地震予言。 【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

【予言】7月11日に巨大地震か複合災害!? イルミナティカード再び…Mr.都市伝説・関暁夫も警告!?

地震予言

画像は「」より引用 現代の米国を代表する著名サイキック(超能力者)の1人であるである ジョセフ・ティテル氏が、元日に毎年恒例となる世界の予言をで発表した。 ティテル氏といえば、これまで、3. 11の(2011)、島の浮上(2013)、(2016)ラスベガス乱射事件(2017)など数多くの予言を的中させてきたが、2020年も残念ながら現実になれば壊滅的事態となる予言が多い。 なお、 ティテル氏の予言の傾向として、該当年には起きずに 2~3年後になってから 現実化することも多い点に留意したい。 【予言(2018)】 このところ、「空が落ちてくる」という言葉が頭から離れない。 最初に隕石の落下が思い浮かんだが、のような人工的物体が宇宙から落ちてくるのかもしれない。 ミサイル発射、特にトランプによってカから発射されるということか? 【結果】 今年1月3日、米軍が防衛隊の ソレイマニ司令官を機攻撃によって殺害した。 すると、7日にはイランがにある2カ所の 米軍施設をミサイル攻撃で報復したが、このことだったのか? ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(2019)】 日本・中国・香港には、大きな台風が来るだろう。 また、日本と中国の間あたりで巨大なが起き、これは恐らく沿岸部のから始まる。 【結果】 まず台風といえば、昨年は台風による甚大な被害が続いた。 9月上旬、関東に上陸した15号は、とりわけ 千葉県で建物損壊や 長期的停電などの大きな被害をもたらした。 また10月上旬の19号では 関東などで99人が命を落とし、に指定されるほど深刻な被害をもたらした。 では6月18日に沖でM6. 7、最大のが発生。 これは確かに日本と中国の間にあるで起きたものだ。 【予言(2019)】 島全体が完全に沈んで消え、人々が溺れている姿が視える。 かではないかと思う。 【結果】 トンガでは、昨年10月4日から海底火山の爆発が18日間続いた後に島一つが沈み、さらにその3倍もの大きさの新たな島が出現した。 ティテル氏が指定した と同じ南太平洋のことだ。 なお、執筆にあたっては「」を参考にさせていただいた。 今年の予言は、同じ内容を何度も繰り返し語っている部分も多く、タイムラインはあくまでも目安として示す。 もうすぐネット上で人々が自由に語ることができなくなる。 ビッグ・バン、つまりネットから大量の情報が追放される。 これまでインターネット上で自由に読めていた情報が、規制されるようになる。 規制をかけようとする連中が、大衆から真実を覆い隠す。 自由な発言ができなくなり、スピリチュアルな真実を語ることもできなくなる。 私の動画も、中国などでバン(禁止)されて、ドイツでも同様だ。 ドイツはインターネットの情報をフィルターにかけるために、中国と同じ仕組みを使っている。 【予言(0:19:40)】 世界の人々は、 香港のデモなどを通して、真実を知り始める。 【予言(0:25:00)】 ハリは、フロリダ、カリフォルニア、カロライナ、メキシコを襲う。 3つのハリが同時に起こったり、繋がったりする。 大西洋側で、、は嵐で洗い流される。 「彼らがそれを起こした」という声が聞こえた。 何者かが、 を葬り去りたいがために人為的に起こすのだろうか。 そのような人為的な自然災害は11日に起こりやすい。 11日、22日に大きな出来事が起こる。 特に22日。 そこには災害も含まれているだろう。 11や3. 11も、そこに含まれていると思われる。 【予言(0:30:25)】 2020年は非常に恐ろしい年になりそうだ。 3つの銃によるテロ事件が起こる。 1つはヨーロッパ、恐らくイギリスかフランス。 2つ目は学校での銃乱射事件。 もう1つは、11月の大統領選の前に起こる。 カを破壊したい連中が起こす偽旗工作だ。 瞑想中に、が何度か浮かんできた。 10月下旬か11月初旬…… 10月11日かもしれない。 ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(0:42:40)】 非常に恐ろしい話だが、2016年に私のスピリットが見せてくれた、ジェフリー・エプスタイン事件のようなことが起きる。 地下に造られた工場に子供たちがたくさん集められていた。 ハリウッドのプロデューサーたちも関係している。 誘拐された赤ちゃんや子供たちに対する、そして殺害して内臓を取り出し、ブラックマーケットでの販売。 中国が最大の市場の一つで、もう何十年もやっている。 これらのことは、闇組織のルシファー主義者(Luciferians)たちが行っていることだ。 ジェフリー・エプスタインは投資家だったが、子供たちへの性犯罪の罪で投獄され、昨年8月に獄中で自殺した。 だが実は死んではいない。 拘置中の彼の横顔をよく見てみると良い。 あれは別人だ。 これは最大の闇の一部だ。 今年の世相はカオスで、今回の大統領選も、とても酷い状態になる。 運動のようなものが大きくなり、女性の力がする。 大統領選後の混乱で、を出すほどになって、米国は内乱のような感じになるだろう。 大統領選の中盤以降、ももカオスになり、どちらが正しいのかわからないような状況になる。 ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(1:08:30)】 大統領2期目のトランプが暗殺? ある朝早く、はベッドの上で亡くなるだろう。 心臓発作か何か…… もしくは、何者かが暗殺するのだろうか。 【予言(1:38:00)】 中国がもっとも闇の勢力に近いところにいて、世界中のすべてのデジタル通貨を支配しようとしている。 デジタル通貨が、デジタル版のゴールドになる。 それはすでに始まっているが、のことではなく、はいずれ暴落する。 これからは、できるだけ現金を使おう。 デジタル通貨を使えば、それだけ闇の勢力が支配しやすくなるから人々にどんどん使わせようとしている。 銀行はすでに崩壊し始めているから、信頼できない。 今年もの引き下げ競争になるだろう。 住宅業界もピークを過ぎ、 住宅の価格も崩壊する。 2025年には、完全にそうなることだろう。 【予言(1:53:00)】 火山噴火は、、アラスカ、で起きる。 2023年は非常に重大な年になる。 特に7月頃に。 米国では、その頃にが亡くなったり、色々なことが起こる。 【予言(2:02:30)】 カ、中国、日本で水の値段が上昇する。 地球上の飲用水が減少しているからだ。 か、だったかが予言したように、 水が金と同じくらいの価値を持つようになる。 カ、中国、日本で川や水がなくなっていく。 オーストラリアではもっと早く起きるだろう。 地下の岩石に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせ、など地下資源の採取に利用する手法。 【予言(2:07:00)】 カで起きている森林火災は、森林を焼いて、フに使う水にアクセスしやすくするための人為的なものだ。 オーストラリアでも同様のことが起きているが、米国ではワシントンなどでも起きる。 2023年にラスベガスは完全に干上がるだろう。 洪水とバックファイアー(逆火)は、闇を洗い流してくれる神聖なものだ。 これからは、水を支配する者が人々を支配する。 のような会社が子会社を使って水をくみ上げて、ボトルで販売する。 火災によって政府が奪った土地の水資源を使って、人々を支配するのだ。 【予言(2:14:10)】 2025~32年にかけて、地球の大変動が起きる。 2025年7月に地球のシフトが急速に始まる。 あらゆるものがヒートアップし、氷河が溶けたり、何もかも洗い流す。 巨大、、火山噴火が起きる。 、などのにも大変動が生じる。 などが、カリフォルニアは大きなの後、バラバラになって海に沈むと予言したが、彼らはへの言及を忘れていた。 そのような状況になったら、お金はなにも助けてくれず、むしろ意味がなくなる。 スピリットガイドとの繋がりだけが、あなたを助けてくれる。 天使であれ、何であれ、どんな姿をしていても同様だ。 スピリットガイドとの繋がりを保ち、できるだけ自分をベストな状態にしておく、まず自分自身を愛する、その後で他人を、ということが最も重要になる。 自分の家の中に寺院の中のような神聖な場所を作り、瞑想をして、スピリットガイドとの繋がりを保つ、それがこれから必要になる。 前述の通り、ティテル氏の予言の傾向として、 該当年には起きずに2~3年後になってから現実化することも多いため、油断できない日々が長期にわたり継続する。 日本で起きる巨大のことも示唆されているため、巨大や首都直下の可能性も考慮に入れ、防災意識を高めて過ごすことが大切だろう。 dream-kb.

次の

【予知・予言】ニュージーランドでM7.4の大地震が発生~ニュージーランドの法則「1~2ヶ月以内に日本でも大地震が起こる」~(2020年6月19日)

地震予言

ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース ブラジル人、9歳の時以来、数々の予知夢を見、その内容を手紙にまとめ、人々に警告を与え続けて来ている。 今年、2月12日、テレビ東京で放送した『史上最強の予言者 ジュセリーノ』では 彼が見た予知夢による予言の可能性を専門家たちが検証。 今回は、それに続く第二弾である。 前回、番組で発表した予言の結果を紹介すると共にこの春以降、頻繁に来日したジュセリーノ氏に密着。 そこで、衝撃の予言と事実をカメラが目撃することとなる。 さらに、スタジオでは、新たな予言に関しても発表する。 今回、ジュセリーノが近未来にアジアの地域で起こるであろうと予言した大地震は全部で3つ! 2009年7月3日に東アジアのある国でマグニチュード7.5の大地震が発生。 同じく9月下旬にも東南アジアのある国でマグニチュード8の巨大地震が発生する。 さらに2011年7月26日には東アジアのある国でマグニチュード6.8の大地震が発生し500人の死傷者が出るというもの。 果たして、その可能性はあるのか? 地震学の権威・木村政昭教授は、2009年に起こると予言された2つの地震に関しては、地震学的には可能性が低いと言う。 しかし3つ目の予言に関しては、木村教授の予測とも一致していた。 2011年7月26日、東アジアのある国でジュセリーノが警告した大地震が現実のものとなってしまうのだろうか?.

次の

7月11日に首都直下地震・南海トラフが直撃!?予言した人と信憑性は?

地震予言

トカナオリジナルのババ・ヴァンガTシャツ。 ご ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガは、85%以上という驚異の予言的中率を誇る。 彼女は12歳の時に竜巻に巻き込まれて失明している。 しかし光を失った代わりに、彼女は予言という不思議な力を得た。 そしてこれまでに、「第2次世界大戦の勃発」、「ダイアナ妃の死」、「9. 11テロ」など、歴史的な大事件を次々と予言的中させてきた。 1996年に85歳で亡くなったババ・ヴァンガだが、5079年までの予言を公開している。 彼女の予言は死後も注目され続けており、さまざまな角度から研究をしている研究者もいるほどだ。 このほど 「2020年のババ・ヴァンガの大予言」が発表された。 2019年に引き続き、大地震、経済崩壊などを警告しているが、世界情勢の変化などからまた違った解釈がなされるであろう。 今回は、予言研究家である筆者・白神じゅりこが、気になった「2020年のババ・ヴァンガの大予言」の内容を独自の視点で詳しく解説しよう。 画像は「」より引用 1,日本に巨大地震と津波が襲う ババ・ヴァンガによれば、さまざまな国で複数の地震が発生するという。 津波はパキスタン、インド、中国の一部、日本、インドネシアを席巻するという。 東日本大震災以降、日本でも巨大地震がいつ起きてもおかしくないと言われている。 南海トラフ巨大地震は今後、30年以内に80%以上の確率で起こると言われており、今日明日来てもおかしくない状態だ。 国では南海トラフ巨大地震が起きると、沿岸部には最大30メートルの津波が押し寄せ、死者は32万人を超え、経済被害も220兆円を超えると想定しているという。 また、2013年に発表した中央防災会議による関東大震災型のM8級の地震被害の想定では、死者7万人、経済被害160兆円と試算した。 2020年の東京オリンピック開催時に、関東大震災型のM8級の直下型地震が起きたら……。 中央防災会議が発表した地震被害の想定をはるかに上回るのではなかろうか?.

次の