ジャニー さん 亡くなっ た。 ジャニー喜多川の家系図と年齢!若い頃の顔写真が美少年だった?

ジャニー喜多川さん死去の不確定情報、匿名ブログがネットに広める。惑わされないよう注意(篠原修司)

ジャニー さん 亡くなっ た

7月10日付のスポーツ新聞各紙は1面トップでジャニーさんの死去を大きく報じました(東洋経済オンライン編集部撮影) 7月9日深夜、ジャニーズ事務所の代表取締役社長・ジャニー喜多川さん(87歳)が亡くなったことを同事務所が発表しました。 2011年には「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo. 1シングルをプロデュースした人物」、2012年には「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」としてギネスワールドレコーズに認定されました。 しかし、ジャニーさんの凄さは、日本のエンターテインメントシーンを彩ってきたことだけではありません。 取材者の1人として見聞きしてきた立場から言わせてもらうと、「ジャニーさんは、私たちが学びたいビジネスパーソンとしてのスキルと姿勢を持ち合わせた人物」だったのです。 「徹底したOJT」による育成システム ジャニーさんの類まれなスキルとして、真っ先に挙げておきたいのは、タレント(商品)の育成システムを作ったこと。 9日深夜に発表されたジャニーズ事務所の文書には、「ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテイメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです」というフレーズがありました。 タレントの育成こそ、ジャニーさんが最も力を入れていた分野だったことがわかるのではないでしょうか。 これが優れていたからこそジャニーズ事務所は、50年強もの長期にわたってエンタメシーンのトップに君臨し、トップアイドルを輩出し続けてこられたのでしょう。 ジャニーさんのタレント育成と言えば、才能を見抜く眼力や、独特のネーミングセンスばかりフィーチャーされがちですが、それらは個人のセンスによるもので、なかなかマネできません。 それよりもビジネスパーソンが参考にすべきは、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を徹底した育成システムです。

次の

ジャニー喜多川、メリー、芸能界のドンが亡くなったら、ジャニ...

ジャニー さん 亡くなっ た

Contents• 【文春】ジャニー喜多川の少年愛が生み出した偉大な「審美眼」 ジャニー喜多川さんといえば、「原石」を見つけ出す天才。 偉大なプロデューサーとして知られています。 記事の中で、ジャニーさんと親交があった、「異能の男 ジャニー喜多川」などの著書がある作家の小菅宏さんは、ジャニー喜多川さんの才能についてこう語っています。 「 丸坊主で身長が一五〇cmもなかった東山さんに、ジャニーさんが渋谷の交差点で声をかけたことは、今でも語り草です。 嵐の二宮和也もオーディションでは、リュックを背負った猫背の冴えない少年でした。 誰もが落ちると思っていたのに、ジャニーさんの目に留まって合格。 その後、嵐に加入した二宮が国民的アイドルと呼ばれるとは、誰も予想できなかった」 ジャニーさんは、少年の写真を一目見ただけで、十年後、二十年後の顔が分かるという特殊ともいえる能力を持ち合わせていたそうです。 その功績は誰もが知るところ。 ひとりの例外なくジャニーさんが十代のうちに発掘したのです。 しかし、その「審美眼」は、まさしくジャニーさんの 「少年愛」が生み出したものだというのです。 【文春】被害者が語るジャニー喜多川の生々しい性的虐待の内容 かつて、週刊文春はジャニー喜多川さんと法廷で争ったことがありました。 それは、1999年から2000年にかけて、文春が14週にわたって掲載した「ジャニーズ事務所の少年に対する処遇に関するキャンペーン記事」の内容をめぐってのこと。 タイミングも事務所にとっては最悪で、嵐がハワイの洋上で華々しいデビュー会見を行った直後のことでした。 文春が訴えた内容がこちらです。

次の

ジャニーさんが亡くなってヒロム担になりつつある話

ジャニー さん 亡くなっ た

番組内では、お盆の話になり、剛はジャニーさんが亡くなった日の夜を回顧。 「ジャニーさんは、『普通にしててよ。 僕は魂になっただけだよ』って絶対言うから、普通に過ごそうと思って。 ライブもあったので、『ライブちゃんとやれよ』って絶対に言われるから、普通に寝ました」とその日の様子を明かしつつも、「でも、やっぱり眠れなかった……」としんみり語った。 眠ることができなかったため、曲作りをしようと鍵盤を弾き始めたところ、「右肩の方から、右手が伸びてきたような感じがあって。 『あれ? なんか手が出て来てるやん』みたいな。 あくまで僕の感じなんだけど」という不思議な体験を告白。 「普段は選ばないような音階をちょっとずつ選びながら、曲を軽くデッサンして終わったんですが。 なんとなくですけど、『ジャニーさん、来たな』みたいな感じはありましたね」と振り返って、話題を締めくくっていた。 予めご了承ください。 関連記事•

次の