大阪 市 普通 ごみ。 大阪市のゴミ出しルールを例にしたトースターやオーブンの不用品処分方法

ゴミの分別情報:大阪市のごみ分別・処分方法を調べる『ごみ分別ナビ:大阪市』

大阪 市 普通 ごみ

大阪市の普通ごみの出し方について、大阪市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく普通ごみ情報を提供されています。 大阪市ホームページの中から、普通ごみやリサイクルのページを探し、大阪市の普通ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。 リサイクルマークの種類(識別表示マーク) リサイクル マークの種類 識別表示マーク 普通ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう 燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。 これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。 間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。 大阪市普通ごみの出し方主な品目の紹介 大阪市普通ごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で資源ごみの分別・出し方が紹介されています。 普通ごみの出し方(収集日:週2回) 普通ごみは、最大の辺または径が30cm以内のもの、あるいは、棒状で1m以内のものです。 それ以上の大きなごみや多量に出るごみは粗大ごみとなります。 中身の見えるごみ袋に入れて収集日の9時までにお出しください。 普通ごみ以外の収集品目については、 をご覧ください。 ごみの分別につきまして、詳しくは「」をご覧いただくか、お住まいの行政区を担当しておりますまでお問い合わせください。 日用品 品目(例) 食器 はかり 人形ケース カバン 花瓶 盆・トレー かご、ざる 額ぶち 靴、長靴 観葉植物 せともの類 おもちゃ とりかご 時計 植木鉢 魔法瓶 ハンガー 傘 ライター 園芸用品 (ホース・ジョウロなど) 出し方の注意 30cm以上のものは粗大ごみにお出しください。 竹串、ガラスの破片、カミソリの刃などは厚紙などに包んで袋に「キケン」と表示してからお出しください。 (他のごみと一緒に袋に入れてしまうと表示が分りにくいので、別にしてください。 ) マッチ、花火、ライターなどは使い切り、火の気のあるものは完全に消してください。 スプレー缶、カセットボンベなどは使い切り、火の気のない風通しのよい場所で穴をあけてお出しください。 プラスチック製品(容器包装プラスチック及びペットボトルを除く) 品目(例) ボールペン 定規 おもちゃ 飲料パックのスプーン 歯ブラシ 洗面器 バケツ 弁当のスプーン ビデオテープ ハンガー ビニールサンダル 洗濯石鹸の計量スプーン など 出し方の注意 それ自身が商品であるものは、容器包装プラスチックには該当しません。 これらを包んでいる袋は容器包装プラスチックとしてお出しください。 食用油などは、紙や布にしみ込ませるか、固めるなどして出してください。 紙おむつなど 出し方の注意 汚物を取り除き、臭気が漏れないようポリ袋などに包んでお出しください。 電気器具類 電気器具類 品目(例) 電気ポット ハンドドライヤー ラジオカセット ビデオカメラ 電気コンロ 電話機 電気アンカ 換気扇 アイロン ジューサーミキサー など 出し方の注意 30cm以上のものは粗大ごみにお出しください。 ガラス製品 ガラス製品 品目(例) コップ 板ガラス 化粧品のびん 皿 など 出し方の注意 厚紙などに包んで袋に「キケン」と表示をしてからお出しください。 他のごみと一緒に袋に入れてしまうと表示が分りにくいので別に出してください。 家具・寝具類 家具・寝具類 品目(例) 本立て 枕 ござ・シート 座布団 カーテン クッション など カーテンレール 出し方の注意 30cm以上あるものは折り曲げるか粗大ごみにお出しください。 スポーツ用品 スポーツ用品 品目(例) ヘルメット 釣竿 ボール ラケット など グローブ 出し方の注意 30cm以上のものは粗大ごみにお出しください。 収集曜日などのご案内 普通ごみの出し方曜日については、ごみの出し方曜日をご覧ください。 普通ごみ以外の収集品目については、 をご覧ください。 ごみの分別につきまして、詳しくは「ごみのマナーABC」をご覧いただくか、お住まいの行政区を担当しております環境事業センターまでお問い合わせください。 スポンサード リンク 最近のごみの分別や出し方は複雑になってきて、ごみを出すのも大変ですね。 自分の住んでいる地域のごみの分別や出し方で、わからないや困った時には市役所のホームページのごみ関連ページが大変参考になります。 ごみの種類別に分別早見表を掲載したり、ごみの出し方を項目別に分類してページ作りをしていますので、ごみの分別や出し方で困った時はぜひ自分の住んでいる地域のホームページを参考にして正しいごみ出しをしてください。 小型家電リサイクル法知っていますか? 使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。 小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。 使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。 平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。 スポンサー リンク.

次の

大阪市に住んでいる方、ほうき、トイレブラシは何ゴミで出しましたか?

大阪 市 普通 ごみ

トースターの寿命と替え時 トースターは、熱源から出る遠赤外線で直接食材に熱を当てて調理する調理器具で、主にパンを焼くためのものです。 日本ではオーブンやレンジのような形のものが主流です。 海外にはポップアップ型という、箱型の機器の上部にある溝に食パンを入れて焼けるとパンがポップアップ 飛び出す する形のものもあります。 出力が強くパンに短時間で表面に焦げ目をつけることができます。 餅やピザの調理に使うこともできます。 大きさは食パン2枚がちょうど収まるくらいのものが多いです。 トースターは安価で手に入れやすい3000円程度のものが一般的です。 この価格帯の製品ならば温度の調整は「強」「中」「弱」などの大まかな3段階程度が可能です。 2~3万円で販売されている、より高性能で温度管理やスチーム調理ができるトースターもあります。 トースターの寿命はおよそ3年と言われています。 使用頻度が少なかったり、丁寧に庫内を掃除しながら使っていたりすれば、もちろんそれ以上使用できることもあります。 熱源の出力が落ちてきてパンがうまく焼けなくなってきたときなど、故障の時に買い替える人が多いようです。 オーブンの寿命と替え時 オーブンは、ピザを焼く窯のように中の空気や壁を熱して、直接火で焼くのではなく遠赤外線の力で食材を加熱したり焼いたりする調理器具です。 パンやケーキを焼いたり、ローストチキンを作ったりするときにも使います。 「180度で25分焼く」など細かい温度管理ができます。 素材の中までじっくり火を通します。 オーブン機能だけの製品は少なく、レンジとしても使えるオーブンレンジが一般によく使用されています。 性能により様々ですが、人気のある製品の価格帯は、3~10万円となっています。 寿命は早くて3~4年ですが、実体験として10年以上使っているという声もよく聞かれます。 替え時は、トースターと同じくレンジの温め機能が弱くなり、オーブンの庫内の温度が上がるのに時間がかかるようになるなど故障を感じ始めたら、ということになります。 しかし、10年も使っていると、市場には多機能で省エネな新製品がたくさん出てきますので、そちらに惹かれるようであれば買い替えて、古いほうは不用品処分するという人が多いようです。 家電は捨てるのに特別な法律がある? 家電リサイクル法をご存知でしょうか。 不用品として処分される家電製品から、一部の材料をリサイクルし、廃棄物を減らすための法律です。 具体的には、特定の家電を不用品処分する際には、リサイクル料と収集運搬料を支払って、購入したお店か買い替える製品を購入するお店に引き取ってもらわなければならない、というものです。 トースターやオーブンは家電ですが、この法律の対象となりません。 対象となるのは、エアコン、テレビ、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機や衣類乾燥機です。 普通のゴミとして捨てられるのか ではトースターやオーブンを不用品処分する方法について説明します。 ゴミとして処分するには、お住まいである自治体のゴミ出しのルールを守りましょう。 たとえば大阪市ならば、トースターやオーブンは「普通ごみ」に出せるのでしょうか。 大阪市の普通ごみは、「最大の辺が30cm以内」のものと決まっています。 オーブンやトースターの最大の辺は、正面から見たときの幅になります。 ここが30cm以内ならば普通ごみ、30cmよりも大きいならば粗大ごみになるのです。 トースターは小型のものなら既定のサイズに収まるかもしれません。 オーブンは多くの製品が30cmを超えるでしょう。 粗大ごみの出し方 市町村によってルールは異なりますが、回収を依頼してから必要な代金を前納し、定められた収集日に住居前に出しておく、といった方法が自治体では主体です。 大阪市を例に詳しくご説明します。 まず、電話で粗大ごみ収集受付センターに申込をします。 住所氏名や何を収集するのかを聞かれ、収集日時と場所、手数料を教えてもらえます。 収集日が来たら、手数料券を貼り付けて指定の場所に出します。 手数料はごみの種類によって異なり、200~1,000円程度の幅があります。 手数料券はコンビニやスーパー、郵便局や市の行政の担当部署で購入することができます。 シールになっているので、料金を払った証拠として収集してもらう粗大ごみに貼り付けます。 もしも重くて自宅前まで出すことが難しい場合には、ゴミの持ち出しを依頼できるサービスもあります。 処理施設に自分でもちこむこともでき、その場合は数キロごとに数円の費用で不用品処分してもらえます。

次の

大阪市に住んでいる方、ほうき、トイレブラシは何ゴミで出しましたか?

大阪 市 普通 ごみ

お湯を沸かすのに便利な電気ケトル 寒い時にすぐにお湯を沸かしたい時に便利な家電が電気ケトルです。 ちょっとコーヒーを飲みたい時やカップめんを食べたい時、スイッチを入れるだけで必要な分だけお湯を沸かすことができます。 スイッチ一つでお湯が沸かせるためついつい頼りがちになってしまいますが、いきなりお湯が沸かせなくなって困ることもあります。 いきなりの不具合に困ることがないように、寿命をしっかり把握して効率よく買い替えましょう。 毎日何度も使うことが多い電気ケトルの寿命はおおよそ2年ほどです。 電気によって熱を発生しお湯を沸かすという構造のため、耐熱の限界が48時間と短くなっているので他の家電より寿命がずっと短くなっています。 大切に使えばもっと長持ちさせることもできますが、長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要になります。 定期的に清掃するなどのメンテナンスを行えば、もっと長く使い続けることも可能です。 ただ、メーカーによる補修用部品保管期間が5年となっているため、製造から5年以上経って故障しても修理することができません。 そのため、長持ちしたとしても寿命は5年から8年程度といったところでしょう。 故障して修理もできなければ、不用品として処分するしか仕方がありません。 処分するとしたら、どのような方法で処分すればいいのでしょうか。 基本的には普通ごみとして処分可能 不用品となったステンレスの電気ケトルを捨てる場合、大阪市では普通ごみとして捨てることができます。 ステンレスだから資源ごみなのではないかと思われるかもしれませんが、大阪市では普通ごみとして分別することになっています。 中身が見えるごみ袋に入れ、指定された日にごみ収集場所に出しておきましょう。 普通ごみの収集日は町ごとに違いますから、自分が住んでいる地域のごみ収集日をあらかじめ把握しておきましょう。 大阪市が開発したごみ分別アプリを利用すれば、ごみの分別方法や町ごとのごみ収集日をスマートフォンで簡単に確認することができます。 収集日にきちんとごみ収集場所に出しておけば、大阪市に委託された業者が回収してくれます。 普通ごみなら、かかる手間はごみ袋に入れるだけ、回収してもらうのに費用もかかりません。 粗大ごみになる場合とは? 普通なら普通ごみとして捨てればいい電気ケトルですが、サイズが大きい場合は粗大ごみになる場合もあります。 粗大ごみとして捨てなければならないのは、最大の辺または径が30cm以上のものです。 横幅が30cm以上ある製品はさすがにないでしょうが、高さが30cm以上ある製品はあるかもしれません。 メジャーかものさしを使い、30cmより高いか低いか計ってみましょう。 もし30cm以上なら粗大ごみとして捨てなければなりません。 粗大ごみ収集受付センターに事前に予約をすれば、指定した収集日に指定された場所に出しておけば回収してくれます。 粗大ごみ収集受付センターで事前予約が完了すれば、受付番号と処理手数料を教えてもらうことができます。 教えられた処理手数料分の粗大ごみ処理手数料券を購入し、回収してもらいたいものに貼って指定された場所に出しておけば持って行ってもらえます。 たまに分解すれば普通ごみとして捨てることができると考える方がいますが、電気で発熱する家電をむやみに分解するのはとても危険です。 それにステンレスはとても固い金属なので、少しの圧力をかけたぐらいでは分解することはできません。 手間をかけて無理なことをするよりも、ルールに則って処分したほうがラクに捨てることができるはずです。 手間暇かけて分解して危険な思いをするよりも、ルール通り捨てたほうが安全に捨てることができます。 売却するとしたらどういった方法があるのか 便利で人気の製品ですから、売却することはできないでしょうか。 正常に作動し状態が良いものならリサイクルショップで買取ってくれるかもしれません。 ただ、補修用部品保管期間が5年と短いため、製造年月から5年以内でなければ買取は難しいかもしれません。 正常に作動するものであれば、オークションに出品したほうが高く落札される可能性があります。 もしくは、地元中心の掲示板に投稿すれば、欲しいという人が現れるかもしれません。 ステンレスなら金属として売却できる可能性がありますが、電気ケトル一つ分のわずかな重量を買取ってくれるかどうかは微妙です。 他にまとめて買取ってもらえるものがあれば別ですが、どんなに高値が付きやすい金属でできていたとしても1つだけでは足元を見られてしまうかもしれません。 金属として買取ってもらうとしたら、他の製品などもまとめて持って行くといいでしょう。 業者ごとに得意な金属などが違いますから、買取ってもらう時はステンレスの買取を得意としている業者に持ち込みましょう。

次の