし、文芸翻訳・実務翻訳・映像翻訳といったジャンルごとに仕事の内容は大きく異なります。 3つのジャンルの中でも、最も仕事を見つけやすいのは実務翻訳でしょう。 社員として募集している企業もありますし、フリーランスとして翻訳会社に登録して、仕事を紹介してもらうことも可能です。 ただし、実務翻訳の場合は専門用語なども多数出てきますので、自分が得意な分野を見つけて専門知識を蓄えていくと良いでしょう。 もちろん、フリーランスとして文芸翻訳や映像翻訳を行うことも不可能ではありません。 語学力を磨きながら、出版社への持ち込みやコンテストの応募などを積極的に行うと良いでしょう。 また、翻訳の専門学校が就職のサポートをしてくれたり、企業に推薦してくれたりする場合もあります。 語学力を高めるだけではなく、仕事をスムーズに見つけるために、翻訳の専門学校に通うのもおすすめです。 グローバル化により、語学力のある人材の需要はますます高まっています。 翻訳の仕事に興味がある方は、ぜひ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

次の

翻訳家と翻訳者の違いは?高い英語力だけでは翻訳の仕事はできない!?

翻訳家 英語

翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。 小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳する「映像翻訳」などの分野があります。 翻訳家として働くときに、必須となる資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。 翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。 また、一般企業で翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるか、フリーランスで独立するという方法もあります。 近年は、英語だけでなく、中国語など経済発展が著しい新興国の翻訳の需要が高まってきています。 翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。 大きく分けて、「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」の3つがあります。 文芸翻訳家は、海外の書籍や雑誌、歌詞など文芸作品の翻訳を行います。 文芸作品は、作者の思いや作品の雰囲気を翻訳することも必要なので高い日本語能力が求められます。 実務翻訳家は、ビジネス用の文書・学術書・マニュアル・契約書など、企業や研究者向けの翻訳です。 専門的な知識が求められることもあり、海外の学術論文や重要文献を翻訳することもあります。 映像翻訳家(映画翻訳家)は、海外の映画や映像作品の翻訳をし、字幕をつくります。 人が文字を読む速度には限界があるため、限られた字数内にまとめることが求められ、その国の文化や風習、スラングなども踏まえながら翻訳します。 企業勤めの場合は、朝出社し夕方退社するという一般的なサラリーマンと同じような生活スタイルになりますが、フリーランスで働く翻訳家の場合は、締めきりに間に合わせるよう、自分でスケジュールを管理して業務を進めていきます。 一度に複数の案件を抱えることもあります。 <フリーランス翻訳家の一日> 7:00 起床 メールなどをチェックし急ぎの仕事はないかを確認。 新聞や海外のネットニュースに目を通します。 8:30 家事 9:00 業務開始 今日は午前中に打ち合わせが入っているため、資料を準備します。 11:30 打ち合わせ 依頼があったクライアントの担当者と打ち合わせをします。 翻訳の内容、締め切り、原稿料などを相談。 12:00 そのままクライアントと昼食 13:00 帰りに大型書店により、今度翻訳にあたる分野の書籍を見て回ります。 15:00 帰宅 翻訳業務を開始 内容によっては何度も翻訳を書き換えることもあるため、作業速度はまちまちです。 18:00 夕食 21:30 業務再開 締め切り前は深夜まで作業をすることもあります。

次の