クエン 酸。 風呂の掃除には重曹とクエン酸がおすすめ!使い方の手順や注意点を詳しく解説!

クエン酸(クエンさん)とは

クエン 酸

すべてのカテゴリ• ビューティー・ヘルス 7,384• ドリンク 3,479• 生活雑貨 2,585• キッチン用品 1,996• 食品 1,859• ペット 591• ホビー 168• DIY・工具 123• スポーツ 121• 本・CD・DVD 101• ベビー・キッズ 76• アウトドア 29• 住宅設備・リフォーム 23• インテリア・家具 17• 自動車・バイク 16• 靴・シューズ 7• コンタクトレンズ 5• 家電 4• ファッション 4• 腕時計・アクセサリー 1 もっと見る.

次の

クエン酸(クエンさん)とは

クエン 酸

有機酸の一つ。 のまたは粒状あるいはの結晶性ので,臭いはなく,があり,1gは水 0. 5ml,エタノール 2ml, 30mlに溶ける。 1784年 K. シェーレが汁中から結晶として単離した。 の組織中に広く含まれている。 生体内ではの途中に現れ,重要な役割をもつ。 には粉末あるいはの形で,清涼感を得たり味をよくする目的で使うことが多い。 4gは大きいレモン1個の酸味に対応する。 工業的には,などのや諸種医薬品,,など多方面に利用されている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ヒドロキシ基をもつ多塩基カルボン酸の一種で、多くの植物の種子や果汁中にの酸として含まれる。 クエン(枸櫞)というのはの漢名で、シトロンをはじめ、レモンやなダイダイなど柑橘 かんきつ 類の果実にとくに多く含まれているところからクエン酸とよばれる。 英名citric acidのcitricも、柑橘類を意味するcitrusに由来する。 水やエチルアルコールによく溶ける。 水溶液から再結晶させると、1分子の結晶水をもった大きな柱状結晶が得られる。 水溶液は清涼な酸味を有する。 ある種の微生物、とくにカビを、糖類を基質として培養したとき、培養液中にクエン酸が蓄積する現象がみられる。 これがクエン酸発酵とよばれるもので、いろいろな培養方法がくふうされて、クエン酸の工業的生産の主要な方法となっている。 また、クエン酸はクエン酸回路(トリカルボン酸回路、TCA回路)を構成する一員として、高等動物の物質代謝において重要な役割を果たしている。 さらに、体内のカルシウムの吸収をよくすることも知られている。 用途としては、果汁および清涼飲料に添加して風味を加えたりするほか、分析試薬としても使われる。 医薬品としては、アシドーシス・酸性尿改善薬として用いられる。 また、血液凝固にはカルシウムイオンが必要であるが、クエン酸のナトリウム塩はカルシウムを解離度の低いカルシウム塩として捕捉 ほそく するので、血液凝固阻止に使われ、輸血には不可欠とされるほか、診断用として赤血球沈降速度(血沈)の測定時にも使われる。 [飯島道子] 食品食品中のクエン酸は主として果実中に含まれ、食品の酸味成分として主要なものの一つである。 柑橘類、ウメ、アンズなどに多く含まれ、温州 うんしゅう ミカンで約1%程度、ウメで2. 3%くらいを含む。 このほか一般の果物の酸味の一つとして爽快 そうかい さを与える。 またトマトのような果菜の一部にも酸味成分として含まれる。 清涼飲料水の酸味料として利用され、糖分の甘味に対し、爽快さを与えるのに役だっている。 クエン酸は食品添加物の酸味料として使用が許されている。 クエン酸を多く含むレモン、ダイダイ、ライムや梅酢などは、料理の酸味づけに利用される。 12,p K a2 4. 76,p K a3 6.

次の

疲労回復にはコレ!クエン酸を使ったさっぱりジュースでリフレッシュ [リフレッシュ]

クエン 酸

Key: KRKNYBCHXYNGOX-UHFFFAOYAM 特性 C 6H 8O 7 192. 80 M エタノール 1. 6 M メタノール 3. 08 M 一水和物: THF 1. 52 M エタノール 1. 78 M メタノール 2. クエン酸(クエンさん、 枸櫞酸、: citric acid)は、などに含まれるで、のひとつである。 爽やかな酸味を持つことからとして多用される。 枸櫞とはで()を指す。 レモンをはじめに多く含まれていることからこの名がついた。 柑橘類の酸味の原因はクエン酸の味に因るものが多い。 また、にも多量に含まれている。 性質 [ ] 分子量は192. 125。 は[77-92-9](無水物)、[5949-29-1](一水和物)。 を3個有する弱酸。 87)を呈する。 常温で無色あるいは白色の固体であり、無水物と一水和物の結晶がある。 両者ともは無く無臭である。 金属イオンと錯体を作ることが知られている。 生体内物質 [ ] クエン酸は、生体内ではの構成成分であり、ととの反応によって生成する。 また、クエン酸は、クエン酸回路で EC 4. 3 によってcis-アコニット酸を経てされとなる。 またクエン酸はの活性を阻害し、解糖系からクエン酸回路への流入を調節する因子の1つでもある。 製法 [ ] 性があるので保存には注意が必要。 工業的にはあるいはをの一種 Aspergillus niger でさせて作られている。 存在 [ ] レモンジュース、トマトピューレ、ルビー種のグレープフルーツジュースやオレンジジュースなどに多い。 利用 [ ] ヒトの摂取 [ ] やといったはクエン酸を含む。 主にによるエネルギー生産を謳い、各種の成分として多用されている。 しかし、5km走での実験から、運動成績を有意に向上させることが報告されたが、その後否定されている。 このほか、高強度運動や600m走でも運動成績には影響がないことが示されている。 他にも、クエン酸回路において間接的に筋肉内の乳酸を分解する点からかつては運動後の疲労軽減効果作用も言及されていたものの、乳酸疲労物質説は今日では否定されており 、売り文句としてはあまり有為ではない。 ただし、クエン酸自体は疲労物質の一つとされるカルシウム ともキレート錯体を構成するため、このカルシウムとの結合が乳酸分解における低下とのトレードオフにおいて汎的に有位であるならば、疲労軽減に若干は効果が認められる事となる。 同様に、鉄を中心としたミネラルイオンともキレート錯体を構成して吸収性を高めることから、運動成績向上機能ではなく、栄養機能的側面から見れば、運動後におけるクエン酸の摂取は、決して無駄とは言い難い。 また、運動後はブドウ糖を単体でとるよりも、クエン酸を加えた方が、を多く貯蔵できるとの説も存在する。 収載品であり、でもとして市販されている。 クエン酸のはイオンと結合するので、かつては検査用血液サンプルのなどとしても利用された。 現在でも成分時にクエン酸ナトリウムとともに抗凝固薬として使用される。 同様、肝機能低下による疲労臭に対する低減効果も流布されているが、真偽を別とし、この場合はまず肝機能低下の原因を、専門医の診断のもと特定した上で、適切に摂取すべきである。 でもあり、を始め各種のに添加される。 洗浄 [ ] を容易に溶かすことから、の・浴室・・内部に溜まったの洗浄に用いられる。 クエン酸塩 [ ] 塩の正塩はいずれも水に可溶、アルコールに難溶で水溶液は弱を示す。 塩は水に不溶なものが多いが、クエン酸イオンが過剰にあると複数配位することで水溶性となるものもある。 水溶液は弱アルカリ性を示す。 抗血液凝固剤や写真材料として利用される。 家庭等でクエン酸とを用いてを作った際には、その副産物として発生する。 水溶液は弱アルカリ性を示す。 として利用された。 またはのに使用されたことがある。 III をクエン酸に溶かしアンモニアを加えて調製する。 調製法により錯塩の構成が異なり、赤褐色の塩と緑色の塩が得られる。 鉄欠乏性貧血の鉄剤として利用されたり、や写真材料として利用されている。 出典 [ ]• Dawson, R. , et al. , Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959. Stryer, Lubert; Berg, Jeremy; Tymoczko, John 2003. Biochemistry 5. , international ed. , 3. printing ed. New York: Freeman. ; Saaremets, I. ; Medijainen, L. ; Karelson, K. ; Janson, T. ; Timpmann, S. 2003. "Effects of sodium citrate ingestion before exercise on endurance performance in well trained college runners. " Br. Sports Med. 37: 485—489. Oopik, V. ; Saaremets, I. ; Timpmann, S. ; Medijainen, L. ; Karelson, K. 2004. "Effects of acute ingestion of sodium citrate on metabolism and 5-km running performance: a field study. " Can. Appl. Physiol. 29: 691—703. Hausswirth, C. ; Bigard, A. ; Lepers, R. ; Berthelot, M. ; Guezennec, C. 1995. "Sodium citrate ingestion and muscle performance in acute hypobaric hypoxia. " Eur. Appl. Physiol. Occup. Physiol. 71 4 : 362—368. van Someren, K. ; Fulcher, K. ; McCarthy, J. ; Moore, J. ; Horgan, G. ; Langford, R. 1998. "An investigation into the effects of sodium citrate ingestion on high-intensity exercise performance. " Int. Sport Nutr. 8 4 : 356—363. Nielsen, O. ; de Paoli, F. ; Overgaard, K. Physiol. 2001, 536, 161-166. , :• 八田秀雄、「」『学術の動向』、Vol. 11 2006 No. 10 p. 47-50, :• 『競技力向上のスポーツ栄養学』 トレーニング科学研究会/編 朝倉書店 2001年• ウラリットの臨床成績によると、酸性尿の改善効果により、痛風に93. (参考:)• 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報().

次の