海外 で 働ける 仕事。 【海外で仕事がしたい!】日本人ができる仕事14種類をご紹介!

海外在住の日本人ができる仕事はこんなにある!自分だけの「ナリワイ」をつくりましょうよ。

海外 で 働ける 仕事

こんにちは、もうすぐ26歳になる女です。 これまで安易な転職を繰り返してしまい、今は派遣事務員、それも特にこだわりのある職種ではありません。 これから本気で一生の仕事を身に付けたいと思っています。 私は昔から本が好きでしたので、できれば本に関わる仕事がしたいのですが、それよりも優先させたい希望は『どこに住んでも働ける』ということです。 たとえば私でもすぐに思いつくのは、フリーライター、WEBデザイナー、小説家、翻訳家。 どこに引っ越しても、あるいは海外に渡ったとしても収入を得ることができる仕事に就きたいのです。 真剣に、この先の進路に悩んでいます。 『どこに住んでも働ける仕事』についてアドバイスいただけたら嬉しいです。 ただし、日本でしたらやはり都心・都会に近いといいでしょうね。 打ち合わせなんかもありますから。 あと、本には関係ないのですが、私の周りには「先生」が多いです。 編み物の先生、習字の先生、ピアノの先生。 こういった個人塾的な仕事も、どこでもできそうですね。 あとは・・・なんでしょうね。 いずれにしても、自宅ベースで独立して仕事をするには、1人で営業から実作業から経理まで全て行い、それにプラスして生計を立てていけるほどのスキルを得ることが必要です。 がんばってください。 ユーザーID:• おすすめ 友人のご主人が介護系の仕事に就いています。 友人は転勤族でご主人がそれについて全国を移動するという、 「婦唱夫随」夫婦ですが、 老人ホームや居宅介護ヘルパーなど、 行く先々でも必ず仕事があるそうです。 子供が生まれた時も友人は法定の産後休暇後すぐ復帰し、 ご主人が仕事を辞めて子供の面倒を見ていましたが、 その後、すぐ新たな職が見つかったそうです。 これから老人が増えてゆくし、良いのではないでしょうか。 反対に行政書士(司法書士かも)の資格をとった友人は、 ご主人の転勤で方々に行きますが、 生かせる職が見つからないそうです。 開業したら転勤についてゆけないし、 協会に登録すると事務所のお手伝いのような仕事はあるそうですが、 前職(PG系でした)を活かした派遣の方が時給が高く、 お金をかけて資格をとったのに…とぼやいていました。 ユーザーID:• 熟考を! 仕事を始めてもすぐに止めてしまうような性格、私の見方だと(普通だと思いますが)「飽きっぽく根気がない」と理解されます。 では「どこでも働けるという条件」について考えてみましょう。 働く、ということは 「労働によって(組織+自分)に対して金銭を得ること」 ですよね? ではトピ主さんがあげている職業について見ましょう フリーライター WEBデザイナー 小説家 翻訳家 社会が緊急性を以て要請をするような職業ではなさそうに見えます。 私なら発想としては 弁護士 公認会計士 医師・看護婦 といったところがでてきます。 公認会計士は超田舎では需要がないかも知れませんが、医師と看護婦は日本中どこでも1つの資格で働けます。 ただ、入学試験と入学後の勉学、そして国家試験を通る、といったそれぞれの関門があるため、飽きっぽいトピ主さんには難しそうですね。 ナニクソ! と思われますか? それなら希望はあります。 ユーザーID:• WEBデザイナーは無理です。 必ず先方と打ち合わせして、ヒヤリングが必要ですから。 首都圏、もしくは大阪などの大都市でないと成立しません。 また、25歳をこえて未経験ではまず仕事に就けません。 会社経験がなければ仕事もありません。 グラフィックデザイナーなども同様です。 フリーライター、翻訳家の知人がいます。 ライターは取材もあるため、やはりどこでもOKではありません。 海外に住んで日本の資料が必要な場合どうしますか? 図書館は結構行きますよ。 翻訳家の知人は海外に住んでいますが、日本の仕事はほとんどしていません。 打ち合わせができないからです。 打ち合わせが必要な時は、私が代理で行ったりしています。 (そのかわり私が翻訳を必要とするときに安くしてもらえる。 ) 小説家は才能があればどこでもできると思います。 村上春樹さんも海外生活が長いですよね。 例に挙げられているものではこれが一番でしょう。 ただ、才能がなければ生活はできないですが。 小説家以外なら、医者かなぁ。 ユーザーID:• 現WEBデザイナー あなたが挙げた職業で、すぐにでも始められるのはフリーライターです。 名刺に「フリーライター」と印刷して営業に出かければ、あなたも今日からフリーライターです。 がんばってみてください。 しかし…。 フリーでやっていくつもりなら、自分の仕事のことだから自分ひとりで何とかする!くらいの気構えがないと無理ではないでしょうか。 安易に掲示板で誰とも知らない人にモノを聞くよりも、自分で職業に関する本でも読んでひとりでじっくり考えてみたほうがよいと思います。 「一生できる仕事です!どこに住んでいても、海外に住んでいても働けます。 まずは資料請求を!」 のような煽り文句で資格取得やライター講座などの名目で大金を支払わせる詐欺もありますので注意してくださいね。 ユーザーID:• 医者と看護婦 私は海外で翻訳家として働いていますが、トピ主さんが自分で挙げた候補職の中に翻訳家が含まれていてびっくりしています。 確かに、ファックスや電子メール、インターネットのおかげでフリーランスの翻訳家はどこにいても仕事ができます。 でも、翻訳という仕事はしっかりした母国語力と専門知識(翻訳するものによる)および英語なり、仏語、西語なり元になる言語の理解力が必要になる職業です。 トピ主さんはきっとそんなことまで考えていませんよね?ほかの方が提案されている医者や看護婦も資格と才能と一生かけての努力のいる立派な職業。 もう少し、足を地に付けて目を覚まして現実的に自分の将来を考えてください。 でも、まだ26歳ですから、これから国家資格を取るなり、外国語力と母国語力を磨くなり、時間は十分あります。 響きのいいカッコイイ職業じゃなく、いったいこれから自分はどうして行きたいのか、真剣に考えてください。 余談ですが、翻訳の場合、英語や仏語などメジャーな言語より、ロシア語とか中国語、アラビア語など翻訳家の少ない(英語などに比べて)割に需要の高い言葉のほうが今からならいいかも。 ユーザーID:• 思いつくのは 小説家やライター、翻訳家ですか。 依頼主に顔が利くとしても、打ち合わせや資料探しに困るようなところに住んでいると苦労するでしょう。 売込みが必要なら、やはり東京へ足しげく通う必要があると思います。 たとえ仕事をもらえても、相当の稼ぎ頭でなければ、仕事の質が悪かったり、締め切りを守れなかったりすればすぐ切られる覚悟は必要でしょう。 Webデザイナーは、正直都会でないとダメだと思います。 あと、フリーでやるならですが、技術的な面をサポートしてくれる会社などとのつながりも必要でしょう。 どこで作っても仕上がりに差がないなら、海外へ出してしまってもよいわけですし・・・素人でできるレベルなら、アウトソーシングする意味はないですから。 住むところに関わりない仕事はいろいろありますが、移り住んですぐ職にありつけるか、望むだけの給料を稼げるかとなると・・・。 正直、どなたかが上げられている士のつく職業や、医師,薬剤師,理学療法士,検査技士,看護師などの医療専門職くらいしか思いつきません。 条件をもう少し絞りましょう。 フリーのお仕事は自営業と同じくらい厳しいと思います。 ユーザーID:• 小説家を目指せ! って、飽きっぽいですよね。 私の知人にもいますよ。 短大卒で銀行に就職出来たのに、辞めて派遣に転職。 少し貯めては海外旅行を繰り返し、既に8年。 私は、夫(医師)と結婚して今は専業主婦していますが、国家資格を待っていますので、その辺のサラリーマン以上の収入を持てます。 低次元の転職繰り返す人は、青い鳥を求めているのか、腰を据えられないんですよね。 努力、我慢、考えが足りないと言うか。 仕事なんて、本当に働く気持ちがあればレジうちでも立派なお仕事でしょうし。 私は、幼い頃から人に使われるような仕事は、お金のためとはいえ出来ないと思い、結婚後の保険も兼ねて、資格を取りました。 あなたもレジ打ちのような仕事を教えてほしくてこんなトビたてられているのではないでしょう。 理想も〜、、ですしね。 看護士あたりなら数年、奨学金でもとって勉強なさったら。 看護士なら高卒程度の学力で十分でしょうし。 26でしたら、まだなんとかなるのでは。 まずは浮ついた気持ちを捨てることから始められてはいかが。。 ユーザーID:• 夫の職業 私は看護師です。 人間関係でちょっと難ある私ですが、職で困った事はありません。 ほとんどすんなり決まります。 海外はどうか知りませんが、とりあえず私も結婚して県外に出ましたが、そこでも子育て等ブランクがあってもパートにすんなりつけました。 時給も2000円で少しの時間で稼げて助かっています。 ただなるのには結構大変ですよ。 3年間というか特に実習のある期間は・・。 でも、学生の間もその後も年齢的な事はあまり心配ないです。 ブランクがあって学生になる方は結構いますので。 あとは大変プライド高い方が多いので私も結構鍛えられました。 ある意味大変です。 その先も保健師、助産師さんなどの道はありますし、助産師さんなら腕を磨き自分で助産院をというのも夢ではないと思います。 ユーザーID:• がんばろう!.

次の

高収入!アメリカのもうかる職業ランキング [海外で働く・転職する] All About

海外 で 働ける 仕事

しかしながら、所変われば、ということで国ごとに給料が高い職種が異なってくる可能性があります。 今回の調査は、アメリカ政府が調査した「National, State and Metropolitan Area Occupational Employment and Wage Estimates」という資料から抜粋しています。 なんと800職種もの職業の給与事情が丸わかり! 高収入!TOP10~TOP6までさっそくですが、10位から6位までを見てみましょう。 ビルゲイツやスティーブジョブス、ジャックウェルチなど有名な経営者がいる反面、ほとんどもうからない会社を経営している人もいるから平均的には10位ということなのではないでしょうか。 ちなみに全米で30万人ほどいるようです。 日本円にするとすでに1000万円はらくらく超えています。 これほど稀少だと、なかなか出会うのが難しいのではないかと思いますが。 なんとびっくり、10位以外はすべて医療関係という結果がでました。 これでは、娘を医者の嫁にしたいという親がいても不思議ではありません。 それでは、次のページでは、とっても気になるをご紹介します。 お見逃しなく!.

次の

海外で働くために必要な資格とスキル12個!海外就職や転職で有利になる方法

海外 で 働ける 仕事

1.日本語を活かした仕事 まずはちょっと意外に思う人がいるかもしれませんが、あなたの「日本語能力」を活かした仕事です。 (1)通訳・翻訳 日本人の能力を活かした仕事として真っ先に挙がるのは通訳・翻訳です。 とくにインフラ工事、技術支援、資源開発などで現地を訪れる日本人が多い新興国・ 非英語圏の国では、仕事を見つけやすいと考えられます。 (2)日本語教師 日本語教師も通訳・翻訳と同様に日本人の能力を活かした典型的な仕事です。 資格を取得したり教育スキルを身に着けたりする必要はありますが、通訳・翻訳と違い高度な外国語力を必要としないため、それほど参入障壁は高くありません。 (3)日本人学校教師 小中学校の教員免許があれば、海外の日本人学校の教師として働くことも考えられます。 日本人居住者の多い大都市であれば、日本の学校の受験指導を行う塾の講師になる道もあります。 (4)観光ガイド 観光ガイドを仕事にする人も多くみられます。 留学・遊学中の若者がアルバイトでガイドを務めるケースもありますが、現地の政府公認ガイドの資格を取得し腰を据えて仕事をしている人もいます。 スポンサードリンク 2.日本との取引を行う仕事 海外で現地の人向けに貿易や旅行などの仕事もあります。 (1)旅行代理店(現地居住者を日本へ送り出す) 海外で現地居住者に日本への旅行をあっせんする代理店業を営んだり、現地の旅行代理店の日本担当者として就職したりすることも考えられます。 東アジアや東南アジアを中心に 日本への旅行客が激増しているため、仕事を得られるチャンスは十分あります。 (2)輸入商社(日本から輸入) 発展途上国では 日本からモノを仕入れる輸入業を営む手もあります。 自動車、家電製品、衣料などのリサイクル品の輸入は大手商社が手掛けないため、個人で参入するチャンスがあります。 また、すでに進出している企業の現地採用を目指すことも考えられます。 とくにバイタリティがあり物おじしない性格の人にはチャンスがあります(語学力は二の次です)。 3.日本人であることを活かした仕事 日本人ならではの能力、国籍を活かして仕事を見つけることも可能です。 (1)日本食料理人 寿司、懐石料理、天ぷらを始めとする伝統的な和食に加え、最近ではラーメンなど多様なジャンルの日本食が世界各地で人気を集めています。 先進国の一流店の料理人には日本で修業して実績を積んだ人でなければ採用されないでしょうが、カジュアルな店や発展途上国ではほとんど調理経験のない人でも働くチャンスがあります。 (2)伝統美術・工芸品等の制作・販売 日本の伝統文化に関するモノやサービスの中には、盆栽、錦鯉、日本庭園など、日本国内よりも海外の需要が伸びているケースがあります。 現地で職人として働くほか、日本画、磁器、竹細工、木彫、ガラス細工、刀剣などの伝統美術・工芸分野の制作・販売あるいは輸入を手掛ければ、一定の顧客がつく可能性もあります。 (3)国際公務員 国際連合(UN)やその下部機関に当たる国際連合児童基金(UNICEF)、世界保健機関(WHO)、国際通貨基金(IMF)などの国際機関は世界各国の人を採用します。 日本は国連への拠出金が米国に次いで多いため、日本人は採用されやすいといえます。 ただし高度な英語力と高学歴(博士号、修士号)が必須要件となる職場が少なくありません。 (4)在外公館職員 在外公館でも日本人職員を採用することがあります。 基幹職員はすべて日本で採用・派遣するため、現地採用は警備・清掃などの現場作業員が中心となります。 ただし外務省内でも専門職員が限られるマイナー言語を専門とする人の場合は、通訳・翻訳の仕事が見つかることもあります。 4.専門能力を活かした仕事 日本にいる間につちかった専門的な技術やスキルを活かして働くのは、もっとも堅実です。 (1)ITエンジニア ITエンジニアの場合、日本語や英語などでのコミュニケーション力よりもプログラミング言語の理解力(システム開発力)が重視されます。 エンジニアとしての能力が高ければ、シリコンバレーのような先端開発拠点でも、生活費のぐっと安いインドやベトナムのようなオフショアサイト(アウトソース拠点)でも働き口はあります。 (2)電気・機械・化学系エンジニア トップレベルの人材であれば、先進国で最先端の技術を学べる一流企業や研究機関で勤務するチャンスがあります。 一般的なサラリーマンでも、現地工場の役職員やクライアントへ納入した製品の運用・メンテナンス担当者として海外へ派遣されることもあります。 また、発展途上国の支援スタッフとしてのニーズもあります。 その場合、高度な技術力よりも現地の材料や人材を活かしたローテク支援力が求められます。 (3)建築・土木エンジニア トップレベルの人材には、先進国で最先端の技術を学べる一流企業や研究機関で勤務するチャンスがあります。 一般的なサラリーマンでも政府開発援助(ODA)関係などの大型プロジェクトの担当者として、さまざまな国へ派遣される可能性があります。 最近では日本の建設会社もスーパーゼネコンを中心に海外案件の受注に力を入れているため、国際的な仕事が増えています。 (4)1次産業 発展途上国では植林、緑化事業、稲作、野菜栽培、酪農、沿岸漁業、養殖など幅広い事業の支援ニーズがあります。 JICA、国際NGOなどでは、さまざまな専門分野の支援スタッフを募集しています。 なお、先進国では日本よりも進んだ技術が普及している国もあり、研修を受ける気持ちで働き口を探す方法が考えられます。 規制の関係もあり先進国で日本人が1次産業を始めるのは大変です。 (5)金融業界 ディーリング、資産運用、投資銀行業務などの分野では、腕がよければ海外で働くチャンスが十分にあります。 その場合、ニューヨーク、ロンドン、チューリヒ、フランクフルト、シンガポール、香港などが主な勤務地となります。 またバックオフィス・決済業務系の人も含め、発展途上国の公的金融機関のアドバイザーとして活躍できる仕事もあります。 (6)士業・資格業 弁護士、会計士、税理士、医師、看護師などの資格業務に携わる人の場合、欧米先進国でトップレベルの仕事に就くほか、国際協力機構(JICA)、国際NGOなどの支援スタッフとして発展途上国で働く道もあります。 発展途上国では先進国と比べ法律、会計、税務などの社会制度の整備も遅れているため、事務系資格者に対する支援ニーズもあります。 (7)音楽・芸術関係 音楽や芸術に国境はありません。 どこの国でも演奏会や展示会を開くチャンスはあります。 確実に食っていける仕事として海外で音楽・芸術活動を行うためには国内で実績を残して海外の業界関係者から招かることが重要になります。 しかし、裸一貫で飛び込み路上パフォーマンスから叩き上げることも不可能ではありません。 5.興味・熱意で行う仕事 主に国際交流・貢献分野の仕事です。 (1)教育事業 先進国では日本人による教育事業ニーズはトップレベルの学者による高等教育機関での研究・教育や日本語教育を除きほとんどありません。 一方、発展途上国では四則演算やアルファベットから教える初等教育サービスを始め多くの需要があります。 ただし、こうした国々で教育を収益事業として行うことは困難なためスポンサー募集から始める必要はあります。 収入の目途が立てばいろいろな場所で事業を行うチャンスがあります。 (2)文化支援事業 日本の文化を海外へ伝えたり海外の文化を日本へ紹介したりする事業も利益確保が困難なためスポンサー探しをしなければなりません。 伝統的な文化だけでなくクールジャパンで取り上げられるような漫画・アニメなどのカルチャーなど、潜在的にはさまざまなニーズがあると考えられます。 フェアトレードで発展途上国の商品を日本で販売するような道もあります。 (3)慈善活動 主に発展途上国での医療・福祉関係の慈善活動も潜在的なニーズの大きい事業です。 こちらもスポンサー集めに苦労するでしょうが、何らかのかたちで事業を展開できれば現地の人たちの生活に大いに役立つでしょう。 海外での仕事は自分の制限を外せばいくらでもある いまの仕事を発展させるために海外へ出向くだけでなく、新たな仕事を始める・就職ために海外というフィールドを選ぶ手もあります。 考えてみれば、日本国内に普通に存在する仕事は、外国にも存在します。 仕事によっては、日本国内よりも海外の方が多くのチャンスに巡り合えるかもしれません。 海外で仕事をする上で一番大切なことは意欲や情熱を持ち続けることです。 「海外でこの仕事をしたい!」という強い思いがあれば必ず道は拓けます。

次の