ラスト サムライ 俳優。 要潤の『ラストサムライ』落選秘話が話題「すごい話」「初めて聞く」

ラストサムライのキャスト

ラスト サムライ 俳優

左からトム・クルーズ、池松壮亮、エドワード・ズウィック監督 映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」(11日公開)を引っ提げ、来日中のハリウッド俳優トム・クルーズ(54)が8日、上機嫌で会見を行った。 関係者が明かす秘話とは。 トムは8日、都内でエドワード・ズウィック監督(64)とともに来日会見を行った。 22回目、1年3か月ぶりの来日となるトム。 韓国のプレミアを終えると、プライベートジェット機を飛ばして日本にやってきた。 到着したのはこの日の午前1時だったが、さすがトップスターは笑顔を絶やさない。 「夜中に着いたんだが、東京のネオンは本当にすばらしいね。 取ってくれたホテルも見晴らしがよくて夜景を楽しんだよ。 人も、食べ物も楽しみだし、僕にとって日本はスペシャルな国なんだ」 今回の映画で、トムは正義のためならルールを問わない元陸軍のエリート指揮官を演じる。 すでに全世界での興行収入は約208億円という大ヒット。 さらにズウィック監督とは映画「ラストサムライ」以来13年ぶりのタッグを組んだことも注目を集めている。 というのも、トムにとって「ラストサムライ」はかけがえのない映画だったからだ。 「あれはとてもすばらしい経験だった。 世界中のファンが僕にサインを求めるが、今でも『ラストサムライ』の写真を持ってくるんだよ。 これが映画のパワーさ。 その国の文化を伝えてくれる。 この仕事をやっていて本当に良かったし、誇りに思う」 会場には「ラストサムライ」でトムと共演した俳優の池松壮亮(26)がスペシャルゲストとして登場した。 これには、トムもズウィック監督も「おお! 久しぶりだな!」と大喜び。 そして「あのシーンを覚えているか? 急きょ書き加えたところで…」と思い出話をしながら問いかけた。 ところが、池松はちんぷんかんぷん。 無理もない。 当時、池松は13歳だったからだ。 そのため「覚えていません!」と正直に告白し、会場は爆笑。 トムとズウィック監督も大笑いだった。 そんなトムの思い入れが強い「ラストサムライ」だが、その裏では日本の俳優との秘話があった。 「共演には渡辺謙さん、小雪さんもいましたが、真田広之さんがあまりにも熱演してしまったがために、主役のトムよりも目立っていたそうなんです。 それがおもしろくなかったのでしょう、撮影後にトム側は『サナダのシーンを削ってほしい』と製作側にオーダーしたそうですよ」(映画関係者) 真田の存在感が、ハリウッドスターに「食われた」と思わせたようだ。 もっとも、主役のトムが映画の中心になるべきなのはある意味、当然なのだが…。 この日の会見でトムは「全身全霊で映画に打ち込める情熱を持った俳優と共演したい」と語ったが、まさしく真田はそんな俳優としてインプットされているようだ。

次の

トム・クルーズ主演「ラストサムライ」 S級アクション映画としてはCクラス

ラスト サムライ 俳優

感想 ~ ネタばれ注意 涙までは出ませんでしたが・・・ 日本を取り上げている外国映画、結構あります。 奇妙な日本に笑うやら、なんか悲しいやら。 この映画にもいくつか? シーンがありますが、でもかなりマトモ。 それにそんなことは無視できる程の良さを、この映画は持っています。 見事な殺陣シーン まずよかったシーンをいくつか。 オールグレンが勝元の一群と戦うシーン。 上司の命令で訓練不足の官軍を引き連れ討伐に向かうオールグレン。 鉄砲という新型兵器だけが頼りの官軍は、山に潜んでいた勝元の一群に全滅させられます。 この時のサムライの登場シーンがよかった。 鉄砲を牽制(けんせい)し、玉詰の時に一気に攻めてくる勝元の一群。 威圧感たっぷり、迫力がありました。 オールグレンが村に打ち解けてきた頃。 祝いの席を急襲する忍者集団。 殺陣に迫力がありました。 お茶の間時代劇とは違い、早い早い。 間がないので殺陣としては失敗との声もありますが、新鮮でリアルに感じました。 腰の入った抜刀、殺陣は作品全般を通して迫力があり、《 キルビル 》とは大違いでした。 CGで再現された横浜港は見事。 《 あぁ~こんなんだったんだ 》と私の中で明治時代の横浜港として記憶されました。 町並みのセットも雰囲気が出ていました。 特に町を歩く人々!顔付き(特に女性)がまさに明治時代。 どこから連れてきたのだろう? パーフェクトな死? 逆に残念だったところ。 人気のある終盤の合戦シーン。 十分に訓練され、増員された官軍に勝元、オールグレンが挑み、次々と死んでいきます。 ネット上でも涙、涙、涙と評判になってるシーンで、映画館の中でも啜(すす)り泣きの声があちこちから。 でも私は今ひとつ感情移入ができませんでした。 勝元はオールグレンに止(とど)めをさしてもらい、苦しそうにパーフェクトと言って死にます。 侍ならニッと笑って死んでほしかった。 官軍の指揮官が砲撃を止め、死んだ勝元に対し全員が土下座をする。 ここも唐突過ぎる感じ。 オールグレンが《 たか 》の元に戻るのも、迷惑な気が・・・。 全体的に《 たか 》の気持ちがよくわかりませんでした。 ( ) ネット上の評判 映画を見終わった後は、ネット上の口コミ評価を読むのが常になってきた私。 今回この映画の評判の良さには驚かされています。 2、3回見ているのはザラ、6~8回観たという人も珍しくありません。 忘れていた侍の魂に魅せられたとか、トムクルーズに引けを取らなかった渡辺謙に感動とか、ちょっとおかしな部分があるにしても、ここまで日本を正しく表現していてくれて嬉しいなど。 特に海外の評判には驚き。 海外で見た日本人感想や映画館でのウケを読むと、終わった後のスタンディングオベーションは当たり前、特に渡辺謙の人気が高いようです。 意外? にサムライの精神に感動する人も多く、剣道の教室に通いたくなったと言われたり、侍という字がカッコいいから書いてくれとか、せがまれるそうです。 そこまで・・・。 ただしメディアの評判はそれ程でもないようで、メディアの評価を批判するコメントも多く見られました。 薀蓄 戦闘シーンの苛烈さや、一部に介錯シーンなどを含むため、アメリカ公開時はR指定 17歳以上対象 となっている(日本では全年齢指定) 物語のモデルとなった史実には、元政府の要人による叛乱という意味では、西郷隆盛らが明治新政府に対して蜂起した西南戦争(1877年)が該当するとされる。 新政府側では明治天皇の執政という形で「大村」なる日本陸軍強化のため西洋化を推し進めるという人物が登場するが、史実では大村益次郎が明治政府のもとで兵制の近代化と日本陸軍の創設に尽力しておりイメージが重なっている。 劇中、時代考証から外れた上に描写が誤った、漫画的な忍者軍団が登場する。 これについては日本人スタッフが難色を示したものの、監督はじめアメリカ人スタッフの「間違っているのは解っているが、どうしてもニンジャを撮りたい」という要望でそのまま残っている。 主なロケ地は姫路市にある古刹、書寫山圓教寺。 戦闘場面や村のシーンなどはニュージーランドで、街中のシーンはハリウッドのスタジオで撮影された。 このほか、冒頭で10秒ほどであるが、長崎県佐世保市の九十九島の遠景が使われている。 オーディションが行なわれた時点では、渡辺謙は英語が満足に話せなかった。 そのため渡辺は、オーディションに合格してから英会話を特訓した。 その甲斐あって、現在では英会話に関しては通訳無しで意思疎通ができるレベルに到達し、それ以降の作品(『SAYURI』や『硫黄島からの手紙』、『インセプション』など)でも英語力を生かした演技をこなしている。 真田広之は撮影開始時点ですでに英語が話せた事を生かし、演出面で日本人から見ておかしく感じる部分が無いかといった微細な部分に関して、ほとんどの撮影現場に立会って意見を述べ、結果的にスーパーバイザー的役割もこなしており、英語の話せる原田眞人も同じく製作に協力した。 最後の合戦シーンでは、JAC出身である真田広之の殺陣姿が大変に見事なものであったため、主役のトムよりも目立ってしまったとして、真田のシーンが大幅にカットされた。 配役のうち、「寡黙なサムライ」である福本清三の起用に関しては、コーディネーターである奈良橋陽子の推薦によるところが大きい。 367• 180• 170• 167• 107• 122•

次の

ラストサムライ

ラスト サムライ 俳優

明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描く。 ビデオパッケージでは『ラスト サムライ』と半角空白の入る表記が使われている。 概要 [ ] アメリカ映画ながら、日本を舞台に日本人とを偏見なく描こうとした意欲作で、多数の日本人俳優が起用されたことも話題を呼ぶ。 その中でも「勝元」役を演じたは、、ならびににノミネートされた(いずれも受賞には至らず)。 戦闘シーンの苛烈さや、一部にシーンなどを含むため、アメリカ公開時は 17歳以上対象 となっている(日本では全年齢指定)。 が演じる主人公ネイサン・オールグレンのモデルは、のとして来日し、率いる旧幕府軍に参加して((1868年 - 1869年))を戦ったである。 日本での興行収入は137億円 、観客動員数は1,410万人と、2004年度の日本で公開された映画の興行成績では1位となった。 一方、本国のアメリカでは2003年12月1日に上映されたのち、12月5日に2908館で公開され、週末で初登場1位になった。 その後も最大で2938館で公開され、トップ10内に7週間いた。 興行収入は1億ドルを突破し 、2003年公開作品の中で20位。 や、、などを含め、日本の俳優が海外に進出する一つの契機を築く作品となった。 あらすじ [ ] 冒頭では、の一説(との神が剣で、したと信じている人々の住む国)を引用する形で、日本のを紹介している。 その長く深い伝統の空気を打ち破るの近代化が始まり。 建国以来の剣を信じるものと、新たな洋式鉄砲と軍隊に希望をかけるものの思いに、日本という国は分断されていったのだった。 場所は変わって、時代のアメリカ。 北軍のとして参軍したネイサン・オールグレン大尉(演:)は、やと戦う。 その戦争の渦中、バクリーの命令により関係の無い無抵抗なインディアンの部族に攻撃を仕掛け、老若男女関係なく無差別に殺し回った。 命令とはいえ、良心の呵責に悩まされたオールグレンは悪夢に悩まされ苦しむようになり逃れるように軍を離れる。 除隊後、週にたった25ドルでウィンチェスター社と契約し、戦争で活躍した英雄として広告塔に奉りたてられる。 だが、酒浸りの生活を送りロクな仕事もせずに自堕落な生活をするオールグレンにウィンチェスター社員も呆れ果てていた。 そんな中、日本の実業家にして大臣の大村(演:)はバグリー大佐を介し、として「戦場の英雄」を軍隊の教授職として雇いに来た。 その頃の日本はが成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須であった。 大金のオファーに魅せられたオールグレンは、僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮する。 やがて、の領袖である勝元(演:)が鉄道を襲ったという報が入った。 まだろくな訓練も出来ていないこの軍隊では闘えないと主張するも、やむなく出動するオールグレン。 案の定、隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンも孤軍奮闘するが勝元らに捕えられる。 しかし勝元は彼を殺さず、妹のたか(演:)に手当てをさせる。 またも悪夢に苦しめられながらも次第に回復しはじめる。 村を歩き回り、古きよき日本の人たちの生活の風景を目の当たりにしながら、木刀でチャンバラをやる飛源(演:)を見つける。 剣術の真似事をはじめたオールグレンにサムライたちのリーダー格である氏尾(演:)に目を付けられ、手合わせをするが手も足も出ないまま完敗する。 村の生活を送るにつれ、オールグレンは彼ら反乱軍=サムライたちのに魅せられるようになる。 そして勝元もまた、「敵を知るため」に生かしていたオールグレンにどこか不思議な魅力を感じ始めていた。 勝元の息子である信忠(演:)の村での生活を深めるにつれ、オールグレンは置いてあった着物を着て生活をはじめる。 たかの子どもたちをはじめ、村の人々に急速に心を開いていく。 だが、世話をしてくれる女性、たかだけはオールグレンを不信の目で見続けていた。 実は彼女の夫「広太郎」は、戦場でオールグレンと戦い、彼に殺されたからであった。 だが、村の生活で村人たちに敬意を表し、自分から打ち解けていく様子を見ていくうちに、次第にたかは心を開き始める。 やがてオールグレンはたかに広太郎を殺してしまったことを詫び、たかもそれを許すようになる。 訓練と談笑と生活の中でオールグレンは心の中に静けさを取り戻し、いつのまにか悪夢からも開放された。 サムライの村での生活に安らぎと神聖なものを感じ始める。 またオールグレンは、氏尾との手合わせで、はじめて引き分けることができた。 これを機に、オールグレンは氏尾や村の男たちからの信頼を急速に勝ち取る。 そんな中、村で祭りが行われ、ふだんは怖く厳しい村の首領・勝元が道化を演じる舞台がはじまる。 皆の笑いでにこやかな雰囲気の中、そのスキを狙って大村が差し向けたとおぼしきが密かに村に近づき襲撃してきた。 オールグレンと勝元・村人は心をひとつにして間諜と戦い勝利する。 ついにオールグレンは村人と味方になった。 やがて春を迎えて雪が溶け道が開いた頃、政府に呼び出されて勝元一行は東京へ出向く。 疑いと警戒の目で一団の行進を見つめる大村。 一行の中にオールグレンが居ることを見つけて、ほっと笑顔をもらす通訳・写真家・著述家のグレアム。 でオールグレンが見たものは、すでに立派に訓練され、軍備も充実した政府軍の姿であった。 街に出たオールグレンは、銃を掲げ不遜な態度で振る舞う軍人が、信忠の剣を奪い、髷を切り落とす場面に出くわす。 そんなオールグレンに、大村は刺客を差し向ける。 一方、勝元は元老院に戻る。 だが、刀を差したまま表れた勝元ににしたがって刀を捨てるよう大村は迫る。 勝元は判断を(演:)に仰ぐが、天皇は気の弱さから目をそむけてしまう。 天皇はもちろん、元老院を牛耳る大村に誰も口を開かない事に落胆する勝元だが、それでも刀を捨てない彼は、東京にて謹慎となる。 オールグレンは、大村の不平士族討伐軍の指揮官就任の申し出を断り、日本での職・役割を終わらせアメリカへ帰還の準備をするが、大村の差し向けた刺客に襲われる。 その後、信忠ら村の一軍やグレアムと共に謹慎先の勝元を脱出させる。 勝元一行は村へ帰還できたものの、を務めた信忠は警備兵に撃たれ、帰らぬ人となる。 もはや、政府軍と勝元達反乱軍との対決は免れぬものとなった。 村に帰還したオールグレンは反乱軍の一員として、大村とバグリー大佐率いる政府軍に一矢報いる事を決めた。 するとたかは戦う決意をしたオールグレンに亡き夫の鎧を着るよう促す。 朱色の鎧を着て戦場に現れたオールグレンに驚くバクリーと大村だったが、勝元に降伏を突き付ける。 当然だが勝元はそれをはね除けついに全面対決となる。 訓練された政府軍だったが、思い上がった大村の命令が仇となり、反乱軍は兵力を上回り、まで装備した政府軍を相手に勇敢に闘い初戦は勝利する。。 最後の騎馬による大突撃でオールグレンはバグリー大佐を討ち取るも、回転式機関銃により騎馬隊は阻止され、オールグレンと勝元を残して氏尾を含む反乱軍は全員戦死する。 致命傷を負った勝元は、信頼するオールグレンにとどめを刺すよう頼み、今際 いまわ の際にオールグレンの背後に咲く桜を見ながら、「すべてパーフェクトだ」という言葉を遺し、安らかに息を引き取った。 こうして反乱軍はオールグレン一人を残し全滅した。 しかし、この闘いは決して無駄ではなかった。 政府軍の兵士たちは勝元の死に様に涙し、敬意を表し跪いて頭を垂れたのである。 維新以降、失われて久しかった「武士道精神」を、軍人たちが取り戻した瞬間であった。 そして生き残ったオールグレンは明治天皇に拝謁。 そこで勝元の生きざまを語り、遺刀を渡した。 受け取った天皇は勝元の刀と彼の教えを取り戻し、契約したばかりのアメリカとの契約を破棄した。 全てを水の泡にされ激怒する大村だが、決意を新にした天皇に完全に説き伏せらた。 そして天皇はオールグレンに勝元の「死に様」を聞いた。 オールグレンは彼の「生き様」を話し、勝元の意思を伝えた。 それは日本が真に近代国家に生まれ変わるための、勝元からのメッセージであった。 キャスト [ ] (1989年)• ネイサン・オールグレン大尉 -• 勝元盛次 -• 氏尾 -• たか -• 信忠 -• サイモン・グレアム -• ゼブロン・ガント軍曹 -• 大村松江 -• 飛源 -• ベンジャミン・バグリー大佐 -• 寡黙なサムライ(ボブ) -• 中尾 -• 孫次郎 -• 長谷川大将 -• スワンベック大使 -• 宣伝員 -• 政府軍指揮官 -• 侍 - 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ネイサン・オールグレン大尉 勝元盛次 サイモン・グレアム ゼブロン・ガント軍曹 ベンジャミン・バグリー大佐 信忠 大村松江 明治天皇 ウィンチェスター宣伝員 スワンベック大使 その他 日本語版スタッフ 演出 原田眞人 伊達康将 翻訳 佐藤恵子 調整 高久孝雄 効果 サウンドボックス 編集 オムニバス・ジャパン 制作 ワーナー・ホーム・ビデオ 東北新社 初回放送 2006年12月10日 『』 21:00-23:39 製作 [ ] 物語のモデルとなった史実には、元政府の要人による叛乱という意味では、らが明治新政府に対して蜂起した(1877年)が該当するとされる。 以下参照 脚本を共同で執筆した監督は、の『高貴なる敗北 日本史の悲劇の英雄たち』の<第9章. 西郷隆盛伝> に影響を受けたことを表明しており、「の実現に当初貢献しながらも、やがて新政府に反旗を翻した西郷隆盛の美しくも悲劇的な生涯が、我々の架空の物語の出発点となりました」と語っている。 なおモリスは、の友人で、三島作品の翻訳者でもある。 三島は『革命哲学としての』という評論の中で、西郷が死にいたるまで愛読していたのがの書であったことを指摘し、その思想は脈々と波打ち、西郷の生涯で再び陽明学の不思議な反知性主義と行動主義によって貫かれたと論じている。 モリスは序文で三島からの託された思いが強いと述べている。 新政府側ではの執政という形で「大村」なる日本陸軍強化のため西洋化を推し進めるという人物が登場するが、史実ではが明治政府のもとで兵制の近代化と日本陸軍の創設に尽力しておりイメージが重なっている。 ただし、益次郎は明治2年の暮れに没しており、ストーリー上の題材と思われる西南戦争などの士族反乱の時代までは生存していない。 劇中、時代考証から外れた上に描写が誤った、漫画的な軍団が登場する。 これについては日本人スタッフが難色を示したものの、監督はじめアメリカ人スタッフの「間違っているのは解っているが、どうしてもニンジャを撮りたい」という要望でそのまま残っている。 主なロケ地はにある古刹、。 戦闘場面や村のシーンなどはで、街中のシーンはのスタジオで撮影された。 このほか、冒頭で10秒ほどであるが、長崎県のの遠景が使われている。 ロケ現場() 配役について [ ] 勝元役の選考に当たっては、以外にも有力候補であったという。 本作品においては、勝元は英語も話せる立場である事がキーとなっている。 が行なわれた時点では、渡辺謙は英語が満足に話せなかった。 そのため渡辺は、オーディションに合格してからを特訓した。 その甲斐あって、現在では英会話に関しては無しで意思疎通ができるレベルに到達し、それ以降の作品(『』や『』、『』など)でも英語力を生かした演技をこなしている。 なお、は撮影開始時点ですでに英語が話せた事を生かし、演出面で日本人から見ておかしく感じる部分が無いかといった微細な部分に関して、ほとんどの撮影現場に立会って意見を述べ、結果的にスーパーバイザー的役割もこなしており、英語の話せるも同じく製作に協力した。 最後の合戦シーンでは、出身である真田広之の殺陣姿が大変に見事なものであったため、主役のトムよりも目立ってしまったとして、真田のシーンが大幅にカットされた。 勝元の息子・信忠役を演じたは、当時はになるためとしてに在住していたため、オーディションはロサンゼルスののビキー・トーマスのもと受けている。 が流暢に話せすぎていた為、信忠役が話す英語をもう少し日本語っぽい英語するようにと言われていた。 また、で全米武術大会優勝経験がある事も決め手の一つとなった。 渡米2年後、最初の劇場映画であり、ハリウッドデビュー作品となった。 寡黙なサムライを演じた「日本一の斬られ役」は時代劇になくてはならない存在。 起用に関しては、コーディネーターであるの推薦によるところが大きい。 里の武士たち・政府軍の兵士たちを務めるエキストラはすべて、で集められた日本人である。 を務めた者の記すブログに拠れば、政府軍を演じたグループが別のシーンでは里の武士を演じる事もあったという。 当初、製作陣はこれらの起用に関して、を経て兵器の取り扱いに慣れているや、銃規制のゆるい環境で育ったなどを使うことを考えていたようだが、トム・クルーズらの反対によって、日本から500名ほどの若者がニュージーランドに集められ、軍隊さながらの練成教育が行なわれたという。 登場する火器について [ ] エドワード・ズウィック監督は1989年にを題材とした『』を手掛けた事もあり、明治維新から西南戦争ごろまでの日本 1868-1877年 を舞台とした本作でも、の軍装品やの選定にはかなりのこだわりが見られ、欧米で入手可能なレプリカモデル や現存実銃の制約から一部に史実との違いがみられるものの、南北戦争や終結により大量の在庫が生じた事が要因となり、欧米のの手で幕末の日本に大量に持ち込まれたの 、そして欧米の小銃を参考にが日本独自のとして開発したへと変遷していく史と、旧装備 を佩用した旧時代のの軍勢が新式の装備のに善戦空しく敗れ去っていく陸戦史が共に比較的正確に描写されている。 オールグレン達将校や下士官が用いるは ()、、 ()、 ()など、弾のが用いられている。 やなどの ()の回転拳銃の登場は、この時代よりももう10年ほど後になってからである。 米国からとして草創期の帝國陸軍に関わった外国人達はを佩用している。 実際に幕末期の日本に輸入された ()は、や、、等であるが、ウインチェスター銃はや西南戦争を描いた歴史ドラマでもや不平側の銃としてしばしば登場し、米国の映画でもヘンリー銃などの代用として用いられる事が多かったものである。 草創期の帝國陸軍 の一般兵が用いる小銃は、実際に幕末期にやの名称で知られたやエンフィールドM1853が用いられている。 ミニエー銃に分類される両銃は西南戦争でも西郷軍側で用いられたものであるが、西南戦争で帝國陸軍が用いた後装式改造のはレプリカを製造しているメーカーが存在しない為か、本作には登場しない。 作中後半の帝國陸軍は重火砲として ()やを使用している。 ガトリング砲は史実でも帝國陸軍が輸入しているが、明治初期のは史実ではフランス製のである。 DVD [ ] のリリースに当たっては、日本語音声部分に方式を採用している。 これは、時にトム・クルーズやティモシー・スポールがのセリフを話したり、逆に日本人役者が英語で話したりするシーンなどが入り混じる映画であることを反映しての判断である。 だが、地上波放送の際には、通常の日本語吹き替えが新たに製作された。 DVDの予約特典は、劇中で引用される語句が記されたであった。 備考 [ ]• クライマックスのシーンでトム・クルーズの乗る馬に股間を蹴られるエキストラが映りこんでいる。 氏尾に対し「侍の時代は終わった」と言い放つ西洋かぶれの男(演)が斬られるシーンがあったが カットされた。 出典 [ ] []• 2010年6月30日閲覧。 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年6月30日閲覧。 日本での劇場公開時は、英語部分には日本語字幕が・日本語部分には英語字幕が乗る形となっていた。 2016年8月23日閲覧。 なお、配役は記載なし。 邦訳・、1982年。 原書は英文。 なおモリスは1976年急逝。 また三島『』第二部『』(1968)にも神風連の乱などをモチーフにした箇所がある。 参考文献・『おちおち死んでられまへん』福本清三・談)• ()や ()などが著名。 但し、サムライ達が装備しているのはや、など、いわゆる欧米人が考えるの武士が装備している中世の武具ばかりで、スナイドル銃 官軍 対エンフィールド銃 西郷軍 という図式になった西南戦争の実像とはかなり異なっている事や、史実で江戸期以前のが組織的かつ大量に運用していたや、幕末のが導入した滑腔銃身のといった前近代の火器についても作中に言及が無い事は付記しておく。 - imfdb. org• 外見は単発のM1871に似せる形に改装されている。 本作の11年後にで制作された ()ではプロップガンとして登場している。 関連項目 [ ]• - 同じエドワード・ズウィック監督作品で、南北戦争の黒人部隊が主人公。 ラストサムライにも多大な影響を与えている。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の