結婚 式 御 祝儀 相場。 【イラスト付き】結婚のご祝儀袋!選び方・書き方・マナー・金額まるわかり

【聞きづらい?】部下の結婚のご祝儀はいくらが良い?相場をチェック

結婚 式 御 祝儀 相場

友人の結婚式や親族の結婚式に 『夫婦』で招待された皆さん。 一人での出席とは違い、夫婦で結婚式に出席する場合の『ご祝儀』については、いろいろと悩むことが多いですよね。 「結婚式に夫婦で出席する際のご祝儀っていくら包むの?」 「子供も一緒の場合の金額は?」 「ご祝儀袋に書く名前は夫婦連名?夫のみ?」 「夫婦でご祝儀が3万円って非常識?」 「別々に招待した友人が結婚!その結婚式に夫婦で招待された…」 など、気になっている方もいらっしゃるのでは。 ということで今回は、『結婚式に夫婦で出席する際のご祝儀』について解説。 夫婦で結婚式に出席する際のご祝儀金額の考え方や、ご祝儀袋に書く名前のことまで、まとめて紹介します。 ご祝儀の相場は、『あなたの年齢』や『相手との親密さ』でも異なります。 友人の結婚式の場合 自分の立場や、相手とのつきあいの深さを考慮する必要がありますが、 基本的には『1人分の倍の金額』が、夫婦で招待された際の『ご祝儀金額の基準額』になります。 友人の結婚式の場合、1人あたりの相場は2万円から3万円ですので、その倍の4万円から6万円が基準。 しかし結婚式のようなお祝い事では、『奇数吉、偶数凶』と言われ、偶数は忌み嫌われます。 基準額に近い奇数、今回の場合では5万円をご祝儀とすることが一般的です。 親族の結婚式の場合 親族の結婚式に夫婦で招待された場合も、基本的には「1人分の倍の金額」がご祝儀金額の基準となります。 ただし、友人の時とは異なり、親族への1人あたりのご祝儀相場は3万円から5万円となりますので、夫婦で招待された場合は単純に6万円から10万円が基準となります。 お祝い事での「奇数吉、偶数凶」の考えから、親族の結婚式に夫婦で招待された場合は5万円か7万円、あなた方ご夫婦のほうが年代が上、もしくはとても仲が良い関係の場合は8万円か10万円が目安となります。 子供も一緒に出席する際のご祝儀は? 子供も一緒に招待された場合のご祝儀はどうすれば良いのでしょうか。 夫婦のほか子供も一緒に招待された際は、夫婦プラス子供の分のご祝儀を贈ります。 プラスする子供の金額は、子供の年齢によって異なります。 子供のご祝儀の目安金額 子供と一緒に結婚式に出席する場合での、『子供分のご祝儀』の目安金額は以下のとおりです。 0歳から2歳:赤ちゃんの場合は席や食事が不要なので、ご祝儀も必要ありません• 3歳から6歳:幼児用の食事を基本と考え5,000円• 小学生:食事により5,000円から1万円• 中学生:食事により1万円から1万5,000円• 高校生:大人と同様の食事と考え1万5,000円 結婚式に夫婦と子供2人で出席する場合のご祝儀 例えば友人の結婚式に、夫婦と子供2人(6歳と3歳)で出席する場合のご祝儀では、• もしくは夫婦で5万円のご祝儀と、1万円相当のお祝いの品物を贈る といった方法がオススメです。 ご祝儀袋への名前は夫婦連名?夫のみ? 夫婦でご祝儀を贈る場合、ご祝儀袋に書く『名前の書き方』が気になりますよね。 名前の書き方は夫婦連名・代表者どちらでもOK 夫婦でご祝儀を包む場合、ご祝儀袋に書く名前については、 『代表者(基本は夫)』『夫婦連名』のどちらで書いても大丈夫です。 どちら書き方にするか迷った場合は、• 夫婦連名で招待状が届いた場合は、ご祝儀袋も連名で記入する• 購入したご祝儀袋の『短冊の太さ』で、夫婦連名にするか代表者だけにするか選ぶ などを基準にして決めると良いでしょう。 夫婦で贈る!ご祝儀袋への名前の書き方 夫婦でご祝儀を包む場合での、ご祝儀袋への名前の書き方を画像で紹介します。 見本画像:代表者のみを書く場合 『代表者のみ』とする場合は、夫の名前を書くのが基本です。 見本画像:夫婦連名で書く場合 夫婦連名で書く場合は、『夫の名前』を中央に書き、その左側に『妻の名のみ』を書くのが基本。 最近は『夫婦の姓』を中央に書き、それぞれの名をバランスよく書く方法でも大丈夫です。 見本画像:夫婦別姓の場合 『夫婦別姓』の場合は、各々の名前を並べて書くと良いでしょう。 『夫の名前』を中央に書き、その左側に『妻の名前』を書くのが基本。 各々の名前をバランスよく中央に書いても大丈夫です。

次の

結婚式のご祝儀の金額相場まとめ!親族・友人・上司の場合。

結婚 式 御 祝儀 相場

とはいえ、明確なルールがないので、ついつい悩んでしまうのもご祝儀の難しいところ。 ご祝儀を包むタイミングのたびに迷うことのないよう、さまざまな具体例とともに説明します。 たとえば、自分が20代で収入が少なく、また、学生時代からの友人の結婚式に出席するのだったら、2万円は許容範囲といえます。 入社して間もなく職場の上司の結婚式に出席する場合などは、2万円は現実的な金額とされています。 同じ結婚式に招待されている人が職場にいるなら、信頼できる人や似たような立場の人と金額について相談するなどしても良いかもしれません。 そこで2万円か3万円かで悩む場合は、会場のグレードも考えて決めるといいでしょう。 そのような関係性で、自分が先に結婚し、ご祝儀をもらっているなら、その人へのご祝儀は自分のときと同額にするのが円満です。 割り切れる偶数は「別れ」をイメージさせるため、「割り切れない」奇数のほうが、縁起が良いとされているのです。 すでに紹介したとおり、自分がまだ20代で、友人や職場の上司・先輩の結婚式に出席する場合なら、2万円は非常識ではありません。 忌み嫌われる傾向にあるので、お祝いの場では避けましょう。 金額は奇数の5万円か7万円が一般的。 もし「5万円は少ないけど、7万円は正直厳しい……」という場合は、5万円のご祝儀に何か贈り物をプラスしてもよいでしょう。 特に親しい人なら、ふたりのリクエストを聞いて希望の品物をプレゼントしても喜ばれるはず。 つまり、基本的には会費だけ持参すればよいのです。 会費は受付で金額を確認する必要があるので、ご祝儀袋には入れず、そのまま渡します。

次の

本当に3万円であってる?関係性別結婚式のご祝儀相場一覧

結婚 式 御 祝儀 相場

スポンサードリンク 沖縄の結婚式ご祝儀の相場は? 結婚式でのご祝儀の相場は条件によって様々です。 あなたと新郎新婦との関係や、あなたの地位または役職や年齢、式場の格式、さらには地域や習わしによっても変わってきます。 沖縄の結婚式の特徴として、まず驚かされるのが出席者の人数です。 ごく普通の家庭の結婚式でも200~300人くらい出席するのが当たり前で、500人を越えることも珍しくありません。 芸能人かどこぞのお偉いさんの結婚式か!っていうくらいの規模なので、当然招待される確率も高くなります。 さらに招待状は手渡しが基本で、相手の都合を確認した上で渡されるので、ご辞退という選択肢がないことも多いです。 その証拠に、招待状には既に席が指定されていて、返信用のはがきも同封されていない場合がほとんどです。 そういった事情も、沖縄のご祝儀の相場に影響を及ぼしていると言えるでしょう。 沖縄の結婚式のご祝儀 親族や上司や夫婦なら? 沖縄のご祝儀の相場は本土と異なり、かなり特徴的です。 まずはじめに、本土の一般的な結婚式のご祝儀相場を、年代と新郎新婦との関係で分けると下記のようになります。 <<本土の結婚式のご祝儀相場>> 【20代】 兄弟や姉妹:5万円 会社の上司:3~5万円 会社の同僚:2~3万円 友人や知人:2~3万円 取引先関係:3万円 夫婦で出席:5万円(2人分) 【30代】 兄弟や姉妹:3~5万円 会社の上司:3~5万円 会社の同僚:3万円 友人や知人:3~5万円 取引先関係:3万円 夫婦で出席:5万円(2人分) スポンサードリンク 【40代】 兄弟や姉妹:5~10万円 会社の上司:5万円~ 会社の同僚:3万円 友人や知人:3~5万円 取引先関係:3~5万円 夫婦で出席:5~7万円(2人分) 目安としては、ざっとこんな感じです。 そして気になる沖縄のご祝儀の相場ですが、通常は『1万円』です。 年代も新郎新婦との関係や役職なども、関係なく『1万円』ポッキリです。 円卓で大皿料理が振る舞われるので、費用が安く抑えられるということや、参加人数が多いのも理由の一つです。 また、引き出物もそれほど豪華なものではなく、1,000円くらいが一般的な相場ということもあります。 たとえ1万円でも、これだけの参加人数ですから、当然招待される機会も多くなります。 もし特別な思い入れがある場合は、ご祝儀は相場の1万円にして、お祝いの品などを別に渡すと良いでしょう。 会社の同僚の結婚式に招待された場合は、同じ職場の出席者にも、それとなく確認しておきましょう。 沖縄の結婚式のご祝儀 お車代は? ご祝儀の相場とお車代のバランスは意外と難しいですよね。 もしお車代は一切出せないと事前に言われているならば、ご祝儀は相場通り1万円が良いでしょう。 何も言われていないのなら本土のご祝儀の相場を包んでおけば、差額がお車代として返ってくることもあります。 ここまで相場の話をしてきましたが、大切なのは今後あなたが新郎新婦と、どの様な関係を築いていきたいかということです。 もし私が沖縄にいる大切な友人から結婚式に招待されたら、お車代など気にせず喜んで自費で出席するでしょう。 たとえ沖縄のご祝儀の相場が1万円だと知っていても、知らないふりをして奮発しちゃうと思います。 逆に自分も沖縄に住んでいて、あまり親しくもない知人から数合わせで招待された場合は、きっちり1万円を包むと思います。 まとめ ジューンブライドには、6月に結婚すると生涯幸せになれるという言い伝えがあるため、沖縄でも6月には多くのカップルが結婚式を挙げます。 沖縄の結婚式の特徴として、まず驚かされるのが出席者の人数です。 ごく普通の家庭の結婚式でも200~300人くらい出席するのが当たり前で、500人を越えることも珍しくありません。 そして気になる沖縄の結婚式のご祝儀の相場は、なんと『1万円』です。 年代も新郎新婦との関係や役職なども、関係なく『1万円』ポッキリです。 もし特別な思い入れがある場合は、ご祝儀は相場の1万円にして、お祝いの品などを別に渡すと良いでしょう。

次の