ディスガイア rpg 最強 キャラ。 【ディスガイアRPG】フーカ&アクターレ追加!プラチナム召喚キャラの性能・評価比較まとめ

【ディスガイアRPG】リセマラガチャ最強当たりランキング【魔界戦記】

ディスガイア rpg 最強 キャラ

デバフ最強時代 昔は、ニジレンジャーでのバフが流行でしたけど、最近はデバフが流行になりつつあります ATK上げるより、DEF0にした方が大ダメージですからね。 デスコとの相性が良いのも「 アーマーブレイク」が評価される要因だと思います。 ということで、早速紹介していきましょう。 第3位、エトナ エトナは弓を持たせてからのドッペルゲンガーが有名ですが、実は杖を持たせるとアーマーブレイクだけでなく、 メガアーマーブレイクまで習得できます。。 これは、かなり優秀ポイントですね 魔法は杖を装備してなくても使えるので、普段はドッペルゲンガーでアタッカー、どうしても敵が強すぎる時にはデバフで敵の戦力ダウンを狙えるので一石二鳥です。 無料で何体か配布されたので凸しやすいのも評価ポイントです。 無凸だとステータスが低めになってしますので、凸のしやすさも重要です。 どちらにしろ育てておいて損はないキャラだと思います。 第2位、ニジグンジョウ こちらはストーリーでドロップするので入手難易度が低く10凸も作りやすいです。 ニジグンジョウは「友情の力だ」もめちゃくちゃ強いので、バフもデバフも使えるという点で非常に優秀です。 ニジグンジョウもメガアーマーブレイクまで覚えます。 唯一の欠点は、見た目ですかね。 完全に好みが分かれると思いますけど、僕はあんま見た目は好きになれないです。 見た目が気にならないのであれば、杖を持たせて育成をおすすめします。 第1位、銃魔神族 このキャラは メイン魔ビリティでもDEF-10%とデフォルトでデバフを持っています。 もちろん、メガアーマーブレイクも覚えます。 デスコとの組み合わせでDEF0にする編成はすでに有名になってきていますね。 メイン魔ビリティと噛み合っている点と、デスコとの組み合わせでメインストーリーのHARDモードを攻略するのに役立つことを考えて、1位にしました。 ただ銃魔神族はガチャでしか手に入らないのが難点です。 もし、銃魔神族が出た場合は 絶対に素材にしないようにしましょう。 4体いても使い道があるので、複数残しておいた方が良いです。 何回も言ってますけど、僕は最初のころに素材にしてめちゃくちゃ後悔しています。 みんなはそんなことにならないように気を付けてくれよな。 ぼくと同じ道を歩んじゃだめだぞ。 まとめ いかがでしたでしょうか? ぼくが思う、アーマーブレイク要員におすすめのキャラを紹介してみました。 ランキングの採点基準は、アーマーブレイクを活用できるか?それ以外での使い道もあるか?という点も含めて考えてみました。 エトナ、ニジグンジョウはどのパーティに入れても活躍しやすいのでおすすめに入れました。 銃魔神族は完全にデバフ特化ですけど、メインストーリーのHARDを周回できるというのは他には無いメリットだったので、1位にしました。 それからメガアーマーブレイクを覚えるっていうことも重視しました。 今はデスコと銃魔神族4体パーティがメインストーリーのHARDモードを突破できるので良いんですけど、デバフ特化パーティは対策されたら壊滅状態になるんですよね。 今回の魔神エトナ戦がまさにそれで、たしかATKが一番高いキャラに睡眠の状態異常を撃ってきました。 しかも最後はDEFアップまで使ってくるという完全デバフを潰しに来てましたw ちょっとうろ覚えなので、ここは間違ってたらごめんなさい。 アタッカーが1体で後はバフ、デバフでゴリ押しパーティはここでゲームオーバーでした。 なのである程度デバフを封印されたときのことも考えておかないといけなくて、メガアーマーブレイクなら2発撃てばDEFを0に出来るので、2体がデバフ使って、1体が攻撃すればいいだけなので3体いればどんな強敵でも倒せます。 銃魔神族を入れるにしても、デスコ、銃魔神族2体、フレンドもデスコで、メガアーマーブレイク1発でDEF0を作ることができます。 なので2体はアタッカー、もしくはヒーラーを入れることができるので応用力が広がります。 最終的には相手によって戦い方を変えれるパーティが理想なので、アーマーブレイク頼りよりも、メガアーマーブレイクで戦略の幅を広げる方が良いと僕は思ってます。 もちろん、現時点で対策されてないステージをアーマーブレイクゴリ押しで進めるのは良いと思います。 それによって育成もはかどるのでむしろおすすめします。 ただ、その場しのぎよりも先が長くて応用力のあるキャラの方が使いやすいと思いました。 ここでおすすめしたキャラ以外でも、パーティによってはこっちの方が強いよ。 とかもあると思いますけど、どんなパーティにでも組み込みやすいという点でこの3体が使いやすいと思うので迷ったらこの3体から選んでみると良いと思います。 という事で今回の議題は、本当に使うべきデバフキャラTOP3でした。

次の

【ディスガイアRPG】最凶魔王フェス 50連勝負!

ディスガイア rpg 最強 キャラ

なおかつと同様に、 魔改造を行えばターン開始時SP+10を獲得出来る点も大きな強み。 連発禁止技などの制限も無いので、安心して全体攻撃を連発出来るなど周回で大きく性能。 SPDはそこまで高くなく行動順は遅めだが、攻撃力の高さは折り紙付き。 火力を重視するのなら是非とも獲得しておきたい。 先制で攻撃を行いやすくなるので、優位に戦闘を運ぶことが出来る。 時短にも便利な魔ビリティーとなっており使いやすい。 コマンドの威力がATK依存となっている為ATKアップの魔ビリティーを持つなどと編成するのも有り。 しかも魔改造を重ねることでそこまで目立たなかった火力面でも伸びて来る。 ターン開始時に敵の行動ゲージを減らせるなど、先手を取って攻撃しやすいのも魅力。 尚且つ 低コストで行える全体攻撃や マヒ付与の全体攻撃など周回要員としても活躍。 あらゆるパーティで活躍出来る性能となっているので是非狙いたい。 ステータスも 火力が高いアタッカータイプで、習得技も単体攻撃に特化。 突出した火力を誇る反面 DEFが低めに設定されているものの、他の部分はかなり魅力。 尚且つ、 ターン終了時に敵を倒していれば自身のSPD30%アップなど行動順のカバーも可能。 初期から全体攻撃を習得、レベル200でも威力Sの全体攻撃を習得したりと殲滅力が高いキャラ。 前述した恩恵を全て得るには魔改造が条件であり、フェス限定キャラなので手間も多い。 しかし、それに見合った活躍は期待出来るので狙っておいても損はない。 初期から低コスト全体攻撃を持ち、剣装備時には消費SP-15%になるなど全体攻撃を連発出来るのも魅力。 SPDがやや低く設定されているものの、高火力で十分カバー出来るので問題無し。 さらに 最初から全体攻撃を使え、レベル200で単体威力A&HP中回復の技を習得するなど火力面に特化。 に比べて攻撃面がかなり強化されている為、火力不足なら入手をオススメ。 メイン魔ビリティーの効果は大きいが、槍武器キャラのみとなっているのがやや使い辛い点。 ただ、それを差し引いても十分強力なキャラであることは間違いない。 さらに、 魔改造を1回行うだけでターン開始時にSPが+10されるなど技の連発を行いやすい。 この解除を行う場合は魔改造5回と育成が必須な点がやや面倒なキャラ。 育成前提ならかなり強く、殲滅力の高さも目を見張るポイント。 先を見据えるのなら獲得しておいて損はない。 その為、平均してステータスを底上げしたい場合に便利。 ATK依存の固有技を持ち、序盤から火力を出しやすくオススメ。 全体攻撃も習得出来る為、優先して育成すれば殲滅要員としての運用も可能。 引き直しガチャで排出されるキャラなので、獲得しやすいのもメリット。 ちなみに レベル200で行動ゲージを下げられる全体攻撃も習得可能。 火力アップが目的ならシンプルに使いやすく、腐らない効果といえる。 サブ魔ビリティーには ターン終了時に行動ゲージ+200、コマンド技で与えるダメージ+45%アップなど強力なものを保有。 SPDは50と遅めだが、サブ魔ビリティーによってカバー出来るので優先して育成したい。 魔物型キャラの縛りがあるからかよりもバフ値は1%高い。 自身のステータスも高く、初期から全体攻撃を使える優秀なキャラ。 最初の引き直しガチャでの選択はデスコかラハールのどちらかがおすすめ。 その他 最初から低コストの全体攻撃を行えるなど、周回性能も高く優れた性能を誇る。 火力はやや低めだが、育成を進めると 銃装備時にATK27%アップを得られるので十分カバー可能。 魔改造を行うだけの余裕があるかが最大の問題となる。 魔改造前提で獲得するなら周回性能の高いキャラとして運用可能。 中途半端な育成になるならあえてスルーするのも手。 さらに 杖装備キャラのSP+10の効果など、魔法パーティを編成する上での恩恵が大きい。 SPDはそこまで高くはないが、火力が高く魔法アタッカーとしては強力。 ただ、これらは全て育成&魔改造が条件の評価。 優先して育成するのであれば、獲得しておいて損はない。 サブ魔ビリティーでは ターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのINT+40%、 パーティの杖・魔物魔法武器装備キャラが全体攻撃で与えるダメージ+15%、戦闘開始時パーティのINT+16%アップなど火力増加に大きく貢献出来る性能を持つ。 最初から全体攻撃を習得しているので、殲滅力も高く使いやすい。 同時実装ののように、SP回復能力を持つキャラなどと組み合わせて技の回転率を上げたい。 最大限活用する為には最大まで魔改造を行いたいが、火力だけなら1回の魔改造でも十分。 杖パーティを組めるくらいに手持ちが充実しているなら狙う価値有り。 戦闘開始直後から最大火力を発揮出来る上に、 始めから全体攻撃技を保有。 その為、殲滅力が高く周回要員として優秀な性能を誇る。 サブ魔ビリティーは全てパーティの銃武器装備キャラに対しての効果。 単体でも割と優秀な性能を持つが、銃武器装備のキャラとの編成で真価を発揮。 特にSPDアップの効果は貴重なので、行動順を早める為にも編成は考えて行いたい。 その他、 拳武器装備キャラATK18%アップなど火力を底上げ出来るキャラ。 ただ味方よりも自身のに対してのバフ効果が強力。 しかし 初っ端から全体攻撃を持っているものの、 SPDが低めに設定されたり 全体攻撃はバフが乗っからないなど惜しい性能。 単体に対しての火力はトップクラスなので低いSPDが許せるなら狙うのも有り。 さらに、 初っ端から全体攻撃を使用可能と殲滅力も高いキャラ。 しかし 火力アップの効果が3ターンのみとなっており、長期戦になると火力が落ちてしまうのは悩みどころ。 ただ 自分が人型キャラから受けるダメージ40%減少等、育成を進めると硬さも獲得。 SPDが遅く行動順が回ってきにくいデメリットはあるが周回等、短時間の戦闘では活躍出来るキャラ。 火力が高く、尚且つ全体回復を行うことも出来るのでサポート能力も高い。 全体攻撃が無く、 周回要員としての性能は高くないことくらいが欠点。 使い勝手の良い性能となっているので入手しておくと便利。 その為、編成に悩む必要が少なく扱いやすいキャラ。 ただ、 SPDは高く行動順が速く回ってきやすい上に 単体のみだがSPDダウンの固有技も保有。 汎用性自体はそこまで高くはないものの、SPD重視なら狙っておくのも有り。 サブ魔ビリティーで パーティの杖・魔物魔法武器装備キャラの通常攻撃をINT依存に出来る。 INTがATKを上回れば効果を得られるものの、そうでない場合にはそこまで有効性を感じられない。 ATK依存の物理キャラとは相性が悪く、同時編成のメリットがないので手持ちのキャラと相談して狙うようにしたい。 その為、通常攻撃を挟まず消費SPの少ない魔法を連発出来るようになる。 中でも 風属性ダメージ+60%アップで大幅なダメージアップを見込めるのは大きい。 と違って風属性に特化している分運用方法が限定される場面も。 とはいえ、火力の高さはトップクラス。 アタッカーとして活躍してくれることは間違いない。 その為、火力アップを手早く行いたい場合に便利。 スキルは単体攻撃が多く、 レベル200で全体攻撃を習得出来る。 自身は攻撃力よりも防御寄りなので生存率も高め。 単純に火力アップを行いたいなら入手しておいて損は無い。 その為、スキルの回転率が良く安定した火力を生み出すことが出来る。 育成する事で初手から全体攻撃を打てるようになる為、幅広い活躍を見込める。 ただ、火力の底上げ自体は自身ではそこまで得られないので他キャラの魔ビリティーで補いたい。 火力の低さをカバーするような編成が出来れば十分運用レベル。 魔ビリティーによる効果を得る為の縛りがやや面倒なのがネック。 尚且つ、 消費SPも多いのでオートではやや使い辛い点がネック。 元々防御面が脆いので、HP回復によるカバーは有難い。 メイン魔ビリティーの効果を有効活用出来るかどうかで使い勝手が変わるキャラ。 その為、剣武器装備キャラを複数確保する場合には火力アップが容易。 固有スキルの威力もATK依存となっているので序盤で火力を上げやすいのも有難い。 火力は序盤~終盤まで確実に必要になる部分なので、狙っておいて損は無い。 引き直しでも獲得出来るキャラとなっており、オススメ。 初期スキルで 自身のHP回復も行えたりと高性能。 全体攻撃を持たないものの、 単体威力Bのコマンドを習得可能。 さらに、 習得コマンドの両方でDEF-12%の効果を付与出来るので味方の火力アップにも貢献可能。 高火力の単体アタッカーは腐る事のない性能となっており、シンプルに使いやすい。 パーティの火力アップを簡単に行いたいのなら入手しておくのも有り。 レベル200で全体攻撃を習得出来る為、殲滅力の高さも魅力。 メイン魔ビリティーでは 拳装備キャラのSPDアップを持つ為、先手を打ちたい場合に便利。 サブ魔ビリティーでは 行動ゲージが先頭の味方キャラのATK40%アップなどバフ要素も魅力。 SPDが早い分行動回数が多く、尚且つ自身のターン終了時に発動するバフ効果も多い。 拳装備のキャラを編成しているのなら確実に、そうでない場合でも優秀な性能。 人型キャラ縛りの魔ビリティーとなっている為、よりは汎用性は低め。 とはいえ、レベル50で習得するコマンドで 全体攻撃+ATK25%アップの効果を得られるなど火力面では優秀。 魔ビリティーに関してはパーティ編成で対応出来るので、火力を出したいのなら狙っておくのも有り。 ただし 得意武器が剣から斧に変わり、他キャラの魔ビリティーの恩恵を受け辛くなる点は注意。 その為、味方全体の実質攻撃力を底上げするのに便利なキャラ。 スキルはそこまで突出した性能が無いものの、魔ビリティーが強力な為入手しておいて損は無い。 剣が得意なのでと同時に獲得すれば序盤から高火力な組み合わせとなる。 尚且つ、 最初から自身に対してHP回復のコマンドを習得しており攻守に優れた性能を持つ。 威力Bのコマンドも習得出来る為、単体の火力だけでいえばかなり高め。 全体火力には貢献しづらいが、単体の火力を求めるなら獲得も有り。 尚且つ、 初期からINT依存の全体攻撃を使えるので是非とも獲得しておきたいキャラ。 INT依存のスキルを持つキャラを他にも獲得する場合には狙っておきたい。 魔ビリティーで全体の火力を底上げ出来る点は非常に優秀。 火力アップを幅広い武器種のキャラに付与出来る為、汎用性が高め。 習得技は単体特化となっており、単体火力の高いキャラ。 SPDは遅いものの、それに見合う火力を保有しているので入手しておいて損は無い。 逆に火力が既に足りているのなら狙う必要性は低い。 全体の技を習得出来る為、バランス良く運用可能。 編成の縛りをクリア出来るなら、ステータスアップも見込めるので獲得するのも有り。 魔改造前提となる為、育成する余裕が無いなら無視してもOK。 火力面では正直そこまで高くはないが、 銃と杖を併用できる幅広さも保有。 銃装備のキャラが複数パーティにいるのなら獲得しておくのも有り。 ただ、そうでない場合はそこまで優先すべき存在とはいえない。 INT依存のスキルを持つのでと組み合わせると高い効果を攻守をカバー出来る為オススメ。 火力も大事だが、後半になるにつれて相手の攻撃力も高くなってくる。 そうした場合に少しでも防御を底上げ出来るキャラがいると有難い。 先を見越すのなら入手しておくのも有り。 育成を進めると敵キャラを倒していたらターン終了時にHP15%回復、槍キャラの必殺技与ダメージ+15%などを習得出来る。 ステータス自体は平均しており、可もなく不可もなくだが槍装備の場合は大きく火力の底上げが可能。 さらに前述した回復効果により耐久値のカバーも容易。 その他 パーティの女性キャラが受けるダメージを-12%出来る為、硬い女性キャラ=同時実装のと相性が良い。 アデル キャラ性能&個別評価 パーティの 拳武器装備キャラのSPD以外全能力+12%アップの魔ビリティーを持つ。 その為、と同時に獲得する事で序盤から高火力のパーティを組める。 攻撃力も高く、序盤では火力要員として活躍してくれるものの パーティ編成の幅が狭い為このランク。 勿論、キリアと同時排出された場合は大当たりとの判断でも大丈夫。 その為、と同時に獲得すると高い火力を発揮してくれる。 レベル200で習得するスキルに関しては唯一の威力Bとなっており、非常に高火力。 個人能力でいえば非常に高く、火力に特化した性能といえるだろう。 サブ魔ビリティーでは 被ダメージ時にSP回復、HPが少ないほどDEF・RESアップなどステータスの底上げが容易。 全体的にDEFが高く、硬さに特化した性能のキャラ。 育成することで火力の底上げが出来るので攻守においては問題ないが、 SPDが低く行動順は遅い。 敵からの攻撃でSPを確保して技の回転率を上げるような使い方がオススメ。 攻守と引き換えに足の遅さと 殲滅力に大きく不安が残る。 サブ魔ビリティーは 魔物型キャラのコマンド与ダメージアップや 人型キャラから被ダメージダウンなど、ピンポイントに刺さる効果を多く保有。 さらに パーティの女性キャラの数だけATKアップと 若干編成にも縛りがある。 ただ、 初っ端から全体攻撃を行えたりと性能は悪くはない。 編成によっては発揮しない魔ビリティーが多いが、編成がかみ合えば強力なキャラ。 SPDが46と非常に遅い為、先手を取る事は難しい。 人型キャラを多く編成していない場合には効果が薄れる為、編成する種族によって効果が変動する。 ただ、攻撃力は高く レベル200で習得出来るスキルは単体威力B。 尚且つ、拳武器なのでやと相性が良い。 アデルとキリアと同時編成した場合は火力アップも容易なので、是非ともまとめて獲得したい。 その為、優位属性に対して火力を出しやすくダメージにも期待が出来る。 水属性のアタッカーとしては現時点でトップクラス。 とはいえ、現状そこまでの強さを実感しづらい環境なのがネック。 将来的に刺さる場所が出て来れば輝く性能となっている。 性別で縛られる上に、自身が女性となっているので恩恵を得にくいのがネック。 男性キャラを多く編成する場合には便利な効果ではあるが、後半になるにつれて編成の幅が狭くなっていく。 スキル威力はINT依存となっているのでと編成するのがオススメ。 レベル50で単体威力Cのスキルを習得出来る点は魅力。 さらにサブ魔ビリティーも全て斧装備キャラに対してのみと縛りが強く、 あらゆる面で癖が強いキャラ。 味方への恩恵が大きい訳でもないので狙う理由は低め。 自身のステータスは大幅に強化されるものの、編成幅が狭く余りオススメは出来ない。 ATK依存のスキルを持つが武器が銃の為、他キャラの魔ビリティーで火力アップしにくいのもネック。 強いていうならと組み合わせるのをオススメ。 2キャラともイベント期間中なら獲得しやすいので運用するなら2キャラ揃えておきたいところ。 その為、あえてガチャで狙う必要は無いだろう。 事前登録でも獲得出来るので、とりあえず星4要員としておこう。 ガチャでの優先度は低め。 キャンペーン期間中なら星4エトナを最大4体まで獲得出来るので、あえて狙う理由も少な目。 魔ビリティーに関しては 自身が女性キャラに対して与えるダメージが45%アップとかなり限定的。 特定のクエスト等では高い効果を発揮出来るが、汎用性は低い。 尚且つ、ログインボーナスで確実に入手出来るので無課金の人にはオススメ。 と編成する事で回復量を増やす事も出来る為、オススメの組み合わせといえる。 とはいえ単体での回復量はそこまで期待出来ないので、回復量アップの魔ビリティーを持つと同時編成がオススメ。 交換でキャラを獲得出来る為、育成しやすいのもメリット。 優先してイベントをこなして獲得しておこう。 総合評価 序盤ではの魔ビリティが使いやすく事前登録報酬で剣も配布される為、ラハールをどこかのタイミングで獲得しておくことをオススメします。 やなど、殲滅力の高いキャラを確保するのも良いかもしれません。

次の

【ディスガイアRPG】企業wikiよりはマシ?個人的な最強キャラランキング

ディスガイア rpg 最強 キャラ

敵が強くなっていくにつれて、 「やられる前にやる」事が重要になります。 そのためSPDを上げることが出来る凸1の魔ビリティーは割と使えます。 注意すべき点、はブルー自体の SPDが低い為1ターン目にバフをかけても恩恵を受けづらいことです。 他のキャラと比べると使い勝手が悪く、オススメしません。 ブルーの際にも説明しましたが、やられる前に殺ることが重要な為、 DEFアップの使い道があまりありません。 覚醒、左遷キャラとして使用するのがオススメです。 序盤で詰まった時や、オレンジ、グンジョウの入手までのつなぎとして使うのがオススメです。 凸1の魔ビリティーがINTアップと、ATK系バフを中心とするニジレンジャー系では活かしづらい為、メインとしての使用はお勧めしません。 が、 適正武器は槍という悲しみ。 INTが高く星属性魔法をおぼえるので、 魔王の巨塔の4層などで使えます。 使う場合は杖WMの上限を1つ上げ、スターを覚える必要があります。 SPD装備(靴)を使えばEXPゲート以外ではほぼ先制をとれるため、ニジオレンジのレベルが低い場合でもバフを確実にまくことが出来ます。 が、ニジピンク自体のSPDが低い為活かしづらい魔ビリティーです。 使いどころとしては、ニジピンクをSPD装備で強化し、 SPDが低いキャラを引っ張るぐらいでしょう。 入手までが長い事に加え、SPD、ATKが重要な為、ほぼ使いません。 確実に左遷、覚醒素材です。 敵の順番を遅らせることが出来るので割と使えます。 使いどころとしては ボス系のキャラや、魔王の巨塔5Fなどの長期戦、ボス一体のみの時など、一撃が痛いキャラの時は順番を遅らせることができます。 最後に ニジレンジャーは無課金者の強い味方です。 攻略に詰まった方は、一度使ってみると世界が変わると思うので是非試してみてください。

次の