仁王2 大太刀 スキル おすすめ。 【仁王2】大太刀スキルの詳細・解禁方法一覧

【仁王2】大太刀の雪月花特化ビルドを使ってみました。ゴリ押し可能で強い!

仁王2 大太刀 スキル おすすめ

「武」は装備の重さ上限や体力、残心初期量などに影響があるが、 気力は全く伸びないので他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 最初は 「心」にはステータスの伸び幅が大きい15までを目安にステ振りすると良い。 「心」は大太刀の攻撃力を上げられる点も嬉しい。 重防具の特殊効果用に剛 重防具の特殊効果を発動するために、「剛」にステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 「剛」は大太刀の攻撃力も上げられるが、あくまで 防具に効果発動に必要な分に合わせて振っていくのがおすすめ。 もちろん無理に振る必要はないが、 振りたいなら必要分を考えながらどちらも10までを目安にすると良い。 プレイしていて体力が足りないと感じたときに都度振っていこう。 アムリタに余裕があるとしても、できる限り 伸び幅が大きい10までに留めたいところ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 大太刀のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 大太刀用の「武」「心」「剛」が無駄になりにくい武器は下記4種が該当するが、特に 刀は癖がなく大太刀の弱みである気力消費や受け性能をカバーできるためおすすめ。 大太刀と相性が良い武器種.

次の

【仁王2】刀のステ振りとおすすめスキル

仁王2 大太刀 スキル おすすめ

Contents• 「大太刀」で本編8周目。 改めて仁王の戦闘は最高に面白い! 今回の 「 大太刀」をメイン武器としてのプレイで、個人的には 8周目の本編クリアとなりました。 8周目って聞くと一見とんでもなくやってる感じですが、 1周10時間ほどなんでサクサクと爽快に進めるんです。 8周もやるともう各ミッションのマップは地元の道のように把握してますし、ボスの動きもある程度は把握できてます。 そんな状態で新鮮な新武器「大太刀」を使うとどうなるかと言いますと、 「 もう最高に面白い!」です。 同じ武器では当分の間はやろうという気にはなりませんし もうお腹いっぱい状態です 、 「強者の道」はメインミッションと同じマップが多数のサブミッションのクリアが必須なので、サクサク進まず結構めんどいです。 09でスキルに何かしらの変化があったのか、 「大太刀」の遅さに自分が適応できてなかった影響なのか分かりませんが、やたら難しく感じたボス戦や修行がありました。 ただ最終的に本編クリア時のレベルを見ると、「百目」戦後で レベル89でした。 レベル89での本編クリアは私が一番強いと感じる「鎖鎌」でのクリア時 レベル90 より低いです。 なので 「大太刀」特有のモーションや遅さに慣れさえすれば、個人的には「」級に強いとも言えるかもしれません。 「大太刀」で有効な攻撃は「上段強攻撃」 同じ単発系の刀や斧もそうでしたが、 「大太刀」も「上段 強攻撃」は安定の強さと使い勝手の良さでした。 ダメージが大きく、気力も削れるのであらゆる場面で重宝します。 難点はやはりモーションの大きさと遅さでしょうか。 「大太刀」で有効な武技は「釣瓶月」 個人的に 「大太刀」での主力攻撃となっていたのは 武技「 釣瓶月」です。 敵の 背後に回り込んでの「釣瓶月」が大太刀での戦闘の基本でした。 仁王は「武技ゲー」と言えるほど武技のアドバンテージが大きいと思うので、 多用できる武技があると戦闘がかなり楽になります。 「朝風・天」中・下段の速い攻撃から上段の強攻撃• 「夕風・天」中・下段の強攻撃から上段の速い攻撃• 「朝風・地」上・中段の速い攻撃から下段の強攻撃• 最初は私も色々試してみたんですが、 構えが頻繁に変わるので 難易度が高く感じます。 なので、個人的には シンプルかつ強力な武技「釣瓶月」だけで十分でした。 「大太刀」は奥義も高難度 「大太刀」の奥義は 「道中静有」と 「合撃打ち」ですが、両方とも発動条件が厳しめの割に効果が薄めに感じます。 「合撃打ち」は「 攻撃動作中の敵に 正面から攻撃すると」という リスクが高い発動条件になっています。 そして効果は「与える 気力ダメージ増加」になっています。 この 奥義「合撃打ち」を意識した戦い方をするより、 シンプルに背後から「釣瓶月」をした方が 簡単に高ダメージを与えられるように感じます。 「大太刀」で本編クリア時のステ振り画像 「大太刀」への反映が大きい 「武」中心に振っています。 個人的には 「忍に20」「呪に33」「霊に10」くらい振り分けると 安定の強さになり 攻略がスムーズになります。 「大太刀」でクリア時の防具 防具はやっぱり 「忍び装束」です 笑 「忍び装束」の良さは何と言っても、 軽さと お手軽さです。 とにかく 軽いので相手の背後に走ってどんどん回り込めます。 そして 「忍び装束」は お手軽に作成できます。 作成して黄色以上が出れば特性を打ち直せるので黄色以上を狙って毎ミッション終了時に全部位作成するのがオススメです。 最後に新武器「大太刀」での本編メインミッション全ボス戦 処刑人デリック以外 の攻略動画をご紹介します。 破壊力がえげつない「大太刀」で全ボス攻略動画.

次の

【仁王2】ステ振りのコツとおすすめビルド

仁王2 大太刀 スキル おすすめ

ステータスを平均的に上げたり複数の武器を使用すると器用貧乏になりやすい。 1つの武器に特化させてステータスを育成していくのがおすすめだ。 アイテムでステータス振り直しが可能 強化したステータスは振り直すことができ、その際には 六道輪廻の書というアイテムが必要となる。 六道輪廻の書はステージクリア時の報酬で入手したり鍛冶屋などで購入できるぞ。 スキルポイントは武技・陰陽術・忍術を習得する際に必要となるポイントで、スキルポイントは修練所でいつでも振り直すことが可能だ。 序盤おすすめのステ振り 防具の必要ステータスを上げる 防具の特殊能力を発動させるためには、防具の必要ステータスを満たす必要がある。 特殊能力発動のため、防具ごとの必要ステータスは優先的に強化しておこう。 「体」はHP・「心は」は気力を高め、レベル10までのステータス上昇率がとても大きくなっている。 武器種に関わらずまずは「体」と「心」は10まで上げておこう。 上記2つが終えたら武器に合わせて強化 防具のステータスを高める・体と心を10まで強化。 この2つの準備が出来たら武器種ごとのステータスを上げていこう。 様々なステータスを強化できるが、 基本的に「攻撃力へ反映する」ステータスを優先的に特化していくのがおすすめだ。 中盤おすすめのステ振り 攻撃力へ反映が高いステータスを99にする バランス良くステ振りを行うより、特化してステータスを強化したほうが効率よく火力を高められる。 攻撃力への反映が高いステータスを集中的に強化しよう。 可能であれば99まで強化してしまうのがおすすめだ。 防具のステータスを確保する 防具の必要ステータスのチェックも忘れずに行っておこう。 必要ステータスは防具の種類によって違うぞ。 必要ステータスの確保はストーリーを通じて最優先で行っておこう。 勇と剛を強化しておこう 中盤では「勇」と「剛」のステータス強化も行っていこう。 「勇」は気力の回復、「剛」は装備の重量に影響しているぞ。 「勇」は上昇率の良い10、「剛」は敏捷B以上になるようにステ振りを行うのがおすすめだ。 終盤おすすめのステ振り 武器に合わせて強化しよう 終盤になって武器に合わせたステ振りは変わらない。 体と心を強化しよう 武器の「攻撃力への反映」のステータス育成を終えたら、体力と気力を優先的に強化しよう。 「体」を育成してHPを高めることにより、高難易度ミッションなどを効率よくクリアしやすくなるぞ。 戦闘に必要な気力は「心」でしか強化できないため、気力不足の人は他のスキルより「心」を育成していくのがおすすめだ。 関連スレッド.

次の