水戸 市 岩根 町。 水戸市

【茨城】水戸市の岩根町、飯富町の台風19号被害を枝野代表が視察

水戸 市 岩根 町

郡域 [ ] 水戸市を挟んで茨城県の東西を貫いている。 (11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。 の大部分(概ねより北東を除く)• の大部分(概ね園部川以西を除く)• の一部(概ね那珂川以南)• の一部(五平・鯉淵)• 茨城町の大部分(海老沢・宮ヶ崎・城之内・網掛・小堤・駒場・神宿を除く)• 大洗町の大部分(成田町・神山町を除く)• 城里町の大部分(大網、小勝、塩子以西を除く) 歴史 [ ] もともとはであり、(11年)の郡区編成により、東茨城郡と(現在は消滅)に分割され発足した。 1889年(明治22年)の市制・町村制施行時には、水戸市に市制が敷かれて分離し、・が町制を施行して2町32村となり、は水戸市東柵町に置かれていた。 その後、、が町制を施行し、常盤村、が水戸市に編入されるなどを経て、(23年)には4町28村となり、水戸の近隣村が水戸市に編入されたことから郡域は南北に二分されることになった。 その後、との一部ととを東茨城郡に編入している。 (昭和28年)から(昭和31年)にかけて推進された市町村の合併(いわゆる)により、昭和後期には大洗町、、茨城町、、、、小川町、、の6町3村となった。 時代がになると、平成4年に常澄村が水戸市に編入されたが、1995年(平成7年)にを中心とした財政支援措置がなされるなど、政府主導による市町村合併(いわゆる)が強力に推進された結果、水戸近隣の内原町が水戸市に編入され、常北町と桂村が合併して城里町となったほか、小川町と美野里町、新治郡玉里村が合併して小美玉市が成立し、御前山村もの町村との合併により常陸大宮市が誕生して郡から分離した結果、郡域の現在は茨城町・大洗町・城里町の3町となった。 郡発足以前の沿革 [ ]• 「」に記載されている初年時点での、茨城郡のうち後の当郡域の支配は以下の通り。 は安藤伝蔵支配所・北条平次郎支配所・福田所左衛門支配所が管轄。 4年() - 幕府領・旗本領が の管轄となる。 明治2年• () - 常陸知県事の管轄地域が の管轄となる。 (1869年) - 常陸府中藩が任にともない改称して常陸 となる。 明治3年() - 陸奥守山藩が藩庁を移転して常陸 となる。 明治4年• 若森県の管轄地域のうち橋場美新田・先後新田・三野輪村・加倉井村・常井村・馬渡村・近藤村・南島田村・神谷村・立延村・宮田村・黒磯村・牛伏村・下雨ヶ谷村・中根四箇村・大足村・下座村・田島村が水戸藩、上馬場村・三箇村・竹原中郷村・中野谷村が石岡藩の管轄となる。 (1871年) - により、藩領が 、 、 、 、 、 、 の管轄となる。 (1871年) - 第1次府県統合により、全域が の管轄となる。 (明治6年)(1町181村)• 部室村の一部より羽刈新田・江戸新田・納場新田が起立。 小岩戸村の一部より寺崎新田が起立。 郡発足以降の沿革 [ ]• (明治11年)(1町179村)• - の茨城県での施行により、茨城郡のうち水戸城下ほか1町179村の区域をもって行政区画としての 東茨城郡が発足。 郡役所を水戸上市に設置。 立延村・中根四箇村が合併して中延村となる。 高野村・田沢村が合併して高田村となる。 (明治17年) - 竹原新田村が改称して竹原下郷村となる。 上大野村 2. 下大野村 3. 稲荷村 4. 大場村 5. 酒門村 6. 石崎村 7. 吉田村 8. 緑岡村 9. 常磐村 10. 河和田村 11. 上中妻村 12. 長岡村 13. 上野合村 14. 下野合村 15. 橘村 16. 小川町 17. 竹原村 18. 堅倉村 19. 川根村 20. 鯉渕村 21. 下中妻村 22. 中妻村 23. 渡里村 24. 飯富村 25. 山根村 26. 石塚村 27. 小松村 28. 西郷村 29. 圷村 30. 岩船村 31. 沢山村 32. 伊勢畑村 33. 磯浜町 34. 大貫村(紫:水戸市 桃:笠間市 緑:常陸大宮市 橙:小美玉市 赤:茨城町 水色:大洗町 青:城里町 M:発足時の水戸市)• (明治22年)• の施行により、水戸城下および常葉村・吉田村・細谷村・浜田村の各一部の区域をもって が発足し、郡より離脱。 の施行により、残部に下記の町村が発足。 (2町32村)• (常葉村の残部が単独村制。 現・水戸市)• (磯浜村が単独町制。 現・大洗町)• (単独村制。 現・大洗町)• (明治24年) - 下野合村が改称して となる。 (明治27年) - 大貫村が町制施行して となる。 (3町31村)• (明治29年) - を施行。 (8年) - 石塚村が町制施行して となる。 (4町30村)• (大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。 郡役所は存続。 (大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。 以降は地域区分名称となる。 (8年) - 常磐村が水戸市に編入。 (4町29村)• (昭和27年)4月1日 - 緑岡村および上大野村の一部(細谷の一部)が水戸市に編入。 (4町28村)• (昭和29年)• - 磯浜町・大貫町が合併して が発足。 (3町28村)• - 小川町・白河村・橘村が合併し、改めて 小川町が発足。 (3町26村)• (昭和30年)• (4町19村)• 伊勢畑村がと合併して が発足。 石塚町・小松町・西郷村が合併して が発足。 長岡村が町制施行して となる。 長岡町・上野合村・川根村がと合併して が発足。 圷村・岩船村・沢山村が合併して が発足。 (4町15村)• 中妻村・下中妻村・鯉淵村の一部(高田・下野および五平・鯉淵の各一部)が合併して が発足。 鯉淵村の残部(五平・鯉淵の各一部)は西茨城郡に編入。 下大野村・稲荷村・大場村が合併して が発足。 4月1日(4町9村)• 上大野村・渡里村・吉田村および酒門村の一部(酒門・谷田・石川)、河和田村の一部(中丸・萱場および河和田の一部)が水戸市に編入。 酒門村の残部(若宮)が石崎村に編入。 上中妻村および山根村の一部(木葉下・谷津・全隈・開江)、河和田村の残部(赤塚および河和田の一部)が合併して が発足。 飯富村と山根村の残部(成沢)が合併し、改めて 飯富村が発足。 - 大洗町が鹿島郡の一部(神山および成田の一部)を編入。 (昭和31年)• - 竹原村・堅倉村が合併して 竹原堅倉村が発足。 竹原堅倉村は即日改称して となる。 (4町8村)• - 御前山村が那珂郡と合併し、改めて 御前山村が発足。 (昭和32年) - 飯富村が水戸市に編入。 (4町7村)• (昭和33年)• - 石崎村が茨城町に編入。 (4町6村)• 4月1日 - 赤塚村が水戸市に編入。 (4町5村)• (昭和34年)4月1日 - 美野里村が町制施行して となる。 (5町4村)• (昭和40年) - 内原村が町制施行して となる。 (6町3村)• (4年) - 常澄村が水戸市に編入。 (6町2村)• (平成16年) - 御前山村がに編入。 大宮町は即日改称・市制施行してとなる。 (6町1村)• (平成17年)(5町)• 内原町が水戸市に編入。 常北町・桂村が西茨城郡と合併して が発足。 (平成18年) - 小川町・美野里町がと合併して が発足し、郡より離脱。 (3町) 変遷表 [ ] 明治22年 4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和30年 昭和31年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在 大貫村 明治27年1月26日 昭和29年11月3日 大洗町 大洗町 大洗町 磯浜町 石塚村 大正8年10月1日 石塚町 昭和30年2月11日 常北町 平成17年2月1日 城里町 小松村 西郷村 圷村 昭和30年2月11日 桂村 岩船村 沢山村 長岡村 昭和33年2月11日 茨城町 茨城町 茨城町 上野合村 川根村 石崎村 石崎村 昭和33年3月5日 茨城町に編入 酒門村 昭和30年4月1日 石崎村に一部編入 昭和30年4月1日 水戸市に一部編入 水戸市 水戸市 水戸市 水戸市 水戸市 昭和8年3月15日 水戸市に編入 緑岡村 昭和27年4月1日 水戸市に編入 上大野村 昭和30年4月1日 水戸市に編入 渡里村 吉田村 河和田村 昭和30年4月1日 昭和33年4月1日 水戸市に編入 上中妻村 山根村 昭和30年4月1日 昭和32年4月1日 水戸市に編入 飯富村 飯富村 下大野村 昭和30年3月31日 常澄村 平成4年3月3日 水戸市に編入 大場村 稲荷村 下中妻村 昭和30年3月31日 昭和40年1月1日 町制 平成17年2月1日 水戸市に編入 中妻村 鯉淵村 昭和30年3月31日 友部町に一部編入 友部町 平成18年3月19日 笠間市 小川町 小川町 昭和29年12月10日 小川町 平成18年3月27日 小美玉市 橘村 下野合村 明治24年9月28日 に改称 竹原村 竹原村 昭和31年8月1日 昭和34年4月1日 町制 堅倉村 堅倉村 伊勢畑村 昭和30年2月11日 御前山村 昭和31年10月29日 平成16年10月16日 大宮町に編入 行政 [ ] 歴代郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 明治11年(1878年)12月2日 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官 地理 [ ] 北西部はを構成する鶏足山塊(とりあしさんかい)に覆われ、中央部は広域にわたって東茨城台地に覆われている。 台地上には北東から南西の順に、、桜川、、巴川、園部川が流れて浸食谷が形成されており、大きく4つの地域に分けられている。 さらに、谷津とよばれる樹枝状の枝谷が台地上に刻まれており、台地と低地が交錯する。 東部は、太平洋()に面する。 漁業や観光を中心産業に置く大洗町を除いて、ほどんどは農業を中心とした地域で、大部分が畑作地や水田に土地利用されている。 そのなかで、城里町石塚、茨城町奥谷・小鶴は商業地として市街地を形成する。 かつて、郡の最南部には小川町があったときには、があることが知られていた。 脚注 [ ].

次の

東茨城郡

水戸 市 岩根 町

撮影の水戸市中心部(1986年)。 市街地北方から東方へが流れる。 画像中央やや下部付近に。 駅から北西方向が台地上の市街地の 上市、駅から東方向が 下市。 駅の西方にある湖は。 千波湖の北西岸に見える緑地が。 を基に作成。 所縁の地として、()やが有名で日本国内で知られている。 毎年2月にはが、8月には、9月には水戸萩まつりが開催される。 また以降はの生産が盛んになり、「水戸納豆」として親しまれ、納豆にちなんだ料理やお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれている。 中心部を含む市域の大部分は旧(1878年より)であり、茨城県の名称はが茨城郡水戸に置かれたことに由来する。 市域の一部に旧域を含む。 ()の人口は約66万人(2000年)。 前市長の加藤浩一は、隣接市町村との合併でを目指し、市の広報などでそのを発表している。 地理 [ ] 茨城県の中部に位置し、に属する 地形 [ ] 市内にはが流れ、那珂川周辺部は低地だがそれ以外は概ね台地である。 また、日本初の専用のがある。 :朝房山• :、藤井川、、、• :、、大塚池 気候 [ ] の三陸・常磐型 と東海・関東型 の中間的な気候である。 夏はからの北東気流の影響で最高は低めで、日数は33. 6日と関東甲信越以西の県庁所在地では最も少なく、より少ない。 また、もほとんどない。 冬は晴天が続き、最高気温は関東以西の平均的な値で日中は暖かいが、大平野の中の都市のため現象が強くなり易く、朝晩は冷え込みが厳しい。 冬季の平均最低気温は東北南部のやより低くなっている。 強い寒気の元南岸低気圧が通過すると雪になるが、関東地方の中では極端な大雪になりにくい方である。 冬の朝晩の冷え込みが強い他は全国的に見ても穏やかな気候と言える。 0 48. 2 9. 4 48. 9 12. 2 54 17. 5 63. 5 21. 3 70. 3 23. 8 74. 8 27. 6 81. 7 29. 6 85. 3 25. 8 78. 4 20. 8 69. 4 16. 0 60. 8 11. 4 52. 5 18. 7 65. 0 37. 4 3. 6 38. 5 6. 7 44. 1 12. 0 53. 6 16. 4 61. 5 19. 7 67. 5 23. 5 74. 3 25. 2 77. 4 21. 7 71. 1 16. 0 60. 8 10. 4 50. 7 5. 4 41. 7 13. 63 56. 5 29. 3 1. 6 34. 9 6. 7 44. 1 12. 0 53. 6 16. 3 61. 3 20. 3 68. 5 21. 9 71. 4 18. 5 65. 3 11. 8 53. 2 5. 4 41. 2 31. 6 9. 22 48. 58 mm inch 51. 0 2. 008 59. 4 2. 339 107. 6 4. 236 119. 5 4. 705 133. 3 5. 248 143. 2 5. 638 134. 0 5. 276 131. 8 5. 189 181. 3 7. 138 167. 5 6. 594 79. 1 3. 114 46. 1 1. 815 1,353. 8 53. 3 cm inch 5 2 7 2. 8 2 0. 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 2 平均月間 186. 3 167. 8 173. 9 176. 6 176. 4 129. 4 140. 9 175. 6 127. 9 141. 5 148. 4 177. 2 1,921. 9 出典: 人口 [ ] 水戸市と全国の年齢別人口分布(2005年) 水戸市の年齢・男女別人口分布(2005年) 「」も参照• には、が、の下で勢力を伸ばして水戸城を手に入れた。 しかし、はで徳川側に付かなかったため、により水戸を追われ、にされた。 (14年)の第11子が主となり、、の一つが創設された。 が倒され、にが行われるまで、家康の末子の頼房の子孫が代々藩主を務めた。 (13年):が藩主となり幕末に水戸藩が政治的に重要な地域になる。 明治から第二次世界大戦まで [ ]• (3年):により茨城県に属し、水戸は県庁所在地となった。 (明治22年):市制施行により 水戸市となる。 市制施行の人口は2万2993人で、日本で最初に市制施行した31市の一つである。 (明治24年):創立。 (明治29年):偕楽園にて「水戸の梅まつり」が始まる。 (明治30年):水戸駅開通。 水戸測候所(現在の水戸気象台)開設。 (明治39年):完成(着手)。 (明治40年):水戸市に初めて電灯が灯り、も一部で開通する。 (明治43年):とが、当時の市内全域で使用可能となる。 (9年):(現)創立。 (大正15年):水戸市立高等女学校創立。 (昭和4年):( - )間が開通。 (8年):東茨城郡常磐村を編入。 (昭和13年):内原訓練所開設。 1938年(昭和13年):水戸電気鉄道線全線廃止。 (昭和19年):において、玉砕。 第2連隊将兵約3000名中生存者34名。 (昭和20年):艦砲射撃、のによるのため、市内の3/4を焼失。 水戸城焼失。 第二次世界大戦後 [ ]• (昭和22年):が開校する。 水戸公園を公園と改称する。 吉田村の一部を編入する。 (昭和24年):が創立される。 (昭和27年):弘道館が国のに指定される。 の全部と上大野村の一部を編入する。 (昭和29年):八幡宮本殿が、国のに指定される。 (昭和30年):で東茨城郡・・・・の一部、那珂郡を編入する。 (昭和32年):東茨城郡・那珂郡を編入する。 (昭和33年):の好文亭の復元工事がされて完成する。 東茨城郡を編入する。 (昭和34年):市制施行70周年記念式典を挙行する。 水戸市歌が制定される。 (昭和36年):水戸の七夕黄門まつりを開催する(以後毎年開催)。 (昭和38年):が設立されて、本放送を開始。 (昭和40年):と提携を結ぶ。 市内電車()部分が廃止される(水戸駅前〜上水戸)。 (昭和41年)• 市内電車区間を含む()全線廃止される(水戸駅前〜浜田〜大洗)。 実施に伴い藩政時代からの旧町名の大半が消滅する。 (昭和43年):交通安全都市宣言。 と親善都市提携。 市北部へ向かう鉄道、部分廃止(大学前〜石塚)。 (昭和45年):市民憲章が制定される。 (昭和46年):全線廃止(赤塚〜上水戸〜大学前)。 (昭和47年):市庁舎、三の丸一丁目(水戸駅北口)から千波町(現:中央一丁目、水戸駅南口)に移転する。 (昭和49年):と親善都市提携を結ぶ。 (昭和51年):人口20万人突破。 (米国)と国際親善姉妹都市提携。 (昭和52年):開館。 (昭和53年):サントピア(ファッションビル)がオープン。 (昭和55年):市立中央図書館、市立博物館開館。 建設開始。 (昭和59年):が供用開始。 (昭和60年):核兵器廃絶平和都市宣言。 楮川ダム・楮川浄水場完成。 (昭和61年):「昭和61年8月豪雨」によりが氾濫。 過去最悪の被害(3,580戸浸水)。 (昭和63年):公民館の全小学校区への配置完了、中央公民館廃止。 1988年:東茨城郡と境界変更。 (元年):市制施行100周年記念式典挙行(市民体育館)。 (平成3年):市の木()、市の花()、市の鳥()制定、緑の都市宣言。 1991年:那珂郡と境界変更。 (平成4年)2月:土地区画整理に伴う新たな住居表示地名として、けやき台1丁目〜3丁目(旧酒門町の一部)が設定される。 1992年(平成4年):東茨城郡を編入。 水戸の七夕黄門まつりをに改称。 (平成5年):第10回(愛称グリーンフェア'93いばらき)開催。 1993年:那珂郡那珂町と境界変更。 1995年(平成7年):那珂郡那珂町と境界変更。 1995年:東茨城郡常北町と法定協議会「水戸市・常北町合併協議会」設置(住民発議)。 (平成8年):都市宣言。 の制定。 1996年:の~間が開通。 (平成9年):サッカー・に昇格。 当初はを本拠としていた「FC土浦」だったが、JFL昇格を動機に、1994年に結成された茨城県リーグのFC水戸と合併して、水戸に移転した。 (平成10年):「」放送、徳川慶喜展示館臨時開館。 1998年:栃木県北部集中豪雨の影響によって那珂川が市内で氾濫。 (平成11年):都市宣言。 1999年:が笠原町に移転する。 1999年:東水戸道路の水戸大洗IC~間が開通。 1999年:が発生する。 市内の一部に屋内待避要請。 (平成12年):水戸ホーリーホック、参入。 2000年:の~水戸南IC間が開通。 東水戸道路と接続。 (平成13年):へ移行。 (平成16年):、県内向けのを開始。 市内千波町に民放(中継局)と共同で送信所を設置。 (平成17年):東茨城郡を編入。 (平成18年):発祥の地として第30回世界オセロ選手権大会開催。 (平成18年)2月:隣接するとの合併協議会が設立され、2007年12月の合併を目指していたが、2007年の統一地方選挙において茨城町長に合併慎重派が当選。 合併基本合意の取り下げを水戸市に申し入れた。 (平成19年)12月1日:東茨城郡と境界変更。 (平成22年)、:開催。 (平成23年):が発生。 水戸市では6弱 を記録し、死者2名、重軽傷者78名、家屋全半壊25,982件の被害。 常澄地区にの為、宮町3丁目及び酒門町、元吉田に土砂災害の為、避難指示又は勧告が出された。 また市全域で、、が停止した他、や、不足によりが停止し、やが品不足になるなどに影響が出た。 (平成24年):第1回開催。 (平成27年):第1回開催。 (平成28年):第1回開催。 (平成31年):新市役所庁舎完成により三の丸臨時庁舎から元の所在地 水戸市中央一丁目 で本格的に業務開始。 (令和元年):水戸市市制130周年式典。 (令和2年):水戸市が移行。 変遷の年表 [ ] 水戸市市域の変遷(年表) 年 月日 現水戸市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) ・の実施により、水戸市と他18村が発足する。 (16村)• (2村)• (昭和27年) 4月1日 水戸市は・の一部(細谷の一部)を編入。 (昭和30年)• 、、の一部(鯉淵・五平の一部を除く)が合併し、 内原村が発足。 ・・が合併し、 が発足。 4月1日• ・・・・の一部(若宮を除く)・河和田村の一部(赤塚)を編入。 ・山根村の一部(成沢を除く)・の残部が合併し、 が発足。 飯富村との残部(成沢)が合併し、 が発足。 (昭和32年) 水戸市は・(上国井の一部を除く)を編入。 (昭和33年) 4月1日 水戸市はを編入。 (昭和40年) 内原村が町制施行し となる。 (平成4年) 水戸市はを編入。 (平成17年) 水戸市は内原町を編入。 発祥の地 (オセロのパッケージ自体は水戸市出身のが東京で開発したものである が、発売から27年後に、オセロの原型は少年時代に水戸市で考案したものと長谷川が語った ことに由来する)。 なお、ゲーム自体はそれ以前から存在するロンドン発祥のリバーシとまったく同じであり、日本発祥とするのは不適切であるとの異論がある。 また、開発者の長谷川は、オセロ発売直後には、幼少期に水戸市で目撃したリバーシの用具を大人になってから東京で改良したものがオセロであると説明している。 「徳川光圀が日本で初めてとを食した」と伝えられる。 も水戸が発祥とされる。 行政 [ ] 市長 [ ]• 市長:(2011年5月29日就任、3期目) 歴代市長 [ ] 歴代 氏名 就任年月日 退任年月日 初代 1889年(明治22年)5月10日 1892年(明治25年)12月 2 1893年(明治26年)12月26日 1898年(明治31年)12月25日 3 1899年(明治32年)3月 1905年(明治38年)3月1日 4 1905年(明治38年)3月 1906年(明治39年)11月13日 5 1906年(明治39年)11月13日 1914年(大正3年)5月 6 1914年(大正3年)5月18日 1923年(大正12年)2月3日 7 1923年(大正12年)5月28日 1924年(大正13年)6月14日 8 1924年(大正13年)8月12日 1932年(昭和7年)8月11日 9 1932年(昭和7年)8月12日 1941年(昭和16年)6月14日 10 1941年(昭和16年)9月16日 1942年(昭和17年)3月3日 11 1942年(昭和17年)10月14日 1946年(昭和21年)4月23日 12 1946年(昭和21年)6月14日 1947年(昭和22年)11月3日 13 1947年(昭和22年)12月9日 1967年(昭和42年)11月19日 14 1967年(昭和42年)11月20日 1972年(昭和47年)6月13日 15 1972年(昭和47年)7月30日 1984年(昭和59年)7月29日 16 1984年(昭和59年)7月30日 1993年(平成5年)8月31日 17 1993年(平成5年)10月17日 2003年(平成15年)3月20日 18 2003年(平成15年)4月27日 2011年(平成23年)5月28日 19 2011年(平成23年)5月29日 現職 市役所・支所・出張所・市民センター [ ] 市役所 [ ]• 310-8610 茨城県水戸市中央1丁目4番1号 JR南口より徒歩約10分 ・水戸市役所(平日のみ乗り入れ)または水戸市役所北、文化センター前下車 支所・出張所 [ ]• 内原出張所 〒319-0393 茨城県水戸市内原町1395番地の1• 赤塚出張所 〒311-4143 茨城県水戸市大塚町1851番地5• 常澄出張所 〒311-1115 茨城県水戸市大串町2134番地 市民センター [ ]• 三の丸市民センター• 五軒市民センター• 竹隈市民センター• 渡里市民センター• 上中妻市民センター• 桜川市民センター• 緑岡市民センター• 見和市民センター• 双葉台市民センター• 常磐市民センター• 寿市民センター• 石川市民センター• 上大野市民センター• 飯富市民センター• 城東市民センター• 吉田市民センター• 新荘市民センター• 千波市民センター• 柳河市民センター• 笠原市民センター• 酒門市民センター• 見川市民センター• 国田市民センター• 赤塚市民センター• 吉沢市民センター• 堀原市民センター• 山根市民センター• 稲荷第一市民センター• 大場市民センター• 稲荷第二市民センター• 下大野市民センター• 内原市民センター• 鯉渕市民センター• 妻里野市民センター 国の機関 [ ]• 茨城事務所• 茨城行政評価事務所• 水戸出張所• 常陸河川国道事務所• 水戸地域センター• 関東農政局那珂川沿岸農業水利事業所• 茨城事務所• 茨城労働局• 水戸財務事務所• 水戸税務署• 水戸原子力事務所• 議会 [ ] 市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:28人• 任期:2019年5月29日 - 2023年5月28日• 議長:安藏栄(新生水政改革水戸)• 定数:6名• 選挙区:水戸市選挙区(水戸市、)• 任期:2019年1月8日 - 2023年1月7日 議員名 会派名 当選回数 加藤明良 いばらき 3 舘静馬 いばらき自民党 4 玉造順一 1 江尻加那 2 川津隆 いばらき自民党 6 高崎進 4 衆議院 [ ] 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 3 選挙区 自由民主党 12 選挙区 参議院 [ ]• 定数:4名• 選挙区: 議員名 党派名 当選回数 任期 4 2016年(平成28年)7月26日 - 2022年(令和4年)7月25日 無所属 4 2016年(平成28年)7月26日 - 2022年(令和4年)7月25日 自由民主党 2 2019年(令和元年)7月29日 - 2025年(令和7年)7月28日 1 2019年(令和元年)7月29日 - 2025年(令和7年)7月28日 経済 [ ] 産業 [ ] 水戸は都市であり、が大半を占めている。 主な産業:第三次産業• 産業人口:151,392人()• サービス業:30. 卸・小売業、飲食業:28. 水戸市に本社・本店を置く企業 [ ]• (メーカー)• ノーブルホーム - 2018年にのを取得。 姉妹都市・提携都市 [ ] 日本国内 [ ] 天狗党の乱との関連でと姉妹都市になり、その後、敦賀市の仲介によりとも親善都市となる。 彦根市とはで関係がある。 (は主の家系、井伊を討ったのは浪士を中心とした集団。 )更に、彦根市の仲介によりとも親善都市になる。 なお、江戸時代に高松を治めた高松は、水戸徳川家の分家である。 ()- 姉妹都市提携• ()- 親善都市提携• ()- 親善都市提携 国外 [ ]• () 国際親善姉妹都市提携(、で有名)• () 友好交流都市提携 地域 [ ] 中心部 [ ] 中心市街地は周辺であり、常磐線北側の台地上を 上市(うわいち )、水戸駅から東の下町を 下市(しもいち)という。 は北口方面に形成され、その中心をが東西に貫く。 国道50号は片道二車線で右側レーンが通行路、左車線は一部専用レーンの時間帯がある。 南口は再開発により、ホテルや商業施設が並ぶ。 水戸駅北口 [ ] 水戸駅北口にはや北口再開発ビル「MYM(マイム)」(水戸店、宮町1丁目、1993年(平成5年)2月27日開業 )があり、そこから延びるメインストリートでは、ボンベルタ伊勢甚水戸店跡が周辺建物を含め再開発され、向かいにあった(現・京成百貨店、泉町1丁目 )が2006年(平成18年)3月17日に移転して開業した。 しかし、2003年(平成15年)2月20日に泉町1丁目の百貨店「ボンベルタ伊勢甚水戸店」が閉店し 、2005年(平成17年)10月31日にはダイエー水戸店が閉店 、2009年(平成21年)3月31日には水戸店が閉店 、そして旧ダイエー水戸店跡に2007年(平成19年)10月19日に開業した「」(ミーモ) が2013年(平成25年)4月21日に閉店した ほか、も閉店するなど大型店が相次いで閉店している。 なお、移転で空いた旧水戸京成百貨店ビルを伊勢甚本社が取得し、泉町1丁目北地区市街地再開発準備組合による再開発事業の対象地の中核となっていて、水戸市民会館が移転する。 完成は9月予定となっている。 再開発事業の開始までの間の暫定利用としてそのビルを一部利用し、水戸ショッピングストリート キミットとして2008年(平成20年)1月25日にオープンしたが2011年3月の発生でその後事実上の閉店となった。 ユニー水戸店と隣接の水戸店跡と共に商業施設やマンションの入る25階建て程度かそれ以上の超高層ビルの建設計画が構想されていたが建築資材値上がりの影響などで計画が実現せず一部が駐車場として利用されるだけになっていたため住友不動産と2年間無償で水戸市が一部を借りることで合意が成立し2009年(平成21年)2月21日に「南町自由広場」がオープンした。 2015年以降にプロバスケットチームであるがM-SPOとしてオープンしている。 水戸駅南口 [ ] 桜川(水戸市中央) 水戸駅南口では南口駅ビルがを核店舗として 2011年(平成23年)5月25日に開業した ほか、2006年(平成18年)には 、をキーテナントとする「」 が2008年(平成20年)にオープンした。 また、、高層などが複数建設された。 郊外 [ ] 周辺ではマンションや複合高層施設が立地している。 茨城県庁周辺は、商業施設が立地するほか、沿線では、特に大塚町からけやき台にかけてが立ち列ぶ。 内原駅周辺は、県央地域最大の型である(中原町字西135)が2005年(平成17年)11月11日に開業し 、この周辺にも家電量販店や飲食店などといったロードサイドショップが増えている。 区分 [ ] 大区分 [ ] 地域 市役所・支所・出張所 最寄り駅 中央地域 水戸市役所 本庁舎 地域 水戸市役所 常澄出張所 地域 水戸市役所 赤塚出張所 地域 水戸市役所 内原出張所 学校区 [ ]• 中学校区(15)• 小学校区(33) かつての「水戸市立山根小学校」は廃止され、それまでの山根小学校区は「水戸市立双葉台小学校」の学校区に統合された。 ただし、「山根市民センター」は引き続き運営されている。 また、山根地区の住民組織である「山根自治連合会」は、「双葉台地区住民の会」とは独立して活動している。 町名一覧 [ ]• 青柳町• 赤尾関町• 秋成町• 圷大野• 朝日町• 愛宕町• 木葉下町• 有賀町• 飯島町• 飯富町• 石川町• 岩根町• 牛伏町• 内原町• 大串町• 大足町• 大塚町• 大場町• 小原町• 加倉井町• 金谷町• 上河内町• 上国井町• 上水戸• 萱場町• 川又町• 河和田町• 北見町• 栗崎町• 黒磯町• けやき台• 小泉町• 鯉淵町• 小林町• 小吹町• 紺屋町• 五軒町• 五平町• 酒門町• 三の丸• 塩崎町• 渋井町• 島田町• 下入野町• 下大野町• 下国井町• 下野町• 自由が丘• 水府町• 末広町• 杉崎町• 住吉町• 千波町• 高田町• 田島町• 田野町• 田谷町• 大工町• ちとせ• 筑地町• 天王町• 東野町• 東前町• 中大野• 中河内町• 中原町• 中丸町• 成沢町• 西大野• 根本町• 八幡町• 浜田町• 東赤塚• 東大野• 東桜川• 開江町• 平須町• 平戸町• 備前町• 藤井町• 藤が原• 藤柄町• 双葉台• 全隈町• 松が丘• 松本町• 見川町• 三野輪町• 宮内町• 三湯町• 元石川町• 元台町• 元山町• 元吉田町• 森戸町• 谷田町• 谷津町• 柳河町• 百合が丘町• 吉沢町• 吉沼町• 米沢町• 六反田町• 若宮町• 「内原」の地名は、の訓練所があったため、戦時中、全国的に知られた。 町内会・自治会、地区会、水戸市住みよいまちづくり推進協議会、など [ ] 概説 [ ] 水戸市内には、約1300の・自治会がある。 町内会・自治会は、「の設置・管理」「・互助活動」「環境整備・ごみ置き場の管理」「などの親睦行事」 などをしている。 水戸市内の(31年)時点における町内会・自治会への加入率は、58. 各町内会・自治会は、「地区会」に所属している。 地区会は、おおむね小学校区単位に組織され 、当該地区内の町内会・自治会、支部、、、、育成会、、等で構成される。 地区会は、34あり 、を拠点に活動している。 「」(水戸市内における略称は「水住協」が多いものの、「住み協」 とする例もある)は、「地区会」の代表者等で構成され 、住みよい地域づくりを推進している。 水戸市住みよいまちづくり推進協議会は、かつて水戸市におけるコミュニティ活動の母体をなしていた「水戸市自治連合会」と「水戸市民憲章推進協議会」という2つの住民組織を統一しようという機運 によって、(平成8年)に設立 された。 年表 [ ]• (28年): 水戸市が50戸程度を単位として「町内連絡委員を設置する要項」を作成 - 町内連絡委員は、市長の委嘱を受け身分は非常勤の公務員となった(4月)。 地区の組織として「町内会連絡協議会」が設立(4月)。 (昭和32年): 「水戸市市政協力委員設置規則」制定 - 町内連絡委員は市政協力委員と名称が変わる(4月)。 (昭和45年): 中央組織として「水戸市市政協力委員連絡協議会」が設立(6月)。 「」が市民からの公募により制定 ( )。 (昭和46年): 「水戸市民憲章推進協議会」発足(2月)。 (昭和48年)ころ: (昭和49年)の()の開催を契機に水戸市民憲章推進協議会の下部組織として、各小学校区単位に「水戸市民憲章推進各地区実践会」が発足 - この実践会は、町内会、自治会、子ども会、婦人会、高齢者クラブをはじめ多くの市民団体によって組織された。 (昭和63年): 水戸市市政協力委員連絡協議会は、「水戸市自治連合会」という民間組織に生まれ変わる - 市長から委嘱されることをやめる(10月)。 度(3年度): 水戸市自治連合会と水戸市民憲章推進協議会が、双方の一本化について、各々の一体化検討委員会で検討に入る。 (平成4年): 水戸市自治連合会の一体化検討委員会が答申()。 水戸市民憲章推進協議会の一体化検討委員会が答申()。 水戸市自治連合会と水戸市民憲章推進協議会の合同役員会で一体化を進めることが確認される。 が水戸市に編入()。 (平成5年)から (平成7年): 各地区において統一のための総会が開催され「地区会」が設立。 (平成8年): 各地区会の会長を理事とした中央組織の 「水戸市住みよいまちづくり推進協議会」が設立。 (平成11年): 常澄地区が水戸市住みよいまちづくり推進協議会に加入。 (平成17年): が水戸市に編入()。 (平成21年): 水戸市が「」を行う()。 (平成23年): 内原地区が水戸市住みよいまちづくり推進協議会に加入。 地区会の一覧 [ ] 地区会の一覧である。 三の丸地区• 五軒地区• 新荘地区 住みよいまちづくり新荘会• 城東地区 水戸市城東地区自治団体連合会• 浜田地区 住みよい浜田をつくる会• 常磐地区 ランド常磐の会• 緑岡地区• 寿地区 寿地区自治連合団体• 上大野地区• 柳河地区• 渡里地区• 吉田地区• 酒門地区 ふるさと酒門をつくる会• 石川地区• 飯富地区• 国田地区• 河和田地区 ゆたかな河和田をつくる会• 上中妻地区 上中妻地区住民の会• 山根地区 山根自治連合会• 見川地区 住みよい見川をつくる会• 千波地区• 梅が丘地区 梅が丘地区連合会• 双葉台地区 双葉台地区住民の会• 笠原地区 笠原地区総合自治連合会• 赤塚地区• 吉沢地区• 堀原地区 堀原地区住民の会• 下大野地区 住みよい下大野をつくる会• 稲荷第一地区 稲荷第一地区まちづくり会• 稲荷第二地区 いきいきコミュニティ稲荷二• 大場地区 さわやか大場をつくる会• 鯉淵地区 鯉淵地区住民の会• 妻里地区 住みよい妻里をつくる会• 内原地区 内原地区自治連合会 学校教育等 [ ] 大学 [ ]• () 短期大学 [ ]• (学校法人常磐大学) 中等教育学校 [ ]• (学校法人常磐大学、は全日制の課程のみ) 高等学校 [ ] 県立 [ ] 全日制の課程のみが7校、定時制の課程と通信制の課程の併設が1校。 (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (全日制の課程のみ)• (定時制の課程〔昼間制・夜間制〕と、通信制の課程) 私立 [ ] 全日制の課程のみが7校、通信制の課程のみが1校。 (、全日制の課程のみ)• (学校法人水城高等学校、全日制の課程のみ)• (、全日制の課程のみ)• (学校法人常磐大学、全日制の課程のみ)• (学校法人田中学園、全日制の課程のみ)• (学校法人水戸女子商業学園、全日制の課程のみ)• (学校法人田中学園、全日制の課程のみ)• (学校法人栗村学園、通信制の課程のみ) 中学校 [ ] 市立 [ ]• 水戸市立常磐小学校• 水戸市立浜田小学校• 水戸市立双葉台小学校• 水戸市立堀原小学校• 水戸市立見川小学校• 水戸市立緑岡小学校• 水戸市立柳河小学校• 水戸市立吉沢小学校• 水戸市立吉田小学校• 水戸市立渡里小学校 国立 [ ]• (国立大学法人茨城大学) 私立 [ ]• 、開校 特別支援学校 [ ]• 茨城県立盲学校(を対象とする学校)• 茨城県立水戸聾学校(を対象とする学校)• 茨城県立水戸特別支援学校(を対象とする学校)• (本校にに統合)茨城県立水戸養護学校吉沢分校(肢体不自由者を対象とする学校)• 茨城県立水戸飯富特別支援学校(を対象とする学校)• 茨城県立水戸高等特別支援学校(知的障害者を対象とする学校)• 茨城県立内原特別支援学校(知的障害者を対象とする学校) 幼稚園 [ ] 計36園。 市立19園、私立16園、国立1園() 専修学校 [ ]• 茨城県理容生活衛生同業組合立茨城県中央理容美容専門学校(茨城県理容生活衛生同業組合)• 茨城音楽専門学校(学校法人茨城音楽学園)• (学校法人城東学園)(旧水戸コンピュータ専門学校)• 中川学園調理技術専門学校(学校法人中川学園)• 水戸美容専門学校(学校法人水戸美容専門学校)• 水戸経理専門学校(学校法人八文字学園)• 水戸電子専門学校(学校法人八文字学園)• 専門学校(学校法人八文字学園)• 専門学校水戸ビューティカレッジ(学校法人八文字学園)• 水戸総合福祉専門学校(学校法人八文字学園)• 専門学校(学校法人リリー文化学園)(旧 文化学院芸術工科専門学校)• リリー保育福祉専門学校(学校法人リリー文化学園)• いばらき中央福祉専門学校(北養会)• 医療専門学校水戸メディカルカレッジ(社会福祉法人北養会)• 水戸市医師会看護専門学院(水戸市医師会)• 茨城歯科専門学校(茨城県歯科医師会)• 日本農業実践学園(日本国民高等学校協会)• (財団法人農民教育協会)• 水戸校(、学校法人河合塾) 各種学校 [ ]• (、学校法人茨城朝鮮学園)• (、学校法人岩田学園)• 水戸筑波ゼミナール(予備校、学校法人水戸筑波ゼミナール) 職業訓練施設 [ ] 公共職業能力開発施設 [ ]• 職業能力開発短期大学校• 職業能力開発校• 茨城県立産業技術短期大学校併設水戸産業技術専門学院 事業主等の設置する職業訓練施設 [ ]• 茨城県板金工業組合板金高等職業訓練校• 文化施設 [ ] 公園 [ ]• 大串貝塚ふれあい公園• くれふしの里古墳公園• かたくりの里公園 千波湖周辺地域大規模公園 [ ] 湖畔の千波公園、偕楽園を中心にそれら周辺の桜川緑地、沢渡川緑地、逆川緑地、紀州堀緑地に、東町運動公園、、等を含めた300ヘクタールの区域は茨城県と水戸市により「偕楽園公園」と総称されている。 この総称「偕楽園公園」は千波湖から放射状に伸びた公園・緑地が市街地に食い込む形状を持ち、中心市街地に近い都市公園としてはのの340ヘクタールに次ぐ世界第2位の面積を持つものと茨城県と水戸市により広報されている。 総称「偕楽園公園」はの茨城(当時)ので発表された。 だが、千波公園、偕楽園とその周辺の公園・緑地を一体の大規模公園として整備することはそれ以前からなされている。 その始まりはにより消失の危機にある偕楽園の借景を長期的かつ総合的に整備しようとする考えからで、から茨城県、水戸市及び国等の関係者により検討が開始された。 この検討はに「千波湖周辺地域大規模公園構想」としてまとめられた。 この構想で主体者が茨城県又は水戸市となる都市公園事業、河川事業など様々なパーツが組み合わさった総面積約300ヘクタールが整備すべきエリアと設定され、以後これをたたき台として、整備計画が練られていった。 には先の構想に見直しを加えた長期的な整備の基本方針「千波湖周辺整備計画」がまとめられた。 この計画では整備を進める際に、「1. 国際庭園モデル都市 -都市の機能と景観の調和」、「2. 街との融合と一体化」、「3. 地域の活性化に結びつける」の3つを目指すことを基本コンセプトと定め、以後これに沿った公園整備が進められていった。 1999年の総称「偕楽園公園」の発表は、上述に記した経過で整備されてきた300ヘクタールの公園・緑地のイメージアップと利用促進を図る為に設置した「千波湖周辺地域大規模公園利用促進懇談会(座長:)」の意見を取り入れたものである。 、水戸市は1986年の策定から30年がたった「千波湖周辺整備計画」を時代の変化に合わせて見直した「水戸市偕楽園公園 千波公園等 整備基本計画」を発表した。 この計画では面の役割も強調されており、拠点性・回遊性に優れたにぎわいのある公園づくりが計画目標のひとつにあげられた。 これに呼応するように、茨城県は偕楽園周辺の魅力向上計画案策定をなどを運営するに委託した。 同年、千波湖にのを設置し偕楽園や歴史館との回遊性を高める等の星野リゾートが策定した計画案が発表された。 公民館 [ ] 市立は、原則として各市立小学校の学区ごとに設けられている。 図書館 [ ]• 茨城県教育図書館・情報センター• 茨城県立点字図書館• 佐川文庫 (私立。 元水戸市長、の記念館) 博物館 [ ] 公共博物館 [ ] に基づいて登録を受けた施設。 (民俗・歴史・自然・考古・芸術の部門)• (歴史部門、を兼ねる。 (美術部門)• (歴史部門、が設置。 ) 博物館相当施設 [ ] 博物館法に基づいて要件を満たした施設。 義烈館(水戸黄門宝物館、歴史部門) 博物館類似施設 [ ] 各種施設 [ ]。 (、音楽・演劇の部門、水戸市が設置)• (、水戸市が設置)• LECセンター(大串貝塚ふれあい公園内。 水戸市が設置)• 好文亭(公園内、茨城県知事部局所管)• (弘道館公園内、茨城県知事部局所管)• 常陽藝文センター(常陽藝文センターが設置)• 常陽史料館(財団法人常陽藝文センターが設置)• けんしん天体研修館(、が設置) イベントホール [ ]• (ザ・ヒロサワシティ会館)• 水戸市民会館 泉町一丁目の京成百貨店跡地に建設中で2022年9月開業予定。 旧市民会館は旧水戸市役所隣にあった。 スポーツ施設 [ ]• ノーブルホーム水戸スタジアム• 堀原運動公園• 青柳公園• (リリーアリーナ)• 小吹運動公園• 東町運動公園• 交通 [ ] 鉄道 [ ] 水戸駅• 中心駅:• 広範囲な連絡:JR東日本の常磐線()が利用可能。 水戸駅には到達する全列車が停車する。 には、開業により、特急列車を中心に乗換不要で・へアクセス可能になり、3月には、に発生した()の影響で不通になっていた、 - 間の復旧(常磐線全線復旧)に伴い、再び乗換不要で・・方面のアクセスも可能になった。 (JR東日本)• - () - -• 水戸駅 - - 駅数は3路線臨時駅を含めてわずか6駅しかなく、臨時駅を除くと5駅で、これは6駅(いずれも常設駅)のを下回り、都道府県庁所在地の都市の中では(4駅、臨時駅を含めると5駅)に次いで2番目に少ない。 路線バス [ ]• 高速バス [ ]• 「みと号(赤塚ルート)」 水戸駅・大工町・・大塚 - (TX八潮駅)・・・(茨城交通、関東鉄道、)• 「みと号(茨大ルート)」 水戸駅・茨城大学前・水戸北スマートインター - 八潮PA(TX八潮駅)・都営浅草駅・上野駅・東京駅(茨城交通、関東鉄道、ジェイアールバス関東)• 「みと号(県庁ルート)」 水戸駅南口・茨城県庁前 - 八潮PA(TX八潮駅)・都営浅草駅・上野駅・東京駅(茨城交通、関東鉄道、ジェイアールバス関東)• 東海・勝田・水戸大洗IC - 八潮PA(TX八潮駅)・都営浅草駅・上野駅・東京駅(茨城交通)• 水戸駅・茨城大学前・赤塚駅 - 上三川インターパーク・・(茨城交通、)• 急行「TMライナー」 偕楽園・水戸駅・茨城県庁BT - ・東口(関東鉄道、)• 夜行高速バス「よかっぺ関西号」 水戸駅南口・土浦駅・つくばセンター - ・・USJ(関東鉄道、)• 水戸駅 - (茨城交通)• 水戸駅南口 - (茨城交通)• 水戸駅南口 - (茨城交通、)• 水戸駅南口 - (関東鉄道、茨城交通)• 水戸駅南口・大工町・赤塚駅・大塚 - (関東鉄道) 道路 [ ]• (・)• 北方面 - ・・・・・・・・• 南方面 - ・・・・・・• 西方面 - ・・・・• 東方面 - ・・・・・• 北方面 - ・・・・• 西方面 - ・常陸大宮()・・• (水戸市内の全区間が国道51号と重複する)• 東方面 - ・• 北方面 - ひたちなか・東海・日立• 北方面 - 那珂市・・• (水戸市内の全区間が国道118号もしくは国道349号と重複する)• (水戸市内の全区間が国道51号もしくは国道245号と重複する)• (水戸市内の全区間が県道40号と重複する)• この一覧はです。 して下さる。 港湾 [ ] 市内にはなく、・・の(常陸那珂港区・大洗港区)が市に最も近い場所に位置する。 空港 [ ] 車で約35分の位置に()がある。 茨城空港以外ではの(羽田空港)、の、のなどが利用されている。 この内国内線では、地上交通の便がよく就航都市数が多い東京国際空港が多く利用されている。 マスメディア [ ] 新聞・放送 [ ]• (、) 放送において、他のは民放五大++一局の七局地域となっているが、水戸を初めとする茨城県北部は、五大キー局+NHKのみのエリアである。 場所によっては高性能アンテナを使うことでを受信できるケースがある。 現在、内を視聴可能エリアにする会社が、水戸市内でのケーブルテレビ事業計画を進めている。 市内笠原町の県有地を購入することが決まり、が終了する2011年までの事業開始を目指していたが、2015年現在、水戸市内でケーブルテレビ事業は開始されていない。 は、IBS茨城放送の他、の各放送局がとなっている。 民放FM局はないが、千葉県のや栃木県の、埼玉県のが事実上受信できる。 また、東京都のやや山梨県のは、アンテナに接続すれば、聴取が可能である。 しかし、栃木県のは、 76. 2 MHz と混信して、聴取が不可能な地域が多い。 地上波デジタルテレビ放送送信設備 [ ] も参照。 放送局名 コールサイン チャンネル ERP 内世帯数 1 総合 JOEP-DTV 20 300W 3 kW 茨城県 約338,604世帯 2 Eテレ - 13 4 - 14 2. 9 kW 5 - 17 6 - 15 7 - 18 8 - 19• デジタル放送の送信所は水戸市森林公園に設けられている。 NHK水戸総合のみが親局であり、あとは全て中継局である。 スポーツチーム [ ]• (所属)• (B2リーグ所属)• MITO EIKO FC 茨城レディース(KLSL2部所属 観光 [ ] 観光地・観光施設 [ ] 「」として1996年に制定された以下の8名所。 「弘道館周辺と水戸城の壕」• - 2月下旬から3月にが見頃• 「保和苑と周辺史跡」• 保和苑 - 6月にが見頃• 「偕楽園公園と千波湖周辺」• 2月下旬から3月に、4月と5月に、9月にが見頃• - を中心とする公園• 「水戸芸術館」• 「備前堀」• 「水戸市森林公園と楮川ダム」• 「ダイダラボウと大串貝塚ふれあい公園」• 「大塚池公園」 その他• 水戸市内原郷土史義勇軍資料館• 明利酒類・別春館 - 酒蔵見学・、、の試飲 祭事・イベント [ ] つながりでやと合同イベントを実施することがある。 行政(市役所など)より、中央郵便局や観光協会の間で実施される事が多い。 (2月下旬 - 3月末。 全国的に有名。 が活躍。 3月中旬には「」が開催される。 弘道館、偕楽園で開催)• みとの日(前後。 納豆早食い世界大会開催)• 水戸の桜まつり(4月。 千波湖畔、桜山などで開催)• 水戸のつつじまつり(4月下旬 - 5月初旬。 偕楽園で開催)• 常磐神社例大祭(5月中旬。 常磐神社で開催)• 水戸のあじさいまつり(6月。 保和苑で開催)• (8月上旬。 2018年までは前夜祭として千波湖畔でを開催。 2019年からは花火大会は本祭の2週間前に前倒し。 パレードは上市通りで開催)• 水戸市内原商工夏祭り(8月下旬。 内原出会いの広場公園で開催)• 水戸の萩まつり(9月。 偕楽園で開催)• (9月下旬。 上市通りで開催)• 吉田神社例大祭(10月中旬。 吉田神社及び下市通りで開催)• 水戸の菊花展(10月下旬 - 11月中旬。 三の丸庁舎前広場で開催)• ダイダラボウまつり(11月中旬。 大串貝塚ふれあい公園で開催)• 水戸市産業祭(11月中旬。 水戸市総合運動公園体育館で開催)• 大串稲荷神社祭礼(11月下旬。 大串稲荷神社で開催)• アートタワーみとスターライトファンタジー(12月 - 1月中旬。 水戸芸術館で開催)• 水戸デザインフェス(水戸芸術館で開催)• (11月下旬。 千波公園で開催)• さんたサンタsantaフェスティバル(12月中旬。 南町2丁目特設会場〈常陽銀行と東京電力の間〉で開催) 史跡・旧跡 [ ]• 薬王院• 桂岸寺(保和苑)• 六地蔵寺• 水戸を舞台とした作品 [ ]• - テレビドラマ• - テレビドラマ• - テレビドラマ• - 映画• - 映画• - テレビアニメ• - Webアニメ• - 小説• -ゲーム ゆかりの人物 [ ] 出身者 [ ] 明治以前 [ ]• - 第2代• - 水戸藩第9代藩主• - 、、• - 水戸学者、儒学者、思想家• - 水戸学者、儒学者、思想家• - 水戸学者、儒学者、思想家• - の首領 政官界 [ ]• - 旧憲法下最後の、• - 、• - 第二代(権参事)、• - 元事務次官• - 、駐• - 、• - 陸軍軍人、• - 軍人、• - 海軍軍人、海軍中将• - 、最高顧問• - 弁護士、元、元副会長• - 政治家、元• - 水戸市議会議員、人権活動家 学界 [ ]• - 、教授• - 歴史学者、、帝国大学教授• - 倫理学者、教授• - 、元• - 、• - 、(現)• - 、、(現)初代学長、理事長• - 、第4代学長、第2代• - 法学者、総長、、• - 、教授• - 、教授、教授• - 、元東京大学教授• - 教育者、教員、教諭、校長、日本人最初の()• - 会計学者、一橋大学教授• - 教育者、、、など、またそれらを運営するの創立者• - 教育者、の創立者• - 社会事業家、東京育成園創立者• - 、(現・)教授、(現・)教授• - 、東京大学教授• - 工学者、委員長 財界 [ ]• - (現)設立、頭取、社長、、• - 農林次官、理事長、政策委員会初代委員、会長、米の神様と呼ばれた• - 常陽銀行初代頭取、全国地方銀行協会会長、日本火災海上保険社長• - 元、日産、初代会長、元副会長• - 、会長• - 元、社長、の大番頭と呼ばれた• - 元会長、相談役• - 元社長、元会長• - 本社元社長、相談役• - 創業者、名誉会長• - ケーズホールディングス社長• - 創業者• - 衣料品店の会長• - 茶人、三井合名会社理事• - 創業者であるのスポンサー・アドバイザー• - 、第一回受章• - 、副理事長• - 洋画家、の先駆者• - 洋画家• - 、初代所長• - 彫刻家、元評議員• - 、、(現)教授• - 、邸宅が有名• - 、元会長、会長• - ジャーナリスト、社長、初代理事長、初代理事長• - ジャーナリスト、社長、• - ジャーナリスト、主筆、編集顧問• - ジャーナリスト、大阪毎日新聞編集主幹、主幹• - ジャーナリスト、主筆、評議員• - 、相談役• - 小説家• - 、、の第一人者• - 、「」、「」、「」など、理事長• - 映画監督、「」、「」、「」など• - 映画撮影監督• - 映画撮影監督、教授• - 、の開発者、日本オセロ連盟会長 音楽・芸能・放送 [ ]• - 、元教授• - 作曲家、元教授• - 師範、シンガーソングライター、ボーカル、ピアノ兼ボーカル• - キーボーディスト• - 、• - トランペット奏者• - キャスター• - 子役• - 俳優• - 俳優• - 女優• - 芸人、• - 元男役• - 、2009年• - 歌手• - 歌手• - アイドルグループのメンバー• - プロデューサー、専務取締役• - 声優• - 声優• - 、メンバーのとが水戸出身• 楓弥 - ミュージシャン、バンドの元メンバー• - ユニット• - 、• - のボーカル• - ボーカルの須藤寿が水戸出身• 樫村智也 - ベーシスト(のメンバー)• -, スポーツ [ ]• - 、19代、筆頭取締役• - 大相撲、元、現• - 大相撲、元、現、出生地は(旧)• - 大相撲、元大関、現• - 大相撲、元• - 家、準優勝• - 、正統継承者• - 元・• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元、元日本記録保持者• - 、• - サッカー選手• - サッカー選手、• - ラグビー選手、• - 女子• - その他の関係者 [ ]• - 第15代であり歴史上最後の、・の水戸藩上屋敷に生まれ、0歳から水戸で育つ• - 水戸学者、儒学者、思想家• - 歴史学者• - 経済学者、元(東京生まれ、大学入学まで水戸で過ごす)• - 洋画家、理事長(生まれ、水戸育ち)• - 、、東京大学特任教授(生まれ、北京、水戸育ち)• - 自動車評論家• - 俳優• - 、受賞者• - 創業者• - 、「」、「」など• - 元・世界王者、「水戸ボクシングスクール」代表• - プロゴルファー、日本プロゴルフツアー保持者• - サッカー選手、、水戸市役所で日本国籍に帰化する。 - 俳人• - 音楽評論家、館長• - 指揮者、水戸室内管弦楽団顧問• - ファッションデザイナー、水戸市芸術振興財団理事長• - 一中節奏者、(千波町在住)• - ミュージカル俳優、水戸市生まれ• - その他 [ ]• 1-3, 1992年2月10日• 発表による。 当初6強と発表されたが後に訂正。 水戸市役所発表 による。 『 8 茨城県』(1983年)より• nendai-ryuukou. com. 2020年1月3日閲覧。 2020年1月6日閲覧。 オセロ公式サイト - 日本が生んだ頭のスポーツ「オセロ」の公式サイト. 2020年1月4日閲覧。 井上博『逆転の発見-オセロの定石と必勝戦術』ネコ・パブリッシング、1977年10月、66頁。 長谷川五郎. 日本オセロ連盟. 2020年4月20日閲覧。 都筑道夫「まず心がけなければならないのは」『黄色い部屋はいかに改装されたか?』フリースタイル、2012年4月15日、増補版、121-129頁。 「大流行の『オセロ』ゲームづくり一代」『現代』第7巻第12号、、1973年12月、 147-151頁、 :。 2014年8月22日閲覧• 2019年6月4日閲覧。 日本食糧新聞社. 1993年3月12日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2006年2月27日• 朝日新聞社. 2003年2月21日• 中日新聞社. 2005年10月31日• 日本経済新聞社. 2009年4月1日• 読売新聞社. 2007年10月19日• 茨城新聞社. 2013年4月21日• 茨城新聞社. 2011年2月22日• 2011年5月26日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2007年9月24日• 日本食糧新聞社. 2005年4月1日• 日本食糧新聞社. 2005年4月22日• 日本食糧新聞社. 2005年11月18日• (2020年4月26日閲覧)• 水戸市. 本市の町内会,自治会への加入率につきましては,毎年1月1日を基準日として算出をしております。 平成30年度の基準日となる本年1月1日現在におきましては,人口が27万336人,世帯数は12万1,249世帯であり,加入世帯数が7万443世帯であったことから,加入率は58. 1%,対前年度比1. 3%減という状況でございます。 (以下略)• (2020年4月26日閲覧)• (2020年4月26日閲覧)• 社会福祉法人 水戸市社会福祉協議会. (2020年4月26日閲覧)• 水戸市. (2020年4月26日閲覧)• 茨城新聞: p. 1999年7月3日• 朝日新聞(茨城版): p. 1999年7月31日• 茨城県公式ホームページ(Wayback Machineより). 2001年5月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年12月31日閲覧。 報告冊子体「 茨城県土木部都市計画課『千波湖周辺地域大規模公園構想策定調査』、1979年3月。 」(茨城県立歴史館所蔵)• 大石直人「千波湖周辺地域大規模公園構想「偕楽園公園」」『公園緑地』第66巻第5号、2006年1月31日、 25-29頁、。 いはらき: p. 1986年12月10日• 茨城県『水と緑と歴史の街づくり 千波湖周辺整備計画』茨城県、1987年1月。

次の

茨城県水戸市岩根町

水戸 市 岩根 町

伊豆諸島では、強風や高波、急な強い雨、落雷に注意してください。 東京地方、伊豆諸島では、濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が華中から日本海、東日本を通って日本の東海上にのびており、前線上の低気圧が日本海を東北東へ進んでいます。 東京地方は、雨や曇りとなっています。 14日は、低気圧が日本海を東北東に進み、前線が東北地方へ北上するため、雨で夕方から曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となる所がある見込みです。 15日は、低気圧が日本の東へ進み、前線が伊豆諸島付近へ南下し、その後西からゆるやかに高気圧に覆われるため、晴れで朝晩を中心に曇りとなり、雨の降る所があるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となる所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、曇りや雨となっています。 14日は、低気圧が日本海を東北東に進み、前線が東北地方へ北上する見込みです。 このため、曇りや雨で、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 15日は、低気圧が日本の東へ進み、午前中に前線が関東甲信地方を南下するため、曇りで雨の降る所があるでしょう。 その後西からゆるやかに高気圧に覆われるため、晴れや曇りとなる見込みです。 関東地方と伊豆諸島の海上では、14日はうねりを伴い波が高く、15日はうねりを伴いしけるでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の