スマイラフ。 医療用医薬品 : スマイラフ

アステラス製薬、経口JAK阻害剤「スマイラフ錠」が既存治療で効果不十分な関節リウマチ治療薬として日本で製造販売承認を取得 :日本経済新聞

スマイラフ

アステラス製薬は7月10日、関節リウマチ治療薬・スマイラフ錠(一般名:ペフィシチニブ臭化水素酸塩)を発売した。 炎症性サイトカインによる細胞内シグナル伝達に役割を果たすJAKを阻害する。 その作用により、関節の炎症や破壊を引き起こす細胞の活性化や増殖を抑えるとされる。 同剤はアステラスが創製した。 効能・効果は「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」。 50mgと100mgの2規格。 通常、成人に対し150mgを食後に1日1回投与。 薬価(1錠)は50mgが 1741. 00円、100mgが3379. 90円。 中医協の資料によると、市場予測は10年後のピーク時販売金額として84億円。 メトトレキサートや生物学的製剤を含む疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)などの既存治療でも効果不十分な場合に用いる薬剤。 関節リウマチに対する経口JAK阻害薬はゼルヤンツ錠(ファイザー)、オルミエント錠(日本イーライリリー)に続き3製品目。

次の

アステラス 関節リウマチ薬・スマイラフを発売 経口JAK阻害薬

スマイラフ

オルミエントとスマイラフ 今週末はリウマチの内服薬である JAK阻害薬の勉強会祭りでした。 昨日はオルミエント 今日は新薬 スマイラフです。 スマイラフの国際共同第2相試験の成績が述べられました。 スマイラフ150㎎ではエンブレルと比べてACR70の臨床成績は同等か若干低い値でした。 100㎎ではプラセボとは差がついたものの、エンブレルの半分程度の効果でした。 重篤な感染症はほぼ差はなし。 帯状疱疹は他のJAK阻害薬と同様にエンブレルに比べて高い傾向。 やはり、オルミエントの2㎎でもそうですが、 スマイラフも100㎎で開始するのではなく、 150㎎でしっかり効かせて、継続するか、後ほど100㎎に減らす。 という使い方がよいのでしょうね。 骨びらんは100㎎でもプラセボより良いですが、150㎎のほうがよい。 ベースラインのMTX使用量の違いに関わらず改善が見られました。 スマイラフ150㎎では、 他の生物学的製剤やJAK阻害薬同様に すべての患者さんで関節破壊0とはなりませんが、 MTXだけで治療した場合よりも半分の人で 関節破壊を起こさないようにできるというデータでした。 リウマチ因子や抗CCP抗体が高い値の場合には やはり関節は壊れやすいというデータが示されました。 メーカーの用意したパンフレットと同様のスライドを見せながらも 退屈せずに、なんだか「ほー」と納得してしまうのは 竹内勤先生のプレゼンテーションのうまさなんですよね。 薬物動態的特徴としては 中等度の肝機能障害のある患者では血中濃度が高くなるので 50㎎から投与する とされています。 JAK1は製剤によって代謝経路が異なり、 スマイラフは肝代謝です。 JAK1,2,3 Tyk2を阻害するスマイラフでは リンパ球、好中球の減少がみられることがあります。 血球変動に関してはJAK阻害薬の中でもそれぞれ違いがありますね。 65歳以上と以下で分けると 他剤同様に重篤な感染症は65歳以上で多いのは変わらないので 特に肺炎には注意が必要ですね。 中でも40kg以下の低体重、ステロイド5㎎を超えた場合は注意とのことでした。 帯状疱疹は100人年あたりの発現率は6. 間質性肺炎は0. CK値が上がるケースが14. 筋痛、筋痙攣などの自覚症状がみられることがあります。 これからもリウマチのお薬は続々進化していくのでしょうね。 早く、リウマチは身体から風邪のように消えてしまう という時代が来てほしいですね。 2019. 06 コメント.

次の

リウマチ治療薬スマイラフーヤヌスキナーゼ(JAK)阻害作用とは

スマイラフ

病気や症状に応じた注意事項• 活動性結核• 過敏症• 敗血症• 重篤な感染症• 重度肝機能障害• 相対禁止• 先天性QT短縮症候群• 慎重投与• 間質性肺炎• 感染症• 好中球減少• 易感染性• ヘモグロビン減少• リンパ球減少• 腸管憩室• 中等度肝機能障害• 胸部レントゲン上結核治癒所見• 軽度肝機能障害• 先天性QT短縮症候群• B型肝炎• 間質性肺炎• 中等度肝機能障害• 肺外結核• B型肝炎ウイルスキャリア• 胸部画像検査で陳旧性結核• 結核患者との濃厚接触歴• 結核既感染• 先天性QT短縮症候群• HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性• HBs抗原陰性かつHBs抗体陽性• 投与に際する指示• 中等度肝機能障害• 肺外結核• 胸部画像検査で陳旧性結核• 結核患者との濃厚接触歴• 結核既感染• なお、患者の状態に応じて100mgを1日1回投与できる。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.中等度肝機能障害を有する患者に投与する場合には、血中濃度が高くなり、副作用が強く現れる恐れがあるので、これらの患者に投与する場合は、本剤の有効性及び安全性を十分に理解し、本剤投与の必要性を慎重に検討した上で、本剤50mg1日1回投与とする(なお、十分な治療反応が得られない場合は、本剤の投与継続の必要性を検討する)。 副作用 (添付文書全文) 後期第2相試験、第3相臨床試験2試験及び継続投与試験の4試験の安全性併合解析において、本剤が投与された患者1,052例中810例(77. 主な副作用は、上咽頭炎296例(28. 1.重大な副作用:次の副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).感染症:帯状疱疹(12. 2).好中球減少症(0. 3).消化管穿孔(0. 4).肝機能障害、黄疸:AST上昇(0. 5).間質性肺炎(0. なお、間質性肺炎の既往歴のある患者には、定期的に問診を行うなど、注意する。 2.その他の副作用:次の副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1.本剤投与により、肺炎、敗血症、ウイルス感染等による重篤な感染症の新たな発現若しくは重篤な感染症悪化等が報告され、本剤との関連性は明らかではないが、悪性腫瘍の発現も報告されている。 本剤が疾病を完治させる薬剤でないことも含め、重篤な感染症の新たな発現若しくは悪化等が報告され、本剤との関連性は明らかではないが、悪性腫瘍の発現も報告されていることを患者に十分説明し、患者が理解したことを確認した上で、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。 また、本剤投与により重篤な副作用が発現し、致死的な経過をたどることがあるので、緊急時の対応が十分可能な医療施設及び医師が使用し、本剤投与後に副作用が発現した場合には、主治医に連絡するよう患者に注意を与える。 2.感染症 1).重篤な感染症:敗血症、肺炎、真菌感染症を含む日和見感染症等の致死的感染症が報告されているため、十分な観察を行うなど感染症の発症に注意する。 2).結核:播種性結核(粟粒結核)及び肺外結核(脊椎結核、脳髄膜結核、胸膜結核、リンパ節結核等)を含む結核が現れる可能性がある。 結核の既往歴を有する患者及び結核の感染が疑われる患者には、結核等の感染症について診療経験を有する医師と連携の下、原則として本剤の投与開始前に適切な抗結核薬を投与する。 また、ツベルクリン反応等の検査が陰性の患者において、投与後活動性結核が現れる可能性がある。 3.本剤の治療を行う前に、少なくとも1剤の抗リウマチ薬等の使用を十分勘案する。 また、本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験を持つ医師が使用する。 (禁忌) 1.重篤な感染症(敗血症等)の患者[症状を悪化させる恐れがある]。 2.活動性結核の患者[症状を悪化させる恐れがある]。 3.重度肝機能障害を有する患者[副作用が強く現れる恐れがある]。 7.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 8.妊婦又は妊娠している可能性のある女性[動物実験において催奇形性が報告されている]。 (慎重投与) 1.感染症の患者又は感染症が疑われる患者[本剤は免疫反応を減弱する作用を有し、正常な免疫応答に影響を与える恐れがあるので、適切な処置と十分な観察が必要である]。 2.結核の既感染者(特に結核の既往歴のある患者及び胸部レントゲン上結核治癒所見のある患者)[結核を活動化させる恐れがあるので、胸部レントゲン検査等を定期的に行うなど、結核症状の発現に十分注意する]。 3.易感染性の状態にある患者[感染症を発現するリスクが増加する]。 4.高齢者。 5.腸管憩室のある患者[消化管穿孔が現れる恐れがある]。 6.好中球減少、リンパ球減少、ヘモグロビン減少のある患者[好中球減少、リンパ球減少、ヘモグロビン減少が更に悪化する恐れがある]。 7.軽度肝機能障害及び中等度肝機能障害を有する患者[副作用が強く現れる恐れがある]。 8.間質性肺炎の既往歴のある患者[間質性肺炎が現れる恐れがある]。 9.先天性QT短縮症候群の患者[QT間隔が短縮する恐れがある]。 結核の既往歴を有する場合及び結核感染が疑われる場合には、結核の診療経験がある医師に相談する。 また、本剤投与中も胸部レントゲン検査等の適切な検査を定期的に行うなど結核の発現には十分に注意し、患者に対し、結核を疑う症状が発現した場合(持続する咳、発熱等)には速やかに主治医に連絡するよう説明する。 なお、結核の活動性が確認された場合は本剤を投与しない。 3.本剤投与に先立って、B型肝炎ウイルス感染の有無を確認し、また、B型肝炎ウイルスキャリアの患者又はB型肝炎既往感染者に本剤を投与する場合は、肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルス再活性化の徴候や症状の発現に注意する(抗リウマチ生物製剤やJAK阻害剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者(HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性又はHBs抗原陰性かつHBs抗体陽性)において、B型肝炎ウイルスの再活性化が報告されている)。 4.ヘルペスウイルス再活性化を含むウイルス再活性化(帯状疱疹等)が報告されている。 また、重篤な帯状疱疹や播種性帯状疱疹も認められていることから、ヘルペスウイルス再活性化等の徴候や症状の発現に注意し、ヘルペスウイルス等の再活性化の徴候や症状の発現が認められた場合には、患者に受診するよう説明し、本剤の投与を中断し、速やかに適切な処置を行う。 また、ヘルペスウイルス以外のウイルス再活性化にも注意する。 5.本剤との因果関係は明らかではないが、悪性腫瘍の発現には注意する。 悪性リンパ腫、固形癌等の悪性腫瘍の発現が報告されている。 6.本剤投与開始後は定期的に好中球数を確認する。 本剤投与により好中球減少が現れることがある。 7.本剤投与開始後は定期的にリンパ球数を確認する。 本剤投与によりリンパ球減少が現れることがある。 8.本剤投与開始後は定期的にヘモグロビン値を確認する。 本剤投与によりヘモグロビン減少が現れることがある。 9.本剤投与開始後は定期的に脂質検査値を確認する。 臨床上必要と認められた場合には、脂質異常症治療薬の投与等の適切な処置を考慮する(総コレステロール上昇、LDLコレステロール上昇、HDLコレステロール上昇及びトリグリセリド上昇等の脂質検査値異常が現れることがある)。 10.トランスアミナーゼ上昇に注意するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行う。 肝機能障害が現れることがある。 また、肝機能障害を起こす可能性のある薬剤と併用する場合には特に注意する。 メトトレキサート併用時に本剤単独投与時と比較して肝機能障害の発現率上昇が認められている。 11.先天性QT短縮症候群の患者に対しては、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する(本剤投与によりQT間隔が短縮する恐れがある)。 12.感染症発現のリスクを否定できないので、本剤投与中の生ワクチン接種は行わない。 13.妊娠可能な女性に投与する場合には、投与中及び投与終了後少なくとも1月経周期は適切な避妊を行うよう指導する。 (高齢者への投与) 一般に、高齢者では生理機能が低下しているので用量に留意して、患者の状態を観察しながら慎重に投与する[重篤な感染症の発現率の上昇が認められている]。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦等:妊娠又は妊娠している可能性のある女性には、本剤を投与しない[動物実験ではラットで催奇形性、ウサギで胚致死作用・胎仔致死作用が報告されており、ヒトに本剤を投与したときの血漿中濃度と比較したとき、胚・胎仔発生に関する安全域はラット及びウサギでそれぞれ1. 2倍及び0. 9倍であり、また、ラットで胎仔発達への影響、出生仔生存率への影響、出生仔体重への影響及び出生仔骨格奇形が報告されている。 雌ラットの受胎能及び初期胚発生に関する安全域は3. 6倍、出生前及び出生後の発生に関する安全域は0. 7倍であった]。 2.授乳婦:本剤投与中は授乳を中止させる[ラットで乳汁中への移行及び出生仔発育への影響が報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (過量投与) 1.症状:過量投与の場合、本剤に特異的な解毒薬はないので、患者の状態を十分に観察する。 2.処置:過量投与時、副作用症状が発現した場合は適切な対症療法と支持療法を行う。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) 1.本剤はJAK阻害作用を有することから免疫系及び造血系へ影響を及ぼす可能性があり、非臨床試験ではリンパ球数減少及び赤血球数減少等に加え、免疫抑制に起因する二次的な作用(日和見感染)がみられ、また、その他に消化管への影響(消化管糜爛、消化管潰瘍等)もみられた。 2.ラットのがん原性試験(24カ月間投与)において、良性胸腺腫の発生頻度の上昇が認められた。 (取扱い上の注意) 本品はアルミ袋、及びアルミ袋に封入している乾燥剤により品質保持をはかっているので、アルミ袋開封後は湿気を避けて保存する。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の