お小遣い 旦那。 夫の小遣い幾らが妥当? [節約] All About

【お小遣い制】令和婚の旦那が相場と内訳について解説【最新版】

お小遣い 旦那

ボーナスを稼いできたのは旦那。 しかし、夫が安心して会社で働けるのは妻や家族のおかげでもあります。 つまり、旦那のボーナスは家庭みんなのもの……なハズ。 しかし、なんとなく納得いかない旦那様もいるでしょう。 ボーナス時のお小遣いはいくら渡している? 大企業はともかく、中小企業にお勤めの旦那さんであれば、ボーナスがもらえる会社もあるものの、多くの会社でボーナス支給ゼロ!な現実もあります。 いくらであれ、僅かなボーナスを家庭に入れたくない、たまには自分のためだけに使いたい…なんてホンネも見えてきそうです。 そんなボーナス事情ですから、ボーナス時のお小遣いで家庭の金銭感覚が見えてきてしまいます。 そこで、各家庭におけるボーナスの旦那取り分はいくらくらいか、適切な金額とはいくらくらいなのか、さまざまな巷の意見を集めてみました。 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%という意見 カットされたり、そもそもなかったりする場合も多いボーナスですが、いくらであれ支給されるとなると嬉しいものです。 さて、そんなボーナスの中から旦那にお小遣いで渡されている金額、適切な金額とは一般的にはいくらなのでしょうか。 まずは支給額の10%という意見を見てみましょう。 ボーナスはローン返済などにあて、少しだけお小遣いにしてあげる 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%とする家庭のボーナスの使いみちは、家や車などの高額なものの購入やローン返済にあてたり、学費や教育費にあてているそうです。 各家庭において様々な支出がありますが、ボーナスを全て返済などにあてるのではなく、夫の労をねぎらったり、モチベーションを維持させるためのお小遣いで渡せる適切な金額を10%に収めているといったことのようです。 元々は旦那の稼いだボーナスとはいえ、家族のために一定金額は持っていかれた後、実際にお小遣いとしていくらかでも渡されると、しっかり家族を支えたうえで自分で使えるお金があると嬉く感じるようです。 ボーナス時のお小遣いは……ゼロ!という意見 このご時世、たとえボーナスがもらえた場合、懐が潤うくらい頂けるのは大企業に勤めるわずか一握りのビジネスマンばかり。 中小企業に努める90%以上のビジネスマンにとってはいくらであれボーナスがもらえるだけ恵まれた環境ともいえます。 そんなボーナスの現状からか、なんと、適切なボーナスがいくらかとの話以前に、ボーナスが出ても旦那のお小遣いはゼロ、といった回答がもっとも多いようです。 ボーナス時の旦那のお小遣いゼロとは打って変わって、こちらはボーナス全額をお小遣いにするといった意見です。 ボーナスを旦那にいくら渡すかで悩んでいる方に取っては羨ましいかぎりです。 サラリーマンのボーナスの平均額が大企業で約80万円、中小企業で約25万円ほどであることを考えると、相当太っ腹な奥さんですね。 会社からのボーナスは旦那へのボーナスであるという考え ボーナス全額を適切な金額とし、お小遣いとして使ってもらいたい奥様の意見で多かったのが、元々お小遣い制にしていないといった声や会社からのボーナスは旦那へのボーナスでもあるという考えであるといった声の数々。 ボーナス払いについてはそちらに金額をあててもらいますが、貯金するなり趣味にあてるなり、基本的にボーナスは旦那に好きなように使ってもらいたいと考えているようです。 ボーナス時のお小遣い、最も多いのは2~5万円 ボーナスもお小遣い制となっている場合、旦那にいくら渡すが適切であり、実際いくらくらいもらっているものなのでしょうか。 ここで、Garbage NEWS. comによると、夫のボーナス時の適切なお小遣いの金額平均は、2~5万円が18. 9%と一番多いことがわかったそうです。 お小遣いゼロの夫が50%以上を占めるのが現実… ですが、一方で全くお小遣いがもらえてない方は51. 9%と半数を占めており、ボーナスをもらえている場合の金額の平均をとると、平均支給額は18,075円となるそうで、一般的なサラリーマンの月のお小遣いとさほど変わらないのが現状なようです。 ボーナスが出ても旦那のお小遣いとしていくらかも出せない、もしくはゼロになってしまうのが悲しいかな、それが現実なのです。 ボーナス時にお小遣いを旦那にいくら渡すか悩んだら平均金額の2万円前後がオススメ いかがでしたか?それぞれの家庭の考え方によって、ボーナス時の適切な旦那のお小遣いの額はゼロからボーナス全額まで、大きく変わるようです。 支給額にもよりますが、ボーナス時に旦那にいくら渡すかで悩んだら、平均額から2万円前後にしてみてはいかがでしょか。 ボーナスが出てもお小遣いゼロという家庭が多い中、ボーナス時のお小遣いがもらえる場合は、たとえ額がいくらであろうと夫は素直に喜んでおくといいのかも知れません。 ただ、お互いが納得した状態までしっかりと話しておかないと後でトラブルになってしまう可能性も十分にありますのでその点は気をつけておきたいですね。 ボーナスの関連記事はコチラ!.

次の

ボーナスが出たら夫への小遣いはいくらにする?リアルな事情を紹介!

お小遣い 旦那

ご主人のお小遣いは足りていますか? 月末になるといつも足りなくなるのは少ないから? 家計管理を奥様がしているご家庭の場合、ご主人はお小遣い制にされていることが多いかと思います。 節約上手なご主人ならば限られたお小遣いの中でしっかりやりくりをされていると思いますが、どちらかと言うと「給料前になると『今月ちょっと足りないから…』と追加のリクエストがあって困っているんです。 」という声をよく耳にします。 皆さんのご家庭ではいかがでしょうか? そもそもお小遣いの額が、その金額で妥当かどうか?というところは気になる部分。 今回は、ご主人のお小遣いは幾らくらいが妥当なのかというところと、ご主人にお小遣いの中で上手にやりくりをしてもらう方法を考えてみたいと思います。 小遣いの平均は幾ら?年収額、子供のある無し、共働きかそうでないかなど、各ご家庭色々事情は違うと思いますが、よそのおうちは幾らくらいなんだろう?というのは気になりますよね。 DIY生命保険株式会社がサラリーマン世帯の主婦300人に調査したデータによると、全体の平均額は 39,900円とのこと。 4万円にわずかに届かない数字です。 これを多いと見るか少ないと見るか・・・。 世帯年収別に小遣いの平均額を見ると 400万円以下・・・23,820円 400~600万円・・・28,350円 600~800万円・・・41,310円 800万円以上・・・61,640円 やはり世帯年収に比例した金額になっているようですが、年収が低い世帯ほど家計の中に占める割合が大きくなりますから、なかなかやりくりも大変になりそうです。 夫が家計管理に協力してくれない? 上記調査のデータの中には、夫は「家計管理」に協力してくれるか?というアンケートがあります。 そちらの結果、なんと4割近く(38. 全体の約7割の世帯では妻主導型の家計管理をしているという中、協力し合って家計管理ができている夫婦が少ないようですね。 奥様からは「タバコや週刊誌、缶コーヒーなど無駄使いが多い」とか「付き合いという名目で遊びすぎなんじゃない?」なんてお小言が聞こえてきそうですが、ご主人からは「働いてる以上付き合いも大事だ」「細かい出費をガタガタいうな!」なんて反論もあるのでは? 以前という記事にも書いた通り、そもそも男性と女性ではお金に対する感覚「マネーセンス」に隔たりがあることが多いので、単純に「協力して!」と言ってもなかなかうまく伝わらないかもしれません。 ならば具体的にどうしたら良いの?.

次の

ボーナス時に悩みがちな旦那に渡すお小遣いの平均金額

お小遣い 旦那

旦那のお小遣い 20 代の場合のお小遣いはいくら? 旦那のお小遣い、20代の相場平均はいくら?世間一般だと? 新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると 20代男性のお小遣い(昼食代含む)の平均額は37,548円という事でした。 個人的には「結構もらってるんだな」と思ったのですが、前年より4,470円ほど少ないそうです。 ただ、この金額は 未婚か 夫婦共働きで子供がいない場合の金額です。 妻が専業主婦や子供がいる場合だと 25,000円ほどになるようです。 お小遣い金額はどのように決めるの? 一般的なお小遣いの目安は給料の10%~20%と言われていますが、これはライフスタイルによって違ってきます。 20代男性の手取り年収は約265万という事ですが、賞与が含まれての均等割りにすると平均月収は約23万円になります。 ただ、これには賞与が含まれているので、実際の月収はもっと低いことになりますね。 共働きで子供がいない場合は、お小遣いは20%でも大丈夫でしょう。 でも、妻が仕事を辞めたり、子供ができた場合は、収入が減ったり、子育て費用がかかるようになるので、お小遣いは 10%程度に減らす必要があるかもしれません。 20代は生活環境が変化する時期なので、流動的にお小遣いの金額も決める必要があります。 1回決めたらそのままではなく、 定期的にお小遣いの額を見直しましょう。 突然お小遣いをカットされて大喧嘩なんて事にならないように、二人でしっかり 話し合って決めていく事が大切ですね。 20 代の旦那のお小遣いの使い道は? 旦那のお小遣いの使い道は? 新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると 2 0代のお小遣いの一番の使い道は昼食代、次は携帯代、嗜好品代となっています。 趣味にかける費用も他の年代に比べて、比較的多いようです。 余裕がないと趣味にお金をかけるのは難しいのではと思うのですが、20代は結婚していても 共働きが多いので、お小遣いに余裕がある人が多いのかもしれませんね。 何にいくら使ってる?必要経費はいくら? 必要経費というと 昼食代、携帯代、飲み会代などでしょうか。 携帯代が約7,000円、飲み会代を1回3,000円で月2回とすると6,000円です。 必要経費だけで最低でも24,000円かかります。 専業主婦や子供がいる家庭のお小遣いの平均額は25,000円ですから、必要経費でお小遣いが消えてしまいますよね。 ただ25,000円以上お小遣いを出すのは難しいという場合、どう対処したらいいのかを考えていきましょう。 20 代の旦那がお小遣いが足りない!と言ってきたら? お小遣いが足りないと言ってきたらどう対応する?アップを要求されたら? 20代は ライフスタイルでお小遣いの額が違ってくるので、それによって対応も違ってきます。 共働きの家庭とそうでない家庭ではお小遣いの金額にかなりの差があります。 共働きの家庭のお小遣いは40,000円近くあるので、必要経費を引いても10,000円以上残りますが、専業主婦や子供がいる家庭だとお小遣いは必要経費がようやく賄える金額です。 共働きの場合はアップを要求されても、必要経費を賄える金額をもらっているのですから、却下してもいいのではないでしょうか。 そのかわり、 お小遣いが足りなくなったら申告してもらい、妻が納得すれば渡すという形をとってはいかがでしょう。 妻が専業主婦や子供がいる場合は、旦那と協力して、 お小遣いを捻出する方法を考えましょう。 方法としてはお弁当にする、飲み物は水筒に入れて持たせる、携帯の料金プランを見直す、飲み会の回数を減らしてもらうなどがあります。 これだけでも10,000円位は浮くのではないですか。 そうすれば、アップすることなくお小遣いが捻出できますよね。 20 代の旦那のお小遣いをさらに減らす場合は? 今渡しているお小遣いをさらに減らす場合、旦那に理解をしてもらう方法は? お小遣いを減らす事を旦那に理解してもらうには 明確な理由が必要です。 20代だと 妻の妊娠、出産が大きな理由になるのではないでしょうか。 妊娠から出産までの費用や子育て費用など、子供ができるとお金がかかりますよね。 20代で出産を考えているのであれば、それなりの 貯えが必要になります。 そのために、お小遣いを減らして貯金に回したいという理由であれば、旦那さんにも理解してもらえるのではないでしょうか。 お小遣いなし、はあり? お小遣いが全くなしというのは、さすがに困るでしょう。 必要経費分だけは渡してあげるようにしてはいかがですか。 お金が必要になったらその都度、請求してもらうという方法もありますが、いくら請求されるかわからないと家計の予算も立てにくいですし、妻が渋った時に喧嘩になる可能性もあります。 それならば 必要経費を渡して、その中で旦那にやり繰りしてもらった方がいいのではないでしょうか。 旦那とお小遣い金額で喧嘩になったらどう対応する? お小遣い金額や小遣い制について喧嘩になった時の対処法は? 20代はまだ独身の友人もいるでしょうから、 遊びのお誘いも多いかもしれませんね。 お金がなくて遊びに行けないと不満が爆発する可能性があります。 でも、 喧嘩腰になってはいけません。 お金の話はこじれると面倒です。 お小遣いが少ない事で不満を言われたら、少額でもいいので 臨時のお小遣いを渡すようにしましょう。 金額はそれほど多くなくても、妻に頭から却下されなかった事で気持ち的に落ち着くのではないでしょうか。 精神的な満足度は得られると思いますよ。 妻としてどのようになだめる? 旦那さんがお小遣いに不満を感じるのは、 自由に使えるお金が少ないからですよね。 そこで、お小遣いが少なくても頑張れるような楽しい計画を提案してみてはいかがでしょうか。 例えば、年末に温泉に行こう!来年の夏休みにはハワイに行こう!などです。 お小遣いが少なくても 楽しい事が待っていると思えば我慢できるのではないですか。 遊びに使うための通帳を作ってもいいかもしれませんね。 少しずつでも貯金が増えていくのは励みになります。 妻だって家計のやりくりは大変なんです。 でも、楽しい目標があれば一緒に頑張れるのではないでしょうか。 まとめ 20代の既婚男性のお小遣い事情についてご紹介してきましたが、最後に要点をまとめておきますね。 1.旦那のお小遣い、20代の平均額はいくら? 未婚か夫婦共働きで子供がいない場合の平均額は40,000円近くありますが、妻が専業主婦や子供がいる場合だと25,000円ほどになるようです。 2.お小遣い金額はどのように決めるの 一般的なお小遣いの目安は給料の10%~20%と言われていますが、ライフスタイルによって違ってきます。 20代は生活環境が変化する時期なので、流動的にお小遣いの金額を決める必要があります。 一度決めたらそのままではなく、定期的にお小遣い金額の見直しをしましょう。 3.旦那のお小遣いの使い道は 20代のお小遣いの一番の使い道は昼食代、携帯代、嗜好品代となっています。 趣味にかける費用も他の年代に比べると、比較的多いようですよ。 4.何にいくら使ってる?必要経費はいくら? 必要経費が、昼食代に11,000円、携帯代が7,000円、飲み会代が6,000円と考えると必要経費だけでも24,000円かかります。 妻が専業主婦や子供がいる家庭のお小遣い平均額が25,000円なので、必要経費でお小遣いがなくなってしまいますよね。 5.旦那がお小遣いが足りないと言ってきたら 共働きの家庭とそうでない家庭では、お小遣いの額にかなりの差があります。 共働きの家庭のお小遣いは必要経費を賄える金額なので、お小遣いが足りなくなったらその都度請求してもらう形をとってはいかがでしょうか。 妻が専業主婦や子供がいる家庭は、お弁当にする、飲み物は水筒に入れて持たせる、携帯の料金プランを見直す、飲み会の回数を減らしてもらうなどの対策をとりましょう。 6.今よりさらにお小遣いを減らす場合、旦那に理解してもらうには お小遣いを減らすには理由が必要です。 20代だと妻の妊娠・出産が大きな理由になるのではないでしょうか。 子供ができるとお金がかかりますよね。 20代で出産を考えているのであればそれなりの貯えが必要になります。 そのためにお小遣いを減らしたいという理由であれば旦那さんに理解してもらえるのではないでしょうか。 7.お小遣いなしはあり? お小遣いが全くなしというのはさすがに困るでしょうから、必要経費分だけは渡すようにしてはいかがでしょうか。 8.お小遣い金額で喧嘩になった時の対処法は 友人から遊びのお誘いがあっても、お金がなくて遊びに行けないと不満が爆発するかもしれませんね。 でも喧嘩をしてはいけません。 不満を言われたら少額でもいいので、臨時のお小遣いを渡すようにしましょう。 渡すお金がそれほど多くなくても精神的な満足度は得られるのではないでしょうか。 9.旦那をどうやってなだめる? お小遣いが少なくても頑張れるような楽しい計画を提案してはいかがでしょうか。 例えば、年末に温泉に行こう!来年の夏休みにはハワイに行こう!などです。 妻だって家計のやりくりは大変です。 でも、楽しい目標があれば一緒に頑張れるのではないでしょうか。 結婚して お小遣い制になると、今まで自由に使えていたお金に制限がかかってしまうので、不満に思ってしまうのです。 お小遣いがあまりに少ないと旦那のモチベーションが下がってしまう事も考えられます。 お小遣いの金額は、夫婦二人でしっかり 話し合いながら決める事が大切ですね。 【こちらも読まれています】.

次の