小説 lc。 誰よりも愛したい 聖闘士星矢LC

私、トリップして女神になりました【聖闘士星矢LC】

小説 lc

犯罪者は犯罪者であり、悪は悪。 そこに自分たちと地続きの人間性や生活を見ることは難しい。 潔いタイトルに期待感が高まった。 『犯罪小説集』はその名の通り、五つの犯罪にまつわる小説が収録された短編集だ。 女児が行方不明になったことで揺れる小さな村の夏。 三角関係のもつれで店の客に内縁の夫殺しを依頼したスナックのママ。 バカラ賭博で何億もの借金を重ねる大企業の御曹司。 小説の中に出てくる犯罪すべてに、マスコミを騒がせたあの事件この事件の影が差す。 そのため私たち読者は事件の顛末をすでにうっすら知っている。 そしてこの「知っている」感覚が本書にとんでもない凄みと奥行きを与えている。 事件は起こる。 起きてしまう。 それを知っていてなお、その犯人がひとたび著者の筆によって目線を与えられると、私たちは否応なしに彼らの気持ちがわかってしまう。 その哀しみ、疲れ、行き詰まり。 あるいは、深く考えなかったのであろうという無自覚な短慮の感覚までもが。 だからこそ読みながら願った。 女児が行方不明になった夏に事件が起こらないこと、犯人がその人でないことを願い、その反対に賭博で作った借金には、主人公の救済を望むのと同義に、事件の早期発覚を願う。 狭い集落の中の孤立が小さな誤解の積み重ねで解決できないところまで追いつめられると「事件」はむしろ破たんではなく、来るべき閉塞状態からの解放のようにさえ感じられてしまう。 どの作品もラストが素晴らしい。 著者は事件の発覚や容疑者の逮捕といった私たちが思う「顛末」を遥かに凌駕する瞬間をどの話にも用意している。 逮捕や発覚は、この本の中で事件の瞬間のひとつであって、全部のまとめではない。 人は、世界の貧困を本心から嘆いていても、何億もの金を一瞬で溶かしてしまうことができる。 善でも悪でもなく、哀しみでも疲れでも生ぬるい、名付けられない感情によって時として「事件」は起こる。 その名付けられない何かの営みを描くものこそが小説であり、犯罪を小説で描くことの意味なのかもしれない。 圧巻の犯罪小説集だ。 評者:辻村 深月 週刊文春 2016. 19掲載 内容(「BOOK」データベースより) 様々な犯罪を題材にした5編の短編集です。 お勧めは幼女誘拐から巻き起こる町の狂騒を描いた「青田Y字路」、村八分によって起きた集落の大量殺人事件を扱った「万屋善次郎」です。 5編とも実際に起きた事件をベースにしているようで、「百家楽餓鬼」は大王製紙の井川会長の破滅、「万屋善次郎」は山口の集落で起こった連続殺人事件、「白球白蛇伝」は元千葉ロッテの小川博の事件、と元ネタが3編ははっきりとわかるものでした。 新聞やワイドショーでは見過ごされる事件に至るまでの背景、現場の手触り、臭い、目に映る光景、そういった描写が五感に迫り、実際に事件に遭遇したような臨場感と昂揚が沸き起こってきました。 特に冒頭で述べた2編は集団の正義や善意が狂気に変わっていく流れが秀逸でした。 これまでも吉田作品は映画の原作になってきましたが、五感に実感を与える風景描写とどんな人にも起こり得る心理の生臭さが、自分の目の前に映画のように映像を浮かび上らせる力を持っているからだろうと納得しました。 小説を読み終えると、自分が茫然と喧騒の去った事件現場に立ち尽くしているようでした。 映画「楽園」の原作ということでこの本を買った。 この5編からなる短編小説を読み通すと、私は確か週刊新潮だと思うが、ある特定の 犯罪を小説風に描いたノンフイクションを思い出した。 犯罪者の動機やその背景を物語風に描いたこのノンフイクションはもうかなり長い間連載 されているはずだ。 この5編の短編のいくつかは、実際に起きた事件をヒントに書かれたのではないかと思う。 犯人たちの心象的な 動機に焦点を当てているわけではない。 その犯罪に至るまでの「流れ」が描かれていく。 それぞれの作品の意味合いを論じれば、 例えば日本の閉鎖社会で起こる犯罪もあれば、世間知らずゆえに起こす犯罪もある。 また、多くの作品には「差別」というモチーフが あるようにも思う。 とはいえ、すべての作品が人間の物語として完結しているわけでもない。 犯罪という出来事に至るまでの人間たちの 人生の流れは描かれるが、それが彼らの動機でもない。 ただ、人間が犯す過ちを描いた寓話として読むべき作品かもしれない。

次の

ムーンライトノベルズ×ラブコスメ 第2回「感じる小説コンテスト」《会員登録必須・18歳以上限定》

小説 lc

犯罪者は犯罪者であり、悪は悪。 そこに自分たちと地続きの人間性や生活を見ることは難しい。 潔いタイトルに期待感が高まった。 『犯罪小説集』はその名の通り、五つの犯罪にまつわる小説が収録された短編集だ。 女児が行方不明になったことで揺れる小さな村の夏。 三角関係のもつれで店の客に内縁の夫殺しを依頼したスナックのママ。 バカラ賭博で何億もの借金を重ねる大企業の御曹司。 小説の中に出てくる犯罪すべてに、マスコミを騒がせたあの事件この事件の影が差す。 そのため私たち読者は事件の顛末をすでにうっすら知っている。 そしてこの「知っている」感覚が本書にとんでもない凄みと奥行きを与えている。 事件は起こる。 起きてしまう。 それを知っていてなお、その犯人がひとたび著者の筆によって目線を与えられると、私たちは否応なしに彼らの気持ちがわかってしまう。 その哀しみ、疲れ、行き詰まり。 あるいは、深く考えなかったのであろうという無自覚な短慮の感覚までもが。 だからこそ読みながら願った。 女児が行方不明になった夏に事件が起こらないこと、犯人がその人でないことを願い、その反対に賭博で作った借金には、主人公の救済を望むのと同義に、事件の早期発覚を願う。 狭い集落の中の孤立が小さな誤解の積み重ねで解決できないところまで追いつめられると「事件」はむしろ破たんではなく、来るべき閉塞状態からの解放のようにさえ感じられてしまう。 どの作品もラストが素晴らしい。 著者は事件の発覚や容疑者の逮捕といった私たちが思う「顛末」を遥かに凌駕する瞬間をどの話にも用意している。 逮捕や発覚は、この本の中で事件の瞬間のひとつであって、全部のまとめではない。 人は、世界の貧困を本心から嘆いていても、何億もの金を一瞬で溶かしてしまうことができる。 善でも悪でもなく、哀しみでも疲れでも生ぬるい、名付けられない感情によって時として「事件」は起こる。 その名付けられない何かの営みを描くものこそが小説であり、犯罪を小説で描くことの意味なのかもしれない。 圧巻の犯罪小説集だ。 評者:辻村 深月 週刊文春 2016. 19掲載 内容(「BOOK」データベースより) 様々な犯罪を題材にした5編の短編集です。 お勧めは幼女誘拐から巻き起こる町の狂騒を描いた「青田Y字路」、村八分によって起きた集落の大量殺人事件を扱った「万屋善次郎」です。 5編とも実際に起きた事件をベースにしているようで、「百家楽餓鬼」は大王製紙の井川会長の破滅、「万屋善次郎」は山口の集落で起こった連続殺人事件、「白球白蛇伝」は元千葉ロッテの小川博の事件、と元ネタが3編ははっきりとわかるものでした。 新聞やワイドショーでは見過ごされる事件に至るまでの背景、現場の手触り、臭い、目に映る光景、そういった描写が五感に迫り、実際に事件に遭遇したような臨場感と昂揚が沸き起こってきました。 特に冒頭で述べた2編は集団の正義や善意が狂気に変わっていく流れが秀逸でした。 これまでも吉田作品は映画の原作になってきましたが、五感に実感を与える風景描写とどんな人にも起こり得る心理の生臭さが、自分の目の前に映画のように映像を浮かび上らせる力を持っているからだろうと納得しました。 小説を読み終えると、自分が茫然と喧騒の去った事件現場に立ち尽くしているようでした。 映画「楽園」の原作ということでこの本を買った。 この5編からなる短編小説を読み通すと、私は確か週刊新潮だと思うが、ある特定の 犯罪を小説風に描いたノンフイクションを思い出した。 犯罪者の動機やその背景を物語風に描いたこのノンフイクションはもうかなり長い間連載 されているはずだ。 この5編の短編のいくつかは、実際に起きた事件をヒントに書かれたのではないかと思う。 犯人たちの心象的な 動機に焦点を当てているわけではない。 その犯罪に至るまでの「流れ」が描かれていく。 それぞれの作品の意味合いを論じれば、 例えば日本の閉鎖社会で起こる犯罪もあれば、世間知らずゆえに起こす犯罪もある。 また、多くの作品には「差別」というモチーフが あるようにも思う。 とはいえ、すべての作品が人間の物語として完結しているわけでもない。 犯罪という出来事に至るまでの人間たちの 人生の流れは描かれるが、それが彼らの動機でもない。 ただ、人間が犯す過ちを描いた寓話として読むべき作品かもしれない。

次の

私、トリップして女神になりました【聖闘士星矢LC】

小説 lc

小説・近代的小説の定義 [ ] 小説という言葉は、が国家や政治に対する志を書いたや、君主の命などを受けて編纂された国史に分類される伝統的なやに対して、が持つ的概念や人生観などのを、一般により具体的に分かりやすく表現して示す、小編のという意味を持たされて、らによって作られて定着していったものとも言われている。 以前は、小説と物語の間には明確な区分があるとされてきた。 すなわち、話の展開に内容から導かれる必然性があるものが小説であり、内容とはかかわりなく偶然のつながりによって話を進めてゆくのが物語という見方である。 言い換えると小説は「虚構の連続性と因果律のある話の構造」を持たねばならないことが条件とされた。 さらに発展して「話の展開と主人公の性格に必然的なかかわりがあるのが小説。 そうでないのが物語」とも言われた。 19世紀以降に小説の主題概念が強くなるために「小説」は主題、主人公の造形、話の展開の結びつきが密接であることを要求されてきた。 ただしこのような観念は、20世紀に入って『贋金造り』()のような小説が登場するに至って、崩壊したといえよう。 反小説なる小説まで登場した現代では、もはや何を以て小説とするかは一概に決めることはできない。 このように近代文学観の呪縛から離れてみれば、古代の『』()は、近代の心理小説に匹敵する描写がみられることが指摘されているし、古代の『』(ロンゴス)なども、「小説」的要素を持った最古の例のひとつといえよう。 ヨーロッパの小説 [ ] ではまで「小説」は、「小話」と長編の散文との間の、短い物語のジャンルとして考えられていた(現在の短編小説にあたる)。 の『』は短篇の物語集であるが、それまでの散文形式にとらわれない、「新しい物語叙述」を創り出した。 セルバンテスの書いた『』(1605-1615年)は作者の世界観を表現しながら、登場人物たちの成長や葛藤、心理の変化など、「個」に主眼においた近代的な作品であった。 よって彼をもって「近代小説の祖」とする人もいる。 また同様の理由で、の『』(1719年)も「近代小説の祖」といわれる。 近代小説の起源は、で18世紀に流行した(手紙、あるいは手紙のやりとりという体裁の文学)から始まる。 近代小説の発展は、18世紀以降の、フランスなどでの中産階級の勃興と切り離すことができないとされている。 すなわち、識字率の高い、比較的裕福な人たちが読者層となり、その独特のニーズに合わせて発展したと考えられている。 またイギリスで起こった産業革命により印刷術が発達し、さらに言論、出版の自由が社会的に保障されるようになってから次第に中産階級、労働者階級にも浸透していくことになる。 中国の小説 [ ] 中国の前近代においては、「小説」という用語が使われ始めたのは、目録上でのことだった(『』「」)。 しかも、それは、文学・芸術的な用語として生まれたのではなかった。 『』「外物篇」には「 小説を飾り以て辞令を幹とし、其れ大達すること亦た遠し」とあり、ここで言わんとしているのは、粗浅の道理を修飾して、多大な知名を獲得するには、いわゆる達人や志士とは格段の隔たりがある、劣るということである。 代になると、は、その著の『』中において、小説に対する議論を展開しているが、ここには大きな変化が見られる。 つまり「かの 小説家は残叢の小語を合し、近く譬喩を取り、以て短書を作り、治身理家に、観るべきの辞あり」と述べられているのである。 ここで用いられている小説は、後代の小説と、似通った意味合いで用いられる。 但し桓譚が用いている「短書」とは、なお軽慢の意があることは免れない。 中国で唯一の小説家皇帝のような例外はあるものの、古代中国での小説は以上のように上流階級から蔑まれる物であった。 しかし、これ以降の時代には主に民衆から支持を得る形で小説が人気を得ていく。 時代の小説は、内容的に神異的になり、と呼ばれた。 代のに至ると「奇」が勝ちをおさめた。 が『』の中で指摘しているように、と同様に唐代で一変し、なお怪異を求める風は存したが、その文学性は格段に洗練された。 つまり、唐代の「伝奇」は、従来のように怪異を叙述しながら、人事の機微までをも描き得ており、それは、前代の「志怪」の描ききれていないところであったのである。 代表的なのは、『霍小玉伝』や『枕中記』である。 また唐代には、通俗小説が出現し、後世の文学に多大な影響を与えた。 代には、庶民の社会生活を描写した「話本」が出現し、『碾玉観音』や『錯斬崔寧』などの代表作が作られた。 宋代話本の特色はを用いて描写される点にある。 よって、唐代の伝奇に比べて更に通俗的となった。 が著しく発展した代を経て、代以後、小説の発展は成熟期を迎えた。 唐代の伝奇、宋代の話本の伝統を継承し、創作の題材上においては、歴史、怪異、英雄、世情を論ずることなく、すべてを網羅するようになった。 明代の通俗小説は、長編と短編の二大潮流に分かれることとなる。 は「」を代表とする。 は、の「三言」、の「二拍」を代表とする。 代の小説では、「」という中国長編小説の一大傑作が生まれた。 日本の小説 [ ] 日本では、江戸時代に、などはあったが、近代小説が誕生したのは以降である。 Novelの訳語に「小説」という、江戸時代にたちを中心にして自作を表現するために使われていた中国由来の言葉をあて、従来のを斥け、人情を映す文学作品として定義したのはの『小説神髄』(1885-1886年)である。 その文学理論を実践したのが坪内逍遥の『』である。 もともと中国で国史・正史に対して、民間の俗話のことを「稗史小説」と呼んでいた。 も参照。 媒体の拡がり [ ] インターネットの小説 [ ] では末以降、上で発表されるが多数執筆されるようになり、若者文化に大きな影響力をもっている。 韓国のネット小説を一気にメジャーにしたのは『』のヒットだろう。 その後高校生が執筆した恋愛小説『オオカミの誘惑』がブームになり、映画化されるなどしている。 日本でも、1990年代末よりネット小説の試みが行われた。 による映画「」は岩井自身によるネット小説がもとになっている。 の小説『』は、インターネット上から注文すると紙の本に印刷して配達されるという出版の形態をとっていた。 には、サイトに連載されていた著「」シリーズが大ヒットした。 、匿名掲示板上で、投稿の形を取って発表された「」がから出版された。 現在、日本ではと呼ばれている。 デジタルノベル [ ] 上記の「インターネットの小説」はサイト上で読む小説であるが、この数年「」と呼ばれるものも一般的である。 は、「」「」とも呼ばれ、インターネットの広がりで主にソフトウェアをダウンロードさせる形で提供される。 本文と共に背景画、主要人物のキャラクター画が表示され、マウスクリックや実行キーを押すことで読み進めることが出来る。 ・それぞれあるが、やなどのデジタルノベル製作ソフトなどの登場で手軽に公開できるようになったことから、個人製作のが圧倒的に多い。 ソフトウェア配布サイトのなどでは、多数のデジタルノベルが公開されている。 個人製作といっても、本媒体のものと比べて必ずしも質が劣るわけではなく、出版するに充分値するようなものも多い。 デジタルノベル製作ソフトには動画やBGM、画面効果を挿入できるものも多いため、それらを組み合わせて、優れた演出効果を出すこともある(オープニングやエンディングの映像など)。 分類 [ ] 長さ・発表形式による分類 [ ]• 内容による分類 [ ]• (ミステリー、ミステリとも)• (幻想小説)• 怪奇小説)• (劇画系,美少女系,耽美系などに分かれる。 純文学と大衆文学 [ ] 小説は十九世紀以降的傾向のものと的傾向のものとに分類されることが一般的となった。 それ以前の小説は、セルバンテスやラブレーがそうであるように芸術性と通俗性を区分することなくひとつの目標として追及することが多かったが、小説の読者がひろがり、技法的な発達を見せるにしたがって、交通整理が行われるようになってくる。 各国の事情によって多少の差はあるが、現代文学では両者の傾向を分けて考えるのが一般的である。 日本の場合は純文学、大衆文学と呼ばれる。 日本において上記のような区分が具体的になってくるのは明治末年ごろの文壇からで、大正期のメディアの発達によってこれが具体化・固定化し、芥川賞・直木賞の制定によってひとつの制度としてとらえらえるようになった。 戦前から戦後のある時期までは、純文学は芸術性を指向し、大衆文学は通俗性・娯楽性を指向するものであるという区分が明確で、「自分のために書く小説、読者のために書く小説」といった言いかたをされることもあった。 この時期は純文学の主流は私小説、大衆文学では時代小説であり、それを書く作家が固定していたのも特徴である。 ただし当時から一人の作家について通俗的作品、芸術的作品と分類されることもあり、単純ではない。 現在では純文学、大衆文学の境界はあいまいで、双方の作品を発表する作家、一方から他方へと移行する作家、自作について特段の区分を求めない作家が多くなってきている。 実態としては純文学・大衆文学の区別は掲載誌によって行うことが一般的である。 文学賞では、は純文学、は大衆文学の賞であり、受賞作家・作品をみればある程度捉えられる。 しかし、芥川賞作家が娯楽作品を執筆することもあり(たとえば、)、作家名で判断することはできなくなっている。 純文学作家の三島由紀夫も大衆文学を書いている。 逆に大衆文学の作家が純文学的作品を書く例もある(筒井康隆など)。 また、最近では芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学と単純に言えない例も出てきた。 第二次世界大戦後、という分類をおくこともあったが、現在ではほとんど死語であろう。 以上の傾向を純文学小説の堕落と見る向きもあるが、19世紀的な芸術/娯楽という二項対立的分類が、現代文学の状況を正確に把握しきれなくなったためではないかという指摘もある。 海外でもチャンドラーやグリーンのように通俗性を保ちつつ高度の芸術性を発揮する小説作品が少なくない。 内容・分野によれば、通俗恋愛小説、冒険小説、推理小説、、通俗歴史小説、サイエンス・フィクション、ファンタジー、ホラー小説、武侠小説などは大衆文学とすることが一般的であるが、これらの性格を持ちながら純文学とされる作品は戦前から少なくない。 関連項目 [ ]• 作家一覧 [ ]•

次の