早速ご対応。 ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

「早速ですが」の意味や使い方は?敬語の例文8選!メールや類語も

早速ご対応

【ご挨拶】はじめまして 20年以上業界に関わってまいりました。 アンテナ工事はより良い安全作業と 確実な施工が大切で、施工前に お客様との打ち合わせ、計測器による 電波状況を確認説明し、地域に合った アンテナ選定、ブースター設置等を 作業前も作業中も部材等が必要時には 逐一確認しながら進めますので明朗で 安心安全な工事を約束致します。 《基本工事料金について》 地デジUHFアンテナ~1Fサイドベース取り付け22000円 2F長はしご高所サイドベース取り付け28000円 地デジUHFアンテナ~屋根馬支線張り取り付け28000円 地デジデザインアンテナ壁面取り付け28000円 BS4k8k対応アンテナは5000円プラス UHFブースター15000円 UHF,BS混合ブースター4K8K対応25000円 《部材について》 アンテナは馴染みのある専門メーカーを 使用します。 デザインアンテナ色は白、ブラック、ブラウン ベージュ等選んでいただけます。 弱電界地域知多半島、西尾、碧南等は場所により 地域アンテナ、ブースター料金が異なる場合があり、 現地調査見積りと工事で2日必要となる場合があります。 お客様で予約前に周りの状況を確認してください。 状況によりお断りする場合があります。 アンテナ入力確認作業のみでも訪問対応可ですが 8000円~の料金が必要となります。 お客様へのお願い ・電気、水道をお借りします。 ・取り付け場所の状態によって、追加料金が発生したりご希望の作業が出来ない場合があります。 ・追加料金が発生する場合は、作業実施前にお伝えいたします。 変更・キャンセルについて 予約成立後の変更・キャンセルは、作業の6日前まで承ります。 よくある質問と答え Q. 追加料金がかかる場合がありますか? A. 当日の急な追加料金は発生しません。 必ず、お客様の状況を事前にお知らせください。 クレジットカードには対応していますか? A. 対応しておりません。 当日作業後に現金でお支払いください。 無料で駐車できる場所がない場合はどうしたらいいですか? A. 無料で対応致します。 保険に加入されていますか? A. 損害保険に加入しております。 店長:佐藤正明 家電の設置工事はおまかせ 所在地 愛知県名古屋市南区 営業時間 年中無休 9:00~19:00 定休日 年中無休 対応地域 <中部> 岐阜県• 岐阜市• 各務原市 愛知県• 名古屋市千種区• 名古屋市東区• 名古屋市北区• 名古屋市西区• 名古屋市中村区• 名古屋市中区• 名古屋市昭和区• 名古屋市瑞穂区• 名古屋市熱田区• 名古屋市中川区• 名古屋市港区• 名古屋市南区• 名古屋市守山区• 名古屋市緑区• 名古屋市名東区• 名古屋市天白区• 岡崎市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 春日井市• 津島市• 碧南市• 刈谷市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 常滑市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 岩倉市• 豊明市• 日進市• 愛西市• 清須市• 弥富市• みよし市• あま市• 長久手市• 愛知郡東郷町• 海部郡蟹江町• 海部郡大治町• 海部郡飛島村• 額田郡幸田町• 西春日井郡豊山町• 丹羽郡大口町• 丹羽郡扶桑町• 知多郡阿久比町• 知多郡東浦町• 知多郡南知多町• 知多郡美浜町• 知多郡武豊町 <近畿> 三重県• 四日市市• 桑名市 資格・許認可 <第二種電気工事士> 愛知県第70482号 <電気工事業> 愛知県知事登録第010134号.

次の

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

早速ご対応

「早速ですが」は敬語ではない 「早速ですが」がビジネスシーンでよく使われるのは会話においてです。 仕事で会う人に挨拶を済ませたあと、おもむろに用向きの本題に入るときに使います。 ですが「早速ですが」をビジネスメールの中で読むことはあまりありません。 「早速ですが」は敬語ではなく、ビジネスメールは基本的に敬語を使って書くものだからです。 「早速」と「さっさと」や「とっとと」というフレーズの違い 「早速」や「早速ですが」は前述のように敬語ではありませんが、同じ「急ぐ」「早くする」という意味合いのニュアンスがある「さっさと」や「とっとと」と違ってビジネスで使うことができます。 カジュアルで主に友人同士で使う「さっさと」や「とっとと」と違って、「早速」や「早速ですが」には丁寧な表現だからです。 「早速ですが」は「クッション言葉」 会話で最もよく使われる「早速ですが」は「クッション言葉」です。 「クッション言葉」は、言葉の受け取り手と話したい内容にいきなり入り込む前に口にする あるいは書く 言葉です。 他に「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」などが「クッション言葉」で、言葉の前に添えて使うことで会話を好印象にします。 ビジネスメールでは使わないクッション言葉は他にもある 前述の「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」といったクッション言葉は、ビジネスメールでもビジネスシーンの会話でも両方で使えますが、「早速ですが」のように会話では使うことがあっても、ビジネスメールでは使わないものがあります。 「あいにくですが」「できましたら」「よろしいですか」などが該当します。 「早速ですが」の敬語は「早速」に続く言葉で敬語表現にする 「早速ですが」の敬語は「早速」という単語をそのまま使い、言葉の流れで敬語にします。 具体的に言うと「早速ではございますが」とか、「早速で申し訳ありませんが」というように、「早速」の後に続く言葉で敬語にするのです。 「都合がつかない」という言葉の敬語の使い方の関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 ビジネスメールでの、冒頭の時候の挨拶の後に、「さて、早速ではありますが、先日お問い合わせいただきました見積書の件についてご報告いたします」とか、「さて、ご連絡いただきましたクレームにつきましては』というように続けて使います。 多くはビジネスメールで、時候の挨拶などの直後に、「さて、早速ではございますが、ご連絡いただきましたクレームにつきましてご報告いたします」とか、「さて、お問い合わせいただきました件についてですが」といったように続けます。 例文は、「先日お話しいただきました商品リストが仕上がりました。 さて、早速で申し訳ありませんが、ご確認の上ご連絡をいただけないでしょうか」といった使い方をします。 敬語についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 クレームが入った時などに使われます。 「弊社の商品の欠陥につきまして、御迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ありません。 できるだけ早速の対応をさせていただきまして、担当者の方からご連絡させていただきます」が例文になります。 このフレーズは、相手が何かを問い合わせてきたときや、書類を送ってきたとき、クレームなどで主に使います。 「先日お願いいたしました見取り図のコピーをお送りくださり、ありがとうございます。 早速確認させていただきます」が例文です。 「早速お伺いさせていただきます」は、相手との面会のアポイントメントや、招待されたときに使います。 例えば「面接のご連絡をいただきありがとうございました。 ご指定の日時に早速お伺いさせていただきます」という使い方をします。 返信が必要な問い合わせなどのビジネスメールに対して使います。 「新しいプロジェクトにつきまして、お知らせをいただきましたので、検討の上早速ご返事を差し上げます」とか、「会議のご案内には早速ご返事を差し上げます」が例文です。 この「迅速」の意味は「物事の進みぐあいや行動などが非常に速い様子」です。 例えば、「昨日政府高官のスキャンダルが発覚して、報道陣は全員迅速に行動を起こした」とか、「救急隊員はどんなときにも迅速に対応することが要求される」という使い方をします。 「大至急」は「たいへん急を要すること」「大急ぎ」という意味です。 例えば「イベント会場へ使うはずの車が故障したので、大至急タクシーの手配をお願いいたします」とか、「ラーメン2人前大至急追加ねがいます」「大至急救急車を呼んでください」といった使い方をします。 「直ちに」は「時間を置かずに行動を起こすさま」「すぐ」という意味です。 「すぐさま」の意味は、「時間的に間を置かないさま」「ただちに」「即刻」です。 例えば、「お父さんが脳梗塞で倒れたらしいから、すぐさま電話した方が良い」とか、「担当者にすぐさま連絡をいたします」「すぐさまお調べいたします」といった使い方をします。 「立ちどころに」の意味は「時を移さず、その場ですぐに実現する様子」「たちまち」「すぐさま」です。 例えば「彼女が別の男と歩いているのを見かけたと思ったのに、後を付けたら、ふたりともたちどころに消えてしまった」といった使い方をします。 「早速ですが」の敬語を使う時の注意点は? 「早速ですが」はそのままではビジネスメールでは使わない! 「早速ですが」という言い回しは、丁寧な表現で目上の方にも使えますが、会話で使われるフレーズで、手紙文やビジネスメールであまり使いません。 そのままでは敬語ではないからです。 なのでビジネスメールでは「ではございますが」「申し訳ありませんが」という言葉を続けて敬語としての表現に変えて使います。 「早速ですが」は相手に向かっていきなり使わない 「早速ですが」は会話で要件に入るために使われる「クッション言葉」で、話の流れを柔らかにするために使います。 なので自分と向かい合っている相手に対していきなり使うのはNGです。 例えば、「お時間を割いていただいてありがとうございました。 早速ですが」というように、先に相手に対する挨拶の言葉を述べて使います。 「早速ですが」の敬語はなるべく手紙文の最初の部分で使う 「早速ですが」というフレーズは、話題にしたい要件に入り込むために使う言葉です。 会話で使う場合には挨拶の後に「早速ですが」といって必要な用向きの話題に会話を持っていくように、ビジネスメールで「早速ですが」の敬語を使う際にも、時候の挨拶や冒頭の言葉の直後に使い、相手に伝えたい内容を明確なものにします。 ひとつのビジネスメールで「早速ですが」の敬語は何回も使わない 「早速ですが」はビジネスシーンの会話で割と頻繁に使いますので、ビジネスメールでも「早速ですが」の敬語を何度も使う人がいますが、これは間違いです。 「早速ですが」は言及したい最も大事な話題に入るときの「クッション言葉」なので、その敬語表現も、何度も使うのを避けて、最も大事な要件の直前にだけ使いましょう。 丁寧ではあっても敬語ではない!「早速ですが」の使い方 ビジネスシーンで「早速ですが」という言葉はよく耳にします。 よく聞くのにビジネスメールではあまり見かけることがないのは、前述のように「早速ですが」というフレーズは敬語ではないからで、年配の方の中には敬語ではないことを知っておられる方もおられますが、よく使う言葉なので厳しく指摘されることはありません。 「早速ですが」は別に粗雑な表現でもカジュアルな言い回しでもありませんから、ビジネスメールで使ってしまうことは多いと思います。 口頭での会話では、「早速ですが」ということを頻繁に聞きますから、別にビジネスメールで使うことが失礼なフレーズではありません。 ただ便宜的に敬語の方を使った方が良いのです。 日本語は、使い方が微妙でいろいろな類語もある言語です。 ビジネスメールを書きなれていない社会人1年生は、書き方を調べたり上司や先輩に教えを請うなどをして、失敗しないようにした方が良いでしょう。 ビジネスで使う類語にしても、調べて練習すると役に立ち、将来的には後輩に指導することもあるかもしれません。

次の

「早速」の意味とは?「早速ですが」の使い方や例文・類語も解説

早速ご対応

大人になって仕事をしていると「早速のご対応」という言葉を何度も耳にすることがあります。 そのため「早速のご対応」の意味を理解することができている、と 感じている人はたくさんいます。 しかし「早速のご対応」の正確な意味を理解していないがために、文法上の間違いを犯してしまう可能性もあります。 そのため、これから「早速のご対応」の意味と使い方について詳しく紹介します。 「早速」の意味 「早速のご対応」の意味を理解するためには、このフレーズを2つの部分にわけて考える必要があります。 まず最初に「早速」という言葉の意味を理解することが大切です。 辞書などで調べてみると「早速」には「あることに応じてすぐ」という意味が含められていることがわかります。 つまり、時間を表現することのできるフレーズであることがわかります。 この辞書の中でも説明されているように「あることに応じてすぐ」ですので、すぐ何かな対応をしてくれた時に「早速」という言葉を使用できることになります。 例えば「早速返事をくれた」というフレーズを使用すれば「すぐに返事遅れた」という意味を伝えています。 「対応」の意味 そして「早速のご対応」の後半の部分である「対応」には「相手の出方に応じた対応を取ること」という意味が含まれています。 そのため、ある人が何かの行動を取った後に、その行動に対する反応をしているのであれば「ご対応」という表現を支えることがわかります。 接客などをしている人は、お客さんに対する反応を取っていることになるので「対応」というフレーズを使用することが可能です。 しかし「早速のご対応、には、対応ではなくて、ご対応という言葉が使われているけど、どういう意味なの」と疑問に感じている人も少なくありません。 実は後半部分の「ご」を付け加えることは非常に重要です。 「ご対応」は尊敬語になる 「早速のご対応」の「ご対応」という表現に「ご」か加えられていることに気づかされます。 実は、この「ご」という言葉を付け加えることによって、尊敬語を作成することが可能になります。 つまり、より深い敬意を示すことのできる文法になることがわかります。 そのため、目上の人に対して会話をしているのではあれば「対応」ではなくて「ご対応」という言葉を選択する方が賢明です。 普段から目上の人と会話をすることが多い人にとって「早速のご対応」が非常に効果的なフレーズ出ることがわかります。 「早速のご対応」の意味 「早速のご対応」のそれぞれの意味を組み合わせて考えてみると、このフレーズの正確な意味について理解することができます。 そのため「早速のご対応」には「すぐに対応をしてくださり」という意味が含まれていることがわかります。 なぜなら、「早速」で時間について言及することができますし「対応」で、相手の行動について説明することができるからです。 このように「早速のご対応」の正確な意味について理解することができれば、このフレーズを上手に使うことが可能になります。 しかし、具体的にどのようなフレーズ2「早速のご対応」という言葉を取り入れることができるのでしょうか。 「早速のご対応」は感謝を表す時に使える 「早速のご対応」は1つの文章として完成していません。 そのため、後半の部分に他の文章を付け足すことによって、1つのフレーズを完成させることが可能になります。 すでに、この記事の中で紹介されているように「早速のご対応」には「すぐに対応してくださり」という意味があることがわかります。 そのため、後半の部分には、誰かがすぐに対応してくださったことによって、自分がどのように感じたかを表現することができます。 基本的には、相手がすぐに対応してくださったのですから、後半の文章では感謝を示すのが適切になります。 ありがとうございます 例えば「早速のご対応」は「ありがとうございます」という言葉と組み合わせながら使用することが可能です。 単純に「早速のご対応ありがとうございます」という文章を作成して相手に対する感謝を表現できます。 この場合は「ありがとうございます」という現在のことに関するお礼をいう言葉が使われているので、相手が素早く対応してくれた時に、その場で「早速のご対応ありがとうございます」という言葉を使いながら感謝を言うことが適切です。 ありがとうございました 他にも「早速のご対応」を「ありがとうございました」という言葉と組み合わせたフレーズを作成することができます。 「ありがとうございました」には「ました」と過去のことについて表現されていることがわかります。 そのため、相手が素早く返事や対応してくれた時のことを思い出して、お礼を言いたいのであれば「早速のご対応ありがとうございました」という言葉を使用できることがわかります。 基本的には「ありがとうございました」という言葉で、過去のことについて表現されていることは誰でもわかりますので、聞いている人にとってもわかりやすいフレーズになります。 「早速のご対応」のビジネスでの使い方 メールの中でも「早速のご対応」というフレーズを使用することは可能です。 すでに紹介された「早速のご対応ありがとうございます」という表現をメールの中で記入することができます。 しかし、使い方に注意が必要なのも事実です。 この表現がメールの中の文章で使われている時には、必ずと言っていいほど、相手から素早い返信が来たことになります。 そのため、そのような早い返信が来た場合に限って「早速のご対応ありがとうございます」というフレーズを使用できることがわかります。 例えば、数日経った後に返信が来た場合に「早速のご対応ありがとうございます」というフレーズは使用することができるのでしょうか。 基本的には、数日経ってしまっているのであれば「早速」つまり、すぐに返信が来たことにはなりませんので「早速のご対応ありがとうございます」という言葉は使えないことになってしまいます。 数日経ってしまったのであれば使用を避けるべき 時間が経ったにも関わらず「早速のご対応ありがとうございます」というフレーズを使ってしまうのであれば、相手に嫌味を言っているように聞こえてしまう可能性があります。 言葉遣いのトラブルを避けるためにも「早速のご対応ありがとうございます」は、すぐに返信が来た時だけに使うことができる、という点を忘れないようにしておくことが大切です。 社内でも「早速のご対応」は使えるか 「早速のご対応」は相手に対する敬意が示されている言葉なので、間違った使い方になることはほとんどありません。 しかし、使い方を間違ってしまうと、相手にとって不快な気持ちを与えてしまう可能性があります。 そのような失敗を避けるためにも「早速のご対応」の失敗になる使い方について詳しく紹介します。 「早速のご対応いただき」はNG 「早速のご対応」は非常に敬意のこもった表現ですが、このフレーズに、さらに敬意を増し加えようとして「いただき」という言葉をプラスしてしまう人がいます。 つまり「早速ご対応いただき」という表現を使っていることになります。 このフレーズに違和感を感じない人もいますが、文法的には間違いになってしまいます。 敬意を示すことのできる「ご」と「いただき」を同じ文章の中で同時に使うことによって違和感を与えてしまうからです。 どうしても「いただき」という言葉を使いたいのであれば「早速の対応をしていただき」と言い換えることが必要になります。 「早速のご対応」の類語 「早速のご対応」をどのようにして敬語にして表現することができるのか詳しく紹介します。 目上の人と会話をしている人にとって必見の情報です。 「誠に」と組み合わせる 「早速のご対応」は「誠に」という言葉と組み合わせて使用することができます。 例えば「早速のご対応、誠にありがとうございました」というフレーズを使用して、相手の人に対する深い感謝を示すことができるようになります。 「誠に」には「嘘や偽りでないこと」「本当」という意味が含まれています。 「早速のご対応、本当にありがとうございました」と言うことも可能ですが「早速のご対応、誠にありがとうございました」の方が、相手に示されている敬意が深いことに気づかされます。 取引先の人や会社の社長の素早い対応に対して感謝をしたいのであれば、このフレーズを使用することをお勧めいたします。 「早速のご対応」で感謝をしっかり示す.

次の