ワラジムシ。 ダンゴムシとワラジムシの違いと関係

ワラジムシ

ワラジムシ

「あれ、このダンゴムシは丸まらないなぁ」と、子どもの頃ワラジムシに触れて、そう思った人もいるのではないでしょうか。 体を丸めてコロコロ転がる、子どもたちに人気のダンゴムシと、見た目は似ているのに、あまり歓迎されないワラジムシ。 実は、名前に「ムシ」がついているものの虫ではなく、ワラジムシはダンゴムシと同様にカニやエビの仲間なのです。 その見た目から、不快害虫とされるいっぽう、落ち葉などを食べてくれる益虫としての側面も持ち合わせています。 そこで今回は、まだまだ知られていないワラジムシについて、その生態や特徴、発生する原因、対処法を紹介していきます。 そこから世界各地に広がり、世界でおよそ1,500種いるとも言われ、日本では100種ほどが確認されています。 分類・仲間 ワラジムシは、等脚目(ワラジムシ目)のワラジムシ亜目に属する生き物で、大きな括りで言うとカニやエビなどの仲間です。 最近ニュースなどでも取り上げられる人気の深海生物、オオグソクムシもワラジムシの仲間であることが伝えられています。 特徴・形態 ワラジムシの体長は約12㎜で、体幅は約6mm。 ダンゴムシ同様に楕円形のような形をしていますが、 ダンゴムシに比べると、体幅はやや細く、背中の盛り上がりもそれほどありません。 この扁平な草鞋(わらじ)のような形をしていることから、この名がついたとされています。 今では草鞋を見かける機会も減ってしまったこともあり、より身近な履物である草履にたとえ、 「ゾウリムシ」と呼ばれることもあります。 また、昔はトイレ(便所)で見かけることが多かったことから、 「便所ムシ」と呼ばれることがあります。 体の色は、灰色がかった褐色や暗褐色をしていて、なかには体に淡黄色の斑点や粒状の模様があるものもいます。 ワラジムシをはじめ、ダンゴムシやフナムシなど陸生の甲殻類のワラジムシ亜目の生物は、炭酸カルシウムを含む硬い外骨格を備えていて、基本的に体節は14(頭部1節、胸部7節、腹部5節、尾部1節)で構成されていて、胸部から腹部にかけて1対ずつ計14本の足を持っています。 発生場所 ワラジムシは北海道から沖縄まで日本全土に分布しますが、なかでも関東以北に多い傾向があります。 やや湿った場所を好み、落ち葉などが堆積した場所や、人家周辺の石の下や草の間の地面などわりと身近に見ることができます。 昼間はこうした場所でじっと身を潜め、夜になるとエサを求めて活動的に動き回ります。 夜行性の理由は、ダンゴムシ同様、天敵(鳥、トカゲ、カエル、クモ、ムカデなど)から身を守るとともに、日光による水分の蒸発を防ぐためと言われています。 落ち葉や苔などを食べてきれいにしてくれるワラジムシですが、実は枯れ葉以外にもいろいろなものを食べる雑食性の生き物なのです。 活動時期 一年を通して見かけることができるワラジムシですが、活動時期はだいたい2月~11月くらい。 特に活発に行動するのは4~6月と9~10月。 春と秋の温暖な時期に繁殖活動を行い、一度に40個程度の卵を産みます。 産卵は雌の育房(卵嚢・保育嚢)内で行われ、孵化してから数日後、育房を破って抜け出し、母体の体に付着し母体に守られながら成長します。 生まれたばかりの幼虫は、真っ白く透明で体調は約2mm。 サイズこそ小さいものの、すでにほとんど成虫と同じような姿をしています。 脱皮 ダンゴムシやワラジムシなどの甲殻類は、成長過程において脱皮を繰り返して大きくなります。 脱皮した抜け殻はカルシウムが豊富なため、脱皮したあと自分で食べてしまいます。 ワラジムシに限らず、ダンゴムシやフナムシ、オオグソクムシなどのワラジムシ目のほとんどの生き物は、脱皮を2段階で行います。 はじめに下半身の殻を脱ぎ、しばらくしてから上半身の殻を脱ぎますが、上半身の殻を脱ぐまでに数時間から数日かかる場合があります。 ワラジムシとダンゴムシとの違い ワラジムシもダンゴムシも全国的に生息していますが、 ワラジムシは関東以北に多く、ダンゴムシは関東以南に多い傾向にあります。 このように、似ているようでいて、微妙に異なるワラジムシとダンゴムシ。 続いては、見た目でわかる両者の違いについて見ていきましょう。 <ワラジムシを見分けるポイント>• ダンゴムシのように丸くならない• 体にダンゴムシのような光沢がない• ダンゴムシよりも殻がやわらかい• ダンゴムシよりも移動速度が速い• おしりの尾肢(びし)という突起した部分が2本出ている(ダンゴムシはこの尾肢が隠れていて見えにくい) ワラジムシが発生する原因は? ワラジムシが大量発生する原因のひとつは、 そこがワラジムシにとって快適に過ごしやすい場所であることが言えます。 主食とする落ち葉や、湿気を含んだ土、大好物の作物の新芽など、ワラジムシにとって快適な環境が整えば、そこは最高の住処になります。 ワラジムシによる被害 雑食性のワラジムシは、枯れ葉以外にも腐敗した部位をかじることで作物への被害を与えることがあります。 しかし、せっせと土を耕し 豊かな土壌を作ってくれるといった恩恵をもたらしてくれます。 人に咬みついたり、病気を媒介したりすることはありませんが、虫嫌いな人にとっては見た目に不快感を与えるため、不快害虫とされています。 ワラジムシの予防・駆除方法 ワラジムシに害がないことは知っていても、ガーデニングなどをしていて、鉢を動かしたら下からワラジムシが現れたり、ましてや家の中でその姿を見かけたりしたら、ちょっとドキッとしてしまいますね。 そこで、ここではワラジムシを近づけなくする方法について紹介していきます。 ワラジムシが好む場所をなくす 先述のとおり、ワラジムシが生息する場所はワラジムシにとって住み心地がいい場所です。 つまり、ワラジムシが住みにくい環境とすることこそ、ワラジムシの発生を防ぐもっとも効果的な予防策と言えます。 屋外 まずは家のまわりにある、ワラジムシが好みそうな場所をチェックしてみましょう。 落ち葉や枯れ葉を取り除く 大切に育てている花や野菜にいいとされる環境は、ワラジムシにとっても住みやすい環境です。 特に落ち葉や枯れ葉はワラジムシの大好物。 少しでもワラジムシによる作物の被害をなくすためにも、落ち葉や枯れ葉はこまめに掃除して風通しのいい環境をつくっておくようにしましょう。 ジメジメした場所をなくす ワラジムシは湿った土が大好きです。 晴れた日が続くと土の表面は乾燥していきますが、少し大きな石をひっくり返すと湿気を含んだ色の違う土が現れます。 そして、そこにはかなりの確率でワラジムシの姿が…。 こうした石のほかにも野積みにされた瓦の下や、庭先に置きっぱなしのバケツやプランターの下などはとてもジメジメしているので、こまめに移動させることも大切です。 土を掘り起こして、表面を乾燥させる 土の表面が乾燥していても少し掘ると湿気を含んだ土が現れます。 そこで、ワラジムシが出現する付近の土を掘り返して、下のほうの湿った土を乾燥させます。 少し手間のかかる作業ですが、こうすることでワラジムシが好むジメジメした場所を減らすことができます。 床下はワラジムシにとって最高の環境と言えます。 この床下や窓やドアのすき間などさまざまなところから家の中に侵入することがあります。 ここでは、ワラジムシを家の中に侵入させないための予防策について紹介します。 床下を換気する 湿気が溜まりやすくジメジメしがちな床下には、換気口を設けたり、ファンなどで送風して土を乾燥させる方法があります。 もっと手軽な方法として、除湿に効果がある炭を置くという方法もあります。 侵入経路を塞ぐ ワラジムシはわずかな隙間から家の中に侵入してきます。 窓のサッシなど家の中に隙間がないかチェックしてみましょう。 隙間を見つけたら、テープなどでしっかり塞いでおきましょう。 見つけたら捕まえる/殺虫剤を使用する 見た目で不快に感じる人もいますが、ワラジムシはとてもおとなしく無害な生き物です。 ダンゴムシより逃げ足が速いと言っても、他の虫に比べるととてものんびり(本人たちにしてみたら一生懸命に移動している)しているため、充分捕まえることができます。 家の中でみかけた場合、ティッシュなどでつまんで外に逃がしましょう。 ティッシュごしとはいえ、ワラジムシに触れるのはちょっと、という人は殺虫剤を使用しましょう。 「」は、すぐれた殺虫力をもつ天然成分の除虫菊エキス「ピレトリン」を配合しており、さらに -60 度の冷却効果で速効殺虫します。 また食品生まれの忌避成分のため、室内でも安心してお使いいただけます。 まとめ ワラジムシはダンゴムシと同様に、屋外であれば比較的どこでも見かけることのできる身近な存在です。 そのため、一時的に駆除したとしても、またすぐに姿を現す可能性があります。 見た目以外に特別害がないおとなしい生き物ですし、土壌を豊かにしてくれる益虫としての一面も持ち合わせているワラジムシ。 生態系のバランスを考えた上でも、ワラジムシと上手に付き合っていくのも大切なことと言えます。

次の

土を耕すワラジムシ

ワラジムシ

ワラジムシ飼育のための秘密道具 いきなりだが、これが我が家のワラジムシ飼育兼繁殖セット。 実際にはこれが2セットあり、1つは繁殖専用としてほぼ放置している。 このセットの中で、ワラジムシが地味に繁殖しているのだ。 その方法を紹介してみたい。 水槽はコバエ対策の設計思想があるものがよい。 上の画像のように、スリットが少ないものがおすすめ。 一般的なカブトムシ飼育用のケースだと、 部屋の中にコバエが飛び回るという地獄を経験することになるかも。 コバエシートを噛ませてもいいけど、取り回しが若干面倒。 そしておすすめしたいのが、この二品。 なかなか一緒に並ぶことがないであろう、ミスマッチ感たっぷりの二品 左は100円ショップで購入した小さなトング。 もちろん本来は料理用なのだが、これが 腐葉土をつまんで投入するのに最高に便利。 サンショウウオの床材に使用する水苔をつまんで投入し、 ケース内でちまちまと整える際も威力を発揮するので1本持っておいて損はない一品。 右は オイラーという名称で販売されている油指し。 オイラーですよ、オイラー。 これをどう使うかというと・・・ ケースに腐葉土を10cmくらいの厚みで投入し、 50mlくらいの水をオイラーに入れて少しづつ腐葉土の底付近目掛けて投入する。 この時、 あまり水を投入しすぎるとワラジムシが繁殖しないようなので注意。 上のケースの写真のように、 底部側面にしっとりと蒸気が現れるくらいが頃合い。 このオイラーもサンショウウオの飼育容器に少しづつ水を加えるような場合にも使えるのでおすすめ。 餌に餌をあげる サンショウウオの餌になるワラジムシも当然生き物なので、食事は必要になる。 飼い始めたころは 「ワラジムシごときにわざわざ餌などくれてやるものか。 」 という暴君のようなコンセプトで野菜の切れ端などを入れていたのだが、どうも人気がない様子。 そんなとき、余っていた乾燥赤虫を与えてみると・・・ "飼育教材"っていい響きだよね。 これが大当たり。 我が家ではこの乾燥赤虫を与え始めてから、ワラジムシが繁殖を始めたように感じる。 まあ単なる偶然かもしれませんけど。 腐葉土にオイラーで水を染み込ませた床材のうえに野外で拾ってきた落ち葉を散らし、 適当な餌台を真ん中に配置して、こんもりと赤虫を盛る。 そして ワラジムシを200匹ほどぶちまける。 この数なので数日で赤虫は食べ尽くされてしまう。 週に1回ないし2回くらい盛っておけばよいかと。 繁殖させるには過密飼育が大前提らしく、ここでケチると繁殖回数が少なくなり、 結果的に繁殖数も少なくなってしまうと思う。 過密飼育=ワラジムシたちに数多くの出会いを提供して恋してもらう、ってことだ。 自分は利便性を優先し、ネット通販でこのイニシャルなワラジたちを購入した。 野外採集も良いと思う。 気合いと根性さえあれば。 永遠のライバル・コバエが発生したら? 虫屋さんに記事を書いていただいた方が100倍濃厚な知識を披露してもらえそうだが、素人ながらコバエ対策をしているので参考までにご紹介。 まずは1930年発売(!)という、元祖ハエ取り紙を購入する。 この歳になってまさかのハエ取り紙初体験 今の時代、コバエ対策用品は多種多様に存在しているのだが、 ただ純粋に1930年発売のスーパーロングセラーを使ってみたかったのだ。 説明書通りに外紙を剥がし、本体をワラジの水槽天面にぶつからない程度に引っ張り上げる。 我が家では ハエ取りの塔と呼んでいる。 あとはそのままワラジの床材に突き刺すだけだ。 天にそびえる"ハエ取りの塔"の雄姿! 一発で天井スレスレの高さに調整できると勝った気になる。 実力の程はまずまず。 塔の壁面(茶色の部分)の粘着物質にキャッチされたコバエの姿を散見できる。 最新鋭のコバエ対策グッズの方が実用的かもしれないが、コスパは最高のはずだ。 重要なのは コバエが大量発生する前にハエ取りの塔を建築すること。 コバエが大量に発生してしまったら、 ワラジだけを丁寧に選別して床材を丸ごと交換する(コバエが床材に産卵して大量に発生しているため)という地獄が待ちうけている。 コバエを検知したらなる早で対策を講じよう。 餌にも愛が芽生える 以上のように準備が整ったら、あとはひたすら放置。 赤虫がなくなったら数日経ってから盛る。 どんな生き物も、常に餌がある状態をキープするのは良くない気がする。 最初に投入する数にもよるが、 200匹ほど入れておくとおよそ1か月に1回くらいのサイクルで腐葉土内で産卵するようだ(この辺りは感覚値なので間違っていたらごめんなさい)。 すごくわかりづらいのだけど、 腹に白い卵を抱えている個体を確認できるようになる。 しばらくすると極小サイズのミニワラジたちが一生懸命に地面に這い上がろうとする姿を目視できるようになる。 生命誕生の瞬間! 彼らがこれから辿る運命はサンショウウオの餌なのだが、 このような生命の営みを目の当たりにすると、餌にするのが 一瞬だが忍びなくなる。 実際、 うちの息子はサンショウウオよりもワラジムシの観察の方が好きなようだ。 ドライに考えればただの"餌"なんだけど、副産物的に繁殖や摂餌などの生命活動も観察できるので、 非常に興味深い生餌であることには変わりないのだ。 これからも愛するサンショウウオたちのために、美味しいワラジムシを繁殖させていこうと思う。

次の

オレンジ色のワラジムシが採れた

ワラジムシ

植木鉢をどけると底にウジャウジャ居るのがワラジムシです。 ガーデニングなどの土いじりをしている方にとってこのワラジムシは不快害虫の代表格と言ってもいいのではないでしょうか!? でも、そんなワラジムシは蟻などの肉食性の動物のエサになるという側面があります。 正直お庭にはわんさかいるワラジムシなのでその都度捕獲すれば全く問題ないのですが、飼育してみると意外と可愛いところを感じることができると思うので、お庭から採集してきて自宅で飼育してみるのがおすすめです! また、冬場の蟻のエサ不足問題を解消する救世主ともなりますので、簡単に要点をまとめていきましょう! 飼育ケース、容器は? ワラジムシの飼育ケースはプラスチックの容器で深さがあれば何でもOK! できれば透明でつるつるなモノを準備しましょう!僕の場合、ベタを購入したときに付いていた容器をワラジムシ飼育ケースとして使っています。 このケースは蓋がフィルターになっており虫がわかない優れものです。 この容器に土を入れて飼育すればOKです。 参考に、土は購入したものを使っています。 外の土を使うと、他の虫や微生物などが入っていてそれらが大繁殖してしまうことがあるためです。 我が家の土の配合は、赤玉土とケト土や山苔、バーミキュライトを混ぜ混ぜしていますが、たまたま家にあった土を混ぜただけなので基本何でも良いんじゃないかと思います。 ワラジムシは積極的に土の中に潜ります。 ワラジムシの餌 自然界では朽ち果てた落ち葉などを食べるワラジムシなので、植物質のモノを与えます。 おすすめは、人参の皮や白菜の切れ端などの普段は生ゴミとして捨ててしまう野菜類です。 野菜の切れ端を小さくカットして与えます。 餌を食べるワラジムシ。 好む餌 植物質のものはほとんど食べてくれますが、好みもあるようです。 硬さでも違いがあるようで、硬いものよりも柔らかいものを優先的に食べます。 白菜で例えると、「芯」より「葉っぱの部分」が大好きで一気に食べ尽くしてしまうほどです。 また、キノコのような菌類も大好きです。 鍋でよく使うエノキタケの石づきの部分からちょっとだけ与えると一晩で無くなるほど食べてくれます。 ちなみにエノキタケの傘の部分もめちゃくちゃ大好物のようです。 エノキタケなどの担子菌を食べるってことは食菌性なのかも知れませんね。 落ち葉についても、新鮮な落ち葉ではなく菌類によって分解されかけた落ち葉を好む傾向があるので、今後もうちょっと調べてみたいところです。 タンパク質だって食べる 実は虫の死骸なども食べます。 我が家のワラジムシには、定期的に「乾燥赤虫」を与えています。 ワラジムシも赤虫が相当好みのようで、赤虫の争奪戦が繰り広げられるレベルで赤虫に殺到するほど。 写真の量も1日でフンに変わります…。 普段の管理 ワラジムシの良いところは、手間がかからない点です。 餌が無くなったら交換し、乾燥する前にシリンジで地中に水を注入してあげれば基本はOK!ワラジムシが増えてしまう場合は、広めのケースで飼育してあげましょう!僕のケースも小さいのでそろそろ広いケースが欲しいところ…。 2019年4月現在のワラジムシ 記事を公開してから時間が経過したので、その後のワラジムシの様子をご紹介すると…。 5cmくらの厚みで敷いてから半分にヤマゴケの隠れ家を作っています。 もう半分はもともとゼニゴケを表面に付けていたのですが、ワラジムシの大好物だったようで全て食われました…。 現在は人参やキャベツ、キノコの余りモノをエサに与えつつ、乾燥赤虫などのタンパク源も与えています。 かなり順調で小さな幼虫も沢山見られるようになっています。 もちろんアリのエサとしても活用していますよ! ワラジムシの幼虫 餌としてのワラジムシ 硬そうに見えるワラジムシですが、ダンゴムシほど硬いわけではなくアリなどの餌として重宝します。 蟻に与えるワラジムシですが、これは主食にはならない気がします。 意外と飽きられます(人間で言うデザートみたいな感じでたまに与えてみてください)。 でも、貴重な生餌として重宝するのは間違いないはずです! うちのワラジムシさん うちのワラジムシですが種類がよくわかっておらず、複数種類いるのか一種類なのかも不明です。 つり目のワラジムシ。 スズキのスイフトに似た顔つきですよね! まとめ ワラジムシの飼育方法について簡単にまとめました。 僕もワラジムシを採集している段階では「気持ち悪!」っとかなり苦手な生き物と捉えておりましたが、飼育を続けていくとなんでか愛着が湧いてきます。 蟻の餌として割り切るのもいいですが、気持ち悪いと思っていたそのフォルムも、動き方も、食性も、色々と面白くもあり、可愛らしくもあることがわかってくるかも知れません。 蟻もいいですが、たまにはワラジムシをよーく観察してみてはいかがですか?.

次の