プリーツ マスク の 作り方 人気。 簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

快適なプリーツマスクを作るコツ|作り方と型紙 OHARICO

プリーツ マスク の 作り方 人気

手作りプリーツマスク 大人用&子供用 大人用も子供用も作り方は全く同じで、サイズだけ異なります。 両方の図と型紙を掲載していますので、是非ご活用ください。 利用は無料ですが型紙自体のログへのコピー&ペーストはご遠慮ください。 もし掲載したいとい方がいらっしゃいましたら一度問い合わせよりご連絡ください。 学校活動やイベントなどで印刷して配布していただくことはかまいません。 その際もご連絡いただけますと嬉しいです。 用意するもの 外側の布 内側の布(ダブルガーゼ) ゴム紐 ゴム紐通し(ヘアピンや安全ピンでも代用できます) ペンやマーカー、チャコペン 定規 ミシンやアイロンをお持ちの方は使ったほうがきれいに早く仕上がります。 大人用の型紙とサイズ票 市販の普通サイズのマスクを参考にしています。 横幅はご自身の顔のサイズに合わせて調節していただいて大丈夫です。 その場合、内側の布が外側より4㎝短くなるように裁断してください。 子供用の型紙とサイズ票 子供用のサイズがこちらです。 こちらももう少し大きくしたい場合は横幅で調節することが可能です。 こちらが子供用サイズで作ったものになります。 可愛い布で作ると子供受けもいいですよ~ プリントの際の注意点 プリントして使う際は上の画像のように『実際のサイズ』を指定して印刷してください。 この指定をしないとプリントした際にサイズが変わってしまう可能性があります。 作り方の動画 3、外側の布の両端に、プリーツを寄せる位置に印をつける。 図を参考にしてください。 さらに赤い線の位置に切り込みを端に少しだけ入れる。 もしくはマーカーやボールペンなどで端に印をつける。 切り込みを入れておくと、プリーツをたたむときにたたみやすくなります。 4、内側の布と外側の布を中表に合わせ(表面同士が合わさるように)縫い代の線を書いた位置で縫う。 手縫いの場合はなみ縫いで縫います。 上下とも縫えたらひっくり返す。 きれいに仕上げたい場合は塗った位置にアイロンをかけます。 5、プリーツをたたんでいきます。 切り込みを入れた位置でまず折り目をつけます。 外側の布と内側の布を一緒にたたんでください。 折ったら側の印に合わせてプリーツにします。 折ったらまち針で3か所ほどとめておきます。 ここの畳み方は動画でかなり詳しく解説しているので、わかりにくい場合はご覧ください。 6、プリーツがたためたら、外側の布の一番端の部分をしつけ縫いする。 あとで見えなくなる部分なのでざっくりで大丈夫ですが、プリーツの折り目だけしっかり押さえるように縫います。 7、外側の布の端を2回折って、ゴムを通す場所を作る。 このように両サイド縫います。 8、ゴム通しやヘアピンにゴムを結び付け、通す。 長さを調節して結び、通した位置に結び目を隠すようにしまう。 これで完成です。 プリーツの折り目をしっかりつけたい場合は仕上げに手アイロンできゅっきゅっとおえるようにするときれいになります。 アイロンの方はアイロンで押さえてもOKです。 ただ、着用すると真ん中あたりのプリーツは顔の立体感に合わせて自然と広がるので、それほどしっかり折り目をつける必要はないと私は考えます。 端だけしっかりタックが取れていれば、着用したときにきれいに広がり、外すと折り目に沿って畳まれるので大丈夫です。 もう1つ、プリーツなしの立体タイプの作り方もご紹介しています。 こちらも子供サイズも簡単に作ることができます。 作り方動画つき 以上『 プリーツマスクの作り方』のご紹介でした。 是非好きな布で作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にもキッチンペーパーで出来る使い捨てマスクの作り方も動画付きでご紹介しています。 縫うのが嫌な方はこちらもおすすめですよ。 作り方動画つき.

次の

マスクの作り方【立体・プリーツ・平面】ハンドメイドに挑戦しよう

プリーツ マスク の 作り方 人気

寒く乾燥する季節に大活躍のマスクですが、付けるのを嫌がる子も多いのが悩み。 お気に入りの生地で作った手作りマスクなら、喜んでつけてくれるかも! セリアにあるダブルガーゼで作れる3種類のマスクを紹介します。 この時期、私の住む地域の園や小学校では、うがい手洗いと合わせてマスク着用をするように指導されます。 この時に、子どもがすんなりマスクをつけてくれるといいのですが、嫌がって付けなかったり、帰ってくる頃にはどこかへいってしまったり……なかなかきちんと付けるのが難しいこともありますよね。 そんな時は、子どもが気に入った生地を使ってマスクを作ってあげると、意外と喜んで進んでマスクを付けてくれることがあります。 使い捨てマスクのゴワゴワ感や、ひもの締め付けで耳が痛くて嫌がる場合も多いので、柔らかいガーゼで作ると解決したり。 今回は、セリアのダブルガーゼを使って作れる3種類のマスクの作り方を紹介しますので、お気に入りのマスクを作ってみてくださいね。 セリアで揃う! マスクを作るために必要な材料は? セリアには、さまざまなクラフト用品が販売されています。 手芸コーナーでは、マスクを作る材料も必要なものは全てそろいます。 ダブルガーゼ マスクには通気性の良い生地が向いています。 鼻や口周りを覆うので、呼吸しやすく、柔らかい感触のダブルガーゼがおすすめです。 店舗によって変わると思いますが、男の子が喜びそうな乗り物や恐竜柄など多数あるので、お好みの柄を見つけてください。 もちろん、女の子が好きそうな柄もあります。 手触りが柔らかく、ほとんどのものは綿や麻などの天然繊維で作られています。 セリアのダブルガーゼも綿100%。 ガーゼの特徴を生かして、赤ちゃん用品やハンカチ、マスクなど、特に肌に触れるようなものに使うのが適しています。 マスク用ゴム マスク用のゴムもセリアでは取り扱われていて、この2種類がありました。 耳が痛くなっていやがる子には幅広のゴムがおすすめです。 その他の材料 糸はミシン糸も手縫い糸もあります。 作る前の下準備 ガーゼの特徴として織り目が荒いため、洗い縮みがかなりあります。 ハンカチなどは縮んでもあまり困らないので、すぐに裁断・縫製作業に入ってもいいのですが、マスクは縮むとサイズが変わってしまい困ります。 そこで、まず初めの下準備として、あらかじめ水に浸けて生地を縮ませてから作るのがおすすめ。 この作業を「水通し」といいます。 水通しは、水に1〜2時間浸してから干すだけ。 シワシワになるので、アイロンをかけてから裁断します。 どれだけ縮むかはこの通り! 上の生地が水通し後です。 特に横幅がかなり変わっていて驚きです。 縦1cm、横は3〜4cm縮みました。 裁断は、そこまで正確でなくても大丈夫! 園児くらいの子ども用サイズだと、セリアのダブルガーゼをちょうど半分にカットすれば1個作れます。 中表に横長に半分に折って、端から1cmの部分をミシンで縫います。 塗ったところはアイロンでしっかり割っておきましょう。 表に返して、縫い目は真ん中に持ってきてアイロンをかけます。 片端を1cmで折り、アイロンをかけます。 反対側の端は11cm幅で折ってアイロンをかけます。 紐を通す部分を1cmほど空けて三つ折りに。 端をミシンで縫います。 片方の端も同じく1cm幅のところでミシン掛け。 両端にゴムを通す部分ができました。 ゴムを通して結び目は中に入れるようにして見えなくすれば完成です。 ガーゼは6枚重ねになるので厚みがある平面マスクができました。 通気性はありますが厚みがある分、保温性もあります。 立体的なので、鼻や口周りに圧迫感が少なく、顔にフィットします。 平面タイプより、難易度は少しUPします。 立体マスクはセリアのサイトで作り方が紹介されています。 型紙も無料でダウンロードできるので手軽に入手できます。 seria-group. ちょうど生地の半分くらいで作れるので、1枚のダブルガーゼで2個のマスクを作ることができます。 大人用は生地を4枚に分けて裁断するので、作業工程も1つ多くなっています。 生地は中表に重ねて、左右の端から1cmの部分を縫います。 曲線になっているので、表に返すときにきれいになるよう、端に切り込みを入れます。 塗った部分を切らないように気を付けてくださいね! 塗った部分を開いて割ります。 立体的になってきましたね! ここが1番の難関です。 上下の端をそれぞれ1cm内側に折り込みます。 縫い代にカーブが付いている生地が4枚あり、それぞれズレないように折るので大変ですが、ここは丁寧に。 アイロンをかけてマチ針でとめましょう 上下の端をミシンで縫います。 ゴムを通すために、端は全て1cmあけて返し縫いします。 後はゴムを通すだけ。 ダウンロードした作り方には、ゴムを通してから縫うように書かれています。 どちらでも大丈夫ですが、確かに先に通してからの方が作業は楽でした。 平面よりも顔にフィットします。 子ども用サイズは園児〜小学校低学年くらいです。 プリーツはたくさん作ればそれだけ生地の面積は必要ですが、その分シッカリ顔を覆うことができます。 今回は上下に1か所ずつ入れました。 大きい方の生地を、縦半分に中表に折ります。 端から1cmの部分をミシンで縫います。 生地を表に返してしっかりアイロンをかけます。 真ん中の位置から上下1. 5cm のところで山折りにし、しっかりアイロンをかけます。 折ったところから1cmのところで今度は反対に谷折りにして、しっかりアイロンを。 プリーツがずれないように、端から1cmのところをミシンで縫って押さえます。 プリーツが盛り上がっている面ができ上がりの上になります。 小さい方の生地を中表にして端を揃えて下に重ね端から1cmのところを一緒に縫います。 塗ったところで折り返しアイロンをかけ、端を1cmで折ってアイロンをかけます。 縫い目に被せるようにして折り、ミシンをかけて押さえます。 ゴムを通したら完成です。 こちらは、全てセリアのダブルガーゼで作っています。 1番上の猫デザインは、猫が大好きな娘が小5の時に自分で作ったマスクです。 今現在は小学生以上しか我が家にはいませんが、手作りマスクを給食の準備や調理実習のときなどに使っています。 まとめ セリアでは手作りマスクの材料が揃っています。 ダブルガーゼは男の子も、女の子も喜ぶようなデザインの柄があるので、お気に入りのものを探してみてください。 ダブルガーゼは柔らかく肌に優しい反面、ちょっと縫いずらく、洗うと縮みやすい生地です。 マスクを作るときは作り始める前に水通しをして、あらかじめ縮ませてから作るのがおすすめ。 マスクは、平面タイプ、立体タイプ、プリーツの3種類あります。 セリアのサイトで立体マスクの作り方と型紙をダウンロードすることができます。 平面やプリーツマスクは、直線しかないので裁断しやすいです。 今回は3種類のマスクの作り方をそれぞれ紹介しましたが、難易度や使い心地は違うので、お好みで作ってみてください。 関連記事.

次の

【セリア】ダブルガーゼで作る手作りマスク! 3種類の作り方ガイド(マイナビウーマン子育て)寒く乾燥する季節に大活躍のマスクですが、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

プリーツ マスク の 作り方 人気

無料型紙ダウンロード 実物大の型紙です。 「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。 型紙を印刷しないで、指定されたサイズに直接布をカットしてもOKです。 「大人 ふつう サイズ」「大人 小さめ サイズ」「子供サイズ」の3種類があります。 型紙はすべて長方形で、縦の長さはどれも同じ 19cm です。 幼児用等、 縦の長さが長すぎる場合は縦19cmではなく縦17cmや縦18cmにしてください。 そして工程【8】でプリーツの折る位置を調節してください。 お約束 作成した作品は販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。 なお、型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。 その場合は無料で配布してください。 印刷した型紙を友達に渡しても良いですし、学校・職場・施設・お店などで配布したり、マスクの材料を買ってくれた方におまけとして 無料で 付けていただいても構いません。 ガーゼは水通しをしないで作成すると洗濯したときにかなり縮みます。 洗っても縮まない生地の場合は水通しはしなくても大丈夫です。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認してください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 それでは、大人 小さめ サイズの作り方を説明します。 大人 ふつう サイズや子供サイズも同じ作り方です。 ノーズフィッター ワイヤー は省略OKです。 布を切る 【1】作りたいマスクのサイズの型紙で布を1枚切ります。 鼻側とアゴ側を三つ折りにする 【2】鼻側 上側 とアゴ側 下側 を裏側に1cm折ります。 【3】そのままさらに1cm折ります。 すると布が3枚重なった 三つ折りになります。 【4】三つ折りになっている部分の上を赤線のように縫ってとめます。 次は、ノーズフィッターを入れます。 ノーズフィッターなしの場合は、工程【8】へ進んでください。 ノーズフィッターを入れる【ノーズフィッターありの場合】 【5】【 ノーズフィッターありの場合のみ行う】ワイヤー ノーズフィッター を用意します。 長さは、大人 ふつう サイズは11cm、大人 小さめ サイズは9cm、子供サイズは7cmをめやすにしてください。 【6】鼻側の三つ折り部分の端からノーズフィッターを差し込みます。 【7】ノーズフィッターが真ん中になるようにしてください。 写真ではノーズフィッターが見えていませんが、赤線部分にノーズフィッターが入っています。 これで、ノーズフィッターが入りました。 折る位置にしるしを付ける プリーツを作るために折る位置に、しるしを付けます。 【8】しるしを付けるのは、裏側の両端です。 写真の黄色矢印・ピンク矢印位置を参考に鼻側から、 3. (型紙の右端の方にもしるしが書いてありますので、参考にしてください。 5cmを4. 5cmぐらいにしてみてください。 逆に、型紙の 縦の長さを短く マイナス1~2cm した場合は、最初の3. 5cmを2. 5cmぐらいにしてみてください。 プリーツを作る 【9】これから折る位置を確認します。 一番上の黄色は、「たにおり」その下の印のピンクは「やまおり」に折ります。 つまり、「やまおり」と「たにおり」と交互に折っていくことになります。 この、折り方は裏側から見たときの折り方です。 なお、「たにおり」と「やまおり」を逆にして折ってしまってもプリーツは作れます。 プリーツの向きが逆になるだけです。 折り紙などが得意な方は上の画像を見ただけで簡単に折れてしまうかもしれませんが、今回は私がいつもやっている手順を紹介します。 【10】まずは布の表側を見えるようにしておきます。 そして、アゴ側を上に、鼻側を下にします。 【11】鼻側の端を持って、鼻側から2番目のしるし(ピンク)で表側に折ります。 すると、鼻側から一番近いしるし たにおり線・黄色 がまだ折られていない状態で見えてますね。 次の工程ではここを折ります。 【12】鼻側の端を持って先ほど見えていた 「たにおり線(黄色)」で裏側に折ります(手前に倒します)。 するとプリーツが一つ出来上がります。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめておくとプリーツがバラバラになりません。 【13】同じようにして、次のやまおり線で表側に折ります。 すると、次の工程で折る予定のたにおり線が見えます。 【14】たにおり線で裏側に折ります。 するとプリーツがまた一つ出来上がります。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめます。 【15】さらに同じようにして、たにおり線を飛ばしてやまおり線を折り、 【16】先ほど飛ばした たにおり線を折ると合計3つのプリーツが出来上がりました。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめます。 プリーツがバラバラにならないようにする【省略OK】 【17】【省略OK】両端から2. 5cmの位置の赤線部分を縫います。 ここを縫っておくとプリーツがバラバラになりにくくなり、アイロンもかけやすくなります。 【18】【省略OK】アイロンを掛けてプリーツをピシッとさせます。 【19】【省略OK】端から5mmぐらいの位置の赤線を縫います。 ここを縫っておくと、次の工程で両端のプリーツがバラバラにならないので初心者さんにお勧めです。 でも、慣れている方はここを縫わない方が仕上がりがきれいかもしれません。 ちなみに、私が(自分や家族の)マスクを作るときには、工程【17】~【19】はすべて省略してしまっています。 両端を三つ折りにする これから、マスクの両端を三つ折り(1cm折ってさらに1. 5cm折る します。 今回は、工程【19】で両端を5mm縫わなかった場合でもプリーツがバラバラにならない折り方でやってみます。 【20】まずは、プリーツがバラバラにならないようにクリップを付けた状態からスタートです。 【21】プリーツをクリップを付けたまま裏側に1cm折ります。 【22】両端をクリップなどで止めます。 【23】プリーツ部分のクリップをとめなおします。 【24】クリップを付けたままさらに裏側に1. 5cm折ります。 【25】クリップを止めなおします。 これで三つ折り(1cm折ってさらに1. 5cm折る ができました。 【26】反対側も同じように三つ折りにします。 表側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 【27】 下の写真の赤線の部分を2本縫います。 先ほど折った部分の上です。 マスクゴムを通すことを考えで端の方を縫ってください。 マスクゴムを入れる ゴムひもを用意します。 大人サイズですと35cmくらいのものを2本、子供サイズですと30cmくらいのものを2本です。 【28】先ほど縫った三つ折り部分に、 ゴムひもを通して端を軽く縛ります。 これから長さを調節するので、まだしっかりと縛らないでください。 【29】このマスクを使う人が実際に付けてみて、結び目の位置を決めます。 決まったらしっかりと結びます。 左右でなるべく同じ長さになるようにしてください。 【30】【省略OK】ゴムひもを引っ張って、結び目を布の近くに移動します。 【31】【省略OK】そして、さらに引っ張ると、結び目が布の中に隠れます。 ゴムひもの入れ方がよくわからない場合は、の工程【66】からとても詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。 これで、出来上がりです。 お疲れさまでした。 あとがき 暑い夏に向けて涼しいマスクの作り方を知りたいとのご要望が多く、何とか快適に過ごせるマスクはできないかと考えてみました。 いろいろと試作してみましたが、裏地なしの1枚で作るのがやはり涼しいです。 立体タイプやその他のタイプも作ってみましたが、裏地なしですとペラペラで形が保持できずに顔に貼りつきやすいようです。 プリーツタイプはペラペラでも意外と顔に貼りつきにくいため、裏地なしのプリーツタイプの作り方を公開することにしました。 布も色々な種類を試してみました。 綿 めん 素材のガーゼや さらし などが通気性や吸水性 吸湿性 があって快適でした。 プリーツの折り目も作りやすく縫いやすいです。 ただ、薄すぎて耐久性やフィルター性能に不安もあります。 もう一つのおすすめは、Tシャツのリメイクです。 冷感シャツや吸水・発散に優れているものはそれなりに快適です。 適度な厚みもあってしわになりにくいため見た目もきれいです。 ただ、Tシャツ生地は初心者さんには扱いづらいので、縫いやすい綿 めん の生地で練習してからチャレンジしてみてください。 マスクを付けるときに、プリーツをたくさん広げて目のすぐ下からアゴまですっぽり覆ってしまうと暑くなりやすいです。 暑いときには、小さめのマスクでプリーツをあまり広げず、顔を覆う面積を少なくしてみてください。 裏地なしですとフィルター性能に不安がありますが、状況に合わせてマスクを使い分け、熱中症にならないようにお気をつけてお過ごしください。 おまけ:マスクの洗い方 我が家での布マスクの利用頻度は高いです。 私は夜寝るときの喉の保湿に、子供たちは学校給食準備時のマスクとして使っています。 なので、ほぼ毎日マスクを洗濯しています。 そこで、私のマスク洗濯方法を紹介します。 洗うときは、ネットに入れて洗濯するのがおおすすめですが、私は洗濯機 ドラム式 にその他の洗濯物と一緒にネットに入れずに洗っています。 ネットに入れない方が汚れが落ちやすいので。 もう、何年もネットに入れずに洗っていますがマスクのゴムが伸びてしまった等のトラブルはないです。 (縦型洗濯機では試してみた事はないのでわかりませんが) そして、乾燥機をかけると縮んでしまうので、手でしわを伸ばしながら他の洗濯物と一緒に部屋干ししています。 うっかり乾燥機をかけてマスクが縮んだ場合はもう一度洗って干せば大丈夫です。

次の